Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  実用品

私は個人的にクッションいらない派です。インテリア雑誌を見れば、「ソファーにクッション」の組み合わせに憧れたりしますが、お行儀の悪い家族に蹴り落とされたクッションを毎日せっせと拾うような暮らしなんて、まっぴらごめん、想像しただけで腹が立ってきます。我が家は ...

続きを読む
私は個人的にクッションいらない派です。インテリア雑誌を見れば、「ソファーにクッション」の組み合わせに憧れたりしますが、お行儀の悪い家族に蹴り落とされたクッションを毎日せっせと拾うような暮らしなんて、まっぴらごめん、想像しただけで腹が立ってきます。

我が家は、リビングにソファーを置きつつ、冬はコタツも置くという「半・地べた族」なのでフローリングに座布団は必須!これまた、お行儀の悪い家族によって蹴とばされ、座布団がフローリングを滑って遥か彼方へ。

毎回、座るときには、座布団を探し、遥か彼方から座りたい位置まで座布団を持ってきて、ようやく座れる、そんな日々。いっそのこと座布団をコタツの足に結び付けてやろうか、いやいや、蹴られても気にならないよう座布団を丸くしてやろうかと思ってしまうほどです。

そんなクッションに縁のないうちの子が、クッションのある暮らしに憧れ、前回の記事「簡単そうでポイントの多いクッションカバー」を作りました。

となると、次はヌードクッションが必要になってきます。楽天で買えば400円台で購入できるものの、地元の手芸屋さんを何件か見て回ったら1個800円ぐらいするのです。ヌードクッションを姉妹で1つってわけにはいかないし、何か良い方法はないかなぁと考えていました。

↓そこで思いついたのがこちら!!
noodk1
丸ごと洗える枕です。柔らかすぎて枕ランクとしてはかなりイマイチ。
でも触った感じ、ポリエステルの「わた」しか入っていません!!と言わんばかりの柔らかさなのです。この日のために、ちゃんと丸洗いもしておきました。

過去にも何度か「わた」と戦ってきた私。
何名ものPOOHさんの命を奪った衝撃的な記事もありました。(笑)
「プーさんのぬいぐるみでこたつ布団をボリュームUP」

「わた」を詰め替えるのって案外難しくて、仕上がりもゴロゴロしがち。
できれば、この枕を開けてそのままの幅でヌードクッションにできたらなぁと企んでいたのですが・・・。

↓次女が枕の縫い目をほどいてくれました。
noodk2
まずは中心の縫い目をほどいてから、枕を開きます。

↓ジャーン!!
noodk3
おーっと、枕の中心が・・・。

↓真ん中が、あいてるぅぅぅ!!
noodk4
そのまま、そーっとは甘い夢だったみたいです。やっぱり「わた」をほぐして入れるしかないのですね・・・。

↓ヌードクッション用に45センチ角の布を準備しました。
noodk5
縫い閉じるのでロックミシンでのほつれ止めはせず、直線で縫っただけ。
入口となる「あき」は握りこぶしひとつ分ぐらいで十分です。1辺全部あけておくと、閉じる時に角の処理が面倒なので、辺の中心あたりに「あき」を作るようにしています。みんなそうしていますよね!

ヌードクッションの布は何でもいいと言えばいいのですが、後々、柄が透けてがっかりしないように無地がおススメ。色味も黒などの濃い色ではなく、カバーの色柄が映えるよう白に近いものがおすすめです!!

素材は滑りのよいポリエステルやナイロン素材で。もしも、カバーも綿で、ヌードクッションも綿だと、摩擦が起きてシャカっと入りません。(涙)

↓そのまま入れる作戦は無理だったので、次女にほぐしてもらい、私が「わた」を入れます。
noodk6

↓ちょうど青い枕1個から2個のヌードクッションができました。
noodk7
やっぱり見た目がゴロゴロ。(笑)カバーを付けたら目立たなくなるでしょうか?はたまた、使っているうちに馴染んでくるでしょうか?

長女がこのグレーのヌードクッションを使うと言うので、さらにもう一個の赤い枕を開いて3個目に突入。次女の分です。

↓次女はクッションカバーが1枚なので、入れる「わた」を大サービスしてみたら。
noodk8
あっ!!なんだかゴロゴロ感が和らぎました!「わた」をいっぱい入れた方がいいみたいです。グレーのふたつより、ほんのわずかですが厚みもあっていい感じです。

↓そこで急遽、グレーのヌードクッションも開き、赤い枕の残った「わた」を足してみました。
noodk9
ゴロゴロ感はのこっているものの、だいぶクッションらしくなりました。

↓このグレーのヌードクッションにカバーを付けると。
noodk10
ボリュームがあっていい感じじゃないですか?
カバーのおかげでゴロゴロ感がさらに和らいだように思えます。
ヌードクッションを買うのが惜しい方、ぜひお試しください。

↓お忙しいところ悪いけど、ちょっとここ押してもらませぬか?
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     

↓ヌードクッションを買おうかな?って迷えるのも企画通り45センチ角にカバーを縫ったおかげ。


↓こんな企画サイズもあるのか・・・。

「今まで使った中で一番使いやすい!!!」と母が絶賛した既成のエプロン。叔母が現物から型紙を起こしてくれて、エプロンを2枚ほど縫ってくれました。その型紙が私に回ってきたので私も2枚縫いました。↓一枚目がこちら。母が夏用として愛用中。「片手でつけれるコニちゃ ...

続きを読む
「今まで使った中で一番使いやすい!!!」と母が絶賛した既成のエプロン。叔母が現物から型紙を起こしてくれて、エプロンを2枚ほど縫ってくれました。その型紙が私に回ってきたので私も2枚縫いました。

↓一枚目がこちら。母が夏用として愛用中。
片手でつけれるコニちゃんエプロン

↓二枚目がこちら。我が家で愛用中。
片手でつけれるズレ落ちないエプロン2枚目

↓そろそろ自信もついたので、素敵な柄で縫ってあげようかと買ってきたのがこちらの黄色い花柄。
kiepuron1
画像が暗めでちょっと写りが悪いのですが、実物はもっとリネンの落ち着いた感じが素敵な生地です。
母は小柄なのでエプロンも短め。なんとたったの1Mでエプロンに必要なパーツが全て取れました!!
・エプロン本体
・まえたて
・紐 長いもの1本 (後で半分カットにし、左右の肩紐に)
・紐 背中の中心用 1本分
・ポケット 1個
・ボタン部分の見返し2枚
どのように裁ったか、撮影しておけばよかったですね。すみません。
作り方は1枚目、2枚目も同じなので。上記の過去記事をご覧ください。

布地の他に買い足したのは、バイヤステープだけ。
kiepuron2
一般的にパックで売られているバイヤステープは2.75M巻。エプロンのまわりに縫い付けたらこれだけ余りました。(見えづらいですがエプロンのお腹らへんにバイヤステープが乗っています)

↓まえたてに肩紐を挟んで縫います。
kiepuron3

↓背中の中心の紐に両肩の肩紐を挟んで縫います。
kiepuron4

↓残ったバイヤステープで、ボタンとボタンホールをつける部分を補強するための見返しを縁取り。
kiepuron5
ご覧ください!!1.75M巻きのバイヤステープの余り、わずかにこれだけ!!

↓この見返しを挟んでから、エプロンにつけたバイヤステープを縫っていきます。
kiepuron6
あっ、背中の中心の紐をボタン用の見返しの間に挟み忘れてしまいました!!!(涙)

↓ほどいてやり直します。
kiepuron7
あわてすぎて紐がねじれちゃいました!!(涙)またやり直し。

↓完成しました。
kiepuron8
このエプロンは、布も、バイヤステープも気持ちいいほどに使い切れる素晴らしいレシピであることが分かりました!!(ついでにロックミシンを使わないので手縫いでもできます)手作りは微妙に、いえ、大量に材料が余ってしまうのが欠点なので、材料が余らず使い切れるって素晴らしいことだと実感!!お料理でも使い切れない調味料を使ったレシピなんて作る前から諦めてしましますよね。「使い切れる」「無駄がでない」を意識して作るものを選んでいこうと思いました。

↓後ろ側はこんな感じ。
kiepuron9
ボタンは私のセーターについていたもの。体の後ろで留めるボタンは大きめがいいですね。

先日、母にプレゼントしたところ、この柄をとても気に入ってくれたのですが、どうやら、ボタンとボタンホールが左右逆転していたみたいで・・・。(先ほど2枚目に縫ったエプロンの過去記事を読んでいたら、自分用にボタンの位置を移動していました・・・)

左右両方に、ボタンホールの穴が開くことになってしまうけど、よければボタン、付け直しましょうか??

↓  自分のエプロンは、ポケット2個にしたいな~。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ         

↓ミシン部屋にこの椅子2個置きました。いい感じです。


↓オリーブオイルならこれが美味しいよ。

ちょうど貧乏ミシン部の更新が滞っていたころ、母の誕生日プレゼントを何にしようか悩んでいました。自分で言うのもなんですが、貧乏ミシン部から母にプレゼントするものはそこそこ完成度の高いものばかりです。「使い方で高まる価値・POSTバッグ」今回はさらに軽量化と ...

続きを読む
ちょうど貧乏ミシン部の更新が滞っていたころ、母の誕生日プレゼントを何にしようか悩んでいました。

自分で言うのもなんですが、貧乏ミシン部から母にプレゼントするものはそこそこ完成度の高いものばかりです。
使い方で高まる価値・POSTバッグ
今回はさらに軽量化という視点からも完成度の高いエコバッグを縫おうと鼻息を荒くしてミシンに向かいました。

今までいろいろエコバッグを買ったり縫ったりして使ってみたけど、結局、レジ袋型が最も使いやすいという結論に達しました。私はレジ袋のこの形を思いついた人を心から尊敬します。

↓というわけでちょうどよい大きさの本物のレジ袋からパターンを写します。
hahaekobag1
母は小柄なので、腕を伸ばして持っても、エコバッグの底が地面に擦れないか?というのが意外に大事なポイントです。この生地は、「完全防水!?学童用ナップサック」の生地を見に行った時に、母の好みだなぁと思って購入しておいたもの。表示はありませんでしたが、恐らくポリエステルだと思います。薄くて、滑らかで、本当に触っていて気持ちのよいしっとりとした素材です。

↓真ん中のセロハンテープで留める部分は要らないので、まっすぐ切ります。
hahaekobag2
持ち手の部分を「わ」にするか、エコバッグの底の部分で「わ」にするか悩みましたが、今回は持ち手の手触り重視で、持ち手の部分を「わ」にすることに。絵柄が逆さまになっても良い生地のなせる業です。(笑)すると、ちょうど角丸の長方形をくり抜いた感じになります。縦に二枚取れるほどの生地がある場合はこの裁ち方がおすすめ。

↓カーブの部分は絶対に三つ折り不可能と予測して、ベージュのバイヤステープで。
hahaekobag3
100円ショップには両折のバイヤステープしか売っていないので、そのバイヤステープを半幅に折りアイロンをかけ挟んでミシン。半幅に細くなったバイヤステープは、アイロンをかけるのも、縫うのも難しそうだけど、バッチリ糊の効いた市販のバイヤステープならそんなに難しくないのでぜひお試しを。

先ほど切りとった「角丸の長方形」を巾着袋に仕立てて、エコバックに縫い付けました。
↓畳んで巾着にエコバッグをしまうとこんなに小さくなりました。
hahaekobag4
ほんとに言葉通りの手のひらサイズ!!
画像ではその小ささが伝わらず残念です。

過去に縫った「レジ袋タイプの持ち手一体型エコバック」とは比べものにならないほどコンパクトになりました!!素材の違いって大きいなぁ。しみじみ。

↓畳みやすさも考えて、折り目にはコバステッチ!!
hahaekobag5
以前は、本革のしっかりしたバッグを持ち歩く母でしたが、最近は、軽量化に取り組んでおり、肩掛けバッグなども使うようになったので、サイズダウンと軽量化に成功したこちらのエコバッグも、喜んでくれました。

昔からうちの母は、何をあげても喜んでくれるような人ではなく、とにかく実用性を重んじる人でした。植物や動物に興味のない母でしたので、おこづかいで買った花束も喜んでくれたことはありませんでした。母の日になると、どこかのお店でもらった造花のカーネーションを出してきては、「これで十分!」とか言ってしまう人です。私が中学3年生の時に、京都へ修学旅行へ行かせてもらった時も「気をつけてね」とか「お財布落としちゃだめよ」とかではなく、「西陣織の財布とかいらないから」と言って見送られたこと、42歳になった今でも忘れられません。

私から、母への今年の誕生日プレゼントはこのエコバッグとホワイトニングクリーム。私が先に1本使い切ってトラブルがないことを確認しておきましたので、きっと母の肌にも合うと思います。もし気に入ってもらえたら、2本目からは自分でリピートしてください。(笑)

「この親にしてこの子あり」ってこんな時に使う言葉でしたっけ?

【ちょっとお知らせ】
いきなりアクセス数が増えたなぁと思っていたらここに紹介していただいていました!びっくり!
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51927418.html

↓歳を重ねるごとにますます母に似てくる私にポチっとね。  
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

↓ルミキシルを贈りました。


↓こちらはまだ試供品でお試し中。

時々ふと「どうしているかな?」って思い出してしまう人っていませんか。私にもずーっと気になっていた高校の同級生がいました。毎日の暮らしに追われ、ついつい疎遠になってしまったけど、今更連絡するわけにも・・・。大学を卒業し、社会人になってからも、なんだかんだと ...

続きを読む

時々ふと「どうしているかな?」って思い出してしまう人っていませんか。

私にもずーっと気になっていた高校の同級生がいました。毎日の暮らしに追われ、ついつい疎遠になってしまったけど、今更連絡するわけにも・・・。大学を卒業し、社会人になってからも、なんだかんだと休みのたびに遊んでいたのに、私が次女を出産したぐらいからなんとなく連絡が途絶え、気付けば8年。あまりに間が開きすぎてしまったので、「何か気を悪くさせたのでは?」と思い返してはみるけれど、思い当たることも無いのです。

 

つい先月、SNSがきっかけで同級生3人で集まることになり、その同級生の新居を訪ねたところ、彼女が見せてくれたのがこちら!!

 

↓私が10年前に贈った「三匹の子ブタの枕カバー」です!(驚)貧乏ミシン部スタート前のレア作品です。

彼女が喜んでくれそうだなと思い、この三匹の子ブタの柄で枕カバーを縫いました。肩こりの私に細長い首枕を勧めてくれたのが彼女で、この枕とカバーを3人お揃いで使っていました。(旦那さん含む)

 

三匹の子ブタのカバーの紐とコードストッパーもどこへ飛んで行ったのか(笑)もう、ついていません。洗濯を繰り返して、三匹の子ブタの柄が見えなくなっています。こんなに長い間枕カバーを使ってもらえて三匹の子ブタ達も、それを縫った私も、本当に幸せものです。ここまで色あせるほど愛用してくれていたんですね。

 

↓鮮やかな三匹の子ブタに会いたい方はこちらの2作品をご覧あれ!

パズルのボードでお知らせ入れ

三匹の子ぶた柄でオムツ入れポーチ

 

となれば急いで2代目を縫わなければなりません。いつもリメイクで古い布ばかりの私ですが、今イチオシの猫柄のプリントで!!もちろん新品!

と思ったら、生き方のケチさが出てしまったのか、枕が入るには入るけどキツキツ!久々に新品を縫えば、このザマですよ。(涙)


こりゃいかん!ってことで、たまたまあった細い布を足すことに。ネコ柄の向きが縦だけど、まぁ許して。(笑)

 

↓柄がにぎやかなおかげで、柄の方向が合っていないけど全然気になりません!(そうか?)

 

↓ちょっと無理があるけど凹の形に折って縫って。

 

紐を通したら、うーん!惜しい!!!

枕角がちょっと顔を出していますね。とりあえず1枚目完成。

 

↓気を取り直して2枚目。

こちらはサイズミスもなく無事完成しました!

とりあえず継ぎ足しのない2枚目をプレゼント。

洗い替えのご希望があれば、1枚目を差し出そうかと思っています。

 

後日、同級生が久々に我が家に来てくれて、うちの子たちとご対面。赤ちゃんの時に会ったことはあるものの、同級生とは、ほぼ初対面です。(汗)


その翌日、同級生からLINEが。8年前にはLINEも無かったのでなんだか不思議な感じです。


「上の子は年頃のせいで乗ってくるのは一拍遅いけど素直やし、detekoがんばったなーって思った」

子供たちの中に、私の8年が。(涙)いい子だね、かわいいね、なんて言葉じゃなくて、detekoがんばったなー。

3枚目の枕カバーは安心して!10年後には縫い子さんが2名増えてる予定です!


↓程よく人見知りで、程よく人懐っこいうちの子達にポチっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ


 ↓私はアウターから外して再利用するけど。 


↓蛍光!

 


↓手榴弾!

前回の「セリアの手帳を6穴バインダー用リフィルに」に続き、今回も手帳ネタです。私が購入したファイルは、手帳用のバインダーではないため、ペンホルダーがありません。ペンの他に、付箋やハサミなども持ち歩きたい!!ということで、今回は手帳用のペンケースに挑戦です ...

続きを読む

前回の「セリアの手帳を6穴バインダー用リフィルに」に続き、今回も手帳ネタです。


私が購入したファイルは、手帳用のバインダーではないため、ペンホルダーがありません。ペンの他に、付箋やハサミなども持ち歩きたい!!ということで、今回は手帳用のペンケースに挑戦です!

 

↓一枚目から完成品をご覧いただきます!


おぉぉぉ!マステも入るけど見た目はコンパクト!というコンセプトで中央だけを膨らんだラウンド型に挑戦してみました。このラウンド型、後で泣きを見ることになるんですけどね・・・。(涙)

 

↓貧乏ミシン部で何度も当時しているお徳用の革のハギレ。(1袋600円ぐらい)

茶色が好きで、なかなか出番がなかったこちらの黒革。微妙に茶色に見えるものも含まれています。しわくちゃになってしまうほどやわらかさ!

手触り最高!

匂いも最高!

 

↓これをカッターでラウンド型にカットするのですが、ここで登場するのが鍋のフタ!

自分が写り込まないようにするのに必死で重曹で磨く余裕ありませんでした。すみません。(笑)

 

↓鍋ブタでカットしたのがこちら!(シワシワ)

 

↓これをミシンでゆっくりゆっくり縫うわけですが、革の滑りが大変悪く、ファスナーを下にしないと前に進めない!!

革が足りず、ペンケースの裏面は革を縫い足しています。縫い目が白くなっているのは縫い足す時に、滑りの悪さを解消するため、半紙を挟んで縫ったから。その名残です。(って言うか、ちゃんと半紙取ろうよ!)トレーシングペーパーだったら白いのが残らなかったかも。

 

↓ペンケースのサイドは黒いゴムを挟んで。


本当はもっと太いベルトをイメージしていたんですが、手持ちがなかったため、細いゴム2本で代用。これが凶と出るか吉と出るか?!

 

↓何とかファスナー縫えました。ここまでは予定通り。


↓愛用の3色フリクションペンが通せるペンホルダーを作ります。

ペンケースも、本体と同じ革素材で作りたいのですが、革の裏面の滑りが悪い。もちろんペンも、刺しにくいわけで。


そこで同じような黒い革だけど、裏面が毛羽立っていない比較的ツルっとした黒革をお買い得袋の中から探しました!いろんな種類が一緒に入っているお買い得袋、グッジョブ。(笑)

 

↓革製品に内布は絶対必要!!

↓っていうのはこの時、痛感したんです。こちらのガマ口、雑費の財布として今も使っていますが、内布をつけなかったために、お札がシャカっと入っていかないんです。

内布に選ばれた花柄のナイロン素材は「レジ袋タイプの持ち手一体型エコバック」で持ち手をくりぬいた時の余りです。


ラウンド型が災いして、ご覧ください、両端にこのギャザー!!(笑)むずかしいです。


↓なかなか納得できる仕上がりにならないファスナーつけ。(笑)

ファスナーの端が表に出そうで出てこない、それでいてファスナーが苦しそうじゃない、そんな仕上がりを目指していますが、そんなイメージとは程遠く、糸で閉じてなんとか端が出てくるのを防いでいる状態。(笑)

 

↓内布はもちろん(笑)まつり縫い。自分、滑り悪いですから…。ファスナーの生地をすくいながら手縫いました。


↓心配していたペンホルダー。

十分な幅にした所まではよかったのですが、ペンのグリップ部分がゴムなので、通す時にちょっとひっかかります。(涙)でも刺せないことはないので、このままで。



↓2本のゴム、表からの画像は割愛しますが、安定感抜群で、太いゴム1本よりずーっといい!!


しかも2本のうち1本だけファイルの裏面にかけて、ファイルのバンドにもなります!!

 

みなさんも、素敵な手帳ライフを!!

私もこの手帳で、ブログの時間を捻出できるように頑張ります!

 

↓画像13枚の大作!!押すなら今!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓ごめんね、これじゃ小さいの。

 

↓本屋さんで見かけたのはたぶんこれ!