Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  親族の作品

今回は貧乏ミシン部7年目にして初となる旦那さんの作品をご紹介します。この記事の「テーマ」を選ぶときに、今回の作品に合うものが見つからず、「旦那さんの作品」という新しいテーマを増やしてしまいました。(笑)最初で最後の作品の可能性も・・・。↓こちらが旦那さん ...

続きを読む
今回は貧乏ミシン部7年目にして初となる旦那さんの作品をご紹介します。この記事の「テーマ」を選ぶときに、今回の作品に合うものが見つからず、「旦那さんの作品」という新しいテーマを増やしてしまいました。(笑)最初で最後の作品の可能性も・・・。

↓こちらが旦那さんが熱くなったパラコードクラフトミラクルブックです。1600円!

J.D.Lenzen(ジェイ・ディー・レンゼン)さん著のアメリカーンな本です。著者ご本人が自分の名前で検索した時にヒットしたらいいなぁと思い、アルファベットで入力してみました。(笑)(アメリカからのアクセスアップを狙うdeteko)

私も自分の名前で検索したことがあるのですが、同姓同名の方ばかりヒットして、いい意味でも悪い意味でも私の事は出てきませんでした。ちなみに内科を受診して、診察券を作ってもらったところ、「同姓同名あり」と書かれました。(笑)近いところに同じ名前の人が・・・。

↓以前「緊急持ち出しキーケース」でハンディライトのご紹介しました。

これがパラコードという紐で編まれている、旦那さんイチオシ作品です。「平結び」の1本使いです。

↓その理由を旦那さんが熱く語ります。


ほら手を広げてもライトが落ちない!!

「ハンディライトは手がふさがるという弱点がある。その弱点を克服できるのがこれだ!」と。
これには正式な名前がありまして、「フラッシュライトストラップ」といい、本書の102ページに紹介されています。

↓Amazonでパラコードという紐を大人買い。(笑)このお金の使い方貧乏ミシン部的に無しですよね?

旦那さんは赤とかオレンジが好きです。ピンクと白のチョイスは、どうも娘たちを意識しているご様子。

↓次の作品は自分用のブレスレットです。


↓続きまして子供たち用のブレスレット。


↓そして、ありがちなストラップ。

作った当初は自分のスマホにつけていましたが数か月経った今、つけていないところを見るとどうやら、邪魔だったようですね。

↓「色分けサインウェーブ結びのジッププル」という正式名称がついたファスナーを引っ張りやすくする持ち手(?)です。

2種類ついているのが分かりますでしょうか?

このように、サクサクご紹介していますが、旦那さんも何度も編み方が分からず、躓き、私も手を貸そうとしました。でも、「おまえの方がうまくできるのは分かっている」と頑なに自分で編もうとしていたので、見守り続けること数週間。

その後、「何かを作るって楽しいね」と順調なご様子。
この私に、いまさら「作る楽しさ」語るって。(笑)

旦那さんのイチオシはハンディライトでしたが私の中ではこれかな。

↓二階の窓から避難するロープ。(爆)

こんなの編んだだけで作品じゃない!!と旦那さんは横で言っておりますが、このパラコードかなり強度があるそうで、かぎ針のくさり編みのように、端を引っ張るとするするほどけ一瞬にして1本のロープに戻るように編んであるので、緊急事態にはこれで逃げろ!!ということで二階の廊下に消火器にぶら下げて置いてあります。

もし、二階から脱出することに成功したら、この本とパラコードも価値があったと思えますね。

あんなに寝ても覚めてもパラコードに熱中していた旦那さんの熱はすっかり冷めて、この記事を書きながら「これは何本紐使っているの?」「なんて編み方?」って聞いても、返事すらありません。

パラコードで室内用の夏草履編んで欲しいなって言ったら「たぶん紐足りない」って、冷たいお返事。どうやら我が家のパラコードブームは去ったみたいですが、興味のある方はぜひ。

↓熱しやすく冷めやすい「いて座」の旦那さんにポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
↓うちの旦那さんと趣の合う方はこちら!こちらはミラクル。


↓この本、シリーズでもう一種類ある!!こっちはパーフェクト。


↓本気でやりたくなった方はこちら!

年始のご挨拶を・・・とのんびりしていたら3日になってしまいました。あらためまして、あけましておめでとうございます。貧乏ミシン部、2016年もどうぞよろしくお願いします。おせち料理を一から作れない私ですが器用貧乏を生かして「詰めるおせち」を毎年、せっせと自 ...

続きを読む
年始のご挨拶を・・・とのんびりしていたら3日になってしまいました。
あらためまして、あけましておめでとうございます。
貧乏ミシン部、2016年もどうぞよろしくお願いします。

おせち料理を一から作れない私ですが器用貧乏を生かして「詰めるおせち」を毎年、せっせと自前のお重に詰めておりました。ところが、3日前の大晦日、開いてびっくり。私のオーダーミスで紙のお重に「詰められたおせち」が!!

綺麗に並んでいる食材をわざわざ自分のお重に詰めなおすのもなんなので、紙のお重のまま思い切って並べてみたところ、親戚からのツッコミもなく、宴会は無事終了・・・。(笑)

嫁いで13年。私の詰め方がそこそこ良かったのか、それとも、誰も私のおせちに興味がないのか・・・。まぁ詰めるおせちの予算が予算だけに、どれだけがんばって詰めても、ホテルのウン万円のおせちに見えるはずもないんですけど。(涙)

さて、昨年に引き続き、叔母の作品をご紹介させていただきたいと思います。

↓今年のお飾りは、こちら!古い着物をほどいて作ったタペストリーです!

今はメインの趣味がパッチワークという双子の叔母がプレゼントしてくれました!お正月の飾りが増えて、子供たちも大喜びです。叔母の裁縫の腕前がすごいのはもちろんですが、古い着物が持つ独特の雰囲気って本当に素敵ですね。

よく手作りを趣味とされる方への褒め言葉として「本当に器用ですね」って言いますけど、器用なだけじゃなく、素材を生かすアイディア、生地のどの部分をどう生かすかのセンス、コツコツ仕上げる辛抱強さなど、様々な要素が組み合わさって、素敵な作品は完成するのだと思います。器用ねぇで終わらせてはいけないと思うのです!(爆)

こんな手のひらサイズのタペストリーだって、着物をほどいてからこの形になるまでどのくらいの時間を要したのでしょう。一旦、取り掛かってしまえば叔母の集中力であっという間に仕上がったことと思いますが、毎日の暮らしの中には他にやりたいこと、やらねばならないことがきっと誰にでもたくさんあるはず。横目でほどいたハギレを見ながら、いつか、いつかと思っていた期間を含めたとしたら・・・。

貧乏ミシン部を読んでくださっている方ならみなさんきっと「自分への宿題」があると思います。

「あぁいつかこの生地をこんな風に仕上げたい」
「時間ができたらこれにチャレンジしてみたい」
「何かにこれを生かせないかなぁ」

私の場合、おかげさまでブログのおかげでコンスタントに締切がやってくるので(笑)、おしりをたたかれているような状況で「自分への宿題」も幾分、コンスタントに片づけていけていると思うのですが、、片付いた分だけさらに、「自分への宿題」を増やしてしまう傾向もあり・・・。

2016年も引き続き、ブログのためのミシンではなく、暮らすため、生きるためにミシンでありたいと思っています。

子供達が成長し、作るものの種類も内容も変わってきていること、私も肌で感じています。子供にとられる時間も、自宅で過ごすことが多かった幼少期に比べ、今は習い事の送迎や子供会、学校のクラス役員など、出かける用事も多くミシンに向かう時間が取れなくなっています。でも。そこは細切れの時間をうまく使って取り組んでいけたらと。

普段からテレビの番組を2つに分けていまして、一つは、セリフひとつ逃してはならない本気で見る番組、そしてもう一つは気になった時だけ目をやる耳で楽しむ番組。

そんな感じで、お正月番組も耳で楽しみながら手仕事を進めています。(笑)家族のチャンネル争いに参戦しなくても済むのは手仕事のおかげです。(笑)どうぞ、好きな番組を見てください。でも録画の権利は渡しません!

↓随分、話が反れましたが、こちらのタペストリー、実はリバーシブル!

こちらも涼しげで素敵です。うちは女の子が多いので、ついつい赤い面をこちらに向けてしまいがちですが、両面とも楽しみたいと思います。

私のDNAは間違いなくこのルートで来ていると思います。こんなにかわいい作品を見た時の、おなかの底からわき起こるこの感じ。言葉にならないこの気持ち。

「かわいい!」からの・・・「どいう作りなんだろ?」からの・・・「私も作ってみたい」って気持ちを全部混ぜたようなそんな気持ち。

分かります?(笑)

お腹の底からわき起こるこの気持ちを大事に2016もよろしくお願い致します。
以上、今年の抱負でした。

↓2016年という新しい年にポチ!じゃなくて私にお年玉、ポチ!(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ


↓私のスマホケース。旦那さんが「ひゃくまんさんみたい」って。(涙)

↓ひゃくまんさんとは金沢市のゆるキャラです。

今年に入って思うように更新ができていません。その理由は、この記事の最後に。まずは、こちらの記事をご覧ください。・2012年年末特別企画 あみぐるみ第一弾・2012年年末特別企画 あみぐるみ第二弾ちょうど二年前の記事ですが、何度見返しても面白い。(笑)本当 ...

続きを読む
今年に入って思うように更新ができていません。その理由は、この記事の最後に。

まずは、こちらの記事をご覧ください。
2012年年末特別企画 あみぐるみ第一弾
2012年年末特別企画 あみぐるみ第二弾

ちょうど二年前の記事ですが、何度見返しても面白い。(笑)
本当の事を言うと、この撮影を終えたらまるごと全部捨てるつもりでした。でも、思いのほか反響が大きく、「ぜひとも残してほしい」との声が次々に寄せられたので、捨てるに捨てられなくなってしまいました。

このまま残しておいていいのか?もう捨てるチャンスはないのか?
記事の後、さらに2年間も保管したちょうど昨年の暮れこと。

大おばあちゃんのお見舞いに行きました。大おばあちゃんは、何度も体調を崩し、入退院を繰り返していましたが、ある日、うちの子達に言いました。

「またたくさん、毛糸、編んでやるさかいな」(大阪弁)

その時、私は思いつきました!おばあちゃんが編んだこの作品を、ほどいてぐるぐる巻いて、また大おばあちゃんのところに持っていけば、お母さんが毛糸を買わなくて済むし、何より、リハビリのためってことで、毛糸をほどく理由にもなる!!(笑)

↓で、早速二人の従業員を雇い、作業開始です。

長女が薄いパジャマを着ていますね。画像のプロパティを見てみたら11月1日となっていました。

↓編み物をほどく作業は、障子をやぶる作業と同じくらい楽しい。(笑)

おばあちゃんの作品の中でも、動物やアンパンマンは、ほどく勇気がなかったので、まずは「月ごとに分けて入れられる伝票入れ」をほどきました。

大おばあちゃんがジャンジャン編んで毛糸が足りなくなったら、それを理由に、動物やアンパンマンとゆかいな仲間たちも、ほどけばいいのです。まずは伝票入れから!

ほどいた毛糸がラーメンみたいになっています。ちょっとこのままでは編みにくい。

↓長さのある毛糸はぐるぐる巻きました。これでラーメンも伸びるでしょう。

隣には、生き残った動物とアンパンマンとゆかいな仲間たちが。きっと作業の間、ひやひやしていたんじゃないでしょうか。

この後、何度かお見舞いに行ったのですが、「またたくさん、毛糸、編んでやるさかいな」の日以来、だんだん元気がなくなっていきました。編み物なんてできる様子ではありません。

この年末に、ミシン部屋の掃除をしていたら、「肌着をお世話人形にリメイク【クリスマス準備その1】」で使った新品の肌着が出てきました。2枚組の1枚、サイズも3Lだし、お正月にでも着てもらうと、旦那さんの実家へ持参しました。

でも、大おばあちゃんがその肌着を着ることは一度もありませんでした。




↓おばあちゃんにメッセージを書いてねと渡された香り袋。棺の中にそっと入れました。

長女は小学校の制服、次女は保育園の制服に「卒園準備 アルバム撮影と卒園式用のスカート」を着て、お通夜と葬儀に出席。冠婚葬祭では、いつも貧乏ミシン部作品に助けられます。

動物とアンパンマンとゆかいな仲間たちが、手元に残りました。何回見てもププッって笑ってしまう、あみぐるみ。持ち歩くにはちょっと大きいけど、元気をくれるお守りです。彼らが断捨離の対象になることは、もうこの先ないと思います。

↓こんなの見せたら、編み物教えてってなったと思います。

引き続き、一緒に感じてください。↓きりん。(自立できない)↓トラ。またはネズミ。↓カエル。(目が赤)↓アンパンマン。(顔色が悪い)↓バイキンマン。(とうとうマジックを使用)↓背中は羽根つきの丁寧な仕上がり。↓ドキンちゃん。(やはり、マジックを使用)来年、 ...

続きを読む
引き続き、一緒に感じてください。

↓きりん。(自立できない)
Come On!!貧乏ミシン部

↓トラ。またはネズミ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓カエル。(目が赤)
Come On!!貧乏ミシン部

↓アンパンマン。(顔色が悪い)
Come On!!貧乏ミシン部

↓バイキンマン。(とうとうマジックを使用)
Come On!!貧乏ミシン部

↓背中は羽根つきの丁寧な仕上がり。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ドキンちゃん。(やはり、マジックを使用)
Come On!!貧乏ミシン部

来年、またこの話をしましょう。

↓何かを感じ取れた方はポチっとお願いします。絶対お願いします。両方お願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓おばあちゃん、私にはこんな風に見えるよ!!本当に見えるよ!!


年末も残すところあとわずかとなりましたね。大掃除進んでいますか?私は、この5年間、大掃除のたびに、「捨てろ!捨てろ!」という旦那さんの声を浴びながら必死に守り続けてきたものがあります。それは、旦那さんのおばあちゃん(子供たちの大おばあちゃん)が、長女が1 ...

続きを読む
年末も残すところあとわずかとなりましたね。大掃除進んでいますか?

私は、この5年間、大掃除のたびに、「捨てろ!捨てろ!」という旦那さんの声を浴びながら必死に守り続けてきたものがあります。

それは、旦那さんのおばあちゃん(子供たちの大おばあちゃん)が、長女が1歳の時に編んでくれたあみぐるみたちです。今日ばかりは多くを語りません。みなさん感じてください。では、どうぞ。

↓月ごとに分けて入れられる伝票入れ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓クリスマスカラーのキューピーちゃん。
Come On!!貧乏ミシン部

↓キューピーちゃんのお布団。
Come On!!貧乏ミシン部

↓かめ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓うさぎ。(目の玉が緑)
Come On!!貧乏ミシン部

↓ぞう。(顎が出ている)
Come On!!貧乏ミシン部

↓・・・・ドラえも・・ん??
Come On!!貧乏ミシン部
このシリーズ、次回に続きます。

多くを語らないのは、年末で私が忙しいからです。絶対そうです。他に理由はありません。

↓ひ孫を喜ばせたい大おばあちゃんにポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓おばあちゃんの完成イメージはこんなだったはず。