4月から子供会の会長をさせていただいております。(大事なところでじゃんけんに弱い)(笑)やりたくないのにやらされている、ボランティア(賃金の発生しない労働)ほど、ストレスの溜まるものはありません!!今のところ、子供会のトラブルに対応するための、これといった解決法も見当たらないので、子供会関係の集まりがある時は、アルコール度数の高い飲み物を冷やしてから出席するようにしています。

子供会の備品などを役員さんが自宅保管することってよくあります。私は、会長なので過去10年分の資料を前会長さんから引き継いで保管中。過去の会長さんの多くが、100円ショップのポケットファイル等を使用されていますが、10年経ったセリアのファイルは見るのも無残な状態で、ポケットがちぎれてひどいことになっています。自分の手元に置くのは1年でも、その後9年間、町内をたらいまわし(笑)になることを考えるともうちょっといいファイルを使った方がよいかも・・・と、自分も100円ショップで調達したくせに思ってみたり。

私と一緒に役員になった知人は、イベントに使用する大きな板を一年間保管しなければならないのですが、渡されたその板を見てみたところ!!!!

5年前にも役員だった彼女が、自分で入れた無印良品の大きなビニール袋に入れられたままの状態だったそう。(笑)みんなどうにかしなくちゃ・・・と思っているうちに1年経ってしまったんでしょうね。板が入っている段ボールは朽ちて紐で結べないほどボロボロになっており、見るのもイヤなんだとか。

段ボールの数か所にはガムテープで補強されていましたが、このガムテープがくせもの。(怒)

10年を経過したガムテープは粘着力を失い、白い粉が落ちるほど劣化して、補修のしようもない状態に。ウン十年単位で使用する備品にガムテープはご法度なのです。

↓そこで、和紙のような厚紙の端材を木工用ボンドで貼り付け、経年劣化しないように段ボールのフタをぐるりと一周、補強しました。(内側は必要な部分だけ)
wanage1
さらにおせっかいな今年の会長(←私!!)は、補強した箱を入れるバッグを縫います。

↓こちらのキルティング、実家の母が20年ほど前にジャスコ(!!!!)で購入したもの。
wanage2
綺麗な状態なのですが、和柄ということもあって20年間一度も出番らしい出番もなく、今日まできてしまいました。キルティングは保管するのも場所を取りますし、今回は、柄がどうの、デザインがどうの、言っていられないほどの鬼気迫る状態なので、布地代を請求されないだけマシだろう!!という気持ちでこの生地でバッグを作り、勝手に押しつけがましく子供会に寄付したいと思います。

プライスカードには780円とありますので2Mで1560円。キルティングって買えばこれだけするんですね。

↓板の他にもパーツがあるので、ポケットを3つつけます。
wanage3
右側の2つは生地の不足から布地を足してありますが、柄がにぎやかなため、あまり気になりません。

↓キルティングはアイロンを当ててもさほど効果がないので、ポケットの縫い代を押えミシンし、本体に縫い付けます。
wanage4
縫い目が2本になりますが、にぎやかな柄なので気になりません。
ガンガン縫います。

↓ポケットにはアメリカンホックをプラス。
wanage5
最近寄付で、大量のアメリカンホックをいただいたので、惜しげもなく使わせてもらっています。
こちらもにぎやかな柄のため、ホックが見つけづらいです。

↓ちゃんと二等辺三角形にならないとイヤなので、ここだけはちゃんと測って。
wanage6
この定規、100円ショップで買ったものだけど、すごく使いやすくておススメ!

↓完成したところで中に荷物を入れてみたら思いのほか重く、壁に立て掛けられないので、黒い紐を3ヶ所つけました。
wanage7
普通のファスナーでは強度が足りず、ファスナーの中央から開いてしまうのでは??と紐にしてみたのですが、補強した白い紙が目立ち、見た目にも美しいとは言えません。(涙)

そこで思い出したのが「CONVERSEとSPALDINGで作る階段マット」で外したオープンファスナー。バッグの幅には足りませんが、すごくがっちりしていて板の重さにも耐えられそう!!

↓しかもオープンなので、箱の出し入れの邪魔にもなりません。
wanage8

↓ファスナーを閉じれば、ほらスッキリ。
wanage9

↓モデルの長女に持ってもらったところ、肩にもかけられていい!!とお褒めの言葉をいただきました。
wanage10

うちの地域は、基本、子供の数だけ役員をしますので、私の役員も残すところ、あと1回。この先、このバッグを目にすることはもうないかもしれませんが、次の役員さん、また次の役員さんと、使い続けてもらえれば・・・という気持ちで、お嫁に出します。素敵さはありませんが、汚れも目立たず、使い勝手もそこそこ良いはず。

何十年か経って、もしも私がこのバッグに会えたら。そのの喜びは、風船で飛ばしたお手紙のお返事が戻ってきたような気持ちに似ているかもしれません。海に向かって投げた、手紙入りの瓶が流れ流れて誰かに届いて、何らかの形でお返事がきたような、そんな感じ。

でも現実は風船を飛ばした翌日に、破裂した風船が近所の田んぼにたくさん落ちていたり、投げたはずの瓶が日本海の荒波であっという間に押し返されてきたりするもの。それが現実。

それと同様に、このバッグも来年あたり、私より腕のいい人が新しいものを縫い直していたりしても、それはそれで私が知らなければいいこと。

とりあえず、今年いっぱい、大きなトラブルもなく役員としての務められますようにと、このバッグに願掛けをして、役員さんにお返ししたいと思います。

そうそう、この板の正体に気が付いたとしても、内緒でお願いしますね。子供会のイベントから、私の住んでいる地域がバレますから。(笑)

↓ポチっとね。  
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ    

↓たまたまCONVERSEリバーシブルジャンパーだったからファスナーもリバーシブルファスナーなんです。(笑)


↓うちの子が欲しいキルティングはこれ!