リフォームの終わりが見えかけた頃、どっと疲れが押し寄せてきました。別に私が建材を運んだり、ゴミを集めたりしているわけではないのですが、不特定多数の職人さんが毎日出入りしているだけで、なんだか落ち着かず、疲れてしまうのです。日中、うちを空けるのが嫌でまともにスーパーにも行けず、職人さんが戻ってくるまでに・・・と思うと、ごはんもゆっくり食べられず。

リフォームは共働きの夫婦には負担になるものだなぁと思いました。ある意味、新築よりも大変なのでは?と思うほどです。

リフォームの期間中、子供たちは学校から帰宅するなり、リフォームの進み具合いを確認。この勢いを肌で感じた私。子供たちは、リフォーム直後から自分の部屋で過ごし始めるつもりなのではないかと思いました。となるとまず、必要なのはカーテン。

自宅が純和風なのでブラインドにしちゃうと絶対に変だし、障子が一番いいのですが、せっかくの新しい部屋。障子っていうのも可哀想なので、間をとって(?)カーテンに決定。

長女と次女の部屋には、それぞれ同じサイズの窓があり、通りから見ると2つ並んでいるので、できればレースのカーテンだけはお揃いにしてほしいと常々思っていました。ブラインド、ロールスクリーン、シェードの選択肢を与えず、ニトリに直行。

↓二人はドレープに夢中で、レースには全く興味のない様子。これ幸いと、勝手に選ばせてもらいました。
aran1
夏は「遮熱」、冬は「保温」。機能系大好物です、私。(笑)しかもミラー効果!!夜でも外から見えにくいのだそうです。女の子なのに裸族なので(爆)この機能は助かります!!しかも安い!!

子供たちの窓は160×90センチと規格外のサイズ。イージーオーダーの価格表では3612円(税別)。既製サイズを自分で裾直ししたら??なんと、1658円(税別)。その差額は1窓につき1954円(税別)、2窓で3908円(税別)!!

これは直すしかありませんよね!

↓レールもニトリで購入。壁に合わせて色は白をチョイス!
aran2

出窓風になっているので、レールは天付けになります。

↓天付けのイメージ図はこちら。
aran4

↓このレール、2WAYなので、正面付けもできます。
aran3
幅は調整可能で、カット不要。120センチから210センチまで縮めたり伸ばしたりできます。
(参考までに裏の説明を掲載しておきます)

↓では早速レースのカーテンを直していきます。
aran5
まずはフックの高さからチェック。ここ大事です!!天付けの場合、レールの下にレースがぶら下がる形になるので、フックは一番上にセット。フックの位置が低かったりすると、レースの上の部分がレースに擦れて開閉しづらくなります。フックの位置はカチカチっと自分で調整。このフックを考えた人、本当に天才だと思う!!

↓既成カーテンの裾を見てみましょう。
aran7
2センチ折って、さらに8センチ折ってありますね。折り返しのサイズはこのままマネさせてもらいます。

↓裾をリッパーでほどいて、仕上がり寸法を決めます。
aran6
このレース、リッパーがいちいち引っかかってほどきにくかったです。せっかくの新品、生地を傷めないように気を付けないと・・・。(涙)既成カーテンに習い、仕上がり寸法の8センチ下と、10センチ下に消えるチャコペンで印をつけました。

カーテンの寸法の決め方ですが、掃出し窓(床まである窓)と、うちのような出窓の場合、レースはフローリングから2センチ浮くぐらい、ドレープなら1センチ浮くぐらいを目安に決めています。ちなみに、腰窓は窓の下から15センチ垂れるぐらい。この場合も、レースはドレープよりも1センチ短く。レースは窓の下から14センチ垂れるぐらいを目安にしてください。

腰窓が分からない方は、「積水ハウスの家にカーテンをつける」をご覧ください。この時のカーテンも、いい感じに仕上がっています。

↓チャコペンの印を定規でつないで、仕上がり位置の10センチ下をカットします。
aran8
チェックの柄がガイドになってくれるかと思いきや、縫製がすでに曲がっているのであてにならず。チェック柄のゆがみはスルーして、センチだけを頼りに作業を進めます!!

カーテンの裾直しは、5ミリ、1センチで印象がかなり違うので、「つんつるてん)(死語??)になったり、長すぎて開閉するたびに床を掃除するようなことになったり。

↓かなりシビアなサイズ指定。
aran9
縫っただけでは、その精密な作業の効果が出ません!!

↓必ず当て布をして、アイロンでピシっとジャストサイズにしてあげましょう!!
aran10

↓お待ちかね、カーテン取り付けです。
aran11
このバラつきは安いカーテンだから仕方がない。ドレープが綺麗に出ていませんね(涙)

↓まずは長女のお部屋から。
aran13
レースカーテンのサイズが我ながら絶妙!!!(爆)イージーオーダー以上の仕上がりだと自負しております。大きいサイズものって本当にお直しが大変なんですよ。今回のカーテンとか、こたつ布団カバーとか。まっすぐ縫うだけじゃん、って言われてしまえばそれまでなのですが、この大きさで5ミリ、1センチと戦うのは、本当に大変!!

↓続きまして次女のお部屋。
aran12
外から見ると全く同じサイズの窓なのですが、手前に柱が。私は気になりますが、次女本人は気にしていないので、そのままで。

チラッと写っているベッドは二段ベッドを分けたもの。子供たちはマットレスでジャンプしたいそうですが、しばらくは、すのこベッドで我慢してもらいましょう!!腰を掛けられるように、二段ベッドについていた左右の手すりだけ取りました。

リフォーム最終日にレースをつけたので、子供たちの喜びようと言ったら。(笑)思わずビデオカメラで動画に残しました。

案の定、この日から寝泊まりすることに。レースのカーテン、ミラー効果付きでよかったぁ。夜、部屋の電気をつけていても、部屋の中が全然見えません!ミラー効果、万歳!

↓3908円の節約にポチ、ポチっとお願いできますでしょうか。
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ       

↓カーテンこそ布地買うよりリメイクの方が断然お得かも。


↓レールも安くなりましたね。