Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2017年08月

過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。おすすめ記事第四弾は、夏休み恒例行事ホストファミリーのTシャツリメイクを集めてみました。こんなに続くならカテゴリを作ればよかったのですが、まさか10年もやることになると ...

続きを読む

osusume
過去の作品の中から季節に合った記事をピックアップし、思い出と一緒にご紹介するページです。

おすすめ記事第四弾は、夏休み恒例行事ホストファミリーのTシャツリメイクを集めてみました。こんなに続くならカテゴリを作ればよかったのですが、まさか10年もやることになるとは思ってもいなかったもので。(笑)


2016年08月24日
大人SサイズのTシャツを120サイズにリメイク
omoide1
昨年のTシャツは黄色!!餃子みたいなフレア袖を2枚重ねにした2016年らしいデザインにリメイクしました。ロゴマークは前身頃にどーん!!が当たり前だったのに、この年だけはワンポイントだったのでリメイクしやすかったです。8回全部の中で色・デザイン・ロゴのバランスで言うと一番気に入っている作品かもしれません。



2015年08月27日
イベントTシャツをフレンチスリーブにリメイク
omoide1
おととしのTシャツは初の黒色!!この黒色を逆手にとり「イベントTシャツをスパンコールでデコ」という技を使った唯一の作品です。フレンチスリーブにしたことで袖を別に作らずに済んだのが、本当に楽でした!!(笑)余った生地でシュシュを作ったのもこの年だけです。


2014年08月28日
Tシャツを135と110のワンピースにリメイク
omoide1
2014年は最後のワンピース!大人LLサイズからのリメイクは子供の135サイズが限界であることを身をもって体験。フレア袖+ワンピースはこの年だけの組み合わせです。黄色が眩しい!!


2013年08月28日
次女:大人LサイズのTシャツを110サイズにリメイク
長女:大人用Tシャツを130サイズのワンピースにリメイク
omoide1
2013年は眩しいブルー!!ワンピースとパフスリーブの組み合わせ。ゴムを入れてパフスリーブにするリメイクにハマっていました。パフスリーブって女の子の特権ですものね。


2012年09月03日
次女:大人LサイズのTシャツを100サイズのワンピにリメイク
長女:大人LサイズのTシャツを130サイズのワンピにリメイク
omoide1
2012年も眩しいブルー。ロゴデザインだけが異なります。パフスリーブではなく、肩山にギャザーを寄せることで、ほのかにリメイク感を漂わせています。長女のワンピースだけは襟を触らずゴムを入れてだらしなさを防ぐ技に出ています。当時の作業は丁寧で、肩のラインに伸び止めの接着テープを使っています。この年からスポーツTシャツのような速乾ポリエステル素材になりました。


2011年08月26日
次女:大人用Tシャツを95サイズのTシャツワンピにリメイク
長女:大人用Tシャツを120サイズのTシャツワンピにリメイク
omoide1
2011年は紺色。糸の色にも心配しなくていい時代でした。(笑)Tシャツをリメイクしたために裾のラインが地面と平行にならず左右が下がってしまうので、裾の10センチほどだけゴムを縫い付けシャーリングにすることでカバーしています。当時はまだ乾きの遅い綿素材でした。(涙)


2010年08月27日
Tシャツを80・110サイズ子供用ワンピースに
omoide1
2010年は初めてのリメイク。子供もまだ幼く、着せられるがままで私の独断でやっていたころ。通りすがりの人が、リメイクだと気づかないくらいスタンダードな形がいいと思っていました。ちゃんと型紙を作ってからリメイクをしていました。
貧乏性の私でもタダでもらったイベントTシャツなら思いっきりリメイクできること、また、リメイクしたことを気づかれないようにビクビク暮らしていた私が褒めてもらえることの喜びを知るきっかけとなった作品です。イラストで示したおまけの解説記事はこちら


2013年06月24日
Tシャツでオイルヒーターカバー
omoide1
ホストファミリー初回のTシャツは誰も袖を通さぬまま箪笥の肥やしに。最終的にはこのような形で活用しています。


↓この歴史にポチっと押してはどうかしら?
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 

10年前になんとなく始めたホストファミリー。今年で10周年、8回目となりました。お休みしたうちの1回は、受け入れ二日前に旦那さんのおばあちゃんが亡くなってドタキャン。本当の土壇場キャンセルでリメイクしたワンピースがお蔵入りしたことも・・・。今、ブログ内検 ...

続きを読む
10年前になんとなく始めたホストファミリー。今年で10周年、8回目となりました。お休みしたうちの1回は、受け入れ二日前に旦那さんのおばあちゃんが亡くなってドタキャン。本当の土壇場キャンセルでリメイクしたワンピースがお蔵入りしたことも・・・。今、ブログ内検索で調べてみたら2011年、6年前でした。(詳しくはこちら

そんなこんなで8回目のホストファミリー、9回目のリメイクとなるTシャツはこちら!!

↓鮮やかなブルーが眩しい!!
soderibon1
ちなみに今年のカラー展開は、ホストファミリーはブルー、留学生はオレンジ、学生ボランティアは紺でした。留学生はスタート直前までTシャツの色がオレンジだと知らなかったそうで、「Tシャツがオレンジだって最初に言ってくれたらピンクのスカートなんて持って来なかったのに!」と言っていました。

さて、過去に様々なリメイクをしてきました貧乏ミシン部ですが今年は次女のリクエストでこの形に決定!!
soderibon2
今年流行りのオープンショルダー。
(ショルダーカットとも言うそうです)
若いって素敵ね。(笑)

毎年掃除に追われつつ、ギリギリのところでTシャツをリメイクしていた私ですが今年はちょっと違います。なんと今年はアシスタント付き!!


はい。(笑)言わずと知れた長女と次女です。過去10年間、邪魔でしかなかった子供達がまさか相棒になる日が来るとは!!ドラえもんからタイムマシーンを奪い10年前の自分に伝えてやりたい気持ちです。

↓いつの間にやら型紙を作ることもなくなり、ジャストサイズのTシャツを上に乗せて裁断です。
soderibon3
今年はユニセックスのSサイズをオーダーしたのですが、もしオープンショルダーってわかっていたらLLサイズをオーダーしたのに!!!!!(涙)サイズが違ってもロゴプリントは同じサイズ。つまりサイズが大きいとリメイクの幅が広がるわけです。肩の切り替えは無かったことにして無理やり裁断続行です。

↓私たち地味家族の日常にはまず登場することのない鮮やかな色のリメイクには、これ!!
soderibon0
ダイソーのカラー糸。(長女所有・保管)
何度このカラー糸に助けられたことか。
糸を買いそろえるまでもないようなちょっとしたお直しにとても便利です。
旦那さんのオレンジ色のゼッケンの時にもお世話になりました。(貧乏ミシン部での掲載は無し)
「リメイクは 糸の質より、糸の色」
貧乏ミシン部のみなさま、ぜひ心のノートにお書留下さい。(笑)

↓おっと、早くもアシスタントが1名脱落してしまいました。次女→ふて寝。
soderibon4
おだてないと動かないアシスタントばかりで困ります。
今回はSサイズなのでジャストサイズとなる長女用は袖と肩のアレンジのみ。身幅をつめるのは次女用だけとなります。

おっと、言い忘れていましたが、留学生にミシン部屋を明け渡したため、和室の片隅で作業しております。

↓引き続き次女用。(130サイズ)
soderibon6
アシスタントにちょっとアドバイス。サイドから袖まで綺麗に縫えそうにない場合は、脇の下から裾に向かって縫ってから、また脇の下に戻り、Tシャツをひっくり返して今度は袖に向かって縫ってみましょう!

↓続きまして夏休みをいいことにネイル三昧の長女がジグザグミシンで裾を縫います。
soderibon5
今回のようなポリエステルの素材は、滑りやすいので、いっぱいマチ針を打っても、縫っているうちに折り代が2センチから1.5センチ、さらには1センチと狭くなって、次第にねじれてしまいがち。ここは舵を取る左手を大きく広げ、ミシンに身をゆだねないぞ!という気持ちで、自分がリード。コツを掴んでがんばれアシスタント!!(長女の失敗のおかげでいい文章が書けました)

↓次女用で切り落とした裾部分を利用して袖のリボンを作ります。
soderibon7
ジグザグミシンでほつれ止めをしようかと試みましたがNG。ポリエステルのニット素材、ジグザグミシンをかけるとひきつった感じになってしまいます。(肩で切り抜いたハギレで試してみました)

せっかく、ふて寝から生還したアシスタント(次女)が消えるチャコペンでライン、さらに1センチ外側をカットしてくれましたが、ジグザグは断念。今回は思い切って切りっぱなしで行くことにしましょう!1枚目となる次女用Tシャツはリボンを結んでから縫い付けました。

↓平行作業で長女用Tシャツ。こちらはリボンを広げた状態で縫い付けてみましょうか。
soderibon8
ポイントは綺麗な結び目になるように、あらかじめ両端を内側に向かって折って縫い付けたところ。

↓結んでみると、こんな感じ。
soderibon9
やわらかい素材の場合は縫い付けてから結ぶこの方法がおすすめかな。

↓その他のパーツもアシスタントのために簡単バージョンに。
soderibon10
裾は、三つ折りではなく二つ折りでジグザグ。
肩のカットも二つ折りで直線ミシン。(肩の穴は引っ張られない部分なのでジグザグにする必要なしと判断)
裾は溶けないよう温度に注意し、アイロンをすると完成度UPします。(←仕上がりが全然違う!全然違う!)

↓ということで、子供たちとの初コラボ(?)となったリメイクが完成しました!
soderibon11
今年は襟ぐりを触っていないので2枚2時間。

↓待ちに待った留学生を迎えに行く朝。
soderibon12

↓ちょっと分かりづらいので後ろも。
soderibon13
半袖の日焼けで、肩だけ白い長女。(恥)

今年は、肩が開いているので、ハンドメイドだと気が付いてくれる方が多かったです。声を掛けていただくたびに、長女の頑張りをさりげなくアピール。(笑)「いえ私ではなく、娘が・・・」みたいな。子供たちもかなり気に入ってくれていたのか、3日間毎日洗って毎日着用。二つ折りでも毎日の洗濯に問題なし!!

おかげさまで今年も楽しい時間を過ごすことができました。
観光地やワークショップで私たちを見かけた方がいらっしゃいましたらぜひコメント下さいね。
お待ちしていま~す。

↓  アジアの留学生に人気だったのは意外にも「なめ茸」!(爆)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ         

↓今年らしさ全開!オープンショルダー!


↓何に興味があるか聞かれたのでコレと答えました。(笑)

そしたら留学生たちもやりたいって。だよね~。

「人生初!ダブルがま口の持ち手つきポーチ」が完成して2年。どんなものを入れたらいいかと悩みながら、なかなか使うチャンスが無くてミシン部屋に飾ったままになっていました。↓キットだったので文句なしの完成度。夏休みに入り、スマホだけを持って猛ダッシュする機会が ...

続きを読む
人生初!ダブルがま口の持ち手つきポーチ」が完成して2年。
どんなものを入れたらいいかと悩みながら、なかなか使うチャンスが無くてミシン部屋に飾ったままになっていました。

↓キットだったので文句なしの完成度。
katapad1
夏休みに入り、スマホだけを持って猛ダッシュする機会が増え、(ラジオ体操の当番)このがま口が肩掛けだったらいいなぁと思うようになりました。

↓最近寄付でいただいたものの中にこんな肩紐が!
katapad2
子供の水筒カバーの肩紐にしようと思ったけど、細すぎたので使えず。スマホなら水筒よりも軽いからこの細い肩紐でもイケるかも・・・と。

そういえばこの間「6年生の家庭科 ナップサック」で素敵なものを見つけたのでした!
その名も「らくらく肩パッド」!

↓早速本革のハギレで作ってみることに。まずは型紙を作って同じものを2枚切り抜きます。
katapad3
今回は薄い革だったのでハサミを使わずカッターだけで綺麗に切れました。

↓紐がギリギリ通るほどの穴も開けて。
katapad4

↓その2枚をクリアボンドで貼ります。
katapad5

↓らくらく肩パッドを肩紐に通して更にがま口もつけてみました。
katapad7
ガマ口、肩紐、らくらく肩パッドの色がバッチリ合っていますね。

↓自分の肩に当たる位置にらくらく肩パッドを調整して。
katapad6
ここだ!と思ったら両面テープで固定します。
あなどるなかれ、両面テープ、かなりいい仕事するんですよ!

↓びよ~ん。伸ばしてみるとこんな感じ。
katapad8
ラジオ体操で両肩をぐるぐる回せるし、ジャンプしてもスマホを落とさずに済みそう!!

聞けば昔は8月31日までラジオ体操があったけど、(日曜日まであったんだとか!!)今は少なくなりました。まぁ子供会の役員としたらその方がありがたいけど・・・。寝坊せずにラジオを持っていくプレッシャーと言ったら・・・。(涙)

↓  今、集計中の私にポチっとね!!よっ、子供会会長!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ           

↓中村先生、結構好きです。

先日、久しぶりに実家の母に会ったところ、母の肩の上に安全ピンが乗っていました。しかも両肩。その理由を詳しく聞いてみたところ、前から腕を上げると、袖がパツっとなってイライラするので安全ピンで袖丈を調整しているとのこと。↓袖だけ伸縮しないレース素材!母は比較 ...

続きを読む
先日、久しぶりに実家の母に会ったところ、母の肩の上に安全ピンが乗っていました。しかも両肩。その理由を詳しく聞いてみたところ、前から腕を上げると、袖がパツっとなってイライラするので安全ピンで袖丈を調整しているとのこと。

↓袖だけ伸縮しないレース素材!
patu1
母は比較的、人の多いエリアに暮らしているし、地元に根付いた暮らしをしているので知人も多いはず。本人は気にしていないみたいけど、見ている私の方が無性に気になるので、このブラウスを持ち帰って直すことにしました。

母、私、長女は試着無しで洋服を買うことはまず無いと言っていいほど、事前チェックに余念のないタイプ。パンツの試着の際には、試着室で屈伸をしてみるという厳しい母でも、買った後から気が付く短所って出てくるものですね。

↓さて自宅に戻り早速お直しです。
patu2
脇の下部分はほどかず、肩の上だけをほどいて袖丈を4.5センチ短くしたい。

袖は伸縮しない素材、見頃は少しだけ伸縮する素材。
patu3
肩の上から4.5センチ下がった位置に印をつけ、マチ針で留めてから、弧を描くようなイメージでしつけします。白い矢印の間で4.5センチです。

↓失敗を恐れ、余った袖を切り落とさないまま、ミシンで本縫い。
patu4

↓見頃側に無理がかかったのか少々波打っていますが、タックみたいな重なりを作ることなく縫うことができました。
patu5

↓両袖とも縫ったところで、袖の長さが同じになっているかを、重ねて確認。
patu6

↓同じ長さだったので、このタイミングで余った袖を切り落とします。うーん、慎重派!(笑)
patu7
わずか数十センチ縫うためにロックミシンの糸を替えるのが面倒だったので、家庭用ミシンのジグザグミシンでほつれ止め。

↓完成です。
patu8
お直ししたブラウスを渡したところ、後日連絡があり、もっと短くてもよかったのにとの事。まだちょっと袖が二の腕に引っかかるそう。

私は指定された通りの袖丈に詰めました。


すると母は、まぁいいわ、安全ピンで留めるからって。
お願いだから安全ピンは止めて!

いつもみたいに大満足な結果にはならなかったけど、「袖パツ問題」は世界中で起こっているので、ヒントになればと記事にしました。私は二の腕を隠したい派なので、0.5センチでも袖を残そうと必死でしたか、母はノースリーブを着られる派なので腕の上げやすさを求めたみたいです。

袖丈を直す時は、「二の腕を隠したい派」か「ノースリーブを着られる派」かを見極めて、袖丈を決定してくださいね。やり直すって何においても面倒ですから。(涙)

結局、袖を1回折り返すことで決着がつきました。(笑)

↓  丸い鉛筆にはセロハンテープでゼムクリップを貼り付けてありました。転がるからって。(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ           

↓私たち親子が必死で塗っているのはコレ!!

美容皮膚科の先生のおススメ。

毎シーズン、自宅の洗濯機で羽毛布団を洗っています。自宅で水洗いするようになったきっかけは猫のおしっこ!!まだ1年ほどしか使っていなかった羽毛布団に、なると(オス)がおしっこをしたんです。猫って羽毛布団におしっこをする習性があるって本当ですか?まだ新しい、 ...

続きを読む
毎シーズン、自宅の洗濯機で羽毛布団を洗っています。自宅で水洗いするようになったきっかけは猫のおしっこ!!まだ1年ほどしか使っていなかった羽毛布団に、なると(オス)がおしっこをしたんです。猫って羽毛布団におしっこをする習性があるって本当ですか?

まだ新しい、けど、おしっこくさい羽毛布団。捨てるに捨てられず、ネットで検索したところ「動物のおしっこがついた布団はクリーニング店に断られる!」という記事を見て、目の前が真っ暗になりました。悩んだ挙句、ダメ元で水洗いしたのがきっかけです。

今年も、夏用のタオルケットに交換し、しばらく和室に置いてから、カンカン照りな日を狙って洗濯機にIN!丸一日、干してガッツポーズ。すると、旦那さんが

「羽毛布団から羽毛が飛び出しているぞ!」と。

↓よーく見て下さい。白い矢印の先が見えますか?
umouana1

↓爪の跡が3本・・・。絶対、なるとだわ!
umouana2
和室に羽毛布団を置いていた時にやられたようです。(怒)

羽毛って針が通るぐらいの穴からでも出てきませんか?ダウンジャケットなんて穴なんて無いのに羽毛が出てくる。(怒)

羽毛布団もすごーく目の詰まった生地が使われています。こんな生地に、針でチクチクしても絶対ダメだわ。

↓そこで登場したのが「水着用ゼッケン」!!!!(笑)
umouana3
うちの小学校は水着にゼッケンをつけないので、水着を買い替える度に溜まっちゃって。(笑)
水着用ゼッケンの詳細はこちらをご覧ください。
水着用伸び~るゼッケンに関する世界的大発見

↓下準備として、羽毛布団を持ち上げてパタパタと振り、中の羽毛を傷口から遠ざけます。
umouana4
そして少し大きめにカットした補修布(正しくはゼッケン・・・)にアイロン。

↓はい、完成です。これで羽毛布団の羽毛が出てこなくなりました。
umouana5
もちろん、水洗いもOK。
洗濯の合間に直せるほどお手軽な方法なのでぜひお試し下さい。やってみたい!!と思っても、羽毛布団が破れるなんてことは、そう頻繁に起こる事でもないので、何年でも、何十年でも、気長にコメントお待ちしています。


↓  ランキングが上がると嬉しいなぁ。(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ          

↓実はこんなちゃんとした商品もあるんです!!羽毛ふとん補修シート!


↓カラーバリエーションも豊富 。


↓何種類も買っていられないので、うちが買い置きするならこれ。