Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2017年09月

たくさんのリメイク作品を処分してしまったことに気がついた旦那さんは、叱られやしないかと、読者さんからのコメントにドキドキしています。(笑) 不思議なもので、捨てられたものを思い返しても、全然思い浮かばず。思い出して悲しくなっても困るので、すっかり忘 ...

続きを読む
たくさんのリメイク作品を処分してしまったことに気がついた旦那さんは、叱られやしないかと、読者さんからのコメントにドキドキしています。(笑)

不思議なもので、捨てられたものを思い返しても、全然思い浮かばず。思い出して悲しくなっても困るので、すっかり忘れたままにしておきます。

とは言っても、いざ自分で目の前にある作品を捨てるとなるとやっぱり捨てづらいもの。買ってきたものとはまた違った意味で未練がありますよね。

これからの未来は、なんとなく使っているモノを見直して、「気に入ってるわけじゃないのに、どうしてついつい使ってしまうのか?」を考え、その良さをふまえてもっと好みに合ったものを手元に置くようにしたいと思います。

↓そこで思い浮かんだのがこのパンダ。
hituzi0
あんまりかわいくないけどなぜか使ってしまうのがこのパンダのガマ口。「生茶」のお茶についていたような気がします。

コインが数枚しか入らない小さながま口なのですが、ふわふわしていて、中に入れたコインがチャリンチャリン鳴らないのがいいところ。100円が戻ってくるコインロッカーがある施設を利用していた時も、このパンダに100円を入れ、同じ100円玉を繰り返し使っていました。

でも、このパンダ、全然かわいくない!!(涙)

↓そんな時、大掃除で発掘されたのがこちら。
hituzi1
寄付でいただいた口金セット、次女のスタイ(よだれかけ)からはずしたヒツジ、CHECK&STRIPEのパターン89で使ったリネンのハギレです。

出産祝いにスタイをたくさんいただきましたが、よだれの少なかった次女。スタイが濡れたり汚れたりすることなく成長してしまい、残ったスタイがもったいなくて捨てられず、ヒツジだけ外してとっておいたのでした。

あまりにスタイがたくさん残っていたので、こんなものまで作ったことも。(笑)
スタイと菜箸でドアポケット

このヒツジセット、いつか作ろうと、チャック付き袋に入れてセットにしていたのをすっかり忘れていました。パンダを処分してヒツジと暮らしたい!

よくガマ口は苦手って声を耳にしますが、私は過去にも何個か作っているので苦手なほうじゃないはず!!自信をもって取り掛かります!!!!!

↓まずは白い糸でヒツジを縫い付けます。
hituzi2
小回りがきくように、ミシンの目を小さめに設定。

↓ガマ口の説明書についていた型紙通りにカット。
hituzi3
地味で使えないと思っていたグレーのランダムな水玉が、意外にもかわいい!!ひかえめなヒツジにぴったりです。

↓内側になるランダムなドットの縫い代を少なくカット。
hituzi4
後々、縫い代を割りにくくなるので、切らないでそのまま倒したほうがよかった・・・。後悔。

↓ガマ口の外布は、カーブを綺麗に出すために少し切込みを。
hituzi5
思った以上にボロボロが目立つグレーのリネン。切込みを入れたことにまたもや後悔。

↓二枚を重ねてみました。
hituzi6
どうしても飛び出しますよね・・・。内布。

↓飛び出た分を切って微調整。
hituzi7
この時に型紙のカーブを無視してカットしてしまい、後に後悔。

↓グレーの手縫い糸は持っていないのでミシン糸でこのVの字のところを糸で留めておきました。
hituzi8
↓手縫いで付属の紙紐を縫い付けました。
hituzi9
ボンドでいざ固定!!
と思ったらがま口に合いませんでした! 
口金に入れようとしても入れようとしても、ハマらない。

↓ヒツジを解いて一からやり直し。
hituzi10
今度は、少し小慣れて、紙紐をジグザグミシンで付けてみました。
ところが、またもや、口金とカーブが合わずやり直し。
↓まさか、このセットになっている型紙が私に合わないのでは?
hituzi12

3度目は思い切って口金からカーブをトレースし、自分でがま口の型紙をおこしてみました。

また、ヒツジを外して、一からやり直し!!まさかの3度目!
わたし、がま口苦手だわ・・・。

がま口の幅よりも、ヒツジの幅が広くてちょっと縦長がま口になってしまいました。
縦長な上に左右非対称のがま口だけど、「あぁ、うちの子ヨダレすくなかったなー」と思いながら使いたいと思います。

パンダからボールチェーンだけ外して付け直してみました。 パンダの事も忘れないよ・・・。(笑)

いやー、説明書についているがま口のパターンでみなさん作れるんですかね?
口金のカーブより幅が広い型紙で口金に合う・・・の??

↓3回も作り直したわたしに。(笑)
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓600円もするんだ!!
 

↓いや1000円か? 

来月から2階3部屋のリフォームが始まることを受け、大掃除を2回やりました。2階部分【8帖、6帖、3帖】の中途半場な部屋を【4.5帖、4.5帖、7帖】にするというリフォームです。(1帖分廊下)お察しの通り、お年頃の子供たちに自分の部屋を持たせてやろうという親心。7年 ...

続きを読む
来月から2階3部屋のリフォームが始まることを受け、大掃除を2回やりました。

2階部分【8帖、6帖、3帖】の中途半場な部屋を【4.5帖、4.5帖、7帖】にするというリフォームです。(1帖分廊下)お察しの通り、お年頃の子供たちに自分の部屋を持たせてやろうという親心。

7年間、穴のあいた靴下を閉じ、肌着からパンツを作り、黒いTシャツからスパッツを作り、ロンパースをカットして肌着にするなど、ちまちま、ちまちまと、必死に貯めたお金、今、このタイミングで大放出します。

大掃除1回目。
となれば、まずは大工さんと設計士さんによる現場検証と採寸です。普段二階に人が入ることがないため、随所随所、油断しまくりの寝室と子供部屋、そして「開かずの間」を片付けます。

子供たちのために7年間縫ってきた様々な作品(子供たちのタンスからあふれている・・・)を、とりあえずゴミ袋に入れて。子供たちも頑張って付録やマンガを捨てます。

子供たちにはリフォームと言わず、「雨漏りのお直しに大工さんが来るから」と言ってあります。

大工さんと設計士さんに柱の位置や、窓の位置を確認してもらい、柱は動かさず、壁の位置のみを動かすということでお願いしました。お盆明け【4.5帖、4.5帖、7帖】の平面図が仕上がってきました。

不安と期待が入り混じるお見積り。私と旦那の想像を遥かに超え、手の届かない上空を飛んでいました。7年の貧乏ミシン部活動ではカバーできるはずのないその金額に半分諦めかけたのですが、子供たちの目がキラキラ。瞬きも多めです。(笑)

こんな時だけ「はしかい」長女。採寸の時の大人の会話から、これは単なる雨漏り修理ではなく間取りのリフォームだと気がついていたのです。

※「はしかい」・・・石川・富山の方言で、「賢い」意味。ニュアンス的には賢いよりも少しずる賢い感じなので、勉強ができる賢さではなく、サザエさんのカツオみたいな子を指す。(笑)

大掃除2回目。
そしてこの三連休、台風の心配もあったので出かけることはせず、2階の荷物を全て1階に下しました。丸1日かかって家族みんなヘトヘト。でも転勤も引っ越しもない私たちのような家族には持ち物の見直しも兼ねて必要な作業だとも思うのです。

そして三連休明け、粗大可燃ごみの日。旦那さんが不意打ちで、しばらく納屋にあったテレビ台を出したと。あぁあのテレビ台の取っ手、ベルメゾンで別売りのがついていたのになぁと思いつつ・・・。

まさか、採寸の時に「とりあえず」ゴミ袋に入れた過去の貧乏ミシン部作品どうした??と旦那さんを問いただしたところ、捨てた記憶もないまま無意識に処分していました!!!!!!旦那さんが!(怒)

全部です、全部!!
現在使っているもの以外のサイズアウトした子供服全部捨てられていました。
毎年恒例のイベントTシャツも!!


まさかとは思っていましたが、そのまさか。(笑)大きい袋がなかったからと言ってゴミ袋に入れたのが失敗でした。おもちゃのコーナーに脱ぎ捨ててあったラプンツェルのドレスカーテンのドレスはたまたま残っていました。

でもね、少し晴れやかな気分なんです。貧乏ミシン部作品は全てこのブログの記事にしてたくさんの方に読んでもらっているし、着古した作品をどれだけ大事に残しておいてもシミが浮き出てひどい状態になっていただろうし、何より、全部残しておけるような作品量じゃないですし。(爆)

たくさん縫って、たくさん使って、たくさん記事を読んでもらって。
その1枚でも子供たちの記憶に残っていればそれでいいのかなって思います。
そして何よりリフォーム後はすっきり暮らしたいし。

このリフォームを機に、貧乏ミシン部の考え方や方向性も変わるような気がしています。

↓とりあえず、笑うしかない私に。(笑)
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ


↓実行できるかは別にして全部読みました。






うちでは、子供たちは二段ベッド、旦那さんはシングルベッド、私はダブルベッドに寝ています。寝具選び、過去に痛い目にあったこともあり、(前編・後編)良いものを選びたいのですが、結局今回も安物に手を出してしまいました。(笑)↓セミダブルサイズで500円!!開い ...

続きを読む
うちでは、子供たちは二段ベッド、旦那さんはシングルベッド、私はダブルベッドに寝ています。寝具選び、過去に痛い目にあったこともあり、(前編後編)良いものを選びたいのですが、結局今回も安物に手を出してしまいました。(笑)

↓セミダブルサイズで500円!!
futonhaba1
開いてみたらペラペラ。しっかりパッキングされているので、生地を触ってみることができないのが残念です。以前使っていたカバーの方がまだ良かった・・・。以前使っていたカバーは現在、バイヤステープとなって余生を送っていますが、今回の掛布団カバーはバイヤステープにすら、なれそうにありません。そんなポリエステルパーセンテージの高い素材です。ガッカリ。

さて、ご注目いただきたいのは、サイズ!!
我が家にはセミダブルの布団なんてないのに、セミダブルサイズを選びました!!

シングル、ダブル、セミダブルの中で一番売れ残りがちなのがセミダブルなんです。つまり、ワゴンセールに一番多く残っているのがセミダブル!!先日、オープンしたばかりのショッピングモールに行ったら、セミダブルサイズの商品がひとつもありませんでした。一番商品が揃っているはずのオープニングで無いのならこの先もセミダブルの在庫を置いてもらえる可能性ゼロですよね・・・。(涙)そのぐらい売れないってことです!

そもそも、お布団カバーって、選ぶだけで大変ですよね。柄が気に入ったと思ったら、お揃いの「掛」と「敷」が揃わなかったり、揃ったと思ったらロングサイズじゃなかったり・・・。旦那さん用と、自分用の2セットを同じ柄で揃えようと思ったら、もう大変。

そこで!
柄がそこそこ気に入って「掛」と「敷」が揃っていたら幅を直したらいいんじゃないかという今回のご提案。

前回の記事「隙間を無くして覗かれないカーテン」では、幅よりも高さの合うものを買って直しましょうといいましたが、布団カバーの場合はその逆!高さが合っていて幅が大きいものを直しましょう!!幅のお直しなら、ファスナーを触らずに済みます!!

↓セミダブルサイズのシーツの上にシングルの羽毛掛布団を乗せてみました。
futonhaba2
直すべき幅が見えた!!!(ニヤリ)
今回は、この太い赤色のラインのところでカットしましょう!!
カバーの柄をチェックにしたのも大きなポイント!!

↓チェックなら、しるし要らずで、マチ針も打ちやすい!!
futonhaba3

↓太い赤色のラインのところを狙ってガーッとロックミシンをかけました。
futonhaba4

↓あとは地道に(と言っても3ヶ所)紐を移動させて縫い付けるだけ。
futonhaba5
紐の移動も、チェックならこの細いラインの位置ね・・・と、カバーの中心を測る必要無し!

↓完成したら、掛布団カバーが裏返ったままの状態で紐を結びます。
futonhaba6
掛布団カバーに手を突っ込んで、ファスナーから一番遠い2角を持ち上げてファスナーを閉じればカバー付け完了です。裏技の番組でも紹介されていますね。

↓今回のお直しは、約20分で完成。
futonhaba7
大きいものをお直しするのは、想像以上に大変で時間もかかりますが、チェック柄を選べば、はい!この通り。(笑)

お直し前提での買い物をしないように気を付けている私ですが、このお直しなら、タイムパフォーマンス的もアリかと思います。

↓いつも、たくさん押してくれてありがとう。よろしければ、今回も。(笑)
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓今年はハロウィンどうする??
  


↓昨年は小学生女子にフェイスシール人気だったなぁ。
 

私は自営業者です。上司も部下もいません。旦那さんとふたりでデスクを並べ、平日の朝9時から夕方6時まで仕事場にいます。誰からも怒られないことをいいことに、ブログも毎回、仕事場から更新しています。この7年間で、自宅から更新したことは後にも先にも1回だけ。イン ...

続きを読む
私は自営業者です。上司も部下もいません。旦那さんとふたりでデスクを並べ、平日の朝9時から夕方6時まで仕事場にいます。誰からも怒られないことをいいことに、ブログも毎回、仕事場から更新しています。この7年間で、自宅から更新したことは後にも先にも1回だけ。インフルエンザで更新できませんという一行のみです。(爆)こうやって、ブログが7年も続いているのは、平日の昼間にパソコンに向かうことができる環境のおかげかもしれませんね。

さて、私の仕事場は、シャッターも無く、自動ドアもなく、4枚のガラス戸が出入口になっています。閉店する時は4枚のガラス戸にカーテンをシャーっと引きます。

今日、仕事場のカーテンを洗いました。

↓なんと9年で初めて!!
magunetkaten1
私はいつもカーテンのフックをつけたまま洗濯機で回します。フックも汚れているから、という理由ですが、もちろん自己責任です。(笑)フックが内側になるように畳んで洗濯すれば、ほぼイケます!!(ほぼって??)

↓実はこのカーテンも貧乏ミシン部作品。当時貧乏ミシン部はまだスタートしていませんでしたので過去記事にはありませんが、私の手作りという意味で。
magunetkaten2
掃出し窓用(180センチ幅)のカーテンを2セット購入し、ちょうど良い幅にカット。このままだと4枚仕立てになるので、左右両開きになるように、2枚ずつ安全ピンで留めました。画像内の上の矢印が安全ピンで留めたところ、下の矢印が自分で三つ折りにして縫ったところです。

カーテンはオーダーするとすごいお値段になるので、トップバリュのカーテンで地味なブラウンを選びました。カーテンの場合、高さを直すより、幅を直す方が断然楽です!!ワゴンセールなどでサイズの揃わないカーテンが安くなっていたら、窓の幅よりも、高さが合っているものを選ぶことをお勧めします。

カーテンの丈って1センチでも誤差があると案外目立つんです!!(涙)
好きな布を買ってカーテンを縫うのも、貧乏ミシン部的にNG!!カーテンはドレープが命なので、布地屋さんで買った洋裁用の生地はペラペラに感じるし、何より洗濯した時のシワが大変!!かと言って、ファブリック向けの生地はMあたりの単価が高いので、逆に高くし。

既製品のカーテンで迷ったら、素材はお行儀のよいものを!!お行儀のよいカーテンとは、ドレープ(ヒダ)が綺麗にでているカーテンのことです。私も過去に、お行儀の悪い素材(ヒダのくせがつきにくい素材)の既製品を買ってしまい、みっともない窓になった経験が!(笑)開けたはずのカーテンが広がって、太陽の光も十分に入ってこないし・・・。ウォッシャブル、遮光、防カビなどの機能は多いにこしたことはありません!!ぜひぜひマークの多いものを!店頭に吊ってあるサンプル、よく見て触ってお行儀の良さを確認して下さいね。

あっ、カーテンについて熱く語ってしまいました。(笑)

話をこのトップバリュのカーテンに戻しますが、私はこのカーテンに大変、満足しています。カーテンは大満足だったんですが、自分で取り付けたホームセンターのカーテンレールが安物で、真ん中のランナー(フックをひっかけるところ)にマグネットがついてないんです。

それならば、マグネットのついたランナーを追加してやろうと思ったら、カーテンレールの端っこのフタが外れない・・・・。

丁寧にカーテンを閉めても、真ん中に隙間が・・・。カーテンを閉めてから自分がカーテンの隙間から外に出て鍵を閉めるので余計に隙間が開くんですよね。
数年前から旦那さんがカーテンの真ん中を「チップとデールのクリップ」で留めるようになりました。

でも、仕事場を出る私の腕には、自分の鞄、仕事の鞄(釣銭入りで重い!)、手には鍵。自分の視線より高い位置でクリップを留める余裕がどこにあるだろうか、いや、どこにもあるまい。とは言っても、夜間、無人になる仕事場のカーテンに隙間があるのは防犯上よろしくない。

いつかこの「チップとデールのクリップ」を留めずに済むようにしたい!!そればかり考えていました。

↓そこで、ランナーにマグネットが付けられぬのなら、カーテンにつけてやろうじゃないの!!と。
magunetkaten3
カーテンの端を少しほどいてマグネットを滑りこませます。

↓マグネットのまわりを手縫いでチクチク縫います。
magunetkaten4
マグネットの間隔はズバリ10センチ。マグネットが小さいので5ミリずれるとくっつきません!

↓二枚目。相方となる方のマグネットは、表裏に注意。
magunetkaten5
磁石にはS極とN極がありますからね!!!実際にくっつけて、確認です!

↓はい、完成しました!!
magunetkaten6
手縫いしたところがちょっと目立ちますが、カーテンを閉じる時は無人の時なので良しとしましょう!!

一般家庭ではなく、うちのように閉店時に閉じるカーテンを選ばれる場合は、もうひとつ大事なポイントがあります。あまり表裏の差がない素材を選ぶことです!!プリント生地なんて選んじゃうと、外から見たら思いっきり裏面ですからね。(笑)

そう、そう、カーテン屋さんでオーダーするなら、外から見た時にカーテンの表地が出るように表裏を逆にして仕立ててくれるそうですよ!

誰からも感謝されていないけど、私だけ満足、満足。だって何年も前から、マグネットを入れてやろう!!って思っていたんだから。(笑)

↓ねぇねぇ、ちょっと言いにくいんだけど、押してくれる?
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

↓時々折れるから買ってね。


↓ナニこれ!?知らなかった!使いやすそう!!

スーパーの食品売り場は恐ろしく寒いです。もう一枚羽織ってくればよかった・・・と後悔することが何度もありました。冷え性ではない私でも、こんなに寒いんだから、冷え性の方には地獄かと。↓真夏でも気持ちよく羽織れる何かを・・・と取り出したのは7年寝かせているリネン ...

続きを読む
スーパーの食品売り場は恐ろしく寒いです。もう一枚羽織ってくればよかった・・・と後悔することが何度もありました。冷え性ではない私でも、こんなに寒いんだから、冷え性の方には地獄かと。

↓真夏でも気持ちよく羽織れる何かを・・・と取り出したのは7年寝かせているリネンのニット。
terotero1
なんてことないベージュのリネンなのですが、まだ貧乏ミシン部をやっていなかったころ、市内の雑貨屋さんで買ってしまったものです。確か生地だけで4~5千円はしたと記憶しています。どうしてこんなに高い生地を買ってしまったのかは、未だに謎。

貧乏性なので、いつかミシンの腕が上がったら・・・との思いで保管し続けていましたが、変なものばっかり縫っているのでミシンの腕前は上がるはずもなく、老眼の気配も感じているので、ここらで重い腰を上げました。貧乏ミシン部と同じ期間、ちゃんと洋裁を学んでいればもっと今頃・・・。なーんて、学ぶ気ないけど。(笑)

↓老眼におびえる私が見つけたのがこちら。
terotero0
「すてきにハンドメイド2016 4月号」の「スクエアカーディガン」です。モデルさんが素敵だったことと、四角い布に袖を縫い付けるだけでできるという簡単そうな形だったので早速挑戦!!

↓勢いだけはよかったのですが、リネンのニットがトロトロすぎて、サイズを測っても、次の瞬間伸びているという扱いづらさ!!
terotero2
とりあえず穴あけパンチと漬物石の力を借りてなるべく布を動かさずに裁断!!置いたまま、自分が移動していろんな方向からはさみを入れます。

↓袖を裁ってはみましたが、伸びすぎて縫える気がしない!!!!
terotero3
ここはもう接着テープの力を借りるほかない!!(テープ寄付ありがとうございます。)ニット素材の接着テープを半幅にカットしてロックミシンをかける部分だけアイロンで接着しました。ロックミシンをかける部分だけと言っても、結局、ぐるっと丸々一周してますけど。(涙)

↓見頃はテキストのサイズ通りに長方形に裁って、指示通りの位置に袖をつけるための丸を描きます。
terotero4
ココも、と言うか、ココこそが一番伸びそうなので、丸く、丸く、カーブをつけながら接着テープをアイロンで接着します。

↓接着テープがついたところで、丸をくり抜きます。
terotero5

↓全体像はこんな感じ。
terotero6
見頃の長さを測っても、測っても、ロトロトしていて正しいかわからぬまま。布の目を見ながら接着テープをつけ、接着テープを信じて裁ち直す、これしかありません。(爆)

↓丁寧に丁寧に作業を重ねてきたのに、袖を縫ったら、360度回ってくる間に伸びちゃって、接着テープが足りなくなっているし。(笑)
terotero7

↓苦しい作業の連続で床に広げたらもうシワシワ。(笑)
terotero8
でも袖はなんとか付きました。

↓袖口は、ストッキングに入っている角丸の紙にラインを引いたガイドを使ってアイロンで三つ折りに。
terotero9
接着テープとロックミシンの組み合わせより、三つ折りで直線縫いの方が落ち着きあります!

↓何とか完成まで漕ぎつけました。
terotero10
ただの長方形なのに、着ると面白い形になりますね。ただ、残念なのは、背中の縫い合わせ部分の接着テープが目立つこと。(笑)そしてその縫い目が裾にいくにつれ、ゆがんでいることでしょうか・・・。

↓後ろから見ても気になる中心線。(涙)左にカーブしています。
terotero11
ミシンの腕前はイマイチですが、肌触りは最高!!!(ほんとに!)
少し涼しくなってきたので、スーパー以外でも着てみようと思います。

小6の長女が目ざとく見つけ、「かわいい!」と言うので着てみたら?とすすめたら、「着づらっ!!」のひとこと。

そうなんです、カーディガンの重さでさらに素材が伸び、低めについた肩(袖付け位置)が更に下がり、着づらさMAX!!
でも肌触りは最高!!!(←しつこい)

↓使いこなせなかった4000円のリネンニットにポチっとお願いします。
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 


↓すてきにハンドメイド2016 12月号はこんな表紙!

 


↓接着テープじゃなくてストレッチテープと言うらしいです。