「バイヤステープをゼロから作る」の記事では超長い手作りバイヤステープを製作しました。何度も言っていますが、私は心の底からバイヤステープは既製品の方が縫いやすいと思っています。なぜなら、既製品のバイヤステープは下になる方がちゃんと1ミリ太く折ってあるから、縫い目が落ちにくく、失敗しづらい!!

手作りバイヤステープの仕上がりは1ミリの太く折るなんて事はおろか、場所によっては細かったり太かったり。さらに時間が経つとふわふわと元に戻ろうとする、信用できないヤツです。

↓バイヤステープにおいては反手作り派の私が、バイヤステープを作るきっかけになってしまったきっかけは、こちらのワッフル地。
sarafuki1
幼なじみがバイト先の知人からもらってきたものです。

裁断前の状態を撮影し忘れてしまいましたが、何かを作った残りだったのか、形もいびつで残り少ない生地でした。1ヶ月ほど考える時間をもうけましたが、私には皿拭きしか思い浮かばなかったので正方形っぽくカット。裁断方法もいろいろ考えてはみたものの、全部同じサイズの正方形には揃えられませんでした。

私のワッフル地経験(?)は浅く、過去にワッフル地を買ったこともないし、購入したことのあるワッフル地の製品と言えば旦那さんのトップスぐらい・・・。ワッフル地には縁のない生き方をしてきましたが、せっかくいただいたワッフル地なので、皿拭きを縫ってみようということになりました。

↓カーブのトレースに最適なのは、ゴーフルの缶!!しかも、小サイズ!!
sarafuki2
(たまたまナガスパのゴーフルでした)
いただいたワッフル地は、かなりふわふわでチャコペンもままならない激しい凹凸感!!これは、値段の高いワッフル地と見た!!

というわけで長い前置きではありましたが、手作りバイヤステープ+ふわふわ素材という最も縫いづらい組み合わせにチャレンジです。

↓縫い始めはまっすぐな位置からスタートは2センチほど遊ばせて!!が鉄則。
sarafuki3
決して目立たせないようになどとカーブのかかったコーナーからスタートしないように!!命取りです!!

↓角は、ひたすらバイヤステープの端と、ワッフル地の端を揃えることに専念!
sarafuki4
縫う位置は、バイヤステープ右端の折り目の上!

↓ゴーフルのカーブなら、ミシンの押えの上げるのは2回ぐらいでOK!!
sarafuki5
ここでもひたすら、バイヤステープとワッフル地の端を揃えます!
それを4角分、繰り返し、ようやく1周まわってきたら・・・・。

↓気持ちを大きく持って2センチぐらい長くカット。
sarafuki6
ここでかさなりが1センチ以下になると作業的にホントに苦しくなるから、悪いことは言いません!ここは、長めにカット!!!最終的には1センチがベストだけど、この段階では少し長めに2センチぐらいの気持ちで!!縫い始めと、縫い終わりを二枚とも持ち上げ、重ねたまま一方に倒します。あまりにも長かったらここで1センチに切りそろえる。そのあと、直線縫いを続け1周縫い終えます。

↓しつけをしない人でも、カーブにマチ針最低2本は刺して。
sarafuki7
直線のところはマチ針無しでも問題なく縫えると思います!

縫い始めの重なりの部分は、縫い始めと縫い終わりを2枚重ねたまま折りたたんで上からミシンを。折り方はバイヤステープの折りぐせ通りに。(画像取り忘れました、すみません)

仕上げとなる二回目の直線縫いですが、まぁ、端を攻めすぎず、バイヤステープの端から3分の1ぐらいの位置を走る気持ちで。(笑)私も極限まで端を攻めたいタイプだけど、必ずミシン針が落ちるので、ここだけは自分に優しくおおらかな気持ちで縫っています。(爆)

はい、完成しました。

↓手作りバイヤステープは、やはり厳しい。縫い目が!縫い目が!
sarafuki8

↓しつけしないと、やはり、針が落ちてしまいます。
sarafuki9
ここまで来たらもう、ミシンの技術じゃなくて、バイヤステープを作る技術が問題なのだと思う。(←逃げ!)

↓ちょいちょいバイヤステープの外に針を落としながらも9枚仕上げました。
sarafuki10
完成度がイマイチですがお世話になった人に配ろうと思います。

ワッフル地の素敵な使い道と、手作りバイヤステープを作るコツ、しつけ無しで(←ここ大事!)バイヤステープをきれいに縫う方法をご存知の方はぜひコメント下さい。心よりお待ちしております。

クリスマス前なのに果てしなく地味でごめんね。

↓地味なネタにポチっとお願いします。
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

  ↓いただいたのはこんな感じのワッフル地でした。
  

  ↓麻混なので拭きやすそう。