Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ:  |- ミシン刺繍

ミシン刺繍の節約アイテム「ワクワクさん」をご存知ですか?ご存知ない方はこちらの過去記事をどうぞ。簡単にご説明しますと、ミシンで刺繍をする時に、刺繍可能範囲以上の大きさの布地を枠に張らなければならないので、まわりの余った布がもったいないという私の貧乏根性か ...

続きを読む
ミシン刺繍の節約アイテム「ワクワクさん」をご存知ですか?ご存知ない方はこちらの過去記事をどうぞ。

簡単にご説明しますと、ミシンで刺繍をする時に、刺繍可能範囲以上の大きさの布地を枠に張らなければならないので、まわりの余った布がもったいないという私の貧乏根性から生まれた節約アイテムです。ちなみに開発した年は正確に言うと2009年の春です。

「ワクワクさん」の初代は10センチ×10センチのまわりを取り囲む形になっていましたが、10センチ角以下の小さい布地も捨てずに使いたいという熱い思いから、「新ワクワクさん」を作ることにしたのです。

↓今回、私の目に止まった物はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
寄付でいただいた接着芯(極厚)です。業務用かと思えるほど大量に巻いてあるので、これを使ってみたいと思います。

↓カットしました。
Come On!!貧乏ミシン部
ミシンの刺繍枠の中に納まるように長さを測ってカットし、上下・左右同じ幅になるように並べてみました。

↓縫い合わせます。
Come On!!貧乏ミシン部
伸縮は、ミシン刺繍の「敵」!!このように縫い合わせた接着芯は縦にも横にも全く伸びません。おぉすばらしい。

↓角を落としました。
Come On!!貧乏ミシン部
このように枠にスコンと入るところが私の改良点なのです。実を言いますと初代ワクワクさんは、全体に接着芯を貼ったために厚みが出てしまい、枠をはめづらくて苦労したのです。

↓まわりには伸縮性の低い布を足します。
Come On!!貧乏ミシン部
刺繍枠をはめやすい様にまわりは布を足しました。

↓枠にはめてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
おぉぉぉぉ!!力をいれずに枠をはめることができました。

↓調子に乗って横バージョンも作成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
ネームタグなどには横型の方が重宝しそうですね。

↓早速、チャレンジ。
Come On!!貧乏ミシン部
捨てられなかった小さい布地を新ワクワクさんの後から当てて、大きい目でまわりをミシンがけします。枠から刺繍がはみ出ないかがドキドキしますね。刺しゅうする順序を、ミシン上の操作で、外枠からスタートすると、枠を刺しゅうした後は安心して、見守ることができます。

↓布地の固定方法を変えてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
ミシンで縫っていましたが、面倒になってきました。以前こちらにコメントで両面テープでも大丈夫ですよとアドバイスをいただきましたが、わくわくさんは両面テープがくっつきにくい素材だったので、ホッチキスで留めてみました。ホッチキスでも大丈夫です。全然ズレませんでした。この方法もアリですね。

入園式まで20日をきりました。まだまだ準備が残っています。がんばらねばなりません。私ができること、やるべきことをコツコツと。

↓節電のためPCをOFFにします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


↓私が親戚から借りているのが、このグレード。

↓お金のある人は、こちらをどうぞ。

キャラクターモノの布地はちょっとお高めです。普段は買わないようにしているのですが、気合いが入りすぎた時や、気が大きくなった時に勢いで買ってしまったりします。↓2年前長女の入園時に買ってしまった布地0.7M。長らく寝かせてきましたが、ここへ来てとうとうこの ...

続きを読む
キャラクターモノの布地はちょっとお高めです。普段は買わないようにしているのですが、気合いが入りすぎた時や、気が大きくなった時に勢いで買ってしまったりします。

↓2年前長女の入園時に買ってしまった布地0.7M。
Come On!!貧乏ミシン部
長らく寝かせてきましたが、ここへ来てとうとうこの布地を使うチャンスが来ました!何を作るのかはまた次回にして、まずはこの布地のキャラクターをミシン刺繍してみようと思います。

↓布地をスキャニングしてクマを切り抜きました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓イラストレーターでトレースしました。
Come On!!貧乏ミシン部
小さく並んでいるととてもかわいいクマですが拡大すると、あんまりかわいくない事に気がつきました。いや・・・私のトレースが悪いのかも??

↓「刺繍プロ」が書き出した「リアルプレビュー」です。
Come On!!貧乏ミシン部
完成したらこのような感じになるわけです。

↓ようやく刺繍ミシンに布地をセット。
Come On!!貧乏ミシン部
今回刺繍する布地はポケットになる予定なので、刺繍ミシンの枠に張るには少々小さめです。本来は刺繍をしてから布地を裁断すればいいのですが、布地にロスが出るのが嫌で・・・まぁセコいだけですけれど。

というわけで、私が開発した「ワクワクさん」(←ダサいけれど詳細を知りたい方はこちらの過去記事へ)を使用しました。何のことはない、接着芯を貼り付けた白い布製の枠です。

↓ミシンが頑張っています。
Come On!!貧乏ミシン部
この段階までくるとズレても何しても私に出来ることはもう無く、ただただ見守るだけなんですけれど、目が離せないんです。じっと見守ります。

↓一枚目が完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
丸で囲んだ部分がズレています。やはりミシン刺繍にもコツがあるのでしばらくやっていないとこのザマです。まわりの淵を「走り縫い」に設定したからなのでしょうか?もちろん、伸び防止のための接着芯は裏側に貼ってあります。

↓もう一枚やってみます。
Come On!!貧乏ミシン部
ズレを目立たなくしよう作戦で、縁取りの糸を黒色から茶色に変更しました。今度はまわりの淵を「サテン縫い」(もっと太いやつ)に設定したのにやっぱりまたズレています。

この赤い布地はデニムのようにハリがあってしっかりしていて刺繍にむいていると思っていましたが、あ・・・縦にも横にも伸びませんが、斜めにすごく伸びる織りものでした。ミシン刺繍の影の主役は「接着芯」だと思い込んでいましたが、伸びない布地をチョイスすることが大切なんだと、今さらですが学びました。

そういえば、絵本バックもズレていました。(過去記事はこちら)今回使用した赤い布地は絵本バックと同じものです。もう二度とミシン刺繍には使うまいと強く心に誓います。

↓ミシン刺繍を自分のものに出来ない私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)人気ブログランキングへ新年のご挨拶に作ってみたものをご紹介します。ちょっとウケ狙いです。↓今回の材料はこちら。壊れたストラップの紐です。なんとなく捨てられなくて3個集まってしまいました。↓2つ目の材料はこちら。長女(4)が描 ...

続きを読む
にほんブログ村(携帯用リンク)人気ブログランキングへ

新年のご挨拶に作ってみたものをご紹介します。ちょっとウケ狙いです。

↓今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
壊れたストラップの紐です。なんとなく捨てられなくて3個集まってしまいました。

↓2つ目の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
長女(4)が描いたイラストです。こちらをスキャニングして刺繍プロというソフトでデータを作成し、それを刺繍のできるミシンで刺繍してみます。

↓このイラストの刺繍を13個しました。
Come On!!貧乏ミシン部
久々に刺繍をするとやっぱり失敗しますね。失敗を恐れず、縫い代の間隔を開けながら刺繍を13回繰り返します。

↓近くにあった適当なビンで円を描きます。
Come On!!貧乏ミシン部
空き缶でも何でもよかったんです。円であれば。縫い代が少々重なってしまった部分もありましたが気にせずに先に進みます。

↓切り抜きました。
Come On!!貧乏ミシン部
13個切り抜きました。壊れたストラップが3個、寄付していただいた鈴のストラップが10個(そのうち鈴8個は昨年のまりもっこりツリーに縫い付けました)、合計13個というわけです。

↓裏地も13枚くり抜きしました。
Come On!!貧乏ミシン部
右下のピンクのリボンはループになる予定です。

↓ループを二つ折りにし仮縫いしてまわりを縫います。
Come On!!貧乏ミシン部

↓仕上がりはこんな感じです。
Come On!!貧乏ミシン部
これで満足していてはいけません。完成度としてはまだまだです!

↓ジャーン!!完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
いかがでしょう??商品っぽくなったと思いませんか??ずーっと何かに使えないかなぁと捨てられなかった長細い袋。何の袋かお分かりになる方はいますか?たぶん、思いもかけないものです。

正解は、「粉ミルクを外出用に小分けする袋」です。母乳が出るといえるほど出たわけでもないのに、こだわりと努力だけで「ほぼ母乳」の育児をしてしまったため、この袋を使うチャンスがあまりなく余ってしまいました。かと言って誰かに譲るほどのものでもないので、ずーっと使わずに残っていたのです。

↓粉ミルクの袋は9枚残っていたので、9個だけプレゼント仕様。
Come On!!貧乏ミシン部
ちなみに台紙は、お祝い返しでいただいたタオルの箱を長細く切り抜いたものです。ミシン部の部長を名乗っていながら、ミシンの腕には自信がないけれど、カッター使いには自信があります!!我ながらなかなかの完成度です。

長女が描いたイラストなんて、身内にしかウケない事をちゃんと心得つつ、配ります。だから名付けて「親バカストラップ」なのです。おばあちゃんや、双子の叔母(ブログにも時々登場)、私の母(娘がこんなにブログを頑張っているのに無関心)、旦那さん、長女の希望により保育園の担任の先生にプレゼントしました。若干、余り気味です・・・・

とりあえず今回は、粉ミルクの袋をうまく使えた事が一番うれしかったです。

↓親バカな私にどうか一票お願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


↓ストラップのパーツ、安い!!


↓粉ミルクを自分で小分けするならコレ!!
粉ミルク小分けバッグ 25枚入り

粉ミルク小分けバッグ 25枚入り
価格:199円(税込、送料別)



↓長女の頃はまだ粉だった!次女の時にはキューブに!子育ても進化しているんですねぇ。

長い制作時間をかけてようやくできたハートキャッチプリキュアのキュアマリンをかぼちゃパンツに仕立てていきたいと思います。パターンは以前作ったこちらのかぼちゃパンツと同じです。↓まずは裁断した状態がこちら。今回の材料となったこちらの茶色の布地。思い返せば中学 ...

続きを読む
長い制作時間をかけてようやくできたハートキャッチプリキュアのキュアマリンをかぼちゃパンツに仕立てていきたいと思います。

パターンは以前作ったこちらのかぼちゃパンツと同じです。

↓まずは裁断した状態がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
今回の材料となったこちらの茶色の布地。思い返せば中学校1年生の時にエプロンを作ろうと購入した布地でした。となると、23年前ってことですね。我ながら物持ちの良さが恐いです。

↓完成品がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
布地の厚みも、透けない感じもボトムにピッタリの材料でした。

↓今回の主役キュアマリンの刺繍はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
接着芯がポケット全体に貼ってあるので、ポケットパッリパリです。刺繍されていない部分は剥がした方が良いのでしょうか??

↓ズボンの裾はレシピ通りに紐仕様にしてあります。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょうちょ結びはほどけると面倒なので糸で縫いつけてあります。

この紐見たことありませんか??そんな鋭い人いないですか??
この茶色の紐の出身はこちらです。鍵の形をしたネックレスを皮ひもにリメイクする前についていた茶色の紐なんです。何でもとっておく自分がこれまた恐ろしいですが、色といい、長さといい、ベストマッチでした!

↓前であるしるしとして、今回もボタンをひとつ。
Come On!!貧乏ミシン部
試着の際、長女が太いゴムベルトは苦手だと言ったので、ゴムの部分を2つに分け、細いゴムを2本入れました。

↓今回のパターンもCUTITOから。
Come On!!貧乏ミシン部

モンペをリメイクした時よりも、イメージに近いですね。
Come On!!貧乏ミシン部

↓CUTITOのイメージ写真はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
キュアマリンの刺繍3部作の記事を長々と読んでくださってありがとうございました。

↓暑さのせいでワンピースの登場回数が多く、全く穿いて貰えないかわいそうなキュアマリンにぽちっとお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

前回に引き続き、ミシン刺繍の流れです。デザインセンターというBrotherのソフトで作ったデータ(拡張子はPEM)を今度は、レイアウトセンターというこれまたBrotherのソフトで開きます。↓レイアウトセンターで開いた状態はこちら。画面中央の白い部分は1 ...

続きを読む
前回に引き続き、ミシン刺繍の流れです。

デザインセンターというBrotherのソフトで作ったデータ(拡張子はPEM)を今度は、レイアウトセンターというこれまたBrotherのソフトで開きます。

↓レイアウトセンターで開いた状態はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
画面中央の白い部分は10センチ×10センチの大きさです。刺繍したいサイズに拡大したり、縮小して、大きさを決定します。

今回は刺繍面積の最大値10センチ×10センチでレイアウトしました。

↓出来上がりはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
不要な糸をカットする前の状態です。

不織布の接着芯(厚手)を使用しました。デニムなど厚みのある布地ならば接着芯無しで刺繍もできるとの事ですが、失敗する確立の高さから、私は仕上がりに支障がないのであれば接着芯をデニムにでもつけることをお勧めします。

ここだけの話、接着芯でパリパリに仕上がってしまうために、用途が広がりません。パリッパリの巾着袋とかイヤじゃないですか?だからついつい、ワッペンにしてしまうんですよね。Brotherから出ている水で溶ける接着芯も今後記事にしていこうと思います。

ミシン上の計算で、刺繍にかかる時間は24分間でした。
今回は1色で刺繍していますので、ミシンが計算した通り24分程度だと思いますが、同じデータでも色をつけた場合は糸の交換時間も含め、どう考えても30分以上かかりそうです。

また、今回のイラストは、線ばかりにしてありますが、面をにも色をつけると針数も増えて1時間近くなると思います。まぁ頑張っているミシンには申し訳ないけど、時間かかりますね。

と言うわけで、このような感じで、私は日々ミシン刺繍を楽しんでいます。データを作ったり、布地に接着芯を貼る等の準備がとても大変です。
ハートキャッチプリキュアのミシン刺繍データを無料ダウンロードとかしていきたいのですが、やっぱり無償とはいえ、怒られるのでしょうか?注意書きなどを入れたらクリアできるでしょうか?

刺繍プロのバージョンの違いでファイルが開けないこともあるので、その辺を調べ、いろいろと準備していきたいと思います。

次回は、このハートキャッチプリキュアのミシン刺繍を仕立てていきます。お楽しみに。

↓ポチっとしてもらえると大変喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ