Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  和装

ブログの休止中、保育園の夏祭りがありました。その翌日、せっかく出した浴衣だからと、子供たちに浴衣を着せて病院のお見舞いに行くことにしました。入院患者さんをはじめ、入院中の旦那さんにも大ウケで、コスプレ作戦、成功となりました。ところが!!↓病院の廊下を駆け ...

続きを読む
ブログの休止中、保育園の夏祭りがありました。

その翌日、せっかく出した浴衣だからと、子供たちに浴衣を着せて病院のお見舞いに行くことにしました。入院患者さんをはじめ、入院中の旦那さんにも大ウケで、コスプレ作戦、成功となりました。

ところが!!

↓病院の廊下を駆けぬける長女の後姿を見てびっくり。
Come On!!貧乏ミシン部
腕を振れば振るほど、長女の浴衣の袖がほつれてゆきます。このほつれが今回の課題です。これに加えて、縫い上げの縫い目が表と裏で逆になっているので、これも直そうと思います。

「浴衣の着付け」というサイトを参考にさせていただきました。二目落としという縫い方をするとき、表に糸が出ないように縫うべきところを、私は、裏に糸が出ないように縫っていることに気が付いたので、ここも直そうと思います。

↓袖がほつれた理由は・・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
お下がりでもらった浴衣だったのですが、いただいた時から、袖を2センチ折り込んで、手縫いで縫い合わせてあったんです。きっと肩の縫い上げだけでは、袖丈を調整できなかったんでしょう。

ここの手縫いの部分が弱く、ほつれてきたようです。

↓ここは思い切って袖を一旦取り外します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓こんな感じになりました。
$Come On!!貧乏ミシン部

↓穴が開きやすい素材だったので、接着芯を細く切ってテープ状にしてアイロンで接着しました。
Come On!!貧乏ミシン部
これで、強度UP間違いなしです。

この浴衣はもともとミシンで縫われていたので、私も甘えて、ミシンで縫い合わせました。

↓はいこの通り!!
$Come On!!貧乏ミシン部

↓こんな感じで完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓着丈の縫い上げですが、さきほどのサイトによると、浴衣を5センチ残して半分に折ったところが、縫い上げの山になるそうで。
Come On!!貧乏ミシン部
やってみたんですけど、ちょっと縫い上げの山が低すぎるような気がしないでもないですが・・・。

↓縫い目も表にあまり糸が出ないように縫い直しました。
Come On!!貧乏ミシン部
縫い上げると端のところが、余ってくるのですが、ここはタックを取って調節するらしいです。

なるほど!!

いつも、見様見真似で適当に縫い上げをしていましたが、ざっくりでもいいから、ルールらしきものに従うと、うしろめたさ、恥ずかしさが軽減されていいですね。何もかも、自己流でやってきているので、マニュアルがあるって、本当にありがたいことだなぁと思います。

子供の浴衣、ひと夏で3回着せられたら、もとが取れたなって思うのは私だけでしょうか?チャンスを見つけては、浴衣を着せてあげたいと思います。

↓暑さでミシン部屋に踏み込めない私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんなフリフリの浴衣もかわいいんだけど、コケシ顔のうちの子には似合わないんだよね。


↓下駄?買わない!買わない!(笑)ピンクのビーチサンダルで代用しています。子供のビーチサンダルは浴衣の色に合わせて買いましょう!

長女の入学式のために、春っぽいスーツを買うべきか、母に持たせてもらった訪問着を着るべきか?という問題に直面しました。やはり気にかかるのはお金の問題。膨張色である春色スーツを買ったところで着る機会は、おそらく小学校の入学式ぐらい・・・となると、回数は長女と ...

続きを読む
長女の入学式のために、春っぽいスーツを買うべきか、母に持たせてもらった訪問着を着るべきか?という問題に直面しました。

やはり気にかかるのはお金の問題。膨張色である春色スーツを買ったところで着る機会は、おそらく小学校の入学式ぐらい・・・となると、回数は長女と次女の入学式で2回となります。(6年後の中学校の入学式に着て行ける確率は体形維持と6年後のトレンドを考えると少し低くなってしまうので、カウントできません)

それならば、着物でと思うのですが、自分で着られない上に、ヘアセット、そして8時半開始の時間を考えると、早朝料金は避けられません。1万2000円ほどでしょうか?

頭の中で何度も天秤を左右に揺すこと数日、結局着物で出席することにしました。

今まで私は自分で長襦袢に半襟をつけたことがありませんでした。石川県で生まれ育ったため、加賀友禅ぐらいは色味で見分ける事ができるものの、必要な小物の名前すら言えないレベルです。

半襟は自分でつけるものと知っていたけれど、「できない子」のふりをして(まぁ実際できないのですが)、美容師さんや、着付けの先生に甘えて、当日、現場で縫い付けてもらっていました。しかし、そのうち、着付け代に「半襟の縫いつけ料金」が上乗せされていることに気づいたのです。

1000円でも安くしたい!!

そんな気持ちで、今回は、自分で半襟をつけてみようと思います。ネットで半襟の付け方をパラパラっと見てから、いざスタートです。

まず、初めにどの半襟をつければいいのか分かりません。洗濯しておいた白い半襟か、桜の花が刺繍してあるエンジ色の飾り襟なのか?うーん。美容院に必要なものを届けたついでに、半襟の相談を持ちかけ、今回は地味に白色をつけることに。

↓1センチ幅で、アイロンをかけておきます。
Come On!!貧乏ミシン部
短い辺を三つ折りにして縫うべきなのかもしれませんが、多くの人が省略しているみたいだし、私の半襟にも縫われた跡が全く無かったので、私も省略(笑)

↓縫い始めた途端、手荒れで、指先から出血(涙)
Come On!!貧乏ミシン部
血がついた場所が着物じゃなくて、半襟でよかったぁ。

↓1センチ折った方を中心から左側半分をマチ針でとめました。
Come On!!貧乏ミシン部
画像の長襦袢は、表側です。つまり、着付けをした時に表側になる方から縫い付けていることになります。

↓中心から10センチぐらいは細かく縫い、その後はざっくり粗めに縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
着付けをした時に襟がカーブする部分を細かく縫うことが、へんなシワをつくらないコツなんだそうです。(←ネットで予習した)

↓中心から右側も同じ要領で縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
これで半分完成です。

↓今度は長襦袢ごと裏返し、もう一方の辺にマチ針を打ちます
Come On!!貧乏ミシン部

↓こちらは、ちょっと引っぱり気味に縫うといいらしいです。
Come On!!貧乏ミシン部
バームクーヘンの内輪(?)のカーブきつくなっているように、襟が内側になるこちらの辺は普通に縫うと半襟がダブついて、シワがよるからなんだそうです。(←ネットで予習した)

↓こうやって、仕上がり幅に折ってマチ針で・・・何かおかしい?予習と違う!!
Come On!!貧乏ミシン部
この厚みは、もはや手縫いができる厚みを超えている!!!と思いました。

何かおかしい?何が??
ここを縫っていいのだろうか?

ここで伯母に電話するも「わすれた」のひと言で解決せず、着物が包まれていた「たとう紙」に呉服屋さんの電話番号が記されていたので、電話をかけてみました。

「あぁ広襟だから、折らずに開いた状態で縫い付けるんですよ。」

と電話で丁寧に説明してくれた後、和装ビギナー(←私のこと)に「えらいわねぇ、がんばって付けてみてね」と言葉をかけてくれました。

私の長襦袢は「広襟」という二倍の幅の襟を半分に折って着用するスタイルなのですね。

↓プロのアドバイスで無事、半襟をつけることができました。
Come On!!貧乏ミシン部
襟を開いた状態で2辺縫いました。着付けの時に襟芯を挟み、二つに折って着付けしてもらいます。

長女が通う小学校では、お母さんの着物率がとても高く、毎年4人に1人ぐらいの割合で着物なんだそうです。今回は、美容院を予約してしまいましたが、遊びに来ていた友達が「うちのお母さん着付けしてくれるよ」という素敵な情報をくれたので、今後はお友達のお母さんにお願いしちゃお(笑)

そんな時こそ、自分で半襟をつけて、お友達のお母さんに迷惑をかけないようにしないといけませんね。今回のチャレンジで、できることがひとつ増えてよかったです。やり方を忘れたら、この記事を読み返そうと思います。史上最強のマニュアルです(爆)

問題は、私の訪問着が絞りで、クリーム色という膨張する要素満載(爆)ということだけ。

当日は「売れ残っていた和装バックをリメイク」を持って行きます。これ、本当に便利です。

↓最初から最後までお金の話ばっかりでごめんなさい。でもポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)