Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  編み物

編み物の季節ですね。私は編み物があまり得意ではないので、もう編み針を持つことも、かぎ針を持つこともないと思っていたのですが・・・。 ↓ミシン部屋を掃除していたら、出ました!出ました!大放出です!(笑)からみにからんだ100円ショップのアクリル毛糸たち!! ...

続きを読む

編み物の季節ですね。私は編み物があまり得意ではないので、もう編み針を持つことも、かぎ針を持つこともないと思っていたのですが・・・。

 

↓ミシン部屋を掃除していたら、出ました!出ました!大放出です!(笑)

からみにからんだ100円ショップのアクリル毛糸たち!!まだ、玉になっているのは、子供がお小遣いで買ったアクリル毛糸。

インスタントラーメンみたいになっているのは、「リハビリのための作品ほどき」で大おばあちゃんの作品をほどいた毛糸です。大おばあちゃんの作品は貧乏ミシン部の歴史に残る記事なので、最近読者になった方にもぜひとも読んでいただきたい!と鼻の穴を広げてキーボードを打っています。

 

↓中でも目立つのは、この指編み蛇マフラー!(命名:deteko)

長女が学校で習ってきて、それを次女に教え、とにかく編みまくった「指編み蛇マフラー」です。編み針もかぎ針も途中で投げ出してしまう子供たちにとって、唯一自力で完成させられる作品とも言えるでしょう。でも全然あったかくない。(爆)

 

久々に登場した毛糸が気になってしょうがない次女と、ねこナルトを横目に、明るい窓際に座り込んでひたすらからまりをほどきます。指編み蛇マフラーは、ぴゃーっとほどくだけだから一瞬でしょ?って思うでしょ?いやいや、長女か次女、どちらかの編み順が間違っているのでしょうねぇ。5目ごとに引っかかるのです。インスタントラーメンをほどくよりも大変な作業でした。

 

とにかくこれをほどいて、使える状態にしなければ!布だろうが、毛糸だろうが貧乏ミシン部スピリッツで生きてきた私が、このままポイっと捨てられるはずがないっ!

 

↓ほどいてほどいて丸めて丸めて。
この状態にするために3時間かかりました。(涙)

ほどきながら、考えました。この無駄に派手な原色ばかりの毛糸をどうすれば、暮らしに生かし、使い切ることができるのか?

やっぱり「エコたわし」?私はメラミンスポンジ派なので、エコたわし愛用者ではないのですが、編んでみますか!

 

真っ先に思いついたのは富士山。

ネット検索してヤマモト手芸店さんにたどり着きました。ご住所を見たら静岡県だったので、ちょっとほっこり。(笑)富士山を見ながら暮らせるなんて本当にうらやましい!

 

↓ヤマモト手芸店さんの編み図通りに編んだのは最初の1個目だけ。

もっと富士山の形をシャープにしたい・・・。

目をもっと減らせば???と手探りで編み続けます。

くびれてからまた太ってしまった2個目。

減らし目を適当にし続けたいびつな3個目。

そして、そこそこ思い通りにできたのが4個目。

いや、もっとキューっと、キューっとさせたい。

でも指が4本入らないエコたわしも使いにくいし・・・ということでこの辺で。

 

キッチン、洗面所、トイレの手洗い場、仕事場、で、「日本一ピカピカにするぞ!」の気持ちでこの富士山エコたわしを使ってみたいと思います。メラミンスポンジを買うのはしばらくお休みです。

 

↓最後に残ったこれは・・・。(汗)

子供たちがボンボンを作ろうとした残骸。

これは捨ててもいい?ですかね?(涙)

 

 

とりあえず青と白は富士山で使い切れそう。残りの色は、少し悩ませていただきます。

 

↓必死で毛糸を丸めいているそばから次女が毛糸で遊び初めてイラっとした私にポチっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓エコたわしってこのぐらい気楽なものでいいのかぁ・・・。

 

↓今、思い立って図書館に予約しました!

たくさんのお祝いコメント、本当にありがとうございました。記事だけ見るとサラーっと仕上がったように見えますが、いえいえ、どうして、そんなわけあるはずないでしょ?何と言っても、20年ぶりの編み物!!そりゃもう、困ったことだらけでした。まず、子供の頃に買い揃え ...

続きを読む
たくさんのお祝いコメント、本当にありがとうございました。記事だけ見るとサラーっと仕上がったように見えますが、いえいえ、どうして、そんなわけあるはずないでしょ?何と言っても、20年ぶりの編み物!!そりゃもう、困ったことだらけでした。

まず、子供の頃に買い揃えたはずのクロバーの編み棒がない!!

仕方がないので、100円ショップで12号の編み棒を2セット(4本)買いました。100円ショップの編み棒に不安を感じていましたが、なんで、なんで、どうして、使い心地に問題なし。なんだか逆にガッカリでした。子供のころからクロバーの「匠」を買っていた私はなんだったんだろうって。(値段6倍!!!)紛失した棒針を実家へ探しに行く意欲もなくなりました。

↓次に困ったことは、模様編みの目の止め方が伏せ止めでいいのかどうかです。
Come On!!貧乏ミシン部
あたりまえだけど伏せ止めをすると鎖編みみたいになるし、その上、クルンってなるんです。何冊も何冊も編み物の本(すべて23年前のもの)をひっくり返して調べてみました。

ゴム編み止め以外は、伏せ止めしか、載っていないんですけど??

編み物の知識が浅すぎて、分からなかったので伏せ止めで止めておきました。

そしたらそこへ、双子の伯母がやってきたので(ぴーちゃんのキルティングを持って)、裾が反り返ることも合わせて相談したところ、かぎ針で反対方向からコマ編みをするように言われました。

↓言われた通りにやってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
少し落ち着いたように思います。おばちゃんありがとう。

続いての問題は、一目ゴム編み止めがどうにもこうにもできないことです。20年前にはできたのに、どの本を読んでも、ネットで調べても、さらには動画で見ても、全然、全く、理解できないのです。

↓何度も何度もやり直して、毛糸が毛羽立ってきました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓それでも、何度も何度もチャレンジして、毛糸が擦り切れ細くなってしまいました。
Come On!!貧乏ミシン部
さらに、チャンレジすること数日。

どーしてもできません。

自称・器用貧乏が聞いて飽きれる・・・どうしてもできません。叔母に聞こうにも動画で分からなかった私が、電話での説明で理解できるはずもなく・・・。(←伯母の家は遠くて行けない)

スーパーですれ違う見ず知らずのおばちゃんに、マジで声を掛けそうになるぐらい、私は煮詰まっていました。

「あの人、編みもの上手そう」

「あの人ならきっと一目ゴム編み止めができるはず」



と、60歳以上のおばちゃんみんなみんなが「一目ゴム編み止めの達人」に見えてくるのです。


微かな望みを掛けて実家の母に電話をしてみたり(←車で20分)、旦那さんの実家に電話をかけてみたり(←車で30分)、そして、遂には実物を書道教室にまで持って行き、チャンスがあれば教えてもらおうなんて思ったりして。落ち着いて考えてみれば、書道教室では恥ずかしくて編みかけのセーターなど出せるはずなんてないのに。

書道教室から帰宅し、またネットで「一目ゴム編み止め」検索です。

で、見つけたのが手編み勉強室です。こちらで知った、表目と裏目を2本のコードで分けて閉じる方法にチャンレンジしてみることにしました。

↓赤とピンクのコードに分けてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓何度も何度もチャンレンジしました。
Come On!!貧乏ミシン部
何度も何度も失敗して、何度も何度もやり直した結果、毛糸の擦り切れ度合が限界に達し、一目ゴム編みの部分を全てほどいて、編み直すことになりました。

何でも本番一発勝負は、ダメですね。練習用の毛糸を準備すべきでした。

↓結局、何日も悩んで、悩んで、ようやく一目ゴム編み止めを完成させることができました。
$Come On!!貧乏ミシン部
思わぬところで、時間を取られてしまいました。1週間も悩んで、困って、凹み、最後は何も見ずに、やってみたら、トンネルの向こうから光が差したように理解することができました。

その後の、襟なんて、もう楽勝!!一目ゴム編み止めが今回の山でした。本当なら、20年後の自分のためにここで、一目ゴム編み止めの解説を画像を挟みつつ説明すべきですが、今、私にはその気力がありません。また次回編む時にでも、えぇまた。(普通の人なら、動画を見ている時点でできるはずですし、私だけ極端に理解力がなかっただけのことで、こんなへなちょこの編み物初心者の解説はみなさんには必要はないでしょうから)←言い訳。

最後に今回の編み物で一番腹が立ったことをお話して終わりにしたいと思います。

↓こちらが何かお分かりですか?
Come On!!貧乏ミシン部
小学1年の長女が私が見ていない隙に、アルパカの毛糸で、あやとりを作っていたのです。

アクリルの毛糸をあげたのに、なぜ?なぜよりによってアルパカの毛糸を切ったの??私は声を荒げて問いただしました。

長女は何も言いませんでした。毛糸が足りなくなったらどうしようと、1センチも無駄に、あっ言い過ぎました10センチも無駄にしないように編んでいたのに!!

しかもこのセーターが完成する前の一目ゴム編み止めで煮詰まっていた時にだったので怒りは頂点に達しました。

いつも私はそんなに怒りません。食べ物に好き嫌いを言っても、寝坊しても、忘れ物をしても。でもね、アルパカの毛糸を切ったらすごく怒るんだよ。よく覚えておきなさい。

というわけで、結局、1回2000円の編み物教室に2回行き、毛糸を5760円分買ったのでこのセーターのお値段はは9760円ということになります。

私にとって人生初のアルパカ。毛糸を買ってちょうど1年。その遅れを取り戻すかのように、このセーターを1日置きに着ています。毛玉ができないように気づかいながら。

大変満足しています。

↓一目ゴム編み止めで足止めを食らった私にポチっと、どうぞ!!。ポチッと!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓かわいい!このキャップ。私は3本ぐらいの輪ゴムをぐるぐる巻きにしているけどね。
クロバー棒針キャップ 「ツイン」

クロバー棒針キャップ 「ツイン」
価格:472円(税込、送料別)


↓これが高級品の「匠」ね。

2013年2月1日の今日、貧乏ミシン部を立ち上げてからちょうど3年が経ちました!途中から読まれた方も、最初から読まれている方も、応援してくれている方も、暇つぶしの方も、みなさん、本当に、本当に、どうもどうも、ありがとうございます。4年目の抱負。そうですね ...

続きを読む
2013年2月1日の今日、貧乏ミシン部を立ち上げてからちょうど3年が経ちました!

途中から読まれた方も、最初から読まれている方も、応援してくれている方も、暇つぶしの方も、みなさん、本当に、本当に、どうもどうも、ありがとうございます。4年目の抱負。そうですねぇ、もっとゆっくりモノを作りたいです。(←毎年同じことを言っている)いつもネタをメモしつつ、月・水・金を意識しすぎながら暮らしているので。

さて、この記念すべき日にどうにかこうにか、無理やり、間に合わせたのが記念作品、まさかの編み物です!!

↓『ソノモノ』アルパカウールという毛糸です。
Come On!!貧乏ミシン部
地元の手芸屋さんで、色と手触りで決めました。画像には10玉しかありませんが2玉買い足したので合計12玉準備したことになります。

材料費は、ズバリ!過去最高の480円×12玉=5760円!
今までの私だったら絶対ありえないような金額。あれは、遠い昔、そう2012年2月16日のことでした。

↓そもそも、きっかけはこの安物セーター。
Come On!!貧乏ミシン部
デザインと色が気に入って買ったのですが、安いセーターだったため、みるみる毛玉だらけになってしまいました。

すごく気に入っているのに、セーターの質さえよければ・・・と思い、全く同じデザインのセーターを編んでみよう!!と思い立ったのです。

編み図があれば何とか編めるけれど、実物から寸法や目の数を計算することはできなかったので、1時間単位で教えてもらえる編み物教室に行くことにしました。

先生がいろいろと考えてくださり、実際に今回使う毛糸で編んでみて、90目で編み進めることになりました。

↓2012年3月26日でこの状態です。なかなかいい滑り出しです。
Come On!!貧乏ミシン部
とりあえず裾から脇の下まではそのまま編むだけなので私にもできます。何段目なのか、印をつけるように言われましたが専用のものが無かったので100円ショップでプラスチックのリングを買って代用しました。

その後、夏の間はそのまま放置。

↓また冬がきて2度目の冬。2012年11月に再び編み始めました。
Come On!!貧乏ミシン部
12月5日の時点で前身頃と後ろ見頃が完成。白いのは印代わりの毛糸です。しわしわなところが放置期間の長さを物語っていますね。

Come On!!貧乏ミシン部

↓ものすごい苦労をして1目ゴム編み止めを完成させました。
Come On!!貧乏ミシン部
(一目ゴム編み止めについては、後日詳しく愚痴らせていただきます)

↓一番最後に編んだのは襟。
Come On!!貧乏ミシン部
残っている毛糸を全部襟に!!と思いましたが、身頃をはぎ合わせた段階で、セーターが結構な重さになっていることに気づきました。これ以上重くしたら、肩が凝って頭痛がするかも・・・という冷静な判断で、このぐらいでやめておきました。

この襟の形、なんて言うのか知りませんが、首のところでクシャっとなってとってもかわいいです。手触りのよい毛糸を無理して買ったおかげでチクチクもせず、いい感じ。

↓シワが取れていないけど、完成です!
Come On!!貧乏ミシン部
裾がクルンと反り返るのが嫌だなぁと思い、ネットで調べたらアイロンのスチームを当てるとよいとあったので、裾にスチームを当てたら、不思議!ちゃんと平らになりました。その時、一緒に身頃にもスチームを当てておけばよかったんですけどね。

↓後ろはこんな感じ。こちらもシワシワ。
Come On!!貧乏ミシン部
どの本にも毛糸の継ぎ足しは、すみっこで結ぶようにと書いてあったけれど、とにかく毛糸が足りるかが心配で心配で、ギリギリまで編んで身頃のど真ん中で結んだので、セーターの内側は手作り感満載です。(笑)

↓結局、余った毛糸はこれだけ。
Come On!!貧乏ミシン部
まぁ1玉分も余っていないので12玉買ってちょうどよかったみたいです。余らせないところが、私っぽいです。

途中で何度も嫌になりましたが5760円という金額がよいプレッシャーとなり、どうにか、最後まで完成させることができました。

いつだって私を突き動かすのは、既製品への不満と、お金への執着です。

はるもち。さん、お待たせしました。1年もかかってしまいました。

↓普段押している人も押していない人も今日は記念日ですので、ポチっと、どうぞ!!。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓今回使用した毛糸はこちら。手触り抜群!

↓これです!これ!これ!段数リングって言うんだ!!