うちでは、子供たちは二段ベッド、旦那さんはシングルベッド、私はダブルベッドに寝ています。寝具選び、過去に痛い目にあったこともあり、(前編後編)良いものを選びたいのですが、結局今回も安物に手を出してしまいました。(笑)

↓セミダブルサイズで500円!!
futonhaba1
開いてみたらペラペラ。しっかりパッキングされているので、生地を触ってみることができないのが残念です。以前使っていたカバーの方がまだ良かった・・・。以前使っていたカバーは現在、バイヤステープとなって余生を送っていますが、今回の掛布団カバーはバイヤステープにすら、なれそうにありません。そんなポリエステルパーセンテージの高い素材です。ガッカリ。

さて、ご注目いただきたいのは、サイズ!!
我が家にはセミダブルの布団なんてないのに、セミダブルサイズを選びました!!

シングル、ダブル、セミダブルの中で一番売れ残りがちなのがセミダブルなんです。つまり、ワゴンセールに一番多く残っているのがセミダブル!!先日、オープンしたばかりのショッピングモールに行ったら、セミダブルサイズの商品がひとつもありませんでした。一番商品が揃っているはずのオープニングで無いのならこの先もセミダブルの在庫を置いてもらえる可能性ゼロですよね・・・。(涙)そのぐらい売れないってことです!

そもそも、お布団カバーって、選ぶだけで大変ですよね。柄が気に入ったと思ったら、お揃いの「掛」と「敷」が揃わなかったり、揃ったと思ったらロングサイズじゃなかったり・・・。旦那さん用と、自分用の2セットを同じ柄で揃えようと思ったら、もう大変。

そこで!
柄がそこそこ気に入って「掛」と「敷」が揃っていたら幅を直したらいいんじゃないかという今回のご提案。

前回の記事「隙間を無くして覗かれないカーテン」では、幅よりも高さの合うものを買って直しましょうといいましたが、布団カバーの場合はその逆!高さが合っていて幅が大きいものを直しましょう!!幅のお直しなら、ファスナーを触らずに済みます!!

↓セミダブルサイズのシーツの上にシングルの羽毛掛布団を乗せてみました。
futonhaba2
直すべき幅が見えた!!!(ニヤリ)
今回は、この太い赤色のラインのところでカットしましょう!!
カバーの柄をチェックにしたのも大きなポイント!!

↓チェックなら、しるし要らずで、マチ針も打ちやすい!!
futonhaba3

↓太い赤色のラインのところを狙ってガーッとロックミシンをかけました。
futonhaba4

↓あとは地道に(と言っても3ヶ所)紐を移動させて縫い付けるだけ。
futonhaba5
紐の移動も、チェックならこの細いラインの位置ね・・・と、カバーの中心を測る必要無し!

↓完成したら、掛布団カバーが裏返ったままの状態で紐を結びます。
futonhaba6
掛布団カバーに手を突っ込んで、ファスナーから一番遠い2角を持ち上げてファスナーを閉じればカバー付け完了です。裏技の番組でも紹介されていますね。

↓今回のお直しは、約20分で完成。
futonhaba7
大きいものをお直しするのは、想像以上に大変で時間もかかりますが、チェック柄を選べば、はい!この通り。(笑)

お直し前提での買い物をしないように気を付けている私ですが、このお直しなら、タイムパフォーマンス的もアリかと思います。

↓いつも、たくさん押してくれてありがとう。よろしければ、今回も。(笑)
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓今年はハロウィンどうする??
  


↓昨年は小学生女子にフェイスシール人気だったなぁ。