Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  素材・不織布

私の手荒れ三昧の指から伸びる爪は、いつもガタガタ、ゴトゴト。荒れた手からは健康な爪は生えてきません。年に数回ですが、ジェルネイルをしてもらうため、友達がやっているネイルサロンへ足を運びます。ネイリストってスゴイですよね。あんな小さな爪に絵を描いちゃうんで ...

続きを読む
私の手荒れ三昧の指から伸びる爪は、いつもガタガタ、ゴトゴト。荒れた手からは健康な爪は生えてきません。

年に数回ですが、ジェルネイルをしてもらうため、友達がやっているネイルサロンへ足を運びます。ネイリストってスゴイですよね。あんな小さな爪に絵を描いちゃうんですもの。

ネイルスクールの講師も務める友人は謙遜してか、「detekoなら、すぐできるって」と言うけれど、いやぁあれは器用貧乏で出来る範囲を超えている、誰でもできることじゃない!!ネイリストの手は神の手よ!!

↓で、横を見るとジェルネイルに使うUVライトが、梱包用のプチプチに包まれて置いてありました。
Come On!!貧乏ミシン部
話を聞けば、もう使っていない古い型のUVライトだけど、ネイルスクールに通う生徒さんに貸し出していると言うではないですか。でも、貸し出すにしてはちょっと持ちにくそう。

↓と言うわけで今回はこの不織布バックをリメイクしてクッション性のあるバックを作りたいと思います。
Come On!!貧乏ミシン部
このカルジェルってメーカーのロゴをうまくレイアウトできればいいのですが。

↓こんな感じでロゴをレイアウトしてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓キルト芯をマチ針で留めてまわりを縫います。
Come On!!貧乏ミシン部

↓縫った後で、まわりをカットします。名付けて手袋方式!!(意味が分からない方はこちらへ)
Come On!!貧乏ミシン部

↓底と正面を縫い合わせます。
Come On!!貧乏ミシン部
カルジェルの不織布バックだけでは、裏地の部分をまかなえなかったので、「黒いファスナーを無料でGETする方法 」で残っていたスーツケースの不織布を裏地に使用しています。こんな2010年6月の記事の不織布が残っているなんて・・・自分でも恐い。

↓立体化する前に細かいパーツを縫い付けておきます。
Come On!!貧乏ミシン部
持ち手を2本と、マジックテープ、それから長いベルトです。この黒いベルトはまだ記憶に新しい「バックの付属ベルトで最強書道バックを作る 」のベルトの余りです。今回はクッションバックが完成した後に、ベルトの長さを調整したいので、この段階では長いままにしてあります。(←経験を積んで計算高くなっている)

↓外表の状態で組み立てて縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
キルト芯の白がまだ見えますね。キルト芯を不織布で挟んで縫ってあるので、表も裏も真っ黒です。

↓もともとカルジェルのバックに使われていたバイヤステープを縫い付けて完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
丁寧にほどいておいたバイヤステープですが、言うても、不織布なので、ボケボケになってしまって、リメイクの限界を見た!って感じでした。無理やりバイヤステープを再利用して縫い付けました。ベルトも長さを確認してから、カットし、バイヤステープのチクチクな方を縫い付けました。

↓お待ちかね。UVライトを中に入れてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
バックのサイズはちょっと余裕も持ちすぎたかなーと思いますが、キルト芯を仕込んだおかげで、こわれやすいUVライトを安心して入れられるバックに仕上がりました。

コードはもちろんこれ!!
ボタンホールゴムです!!(ご存知ない方はこちらへ)こちらのボタンホールゴム、ブログ記事としては、残念なことにあまりブレイクしていませんでしたが、私の中ではかなりのヒットだったんです。これを1つお付けしたいと思います。

このブログでたくさんの作品を完成させてきた私でしたが、今回はキルト芯を挟む工程で、挫けそうになってしまいました。しかし、ブログ記事のネタ不足(アイディアはあるけど手が追いつかない)の危機というタイミングのおかげ(?)で、がんばって完成させることができました。ありがとうございました。このバックは、近々、友達のところにお嫁に行きます。

↓1記事、1作品を守り抜く私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓高すぎっ!!ネイルサロンのお値段が高いのも納得!

「本当に・・・この子はミシンばっかりしてぇ~」(怒)と周りの人に思われていそうな私ですが、実を申しますと、ミシンに並んでがんばっているものに書道があります。2度の出産で半年ずつお休みをもらいましたが、この1月で丸10年になりました。10年前はピンピンして ...

続きを読む
「本当に・・・この子はミシンばっかりしてぇ~」(怒)と周りの人に思われていそうな私ですが、実を申しますと、ミシンに並んでがんばっているものに書道があります。2度の出産で半年ずつお休みをもらいましたが、この1月で丸10年になりました。

10年前はピンピンしていた書道の先生も80歳を超え、いつしか、杖をつくようになり、最近では外出時には車椅子を使われるようにまでなってしまいました。そんな先生を見て私も「いつまでも先生に習えるわけじゃないんだなぁ」と思うように。

今のうちに習える事は習っておかねば!!と昨年2月より「条幅」を始めました。(今までは半紙とペン字だけでした)条幅とは「全紙」(約136cm×約70cm)半分にしたもの(約136cm×約35cm)です。つまり掛け軸みたいに長ーいやつです。

↓先生お勧めの条幅の紙を買いました。
Come On!!貧乏ミシン部
こんな風に折りたたんで包まれた状態になっています。100枚入りで7500円!1枚75円です。1回の練習で10枚なんてあっという間に使ってしまいます。

でも新聞紙とか他の紙で練習してもダメなんですねぇ(涙)筆に含んだ墨でにじんだり、かすれたりしなくちゃいけないので、他の紙だと、墨のモチが違ってくるからです。私がチビチビと貯めたお金はこんなところに使われているんですね。(ちなみに長い下敷きは2000円、大きい筆は6300円で痛いのなんのって。でも先生お勧めの道具で書きたい・・・じゃないと書けないことを筆のせいにしてしまいそうで・・・)

ここでケチってはいけません!!ケチるところじゃございませぬ!!←自分に言い聞かせている。

↓こちらは1年前に作った 「条幅ケース1号」君です。(男?)
Come On!!貧乏ミシン部

↓素材はこちら。100円ショップで購入したタンスシート。(←めずらしく購入)
Come On!!貧乏ミシン部
1年前、考えた末に思いついた素材がタンスシートでした。ミシン針で「プチプチ」言わせながら作ったのですが、気に入らずブログの記事になりませんでした。

そして、次に思いついたのがこちら。

↓お葬式でもらった不織布のバックです。
Come On!!貧乏ミシン部
底が広くて厚みもあり、クリーニング屋さんに洗濯物を持ち込む時に大変便利です。

種類こそ違えど、この不織布のバックをようやく2枚揃えることができました。これをほどいて、1個目は表面に、2個目は裏面にしたらいいに違いないと思いました。

この写真を撮影した後で、不織布のバックのロゴを読んでみると、そこには、昨年うちのおばあちゃんが亡くなった時のセレモニーホールの名前が!!だったら、お葬式に出席してくれた実家の両親も同じものを持っているはず!!

こんなくだらない事で母に電話をするのは気がひけたのですが、時は大晦日。お正月に親戚であつまる予定だったので、これ幸いと、同じロゴマークの不織布バックを持ってきてもらいました。(写真では上に写っている紺色一色のバックです)

↓同じ種類の不織布が2個揃い、ウキウキで作業開始です。
Come On!!貧乏ミシン部
とりあえず全部解きます。

余談ですがこのような「解く作業」は家族と一緒に過ごす時間にやっておくのがコツです。睡眠時間を削って行う「一人でオールナイト」(詳しくはこちらの記事の青い文字をご覧下さい)の時間は大変貴重な時間なので、「裁つ」「縫う」の作業に充てると良いでしょう。

↓細長く繋げてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

そうだ!!アイロンでピシッとさせよう!!

↓やった私がバカでした。
Come On!!貧乏ミシン部

貧乏ミシン部の新しい教訓です。
「不織布に高温のアイロンをかけてはならない」

2012年最初の大失敗でした。
アイロンで溶けた部分は切り取って余っている不織布をつなぎました。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
大きなものってガーっと縫えばいいやって、ついつい雑になってしまうんですよね。おかげで、条幅ケースがちょっと歪んでいる・・・・。斜めにシワが入っちゃっています。でも、墨も目立たないし、不織布の手触りが、タンスシートの手触りよりも好きなので、これを使う事にします。

ちなみに黒いファスナーは、「黒いファスナーを無料でGETする方法 」で入手しています。

今でこそ、「書道?いいねぇ」と言われるようになりましたが、20代の頃は「なんで?なんで書道なの?」と死ぬほどいわれました。アッシュグレーに染めスパイラルパーマをかけていた当時の私のイメージに合わなかったんでしょうね(涙)

自分でも分からないんです。なんで書道なのか?でも、食欲と同じような感じで、書道欲みたいなのがあって、お腹の底から字を書きたい気持ちが湧き上がってくるんですよねー。何歳まで続けられるか、私にも分かりませんけど。

↓昔はコンパに行きながら書道に通っていた ある意味頑張り屋な私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓本当はこうやって保管するみたい。

過去に「不織布バックをパズルケースにリメイク」というタイトルで記事にしたことがありますが、今回はその進化形をご紹介したいと思います。第一作目のパズルケース、ブログに掲載後、「私も作りました」というメッセージをチラホラといただいております。そしてもちろん我 ...

続きを読む
過去に「不織布バックをパズルケースにリメイク」というタイトルで記事にしたことがありますが、今回はその進化形をご紹介したいと思います。

第一作目のパズルケース、ブログに掲載後、「私も作りました」というメッセージをチラホラといただいております。そしてもちろん我が家でも大活躍しているのですが・・・・。

パズルケースのファスナーを閉じてしまうと、何のパズルが入っているのか分からないという弱点がございまして、この数ヶ月、もっと使いやすくする方法を考えていたのです。

↓まずは定番の不織布のケースを準備します。
Come On!!貧乏ミシン部
私は写真フェチなので、子供達が生まれてからずーっと、お誕生日撮影をしています。長女の誕生日には次女も撮り、次女の誕生日には長女も撮る・・・結局年2回のスタジオ撮影を続けてしまっています。ちなみに私はデータをもらう派なので、購入する写真は一番小さいL版なんですけどね。セコい!!

↓今回、新登場なのがこちらの透明ビニールです。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらはお友達(デイジーまりもっこりをくれた人物←まりもっこりの可哀想な最後を知らない方はぜひご確認下さい!)にいただいたリラックマの湯たんぽが入っていたビニールです。結構、しっかりしていて素材としてはテーブルクロスになりそうなほどの厚みがあります。

↓パズルケース本体の左下を丸く切り抜きしました。
Come On!!貧乏ミシン部
曲線で切り抜いても、ボロボロが出ないのが不織布のいいところですよね!透明のビニールは裏側からセロテープで固定します。

↓ビニールの上からトレーシングペーパーをセロテープで貼り付けます。
Come On!!貧乏ミシン部
一度、トレーシングペーパー無しで縫ってみましたが、ビニールが引っかかって上手く縫えなかったので、ラミネート加工の布地のようにトレーシングペーパーを使ってみました。

↓ミシンで縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
トレーシングペーパーのおかげでうまくいきました。

↓トレーシングペーパーをビリビリと破きます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓円の周りをハサミでカットしてぬぞき窓の完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓グレーバージョンも同時進行で完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓その後は、バックに仕立てて完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
今回の持ち手はちょっとケチって半分の長さに仕上げました。パズルケースはまだまだ足りないので増産する予定です。持ち手の長さを短くしたので、持ち手をつける位置を中心に少し寄せたのですが・・・・あっ、紺色の持ち手が1ヶ所だけヘンな位置についてる~(涙)後で直しておきます。

この場合、ファスナーを付けてから、持ち手をつけた方が縫いやすいと思います。

↓パズルを入れてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
おぉぉメロンパンナちゃんが窓の中から笑っています。

↓もうひとつのケースの方はアンパンマンが顔を出しています。
Come On!!貧乏ミシン部
子供のパズルはピースが大きいので、パズルが崩れてぐちゃぐちゃになっていても、何のパズルか分かりますね。

↓これはもう捨てることにします。
Come On!!貧乏ミシン部
このビニールケース、パズルを買ってから半日でこの状態・・・。値段が安いから仕方ないですかね。

↓パズルが大好きなインドア派の次女に1票お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

ドラックストアへ行ったら、ゴム袋が1袋で198円、3袋で498円となっていました。そしたら、やっぱり3袋買いますよねぇ。↓こちらがそのゴミ袋。3袋買ったけれど、ちょっと薄すぎて失敗しました。私、適当なところがありまして、ゴミ袋、あれもこれも開けてしまうん ...

続きを読む
ドラックストアへ行ったら、ゴム袋が1袋で198円3袋で498円となっていました。そしたら、やっぱり3袋買いますよねぇ。

↓こちらがそのゴミ袋。
Come On!!貧乏ミシン部
3袋買ったけれど、ちょっと薄すぎて失敗しました。

私、適当なところがありまして、ゴミ袋、あれもこれも開けてしまうんです。1つめを開けて使っているのに、たまたま手に取ったのが未開封のゴミ袋だったりすると、使いかけのゴミ袋を探さずに次々に開封してしまうんです。

だから、ゴミ袋の最後の一枚を使ってしまっても、「他に使いかけのゴミ袋があるはず」って思ってしまうんです。ずーっとこんな調子で生きてきました。

それもこれも、開封してあるゴミ袋がどれなのか分からないからダメなんだわ!!ゴミ袋ストッカーがあればいいのよ!!と、またミシン部屋にこもりました。

↓今回の材料はこちら。スーツのケースです。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらは過去記事「黒いファスナーを無料でGETする方法」で捨てようかなぁと思っていた不織布です。

↓布ではないので気楽に裁断できます。
Come On!!貧乏ミシン部
今回はゴミ袋を入れるだけなのでちょっと浅めの本体と、持ち手を2本です。

↓先に持ち手を縫い付けました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓マジックテープもしっかりつけました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓こちらが完成品です。
Come On!!貧乏ミシン部
今回のポイントは、片方にゴミ袋を取り出す開きを作ったところです。左右どちらに開きがあるか分かるようにタグを付けてみました。「GOOD!!」と聞こえてきそうなジェスチャーです。

↓では早速ゴミ袋を入れてみましょう。
Come On!!貧乏ミシン部
今回も作り始める前にいろいろシュミレーションしました。ゴミ袋が意外とドッシリと重いので、バックの底辺に開きを作ってもグチャってなるだろうなと考え、ゴミ袋は縦に二つ折りにして、横から引っ張り出してみようと。

↓ズバリこんな感じです。
Come On!!貧乏ミシン部
すばらしい!!これなら、2つや3つは買い置きしても、ストッカーに入れておけるでしょう!!しかも、ゴミ袋を思わせるこの黒!!不織布でありながら、高級感さえ漂います。

出来上がったストッカーを見て、旦那さんがひと言。
「それって出しやすいの?」


・・・・。


むむむ。


出しや・・・すく・・・はない!!


ゴミ袋の外袋を剥がしてから、ストッカーに入れたら、ちょっとは出しやすくなりました。


↓いいツッコミをする旦那さんにポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

4年前のクリスマス、当時1歳だった長女にサンタの格好をさせたくて、小学生用と表示されたサンタの衣装を100円ショップで購入しました。不織布で作られた帽子・スカート・上着の三点セットは300円でした。↓こちらが4年前にサイズダウンさせたサンタの衣装。サイズ ...

続きを読む
4年前のクリスマス、当時1歳だった長女にサンタの格好をさせたくて、小学生用と表示されたサンタの衣装を100円ショップで購入しました。不織布で作られた帽子・スカート・上着の三点セットは300円でした。

↓こちらが4年前にサイズダウンさせたサンタの衣装。
Come On!!貧乏ミシン部
サイズは選べなかったので、80サイズにリメイクして着せていました。今年は、2歳になった次女がきてくれています。不織布なので、実物はもうボロボロ。長女2回、次女2回の着用で300円はもう十分にもとを取ったので今年で捨てようと思います。こんな安物でも、おじいちゃん達には大ウケでした。

4年前は貧乏ミシン部をやっていなかったのでリメイク前の画像がなくてちょっと残念です。


さて、クリスマスに私が作ったトットちゃんを長女にプレゼントしました。サンタさんを本気で信じているので、トットちゃんがサンタさんからのプレゼントにしたら、私がサンタだとバレてしまうと思ったので、私からはトットちゃん、サンタさんからはプリキュアのステーショナリーセットということにしました。

これは事実上、「トットちゃん VS プリキュア」の戦いです。包みを開いて長女はどちらに食いつくでしょうか??

最初はやっぱりプリキュアでした。でも、クリスマスの夜から3日連続でトットちゃんの着せ替えを楽しんでいます。結果はまぁ引き分けといったところでしょうか。

その他余談ですが、12月に入って間もない頃、長女が「ママ、おうちをクリスマスにしてよ」と私に言いました。

その声に答える為、少ない予算で・・・いえ、全くお金をかけずにリビングをクリスマスっぽくする努力をしました。

↓まず、こちらはサンタとトナカイの壁飾り。(紙製)
Come On!!貧乏ミシン部
昨年、ミキハウスの紙袋を使って(サンタさんの洋服の部分の赤色)壁飾りを作りました。手前から3匹目のトナカイの右腕が無くなっていますがスルーでお願いします。

↓反対側の壁はゆきだるま。
Come On!!貧乏ミシン部
数年前に100円ショップで買ったゆきだるまを飾りました。

↓緑の紙袋で作ったクリスマスツリー。(紙製)
Come On!!貧乏ミシン部
とりあえず数週間の飾りつけなので紙製でなんとか今年はしのげました。来年は、オーナメントやクリスマスのリースを布で作れたらいいなぁと思っています。

↓我が家の地味なクリスマスに一票お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ