ミシンが好きだと言うと、必ずと言っていいほど、「たくさん作って売ればいいのにぃ~」って言われるけど、やる気ゼロ(笑)。手作り市などのイベントを見て歩くのは大好きなんですけどね。

そんな私にママ友からお声がかかりました。一世を風靡した「グラニーバッグ」って縫って欲しいと。生地が2Mぐらいあるのでそれをぜひ使ってほしいそうです。

↓涼しげでかわいい生地。
gurani1
同じトーンで大小のドット、数種類の花柄が大人しいけど華やかな感じ。私が持っていないタイプの柄です。

縫製代5000円で・・・と言われましたが、お金は頂かず私もお願い事をして商談成立。(笑)プロでもないのに縫い賃だけで5000円はもらえません・・・。

↓レシピも生地と一緒に受け取って、その通りに裁断しました。
gurani2
内布を買い足そうかとも思いましたが、生地が2Mもあったのであえて内布を横に裁って紫のドットをチラ見せする作戦に!!

↓少しでもスッキリ見せたいと内ポケットも大きいドットの部分から。
gurani3

↓バッグを成形する前にマグネットホックを付けておきました。
gurani4
もちろん裏側補強済です。

↓内布にタックを寄せて。
gurani5

↓内布と、内底の繋ぎ目。惜しいぃぃ!!
gurani6
薄紫のドットが一列だけ見えちゃいました。
花柄同士でうまく繋げたかった・・・。

↓柄のおかげで一枚布でもかなり華やか。
gurani9

↓外と内、全く同じピッチでタックをつけました。
gurani7

↓底の部分だけ接着芯でハリを持たせて。
gurani8
カーブがきれいにでるようにハサミで切り込みも。

↓紐はクリップでくせをつけてから縫いやすく。
gurani10

↓グラニーバッグって誰が考えたのか知らないけど、ここが人気の秘密なのかも。
gurani11
ミシンで縫えるギリギリの厚さのテープを二つ折りにしたことで、クタァっとなりがちば横長バッグがシャキンとする!!グラニーバッグのミソはここですね!!

↓バッグ本体にぐる~っと1本で縫い付ける持ち手の繋ぎ目、どうする?
gurani12

↓やっぱりジグザグでしょう?(笑)
gurani13
糸の色がドンピシャで、案外綺麗に繋げられました!!
二つ折りにしたテープを本体に縫い付けながらちょっと手前でストップ。ジャストサイズを見極めて、ジグザグ。また直線縫いで、残った部分を縫う。で、いかがでしょうか?

↓肩にも掛けられて腕を伸ばして持っても地面に付かない・・・というリクエストでこの長さとなりました。
gurani14
寄付でいただいたタグもつけて。結構ハリがあっていい感じ。

↓すみません。撮影の角度間違えました。
gurani15
大きいドットがチラ見えするように撮らなきゃいけないのに、ガバーって開いて撮ってしまいました。生地を横に裁ったことは気にならない。(私は・・・)

グラニーバッグ全盛期の時は縫おうなんて思わなかったけど、縫ってみたら、レシピに隠された人気の秘密にいろいろ気がつくことができました。何といっても、裏地付きだからロックミシンがいらないこと。もちろん、ジグザグミシンもいらない。ギリギリ家庭用ミシンで縫える厚みの作品。さらに手作りの割に立体感があり、見た目以上に物が入る。とても考えられたレシピだと思いました。

ミシンも料理みたいなもの。クックパッドの材料を見て、聞いたこともない調味料が並んでたら作る前に諦めちゃいますよね?ミシンも同じ。買い足さなければならないようなレシピなら、ここまでグラニーバッグは広まらなかったはず!!たくさんの方がパターンを無料で公開されていますので、ぜひ検索してみて下さい!

思いっきりブームに乗り遅れていますが、縫うチャンスをくれた友人に感謝。普段のリメイクは私にとって筋トレのようなものなので、新品の生地を触れる今回のようなチャンスは、言うなれば腕試し。

自分がイメージした通りに、一発で仕上げることができて、大変うれしゅうございます。さぁて、また地味に洋服のほつれでも直しましょうか!(爆)

もしも私が手芸クラブのクラブ長だったら、一年の最後にグラニーバッグを縫わせてあげたい。手芸女子たちの勇気と力と自信になること間違い無し!!

↓  本革派なので自分の分は縫わなかった。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ         


↓グラニーバッグの本もたくさん出ています。