Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2017年10月

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。おすすめ記事第五弾は、2017年10月29日(日)に開催されました金沢マラソンにちなんでマラソンアイテムを集めてみました。案外長く続いている(←失礼)旦那さんのマラソンの歴史 ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。

おすすめ記事第五弾は、2017年10月29日(日)に開催されました金沢マラソンにちなんでマラソンアイテムを集めてみました。案外長く続いている(←失礼)旦那さんのマラソンの歴史と共に振り返ります。

2013年10月23日
マラソンランナーお着替えポンチョ
omoide1
世間の皆様におっさんのお尻を見せずに公共の場で着替えたいという旦那さんのリクエストで作った、ポンチョです。私としては畳んだ時に、もう少しコンパクトにしてあげられたらよかったかなぁと思っています。過去の作品の中で忘れることのできないヒット作のひとつです。(髭を生やしていたころのdetekoハズバンドの全身画像アリ!!)



2013年06月12日
歩いているか走っているか分からない人の日よけ
omoide1
第一希望の黒ではなかったものの、素材のチョイスに成功し、軽さのある日よけが完成しました。スロージョギングはお金も、仲間も必要ないので続けやすいダイエットだとは思いますが、問題は日焼け。痩せたいけど紫外線は浴びたくない、難しいところです。


2014年07月08日
カットしたひざ下で完成する全身コーディネート
omoide1
自分用に縫った日よけですが、最近外を走っていないので出番無し。でも、草むしりや夏のプール遊びの必須アイテムとなっています。スポーツウエアのリメイクだからこそ実現できる全身コーディネート。正直、見た目どうなの??と言いたくなりますが、シミ用のホワイトニングの値段を考えると、そんなことも言っていられません。実は私、顔のシミ、レーザーで2回も取ってますから。(笑)


2014年03月23日
速乾素材のマラソン腹巻
omoide1
能登和倉万葉の里マラソンの準備としてリメイクしたマラソン用の腹巻。最近見かけないなぁと思い、旦那さんに聞いてみたら使ってはいないけど常にマラソンのリュックに入れているとのことでした。男性はお腹が弱い方が多いから、お腹が冷えるとタイムにも影響するかも??(マラソン大会では簡易トイレに列ができるそうなので)速乾素材を使った腹巻、おすすめです。


2016年10月24日
金沢マラソン応援手袋
omoide1
今年の金沢マラソンでも大活躍しました。金沢生まれ、金沢育ちの私としては、わざわざ県外から来てくれてありがとうの気持ちはあるものの、ランナーに自分から声を掛け続けるってのも・・・。そんな時、赤い手袋に白い紐で書かれた「がんばれ」の文字が効果を発揮!!シャイな私からの無言のエールを受け取ってくれ、見知らぬランナーが、笑顔を返してくれたり、ハイタッチしてくれることもしばしば。さらに防寒具にもなり、ペタンコなので持ち運びも楽。応援手袋はさらに作り足してもいいなぁと思えるほど便利グッズなです。できることなら次はスマホ対応にしたいなぁ。(金沢ロケ画像アリ!)



というわけで、マラソンをテーマに過去の作品を集めてみました。
金沢マラソンに参加された方、お疲れ様でした!!

↓金沢マラソンの完走メダルは、サイズダウンして少し小さめ!
kanazawamara2017


今年は、いわきマラソン(福島)、大阪マラソン、宮崎マラソンにお邪魔する予定です!!
(旅費の関係で旦那さんのみ・笑)

↓無事完走できた旦那さんにぽちっとお願いします!!
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

私は個人的にクッションいらない派です。インテリア雑誌を見れば、「ソファーにクッション」の組み合わせに憧れたりしますが、お行儀の悪い家族に蹴り落とされたクッションを毎日せっせと拾うような暮らしなんて、まっぴらごめん、想像しただけで腹が立ってきます。我が家は ...

続きを読む
私は個人的にクッションいらない派です。インテリア雑誌を見れば、「ソファーにクッション」の組み合わせに憧れたりしますが、お行儀の悪い家族に蹴り落とされたクッションを毎日せっせと拾うような暮らしなんて、まっぴらごめん、想像しただけで腹が立ってきます。

我が家は、リビングにソファーを置きつつ、冬はコタツも置くという「半・地べた族」なのでフローリングに座布団は必須!これまた、お行儀の悪い家族によって蹴とばされ、座布団がフローリングを滑って遥か彼方へ。

毎回、座るときには、座布団を探し、遥か彼方から座りたい位置まで座布団を持ってきて、ようやく座れる、そんな日々。いっそのこと座布団をコタツの足に結び付けてやろうか、いやいや、蹴られても気にならないよう座布団を丸くしてやろうかと思ってしまうほどです。

そんなクッションに縁のないうちの子が、クッションのある暮らしに憧れ、前回の記事「簡単そうでポイントの多いクッションカバー」を作りました。

となると、次はヌードクッションが必要になってきます。楽天で買えば400円台で購入できるものの、地元の手芸屋さんを何件か見て回ったら1個800円ぐらいするのです。ヌードクッションを姉妹で1つってわけにはいかないし、何か良い方法はないかなぁと考えていました。

↓そこで思いついたのがこちら!!
noodk1
丸ごと洗える枕です。柔らかすぎて枕ランクとしてはかなりイマイチ。
でも触った感じ、ポリエステルの「わた」しか入っていません!!と言わんばかりの柔らかさなのです。この日のために、ちゃんと丸洗いもしておきました。

過去にも何度か「わた」と戦ってきた私。
何名ものPOOHさんの命を奪った衝撃的な記事もありました。(笑)
「プーさんのぬいぐるみでこたつ布団をボリュームUP」

「わた」を詰め替えるのって案外難しくて、仕上がりもゴロゴロしがち。
できれば、この枕を開けてそのままの幅でヌードクッションにできたらなぁと企んでいたのですが・・・。

↓次女が枕の縫い目をほどいてくれました。
noodk2
まずは中心の縫い目をほどいてから、枕を開きます。

↓ジャーン!!
noodk3
おーっと、枕の中心が・・・。

↓真ん中が、あいてるぅぅぅ!!
noodk4
そのまま、そーっとは甘い夢だったみたいです。やっぱり「わた」をほぐして入れるしかないのですね・・・。

↓ヌードクッション用に45センチ角の布を準備しました。
noodk5
縫い閉じるのでロックミシンでのほつれ止めはせず、直線で縫っただけ。
入口となる「あき」は握りこぶしひとつ分ぐらいで十分です。1辺全部あけておくと、閉じる時に角の処理が面倒なので、辺の中心あたりに「あき」を作るようにしています。みんなそうしていますよね!

ヌードクッションの布は何でもいいと言えばいいのですが、後々、柄が透けてがっかりしないように無地がおススメ。色味も黒などの濃い色ではなく、カバーの色柄が映えるよう白に近いものがおすすめです!!

素材は滑りのよいポリエステルやナイロン素材で。もしも、カバーも綿で、ヌードクッションも綿だと、摩擦が起きてシャカっと入りません。(涙)

↓そのまま入れる作戦は無理だったので、次女にほぐしてもらい、私が「わた」を入れます。
noodk6

↓ちょうど青い枕1個から2個のヌードクッションができました。
noodk7
やっぱり見た目がゴロゴロ。(笑)カバーを付けたら目立たなくなるでしょうか?はたまた、使っているうちに馴染んでくるでしょうか?

長女がこのグレーのヌードクッションを使うと言うので、さらにもう一個の赤い枕を開いて3個目に突入。次女の分です。

↓次女はクッションカバーが1枚なので、入れる「わた」を大サービスしてみたら。
noodk8
あっ!!なんだかゴロゴロ感が和らぎました!「わた」をいっぱい入れた方がいいみたいです。グレーのふたつより、ほんのわずかですが厚みもあっていい感じです。

↓そこで急遽、グレーのヌードクッションも開き、赤い枕の残った「わた」を足してみました。
noodk9
ゴロゴロ感はのこっているものの、だいぶクッションらしくなりました。

↓このグレーのヌードクッションにカバーを付けると。
noodk10
ボリュームがあっていい感じじゃないですか?
カバーのおかげでゴロゴロ感がさらに和らいだように思えます。
ヌードクッションを買うのが惜しい方、ぜひお試しください。

↓お忙しいところ悪いけど、ちょっとここ押してもらませぬか?
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     

↓ヌードクッションを買おうかな?って迷えるのも企画通り45センチ角にカバーを縫ったおかげ。


↓こんな企画サイズもあるのか・・・。

私がインテリアに興味を持ち始めたのも小学六年生の頃でした。カーテンのサンプル帳をめくるのが楽しくて仕方がなかったし、母と一緒に壁紙を選んだのも、今となってはよい思い出です。さて長女がその頃の私と同じ年齢になり、部屋をピンクにしたいと言い出しました。次女は ...

続きを読む
私がインテリアに興味を持ち始めたのも小学六年生の頃でした。カーテンのサンプル帳をめくるのが楽しくて仕方がなかったし、母と一緒に壁紙を選んだのも、今となってはよい思い出です。

さて長女がその頃の私と同じ年齢になり、部屋をピンクにしたいと言い出しました。次女はまだピンときていないらしく、聞く度に色が変わります。とにかく、失敗の無いよう壁紙は無難な白にするようにと、私たち夫婦で時間をかけて説得。もちろん、大人も廊下などリフォームする全てを白にしました。

説得の途中、賃貸の人が使うような後から貼れるアクセントカラーの壁紙シートの話もしようかなぁと思いましたが案外値段が高かったので結局言わずじまい。(笑)部屋が新しくなったらカーテンや、カーペットなど嫌でもお金がかかりますからね。

結局、白い壁を渋々受け入れた長女。だったら、ピンクのクッションを作りたいと言い出しました。
同時に次女も縫っていますが割愛させていただき、今回は長女の工程を追います。
夜間の作業のため照明が蛍光色であることをお許し下さい。

そうそう、リフォームも子供たちにクッションカバーの縫い方を教えるきっかけなのですが、もうひとつ理由が!

↓ご覧ください、長女がクラブ長を務める手芸クラブ。こちらが、クッションの完成品。(爆)
kkusyon8
うそーん!!!(笑)
これがクッション?フローリングの目の大きさからお分かりと思いますが、まさに手のひらサイズ!!いくら小学生と言えど、こんなのでクッションとか言っていたら貧乏ミシン部が泣きます!!ちゃんとしたクッションを作ってもらわねば!!

detekoストックの中からピンクの生地を選んでもらい、手芸クラブのクラブ長(←長女)にファスナーの付け方を説明。すると、「ちょっと待って、今、動画で撮るから!」と長女。彼女なりに私の説明を聞き逃してはいけないと思ったのでしょう。(笑)

クッションというものは40センチ角と45センチ角ぐらいが定番。
後々ヌードクッションを買うことも考えて45センチ+左右1センチで47センチ角にカット。

↓一番簡単かな?と思ったので、今回はファスナーの両端に布を付けるやりかたを採用。
kkusyon2
ファスナーと同じ幅のハギレを左右に縫い付け、布と同じ47センチになるよう調整します。
ファスナーのスライダーが邪魔にならないように、手前に置いたり奥にやったりしながら縫ってもらいました。

↓ミシン糸はできるだけ近い色で。下手な縫い目が目立ちにくくなります。
kkusyon3
手の形が私に似ているけど、やっぱり若いなぁ。(笑)

↓ケチなDNAを受け継いでいる子は特に注意!!
kkusyon4
布地のみみの部分を縫い代に利用すると、うっかりすると、みみが表に出てしまいがち。
余裕をもってみみの内側を縫いましょう。表にみみが出ると案外気になるものです。


↓これも、ありがちな失敗。
kkusyon5
こんな場合は、縫いながら、ほんの少し布地を手前に引っ張ってやれると最後に段ができません。
もっと、布地の伸縮性を利用しましょう。

↓角を綺麗に出すには内側から角の縫い目を目印に、縫い代をキッチリ折って返します。
kkusyon6
それでも、角が綺麗にでなければ針先で出してみましょう!!
おっと部屋着として長女は部活動作品「サロペットをリボン付きバルーンパンツにリメイク」を着用中ですね。うすいピンクのパンツ、とても気に入ってくれています。

↓というわけで綺麗なピンクのクッションカバーが完成しました。(翌朝、自然光で撮影)
kkusyon7

↓数日後、私が留守の間に紫の花柄のクッションカバーが増えていました。
kkusyon1
動画の説明を見ながら縫ったそうです。ホント現代っ子ですね。
紫のクッションカバー、よく見るとファスナーが黒!!
私なら絶対に無いわぁ・・・。でも自分でもう一枚縫うなんて、なかなかやるな。

ちょっとシワシワのクッション。
実は我が家にはヌードクッションが無くて、長女が梱包材のプチプチを入れていました。(涙)

これはあまりにも可哀想。すぐにでもヌードクッションの手配に入らねば!!緊急を要しますので、ヌードクッションについては明日、明後日・・・とりあえず、近日中に更新したいと思います!!

クッションカバーが完成した途端、「やっぱりテーマカラーかっこよく黒とダークブランにするわ!」と長女。ほらね~壁紙をピンクにしなくてよかったでしょう?(涙)

↓1位になれないので、応援よろしくお願いします。
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     

↓今見たら半額になってる!!


↓これもいい感じ。

リフォーム中は毎日大工さんや、電気屋さんや、現場監督さんが出たり入ったりの繰り返し。ずーっと自宅におらねばなりません。だいたい17時には終わるのですが19時半まで作業される日も。買い物も自由に行けず、なかなか不自由です。そんな私たち親子の小さな楽しみは端 ...

続きを読む
リフォーム中は毎日大工さんや、電気屋さんや、現場監督さんが出たり入ったりの繰り返し。ずーっと自宅におらねばなりません。だいたい17時には終わるのですが19時半まで作業される日も。買い物も自由に行けず、なかなか不自由です。

そんな私たち親子の小さな楽しみは端材を拾うこと。(笑)
自宅裏に大きな鉄の箱が設置されておりそこにポンポン投げ込まれる端材を拾ってせっせと納屋に保管しています。今回は、その端材で作ったこだわりの作品をご覧いただきたいと思います。

↓端材の作品の前に、まずこちら。これ、何だか分かりますか?
taizyudai1
ホームセンターで買った端材で5年前ぐらいに作ったものです。

答えは「体重計を収納できるゴミ箱台」です。
taizyudai13
私たち夫婦は、毎朝、ゴミ箱の下から体重計を出し、測り、冷蔵庫に貼ったグラフに数値を記入し続けています。どんなに食べ過ぎた時でも、勇気を振り絞って体重計に乗らねばならないという厳しいルールを守ってもう5年。体重グラフは紙ファイル1冊分になりました。

こちらの台、私なりに考えて作ったつもりでしたが、ゴミ箱の思わぬ突起物(上の矢印参照)により、台の奥行が足りず、ゴミ箱が若干不安定に。台と冷蔵庫の間(下の矢印参照)、この数センチの隙間がクセモノなのです!

というわけで今回、リフォームで出た端材を使って、「体重計を収納できるゴミ箱台2」を作りたいと思います。
taizyudai3
「体重計を収納できるゴミ箱台1」は再利用のため解体。

↓今回は少しグレードアップして色付きのニスをダイソーで購入。
taizyudai4
刷毛で塗るのかと思いきや、ネットでDIYのサイトで調べたところ、ぼろ布で塗るのがおススメということで、ハギレと、ビニール手袋を準備しました。

↓ぼろ布にしみ込ませた水性のニスを紙やすりですべすべにしておいた端材に塗ります。
taizyudai5
ちょうど良い長さの端材を選んだので、カット作業は無しです。
何度塗りしたかわからないほど塗ったのに、思った色にならず、失敗かなと思って、休憩を挟んだら段々いい色になってきたので、諦めずに少し待つのがおすすめ。

↓そんなわけで、全部塗ってみました。
taizyudai6

↓電気ドライバーで工具箱に残っていたネジを使って組み立てててみました。
taizyudai7
あ、失敗です。

↓お行儀の悪い私たちは足で体重計を出すので・・・。
taizyudai8
体重計が台からこのぐらい出ているのが理想。

↓あと木1本分ストッパーの位置をズラせたらよいのですが。(涙)
taizyudai10
このまま、端材を置いていればいいかなぁって一瞬だけ思いましたが、ここで妥協したら掃除機のたびに腰を曲げて端材を置きなおさねばなりません。横幅に合う端材が無くて固定するにも難しいし、どうするdeteko?!

↓そこで一度固定した二本目の木を取り外して、そこにストッパーの端材を固定しました。
taizyudai9

↓わかりますか?矢印で示した端材はストッパー!!!
taizyudai11

↓この台をセットしてみると・・・。
taizyudai12
体重計は足で引っぱり出せるぐらい顔を出しているし、冷蔵庫との隙間も無くなりました!さらに、初代「体重計を収納できるゴミ箱台」よりも台の高さが低くなったのでゴミ箱の安定感も増しました。

製作には、3時間ほどかかりましたが、納得できる台が完成しました。なんだか嬉しくて体重計を出したり片付けたり、ゴミ箱を開けたり閉めたりしています。

雨の中、端材をせっせと拾う私たち親子を見た旦那さんは少々呆れ顔。

でも私の血を受け継いだ子供たちは、「次は何?」「次は棚?」と興味津々です。子供たちよ、待ちなさい。大工さんに見られていないからいいようなものの、完成度の低い、私たちの木工遊び。大事なのはサイズ感。リフォームの完成を待って、手持ちの家具を部屋に入れてからちょうどよいサイズ感ものモノをつくって行きましょう!!

↓ミシンを使っていないネタですがお許し頂けますでしょうか?(笑)
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     

↓長女の部屋のテーマはかっこいい系。(笑)


ただいま、自宅二階をリフォーム中ということで、貧乏ミシン部の荷物を少しでも断捨離しようと奮闘中です。運よく、今月末に地域のバザーがあるので使切れない材料などを出してみようと思っています。私がミシン部屋を持つようになったのはちょうど7年前。その頃はまだ子供 ...

続きを読む
ただいま、自宅二階をリフォーム中ということで、貧乏ミシン部の荷物を少しでも断捨離しようと奮闘中です。運よく、今月末に地域のバザーがあるので使切れない材料などを出してみようと思っています。

私がミシン部屋を持つようになったのはちょうど7年前。その頃はまだ子供たちも幼くて、子供部屋もいらなかったので寝室の横にあった洋室の荷物を移動させて、勝手にミシン部屋にしていました。眠りの浅い次女の夜泣きが聞こえたらすぐに駆け付けることができてこれはこれで便利でした。眠りが浅いと知りつつ、ロックミシンの、けたたましい音を響かせていたんですけど・・・。(笑)

ミシン部屋と言ってもあるのは、カラーボックスと手作りの棚ぐらい。収納するところも殆どなかったので、100均で見た目のかわいい段ボールを6つ買いました。

↓それがこちら。7年で日焼けして色が違ってます。(笑)
danboru1
今回の断捨離でこの段ボールも処分することとなり、中を覗いてみたら面白いことになっていました。この段ボール、セリアかダイソーか思い出せないのですがご存知の方がいましたら教えて下さい。

↓この段ボールはワンタッチで組み立てられるタイプ。テープ不要です。
danboru2
でも隙間があるし、何より・・・。

↓恐ろしく段ボールが薄っぺらい!!!!(驚)
danboru3
組み立て前に私が思い描いていた段ボールの厚みがこれぐらい。実際に100均の段ボールの厚みは「現実」の方。半分どころではないぐらい薄い段ボールだったのです。もうね、片手で持ち上げたら、折れ曲がるくらい薄いんです。この段ボール。

そこで、今より7歳若かった私は、この段ボールに手を加えることにしました。
danboru4
まずはもらってきた強度のある段ボールを底のサイズにカットして敷きます。

↓続きまして側面のサイズにカットした段ボールをはめ込みます。
danboru5


↓さらに短い方の側面にも段ボールをはめ込みます。
danboru6

↓そしてフタをするように上の部分を折り込む。
danboru7
これで強度が格段にアップ!!
おかげで、今日まで使い続けて来られました。

この段ボールはカラーボックスのサイズになっているので、引き出しのように使われる方も多いはず。引き出す度に、段ボールが折れてしまったら悲しいですよね。

同じデザインの商品はもうないかもしれませんが、類似商品はあると思うので、段ボールの薄さにガッカリしている方がもしもいましたら、ぜひとも、スーパーでもらってきた段ボールをはめ込んでみてください!!!超おすすめです。

私も、あまりの薄さにがっかりしましたが、ちょっとした手間でこの問題を解決することができました。7年の間ずっと、商品名の書かれた段ボール(スーパーでもらった段ボール)を目にしながら過ごすよりはマシだったかなぁと思います。(笑)

↓貧乏ミシン部にこの段ボールが初お目見えしたのはこのころ。
緊急企画 ミシン台を作る

↓清き一票お願い致します!!
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     


↓こんなシリーズにも使えそう!



↓段ボールって処分しやすくていいですよね。