Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ★おすすめの過去記事一覧

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。12月ということで、過去のクリスマス作品を集めてみました。そもそも、クロスステッチに季節なんてないのに、なぜかクリスマスを締切に頑張ってしまう私。今年は、惜しくも仕上 ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。

12月ということで、過去のクリスマス作品を集めてみました。

そもそも、クロスステッチに季節なんてないのに、なぜかクリスマスを締切に頑張ってしまう私。今年は、惜しくも仕上げられず、クリスマスのクロスステッチキットが手元に・・・。


2012年12月24日
個人で楽しむミッキーとミニーのベルプル
omoide1
ディズニーに怒られても仕方ないような図案を自分で起こしてクロスステッチを刺しているので『個人で楽しむ・・・』というタイトルにしました。とても気に入っているので、今でも折り目を付けぬよう大事に保管しています。今思い返してみると、バイヤステープを半幅にした初の作品です。同じサイズの布が残っているので、シリーズ化したいなぁ。



2014年10月27日
うちの最年少記録更新 5歳児の「NOEL」
omoide1
NOELのサイズに合わせ、購入したピンクのフレーム、当時は「よりによってなんでピンク?」と思いましたが段々見慣れて、受け入れられるようになってきました。今では逆に、「あのタイミングで作品に合うフレームと出会えたなんて奇跡かも?」ぐらいに思っています。5歳児とは思えない大人びた仕上がりです。(笑)


2014年07月08日
いつもより早く仕上げられるクロスステッチ
omoide1
この技はなかなか画期的だったと自分で思っているので、しばらくこの方法で子供たちの作品を増やしていけたらと思っています。でも、私も消えるチャコペンで布に印を付けましたって話、聞いたこともない。(笑)



2014年03月23日
ダイソーの刺しゅう糸に泣かされたトナカイ
omoide1
自分で読み返しても、そこまでしてトナカイを完成させる必要あったの?って思ってしまう作品です。今年、長女がミサンガ(懐かしい!)を編むというので中国製の刺しゅう糸を使わせたら、黒い刺しゅう糸から色が写り、白かった刺しゅう糸が、編むにつれてグレーになるという恐ろしい現象が起こりました!!やっぱり、刺しゅう糸はブランド品(DMC、コスモ)じゃないとダメですね。

2014年12月25日
クリスマスモチーフのクロスステッチ
omoide1
誰も目を止めることはありませんが、今年はこの作品を玄関に置きました。クリスマスって、クリスマス当日よりも、「もうすぐクリスマスだなぁ」とカウントダウンしている時の方がワクワクしませんか??とか言いながら、胃もたれでチキンもまともに食べられなくなってしまった私。いったいクリスマスの何がうれしいんだかって感じですけど。(苦笑)


2010年12月27日
100円ショップのサンタの衣装を80サイズにリメイク
omoide1
今でも100円ショップにサンタの衣装って出ているのでしょうか?リメイクした衣装も捨ててしまい、雪だるまも、ストッキングみたいな素材で引っかけに弱く、この時に処分してしまったので思い出深い記事です。



どの作品も、懐かしいクリスマスの思い出です。さて今年のクリスマスは、サンタを信じていないくせに弱みを握ったかのような顔をして30000円を超えるプレゼントを要求してくる長女と、必死にサンタを信じているふりをする次女と一緒にクリスマスケーキでも作ってみようと思っています。っていうのも、先日の落雷でオーブンレンジの電源がつかなくなり、修理費に12000円もかかったので、なんだか悔しくて・・・。だから今年は、買わずに、焼くことにします!!


↓早割でのケーキの注文をし忘れた私にポチっとね!!
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。おすすめ記事第五弾は、2017年10月29日(日)に開催されました金沢マラソンにちなんでマラソンアイテムを集めてみました。案外長く続いている(←失礼)旦那さんのマラソンの歴史 ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。

おすすめ記事第五弾は、2017年10月29日(日)に開催されました金沢マラソンにちなんでマラソンアイテムを集めてみました。案外長く続いている(←失礼)旦那さんのマラソンの歴史と共に振り返ります。

2013年10月23日
マラソンランナーお着替えポンチョ
omoide1
世間の皆様におっさんのお尻を見せずに公共の場で着替えたいという旦那さんのリクエストで作った、ポンチョです。私としては畳んだ時に、もう少しコンパクトにしてあげられたらよかったかなぁと思っています。過去の作品の中で忘れることのできないヒット作のひとつです。(髭を生やしていたころのdetekoハズバンドの全身画像アリ!!)



2013年06月12日
歩いているか走っているか分からない人の日よけ
omoide1
第一希望の黒ではなかったものの、素材のチョイスに成功し、軽さのある日よけが完成しました。スロージョギングはお金も、仲間も必要ないので続けやすいダイエットだとは思いますが、問題は日焼け。痩せたいけど紫外線は浴びたくない、難しいところです。


2014年07月08日
カットしたひざ下で完成する全身コーディネート
omoide1
自分用に縫った日よけですが、最近外を走っていないので出番無し。でも、草むしりや夏のプール遊びの必須アイテムとなっています。スポーツウエアのリメイクだからこそ実現できる全身コーディネート。正直、見た目どうなの??と言いたくなりますが、シミ用のホワイトニングの値段を考えると、そんなことも言っていられません。実は私、顔のシミ、レーザーで2回も取ってますから。(笑)


2014年03月23日
速乾素材のマラソン腹巻
omoide1
能登和倉万葉の里マラソンの準備としてリメイクしたマラソン用の腹巻。最近見かけないなぁと思い、旦那さんに聞いてみたら使ってはいないけど常にマラソンのリュックに入れているとのことでした。男性はお腹が弱い方が多いから、お腹が冷えるとタイムにも影響するかも??(マラソン大会では簡易トイレに列ができるそうなので)速乾素材を使った腹巻、おすすめです。


2016年10月24日
金沢マラソン応援手袋
omoide1
今年の金沢マラソンでも大活躍しました。金沢生まれ、金沢育ちの私としては、わざわざ県外から来てくれてありがとうの気持ちはあるものの、ランナーに自分から声を掛け続けるってのも・・・。そんな時、赤い手袋に白い紐で書かれた「がんばれ」の文字が効果を発揮!!シャイな私からの無言のエールを受け取ってくれ、見知らぬランナーが、笑顔を返してくれたり、ハイタッチしてくれることもしばしば。さらに防寒具にもなり、ペタンコなので持ち運びも楽。応援手袋はさらに作り足してもいいなぁと思えるほど便利グッズなです。できることなら次はスマホ対応にしたいなぁ。(金沢ロケ画像アリ!)



というわけで、マラソンをテーマに過去の作品を集めてみました。
金沢マラソンに参加された方、お疲れ様でした!!

↓金沢マラソンの完走メダルは、サイズダウンして少し小さめ!
kanazawamara2017


今年は、いわきマラソン(福島)、大阪マラソン、宮崎マラソンにお邪魔する予定です!!
(旅費の関係で旦那さんのみ・笑)

↓無事完走できた旦那さんにぽちっとお願いします!!
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。おすすめ記事第四弾は、夏休み恒例行事ホストファミリーのTシャツリメイクを集めてみました。こんなに続くならカテゴリを作ればよかったのですが、まさか10年もやることになると ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。

おすすめ記事第四弾は、夏休み恒例行事ホストファミリーのTシャツリメイクを集めてみました。こんなに続くならカテゴリを作ればよかったのですが、まさか10年もやることになるとは思ってもいなかったもので。(笑)


2016年08月24日
大人SサイズのTシャツを120サイズにリメイク
omoide1
昨年のTシャツは黄色!!餃子みたいなフレア袖を2枚重ねにした2016年らしいデザインにリメイクしました。ロゴマークは前身頃にどーん!!が当たり前だったのに、この年だけはワンポイントだったのでリメイクしやすかったです。8回全部の中で色・デザイン・ロゴのバランスで言うと一番気に入っている作品かもしれません。



2015年08月27日
イベントTシャツをフレンチスリーブにリメイク
omoide1
おととしのTシャツは初の黒色!!この黒色を逆手にとり「イベントTシャツをスパンコールでデコ」という技を使った唯一の作品です。フレンチスリーブにしたことで袖を別に作らずに済んだのが、本当に楽でした!!(笑)余った生地でシュシュを作ったのもこの年だけです。


2014年08月28日
Tシャツを135と110のワンピースにリメイク
omoide1
2014年は最後のワンピース!大人LLサイズからのリメイクは子供の135サイズが限界であることを身をもって体験。フレア袖+ワンピースはこの年だけの組み合わせです。黄色が眩しい!!


2013年08月28日
次女:大人LサイズのTシャツを110サイズにリメイク
長女:大人用Tシャツを130サイズのワンピースにリメイク
omoide1
2013年は眩しいブルー!!ワンピースとパフスリーブの組み合わせ。ゴムを入れてパフスリーブにするリメイクにハマっていました。パフスリーブって女の子の特権ですものね。


2012年09月03日
次女:大人LサイズのTシャツを100サイズのワンピにリメイク
長女:大人LサイズのTシャツを130サイズのワンピにリメイク
omoide1
2012年も眩しいブルー。ロゴデザインだけが異なります。パフスリーブではなく、肩山にギャザーを寄せることで、ほのかにリメイク感を漂わせています。長女のワンピースだけは襟を触らずゴムを入れてだらしなさを防ぐ技に出ています。当時の作業は丁寧で、肩のラインに伸び止めの接着テープを使っています。この年からスポーツTシャツのような速乾ポリエステル素材になりました。


2011年08月26日
次女:大人用Tシャツを95サイズのTシャツワンピにリメイク
長女:大人用Tシャツを120サイズのTシャツワンピにリメイク
omoide1
2011年は紺色。糸の色にも心配しなくていい時代でした。(笑)Tシャツをリメイクしたために裾のラインが地面と平行にならず左右が下がってしまうので、裾の10センチほどだけゴムを縫い付けシャーリングにすることでカバーしています。当時はまだ乾きの遅い綿素材でした。(涙)


2010年08月27日
Tシャツを80・110サイズ子供用ワンピースに
omoide1
2010年は初めてのリメイク。子供もまだ幼く、着せられるがままで私の独断でやっていたころ。通りすがりの人が、リメイクだと気づかないくらいスタンダードな形がいいと思っていました。ちゃんと型紙を作ってからリメイクをしていました。
貧乏性の私でもタダでもらったイベントTシャツなら思いっきりリメイクできること、また、リメイクしたことを気づかれないようにビクビク暮らしていた私が褒めてもらえることの喜びを知るきっかけとなった作品です。イラストで示したおまけの解説記事はこちら


2013年06月24日
Tシャツでオイルヒーターカバー
omoide1
ホストファミリー初回のTシャツは誰も袖を通さぬまま箪笥の肥やしに。最終的にはこのような形で活用しています。


↓この歴史にポチっと押してはどうかしら?
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。2014年03月17日飾りゴムのゴム交換に挑む(1)子供たちが小学校に上がり、髪を結ぶゴムは黒か茶色になってしまったので、すっかり飾りゴムの出番は減ってしまいました。さらに毎 ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。


2014年03月17日
飾りゴムのゴム交換に挑む(1)
omoide1
子供たちが小学校に上がり、髪を結ぶゴムは黒か茶色になってしまったので、すっかり飾りゴムの出番は減ってしまいました。さらに毎朝、自分で髪の毛を結んで登校するので、結んであげるという習慣も薄らいで休みの日でも結んであげることがなくなってしまいました。直したゴムたちは今でも現役です。トンボ玉は結局重たくて、ゴムから外してしまいました。トンボ玉って時々おみやげ屋さんで見かけるけど、どうやって使えばいいのでしょうか?まだ用途が分かりません。



2014年03月20日
飾りゴムのゴム交換に挑む(2)
omoide1
壊れた飾りゴムの前でちょっと立ち止まって「分解してみようかな」ってと向き合ってみる価値はあると思います。飾りゴムって使いやすいものと、そうでないものの差が激しいアイテムなので、お気に入りをあきらめないでもらいたいです!!飾りゴムを捨てるのは簡単です。捨てる前に一度、分解してみませんか?


2012年03月26日
かたい結び目を解く方法
omoide1
私は手荒れをするため爪も弱く、無理して結び目をほどこうとすると爪が割れてしまうことも・・・。そんな中で生まれた裏技(?)です。ゴムの結び目なんて切ってしまえば済むことなんですが、その結んである数センチのゴムすら、もったいないという方はぜひお試しください。更新後も、アクセス数のある人気記事です。


2015年05月21日
ヘアーアクセのゴム切れを修理
omoide1
この記事で修理した3COINSの飾りゴム、この夏も使おうかなっと思ったら交換したゴムが伸びていました。2015年に修理したので、ゴムの寿命、わずか2年!!もう一度交換しようかなと思った時に、「今までも飾りゴムのネタで記事をたくさん書いたなぁ」と思いだし、こちらのおすすめ記事にまとめてみました。季節感のあるラインナップ、読み返してもらえたら嬉しいです。


↓暑さも限界!!ヘアアクセ直してみて!
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

過去の作品の中から季節に合ったおすすめ記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。2014年06月05日肩掛けでなおかつ直飲みの水筒で衣替え最近の小学生は水道水なんて飲まないそうで、暑くなり始める今ぐらいの時期から残暑厳しい9月までせっせと水筒を持 ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合ったおすすめ記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。


2014年06月05日
肩掛けでなおかつ直飲みの水筒で衣替え
omoide1
最近の小学生は水道水なんて飲まないそうで、暑くなり始める今ぐらいの時期から残暑厳しい9月までせっせと水筒を持たせねばなりません。やかんを持ち上げた途端、その軽さに愕然とする朝も。そんな時は、町内会の寄り合いや協会その他の会議でもらったお茶の出番!この作品はかなりの使用頻度でありながら寿命が長く、途中、紐の修理を経て3年経過した現在も使用中。



2013年06月28日
3Lをニセモノスクールポロシャツにリメイク
omoide1
ニセモノといいつつ、速乾性は抜群のこのリメイクポロシャツ。長女が書道の墨をつけてしまったこともありましたがモミ洗いで綺麗に落ちたという奇跡のポロシャツです。そして何より「速報!貧乏ミシン部的子育ての心得」を書くことになった思い出深い一枚です。おかげさまで今シーズンより三年生の次女が着用中です。トラブルなくすんなりと、あっけないほどに。しかも既製品のポロシャツを抑えての一番人気!(笑)


2013年07月01日
窮屈な襟ぐりのポロシャツを広げる裏技
omoide1
結局、脱着はスムーズになりましたが、ほどいた部分に負担がかかり、ボタンの開きの部分に穴が開いてしまいました。当て布でもしてからほどいたところを縫い直したらよかったですね。でも本当に頭が大きくて悩んでいるお子さんがいたら、穴が開いてでもやってみる価値はあります。



↓パソコンの方はカーソル合わせてみて!心の声が聞こえます。
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ