Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

カテゴリ: ■--  貧乏度★★★

10年ぐらい前の私は、とにかくチュニックばかり着ていました。流行りを過ぎたのか、ハタマタ主婦っぽさを払拭したいのか・・・?いつのまにかチュニックを着る回数が減り、最近はお尻を隠してくれるロングカーデばかり手に伸びるようになりました。 ↓とても気に入ってい ...

続きを読む

10年ぐらい前の私は、とにかくチュニックばかり着ていました。流行りを過ぎたのか、ハタマタ主婦っぽさを払拭したいのか・・・?いつのまにかチュニックを着る回数が減り、最近はお尻を隠してくれるロングカーデばかり手に伸びるようになりました。

 

↓とても気に入っていたチュニック。

洗濯して、洗濯して、とにかくフル回転で着たので、元を取ったと思って捨てればいいんです。本当は。

 

でも、捨てられない。

 

なぜって?

 

それは、「この生地が好きだから」(笑)

というわけでカーディガンをフキンにした「貧乏ミシン部的 断捨離できない理由」の第二弾!(笑)今回はこのチュニックをゆるい感じのエプロンにしたいと思います。

 

↓チュニックからどのくらいの布地が取れるのでしょう?とりあえず切ってみました。

さすがチュニック、太っても痩せても気づかせない、大きな器です。(笑)

 

Yシャツみたいに脇にカーブのある裾、かわいいですね。自分でやるのは面倒だけど、せっかくなので、うまく残して活かせたらと思います。

 

私が唯一、手元に残して使っているエプロンは「片手でつけれるズレ落ちないエプロン2枚目」です。実家の母が「やっと気にいったエプロンが見つかった!」と言って、市販のエプロンから、叔母が妹である私の母のために、型を取ってエプロンを2枚ほど縫ってくれました。その型紙が私の所に回ってきたので、私もそれをそのまま使っていました。

 

でもなんだか若々しさに欠けるような気が。(涙)

30代、40代の主婦はもうちょっと丈が短めで、ギャルソンの雰囲気を残した、それでいて前あてのあるエプロンをしていませんか?(思い込み!)

 

↓というわけで、友人に「一番気に入っているエプロンを持ってきて!!」と頼み、1枚お借りしてきました。

このグリーンのチェックの生地、少し厚めのしっかりした感じがとっても使いやすそう!!いい生地!いい生地!(←ときめくところが少しズレてます)

これをさっきのチュニックに重ねてみます。

 

取れる!!

私は確信しました。このサイズのエプロンならお役目御免となったチュニックから1枚取れそうです!!

 

↓友人のエプロンをガイドに同じカーブでカット。さらにチュニックのハギレから細長いテープを取り、胸の横から腰にかけてのカーブをカバーしました。ここは下手に市販のバイヤステープを使うより、既製品度が増したと思います。エプロンはつけたり取ったりするので裏側も他人から見えますしね。

後ろの中心(普通なら紐を結ぶ位置)を縦にカットしてエプロンっぽく仕上げるか、あえて繋げたままスカートっぽく仕上げるかで随分悩んだのですが、今回は両サイドの裾にかわいいカーブの切込みがあるのでそこを見せるために、スカートっぽく仕上げることに。←結局お尻を隠したい。

 

このエプロンは上から見るとスカートみたいにわになっているので、後ろにゴムをびよーんと伸ばして広げ、足から穿きます。(笑)

 

↓前は、見返しを作り、肩ひもを挟んで縫います。

肩ひもをとれるほど長いパーツは無かったので、チュニックの袖から何本も肩紐の幅でテープを作り、途中で継いで2本の肩紐にしました。

 

↓ここからがリメイクの面白いところ。チュニックのパーツをうまく再利用します。

まずはボタン。

 

↓襟の内側にあったタグを肩ひものクロス部分にベルト通しとして再利用。

タグの色落ち具合いからして、かなり洗濯を重ねていたことを感じますねぇ。


↓ポケットの布地が足りず、2枚繋げて手持ちのバイヤステープでほつれ止め。

 

↓チュニックの胸についていた小さいポケットを元の位置に縫い付け、ボタンで飾りつけ。

サイドに継ぎはぎだらけのポケットをつけたら完成です。

 

↓試着しながら肩紐の長さを決めたら、肩紐をボタンと一緒に手縫いで固定。

肩ひもは長さや角度によって落ちやすかったり、落ちにくかったりするので、何度も微調整を重ねてちょうど良い位置につけるのがポイントです。

 

今回のリメイクは、持ち出し材料がポケットに使用した生成りのバイヤステープのみ!!という貧乏ミシン部魂くすぐる仕上がりとなりました。買ってきたデニムでは絶対に感じられないこの気持ち!!なんで言うんだろう?達成感?満足感?お得感?

 

↓手持ちの洋服が少なくて箪笥の引き出しがスカスカな私にポチっとね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓これだ!!と、最近奮発して買ったタオルがこちら。

 

今までのマイクロファイバーとは違います。

 

↓今、ママ友の間で話題のシャンプーがこちら。

みんなツルツルになるって!使ってみる?

大掃除はお進みですか? おかげさまで年賀状の発送も終え、残すところあと2日。家族みんなで仕事場と自宅の大掃除を終わらせる予定です。自宅の方はどう考えても2日では無理なので、クリスマス前から数日に分けて換気扇、洗面所など部分的に攻めておきました。 さて、大 ...

続きを読む

大掃除はお進みですか?

 

おかげさまで年賀状の発送も終え、残すところあと2日。家族みんなで仕事場と自宅の大掃除を終わらせる予定です。自宅の方はどう考えても2日では無理なので、クリスマス前から数日に分けて換気扇、洗面所など部分的に攻めておきました。

 

さて、大掃除だろうが、断捨離だろうが、なかなか捨てられないのが洋服・・・。

 

その理由には、「高かったから」「思い出があるから」「まだ着られるから」「いざという時のため」など様々な理由がありますが、貧乏ミシン部的に、もうひとつ理由を発見しました。

 

↓このガーゼ素材のカーデ。

全然着ていません。(着用して外出したことすらない)

高かったわけではありません。(3000円ぐらいでした)

もう着たくありません。(なんだか疲れた感じに見えるから)

思い出もありません。(着た記憶すらないので)

 

それなのに捨てられません。

長女に着る?って聞いてみました。

すぐに断られました。

(断捨離ルールその1:自分が着ない洋服を娘や妹に押し付けてはいけません!)

長女に冷たく断られても、やっぱり捨てられません。

 

なんでだろう?どうしてだろう?

 

貧乏ミシン部的、洋服をどうしても捨てられない理由、それは。

「この服の布地が好き!」(爆)

洋服としての価値は無くても布としての価値がまだ残っている!無意識のうちに私はそう思っていたのかもしれません。ならば!

 

↓最も面積の広い背中の部分の面積はいかほど?

できるだけ大きいサイズの長方形と裁ちたい!

 

↓だって、ほら、もう1枚目の大きなフキンが。


↓2枚目は前身頃をつないでみました。

気持ちいい、やわらかい、最高のふきんが取れました。

 

切ってみて初めて気が付きました。ダブルガーゼならぬ、トリプルガーゼならぬ、クアドラプルガーゼでした。

つまり4重ガーゼです。(嬉)

箪笥の肥やし、ようやく1枚減りました。この2枚を使ってみて悪くなければ袖を合わせてあと1枚作ろうと思います。

 

畳んでも広げても、私、この布が好き。(笑)もしかしたら、カーデとして一緒に暮らした年数より、フキンとして暮らす方がこの先ずっと長くなるかも、そう思えてきます。

 

【豆知識】

1.シングル

2.ダブル

3.トリプル

4.クアドラプル

5.クインティプル

6.セクスタプル

7.セプタプル

8.オクタプル

9.ノナプル

10.ディカプル
 

みんなトリプルまでしか知らないよね・・・。

年内の更新はこれが最後!

2016年もこんな貧乏くさいブログをご愛読いただきまして、ありがとうございました。途中くじけそうになったこともありましたが、大きなお休みもなく今年も1年更新を続けられましたこと、心より感謝しております。みなさんのおかげです。

 

貧乏手縫い部さんからもコメント欄にてお問合せいただきました、貧乏ミシン部BBSですが、来年2月を予定しておりますので、ミシンに、編み物に、刺しゅうに、手縫いに、お互い勤しみましょう!

それでは、みなさま、よいお年を。

(今年はなかなかあっさり書けたな…)


↓ほら、その服!洋服としての価値はなくても布としての価値はまだあるかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓おしゃれなふきんはたくさんあれど・・・。

 

↓素敵です。

兼業主婦になってから、今年までマンスリーの手帳で事足りておりました。家族のスケジュールや自分の予定、思いついたブログのネタ、新しいダイエットのHOW TOを書き出すには十分すぎるページ数でした。 最近ブログの更新頻度がのんびりモードになってしまい、それもこ ...

続きを読む

兼業主婦になってから、今年までマンスリーの手帳で事足りておりました。家族のスケジュールや自分の予定、思いついたブログのネタ、新しいダイエットのHOW TOを書き出すには十分すぎるページ数でした。


 最近ブログの更新頻度がのんびりモードになってしまい、それもこれも忙しさのせいにしておりました。睡眠時間は7時間ないと、頭が冴えないし、学校の役員だったり、クラブの書記だったり、婦人会の集まりだったり。赤子を抱えている時期に比べ、いろいろ振り回されることが多くなりました。

 

子供たちが赤ちゃんの頃は子供を理由に引きこもり、ご覧の通りブログばっかり更新していた…じゃなくて、更新できていたのですが、そんな私を社会が許してくれない時期に突入してしまったらしいのです。(涙)


 ↓今まで4回のシリーズでお届けしていました手帳リメイク。気になる方は「手帳」でブログ内検索をしてください。私の身勝手な手帳へのこだわりを知ることができます。

さて、2017年はどんな手帳にしましょうか?様々な手帳術の本を図書館から借りて、いいとこ取りで、最高の手帳術を生み出したいと思っています。


 とりあえず、チャレンジしてみたいのが、ウィークリー。時間軸の入ったもので日々のスケジュールを分単位で、管理したい、A4の紙をファイルできるように手帳のサイズをA5にしたい、この二点でしょうか。


6穴の手帳用リフィルを買おうと鼻息荒く本屋さんに乗り込んだのですが、値段が高い・・・高すぎる。たかが紙の束(失礼!)で1800円って?!(驚)忙しいビジネスマンの足元を見ているのでは?と思うような値段です!!


線や枠だけ印刷されている自分で日にちや曜日を書き込むタイプなら少しお安いのですが、それでもチャレンジマネーとしてはまだ高い!また5月か6月あたりで嫌になっちゃうんじゃないの?と【手帳挫折歴25年】の私の不安は消えることはありません。


偉そうに手帳リメイクを記事にしていますが、12月までちゃんと使い続けられるようになったのはここ6~7年のことなのです。しかも、マンスリー手帳に限る!!ウィークリーは人生で一度も続いたことがないのです。


↓そこで思いついたのがこれ!

セリアの108円の手帳(A5サイズ)を解体してリフィルにするというアイディア!


1冊はウィークリー。


1冊は仕切り板(インデックス)狙いの罫線だけの手帳。


↓こちらが選び抜いたセリアの手帳。(ピンクの水玉の方です)

この手帳の決め手となったのは、ページの間のわずかな隙間。ノートタイプのスケジュール帳は、ぴっちり、きっちりで隙間がないものが多い!!このぐらいの隙間じゃ、パンチで穴を開けたら数字が切れてしまうと思いますが、まぁこれ以上の手帳に巡り合えなかったので、これで行きましょう!


↓糸綴じの糸をカッターで切っていきます。


↓簡単そうに見えるけど、案外大変。

このスケジュール帳、糸綴じされた4冊をボンドでくっつけて1冊になっているので、糸を切っただけではパラパラっとならないのです。このボサボサな部分、切り落としたい気持ちは山々ですがこの数mmは落とせない・・・・。ますます穴の位置がページの中央に寄って、時間罫の数字がますます切れちゃう。


↓四苦八苦しながら解体し、中心をカッターで切ります。

 23年使っているカッティングマットと定規。あっ!定規は高2からだから、25年!メモリ消えてきています!


次はパンチ。この2穴パンチをうまく使って6穴あけたいと思います。


↓大事なポイントはココ!深さ!

まずはいらない紙に穴をあけてA5ファイル(バインダー)の穴の位置に合うかチェックしてみてください。ほらね、お試しにパンチしてみたら、鉛筆で印した位置よりかなり深いところに穴が開いてしまいました。


うちのパンチは奥行きを調整できないタイプなので、マスキングテープを貼ってガイドラインとし、奥行きを自分で加減しながらパンチします。たまたまマスキングテープの柄がボーダーで紙の位置も合わせやすかったです。(笑)


続きましてポイントその2!6穴テンプレート。


ファイルを開いた状態でリフィル並ぶ穴を上から①、②、③、④、⑤、⑥、とします。①~③までは2穴パンチに向かって左側の方で穴を開けます。④~⑥の穴は、2穴パンチの右側の方で穴を開けます。(じゃないと、開けちゃいけないところにまで穴が開きますからね。)

 

↓2穴パンチの右側を使って厚紙でテンプレートを作ります。

テンプレート用の厚紙に、開けたい穴の位置に丸を書いておきます。テンプレートとなる厚紙をパンチにセットし、④の位置に合わせてパンチ!同時に2穴パンチの中心の位置に印をつけておきます。ここ大事!

 

これで④のテンプレートは完成。

テンプレートを使いつつも、(念のため)予め穴の位置に丸を書いておいた方が安心。スケジュール帳の紙にテンプレートを重ね、さきほどつけておいたパンチの中心を示す印をパンチの中心合わせてパンチ。

 

↓今度は2穴パンチの左側を使って①~③の穴のテンプレートを先ほどと同様に作ります。

作業中、無駄にテンプレートに穴が開いてしまうので、3個以上穴が開いてて、見た目不思議な感じですが(しかも大事なパンチの中心位置を示す印に穴が開いてしまいます・・・)テンプレートとしての意味は十二分にあります。

 

↓6回同じことを繰り返し、開いた穴がこちら。

まぁまぁじゃないですか??

 

↓続きましてインデックス作りです。2冊目のノートを解体します。

 針金を力任せに開いてください。


↓外したインデックスの穴を切り落とします。

全カラーを重ねているので、こんなに賑やかに。(笑)


↓ノートの表紙までインデックスにしちゃいました。 


↓本当はバインダーが欲しいけど続くかどうか、私に合うのかどうか分からないのでとりあえず500円のファイルで。

 お友達のお土産にいただいたマスキングテープでちょっとデコって、これでしばらくやってみたいと思います!


↓ポチっと、やる気元気お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓買おうか悩んだリフィルはこれ!1800円超え!

↓今読んでいるのはこれ!

↓次に読むのはこれ!

2012年4月1日から使っていたiPhone4Sのバッテリーが弱くなってきたので、交換しようと思ったら7000円以上すると言われ、さんざん悩んで悩んで、この10月1日、めでたくiPhone6へ機種変更しました。当然、iPhone4Sは下取りしてもらえるだ ...

続きを読む
2012年4月1日から使っていたiPhone4Sのバッテリーが弱くなってきたので、交換しようと思ったら7000円以上すると言われ、さんざん悩んで悩んで、この10月1日、めでたくiPhone6へ機種変更しました。

当然、iPhone4Sは下取りしてもらえるだろうと計算していたのに、イヤホンジャックの奥を覗き込んだところに、赤いマークが出ているということで水没扱い。計算detekoとしたことが、まさかの下取り0円という結果に・・・。

仕方がないので、iPhone4Sは、自宅のWi-Fiのみで使用できる子供用iPhoneとして使用しています。最近、お留守番の耐久時間はグンと伸びたと評判の長女が、しつこいくらいにFaceTimeを使ってテレビ電話を掛けてきてちょっと面倒です。

下取り0円に落ち込んでいた私に、auショップから、無料で液晶のシールのプレゼント!機種変更したら誰でももらえるみたいです。(笑)

↓その液晶保護シールに、液晶クリーナークロスが入っていました。

シールを貼るときに1回使って捨てるなんてちょっともったないと、しばらく持ち歩いていたんですが、薄っぺらくてちょっと使いにくいんです。(当たり前)

↓これに程よい厚みと程よいやわらかさを補うとしたらこれしかない!!

最近、大活躍のベビーマットです。ベビーマットは、2層構造になってるので、今回はその硬い部分を剥いで使います。画像は、奥から、薄く剥いで、カットして、液晶クリーナーのサイズにチェンジという流れ。(笑)

↓最初、中表にして液晶クリーナーに直接リバティのハギレを縫い付けたのですが、ちょっと苦しい感じになってしまってNG。

ほどいてやり直しです。

↓二回目は白い布に、縫い付けて、ベビーマットのクッション素材を入れてみました。

液晶クリーナーはボロボロと糸がほつれない感じだったので、こんな縫い付け方でもいいみたいです。

↓入れ口を糸でまつり縫いして完成です。

持ちやすくなりました。

↓ここのポケットに入れておくつもりですが、少し厚みがありすぎますかね?


↓そんな時は、チェーンのカニホックにぶらさげてもOKです。


もうすぐ誕生日で、アラフォーならぬ、ジャスフォーになるくせに、図々しくもピンクのスマホカバーを買ってしまいました。地味好みなら、キャメルやダークブラウンあたりをチョイスすべきなんですが、見つけやすさも大事かと。(←この考えがすでに40!)

iPhone5をすっとばして6にしてしまったので、いきなり画面が大きくなったように思え、もうパンツのおしりポケットには入れられないなぁということで、持ち手付のiPhoneケースにしてみましたよ。ちょっと大きくなっただけなのに、長い距離を走る時、すごく邪魔です。(涙)

今回使用したリバティハギレはこちらの余り布です。こんな小さなハギレでも、残しておいてよかったです。

そうそう、うちの親戚は、貧乏ミシン部作品の中でも人気爆発だったこちらの作品で液晶拭いているらしいですよ。作った本人の私でさえ、もったいなくて飾ったままなのに!!(涙)

↓みんなが捨てるものも捨てられない私に、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓私とおそろい!!(笑)

↓次に気になっているのは、コレ!!ガラスですよ!ガラス!

自分でも、しつこいかなぁ・・・と思ったのですが、また同じネタでいきます。「ウエストのゴム直し」です。前回の記事、「カバーステッチの友達は、何ステッチ?」では、簡単にゴムを入れ替えて、ほらこの通り!!って言うはずだったのに、「両面飾り縫い」(←最近学びまし ...

続きを読む
自分でも、しつこいかなぁ・・・と思ったのですが、また同じネタでいきます。「ウエストのゴム直し」です。

前回の記事、「カバーステッチの友達は、何ステッチ?」では、簡単にゴムを入れ替えて、ほらこの通り!!って言うはずだったのに、「両面飾り縫い」(←最近学びました)のほどきにくさに加え、パンツ本体からベルト部分を取り外してしまうなど、トンデモナク難しいお直しになってしまいました。(反省)

こりゃーきっと、世界中のあちこちで「そんな面倒なお直し、やってられないよ。だったら、新しいパンツ買っちゃうね」のセリフがはかれているんじゃないかと心配になったので、今回はそのフォローの記事を書かせてください。

↓今回のお直し品は、こちら。5年ぐらい穿いている私の七分丈パンツです。

十分丈じゃ野暮ったいし、半ズボンじゃやる気満々みたいでちょっと恥ずかしいし・・・というアラフォーの微妙な気持ちをくみとってくれる便利なパンツです。ちょっとした運動の時に愛用しています。

そんなアラフォーの胸の内なんかより・・・。
ちょっとウエストのしわの寄り方がヘンじゃないですか?

↓はい、そうなんです。

随分前からウエストのゴムが伸びていたんですが、真ん中の段だけにゴムを通してごまかし、ごまかし、穿き続けていたんです。

2年ぐらい?(笑)

私はTシャツをウエストに「IN」しないタイプなので、この2年間、この不自然なしわを指摘されたことは一度もありません。(ウエストが太くてしわが寄っていないから??)

↓やはりこのパンツもゴムを交換できない上に、ミシンでガーガー縫われ、リッパーが引っかかりやすい素材だったので、かなりほどきにくかったんですが。ご覧ください!!

矢印で示した2本の直線縫いをほどいただけで、太いゴムベルトを抜くことができました!!

これですよ、これ。これをやりたかったんです。

↓前回できなかったその理由は・・・・。

この飾り縫いのせいで、ゴムが縫い込まれてしまい、抜き取れなかったんですよ!!(見返してみた)今後はこんな飾り縫いの有無をチェックして、ほどく難易度を自分なりに予想するといいですね。

↓ベルトをうまく抜き取れました!!

糸くずも前回の半分以下です。最初、ベルトが抜けることに気が付かず、パンツ本体もほどきかけてしまったのですが(矢印で示した部分)、これは、ゴムベルトを抜き取るための穴として、ほどいたことにしましょう。ちなみに、こちらのパンツ、ウエスト部分はすべてウーリー糸で縫われていました!私の家庭用ミシンでも、ウーリー糸で直線縫いできるのかなぁ??ロックミシンにしか使ったことないけど。

↓このパンツも、直線縫い2本になっていたので(ベルト部分)、同じように上から2本縫います。

3列、ゴムを通せるところができましたが、上の2段だけにゴムを入れるつもりなので、矢印で示した部分だけ、ゴムの口として開けておきました。3本ゴムを入れてもいいけど、苦しく感じると思います。以前、カエルのパジャマで、子供からクレームを受けた時に学びました。(まだ青かった私が子供のパジャマズボンに4本もゴムを入れた話はこちら

↓ゴムを2本入れました。いつもここだけボコっとなります。

それは、ベルト部分に直線縫いを入れた時に、ゴム口として、少し開けておいたから。(笑)

↓後ろはこの通りバッチリ!!。

(画像を回転するのを忘れたみたいです。フローリングが縦になってる!)

今回は、しつこく同じネタを繰り返してしまい、どうもすみませんでした。

「縫いものなんてやりたくないけど、ちょっとの手間なら直して穿こうかな、着ようかな」っていうのが、貧乏ミシン部にとって大事なところだと思うんです。おぉーって言ってもらえるような長い時間をかけた大作(刺しゅうとかね、パッチワークとかね)を発表するより絶対大事。

この記事を見て、「いつもは諦めて捨てていたけど、ゴム入れ替えてみたよ!」って声が聞けることを心より願いつつ、今日もミシンに向かいたいと思います。(←今朝も5時からミシンしてた人)

↓オールナイトから、早朝ミシンに切り替えた私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓私はウーリー糸白しか持っていませんが・・・。

↓今の今まで「ダンスキン」を「ダスキン」だと思っていました!!すみません!!