Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2016年11月

今年も小学校のバザーに行ってきました。バザーというのは、住民の方からご寄付いただいた不用品に「お店で買うより安いかな」ぐらいのお値段をつけて販売し、後半になると半額となり、終了時間が迫るとさらに半額、最終的には無料になるという素敵なイベントです。 バザー ...

続きを読む

今年も小学校のバザーに行ってきました。バザーというのは、住民の方からご寄付いただいた不用品に「お店で買うより安いかな」ぐらいのお値段をつけて販売し、後半になると半額となり、終了時間が迫るとさらに半額、最終的には無料になるという素敵なイベントです。

 

バザーの収益金は数百万円!!学校との話し合いで、足りないものを買い足したり、備品の補修にあてられます。私も毎年楽しみにしているイベントです。私の過去の戦利品は、貧乏ミシン部のブログ内検索でご確認いただけますのでぜひ検索してみてくださいね。


今年のバザーでは、いつかやってみたいと思っていた「こぎん刺し」のキットを手に入れました!

針もついて300円!!

気になりながらも月々の支払いがネックで、手を出せなかったクチュリエのキットです。世の中には、通販に申し込んだ時の熱い思いを継続できる人ばかりではないだろう・・・と本屋でクチュリエの本を見かけるたびに思っていましたが、やはり私が住む地域にも、いらっしゃいました!(笑)熱い思いが冷めてしまわれた方が!(爆)

 

今年の戦利品は諸事情で、こちらの3点のみですが、寒さで動くのが億劫になる今からの季節にぴったりのキットをGETできて大満足です。

 

今回のキットは「井戸枠つなぎ」。「井」の文字を回転させた模様で4枚つないで組み合わせ図案です。こぎん刺しとは、江戸時代津軽地方の農民の女性が保温と補強のために布に木綿糸で刺し子をしたのが始まり。ひと針、ひと針、刺された素朴な美しい幾何学模様が特徴。

 

そんなキット内容は・・・。

・しっかりとしたネリンの生地13×16センチ(レーヨン70%、リネン30%)

・刺しゅう糸(1M7本)

・フレーム(木製、棒付き)

・説明書1枚

・図案1枚

 

開封時の様子を撮影し忘れましたので、キット2つ目の時に画像をUPしますね。

 

↓いきなりですが、完成しました。

 

夜中の12時ぐらいにスタートして完成したのが朝だったので製作時間は6時間前後だと思われます。説明書には、ほつれ止めとしてまわりをかがるようにとありましたが大丈夫かなぁと思いつつ刺しはしめ、気がついた頃にはほぼ終わっていました。

 

比較的硬めのリネンに刺すので、クロスステッチに近い要領。本当のこぎん刺しは日本手ぬぐいなどに刺し、並縫いがメキメキ上達しそうなイメージですが、このキットで並縫いの上達は見込めません。(笑)

 

目の粗いリネンのおかげで、刺しゅう枠が無くても刺せますし、縫い目の大きさがキッチリ揃うので仕上がりも綺麗だと思います。

 

↓裏側はこんな感じ。

糸の処理もクロスステッチと同様、玉結びはせず、2~5目ほど裏からかがって(?)チョキンです。画像の白い矢印は、刺し漏れで1か所だけ無理な戻りをしてしまって部分。その他は最短距離、で縫い進めました。こぎん刺しは棒針の編み物のように、右から左、左から右へと刺し進むことができるので、刺している間中、失敗しているかも・・・と思ってしまうクロスステッチより不安が少ないです。もし、失敗してしまっても、すぐに間違いに気付けるところがいいですね。

 

↓完成してみてあらビックリ!刺しゅう糸がこんなにも余っています。

7本入っていて(さすがキット!使いやすい長さにカットされていて親切!)1本半しか使いませんでした??足りないよりいいですか。(笑)いいですね。(笑)

 

↓額装は、フレームの板を完成したこぎん刺しの後ろからあてて角を折りたたんで縫います。

ズレると縫いにくいので、フレームにはめ込んだ状態で角を縫っています。(勝手に)この方が、いくらかやりやすいのでおすすめです。

 

↓四つ角を縫うように説明書にありましたが、ここも縫った方が・・・と調子に乗ったら。

ほつれ止めをしていなかったので生地に負担がかかりこんな状態に。やっぱり手抜きはいけませんね。

 

↓なるべくリネンが浮かないように、角を縫って完成です。


↓完成品がこちら!

製作時間6時間ぐらいのキットって、達成感としてもちょうどいいかもしれませんね。材料をイチから揃えると、どうしても余りが出てしまうので、多少割高でも、キットで手芸を楽しむのは精神衛生上大変よろしいかと思います。(自分は、バザーで買っておいてなんですが)

 

↓最後に、図書館で見つけた本です。

「嫁入り道具の花ふきん」具体的な刺し方や、図案などは載っていませんが、刺し子に対する思いの深さが心にしみます。暮らしの中の手仕事を、自分の人生の中でどうとらえてゆくか、いろいろと学ぶことが多いです。控えめな津軽の女性にも、共感が持てます。迷ってばかりの私の背中をそっと押してくれるような1冊です。

 

↓夕食→血糖値上昇→うたた寝→夜更かし→こぎん刺しという公式にあてはまる私にポチっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓今日ご紹介した本はこちら!

 

↓こんな糸も使ってみたい!

 

↓がま口がたまらなくかわいい・・・。

編み物の季節ですね。私は編み物があまり得意ではないので、もう編み針を持つことも、かぎ針を持つこともないと思っていたのですが・・・。 ↓ミシン部屋を掃除していたら、出ました!出ました!大放出です!(笑)からみにからんだ100円ショップのアクリル毛糸たち!! ...

続きを読む

編み物の季節ですね。私は編み物があまり得意ではないので、もう編み針を持つことも、かぎ針を持つこともないと思っていたのですが・・・。

 

↓ミシン部屋を掃除していたら、出ました!出ました!大放出です!(笑)

からみにからんだ100円ショップのアクリル毛糸たち!!まだ、玉になっているのは、子供がお小遣いで買ったアクリル毛糸。

インスタントラーメンみたいになっているのは、「リハビリのための作品ほどき」で大おばあちゃんの作品をほどいた毛糸です。大おばあちゃんの作品は貧乏ミシン部の歴史に残る記事なので、最近読者になった方にもぜひとも読んでいただきたい!と鼻の穴を広げてキーボードを打っています。

 

↓中でも目立つのは、この指編み蛇マフラー!(命名:deteko)

長女が学校で習ってきて、それを次女に教え、とにかく編みまくった「指編み蛇マフラー」です。編み針もかぎ針も途中で投げ出してしまう子供たちにとって、唯一自力で完成させられる作品とも言えるでしょう。でも全然あったかくない。(爆)

 

久々に登場した毛糸が気になってしょうがない次女と、ねこナルトを横目に、明るい窓際に座り込んでひたすらからまりをほどきます。指編み蛇マフラーは、ぴゃーっとほどくだけだから一瞬でしょ?って思うでしょ?いやいや、長女か次女、どちらかの編み順が間違っているのでしょうねぇ。5目ごとに引っかかるのです。インスタントラーメンをほどくよりも大変な作業でした。

 

とにかくこれをほどいて、使える状態にしなければ!布だろうが、毛糸だろうが貧乏ミシン部スピリッツで生きてきた私が、このままポイっと捨てられるはずがないっ!

 

↓ほどいてほどいて丸めて丸めて。
この状態にするために3時間かかりました。(涙)

ほどきながら、考えました。この無駄に派手な原色ばかりの毛糸をどうすれば、暮らしに生かし、使い切ることができるのか?

やっぱり「エコたわし」?私はメラミンスポンジ派なので、エコたわし愛用者ではないのですが、編んでみますか!

 

真っ先に思いついたのは富士山。

ネット検索してヤマモト手芸店さんにたどり着きました。ご住所を見たら静岡県だったので、ちょっとほっこり。(笑)富士山を見ながら暮らせるなんて本当にうらやましい!

 

↓ヤマモト手芸店さんの編み図通りに編んだのは最初の1個目だけ。

もっと富士山の形をシャープにしたい・・・。

目をもっと減らせば???と手探りで編み続けます。

くびれてからまた太ってしまった2個目。

減らし目を適当にし続けたいびつな3個目。

そして、そこそこ思い通りにできたのが4個目。

いや、もっとキューっと、キューっとさせたい。

でも指が4本入らないエコたわしも使いにくいし・・・ということでこの辺で。

 

キッチン、洗面所、トイレの手洗い場、仕事場、で、「日本一ピカピカにするぞ!」の気持ちでこの富士山エコたわしを使ってみたいと思います。メラミンスポンジを買うのはしばらくお休みです。

 

↓最後に残ったこれは・・・。(汗)

子供たちがボンボンを作ろうとした残骸。

これは捨ててもいい?ですかね?(涙)

 

 

とりあえず青と白は富士山で使い切れそう。残りの色は、少し悩ませていただきます。

 

↓必死で毛糸を丸めいているそばから次女が毛糸で遊び初めてイラっとした私にポチっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓エコたわしってこのぐらい気楽なものでいいのかぁ・・・。

 

↓今、思い立って図書館に予約しました!

7年振りに同級生に会いました。貧乏ミシン部は6年目。料理上手な同級生は貧乏ミシン部の存在を知りません。そこで、スマホ片手に、説明を交えながら貧乏ミシン部のプレゼン開始!礼服に数珠ポケットをつけたあたりで、あまりの馬鹿馬鹿しさ二人で大笑い。暮らしに向き合う姿 ...

続きを読む

7年振りに同級生に会いました。貧乏ミシン部は6年目。料理上手な同級生は貧乏ミシン部の存在を知りません。


そこで、スマホ片手に、説明を交えながら貧乏ミシン部のプレゼン開始!

礼服に数珠ポケットをつけたあたりで、あまりの馬鹿馬鹿しさ二人で大笑い。暮らしに向き合う姿勢や考え方が似ていると、ミシンをしない同級生でも楽しんでもらえるのだと分かり何だか嬉しく思いました。


毎回アクセスしてくださる読者の方と、いつの日かお会いする日が来ても、話題に困らないほど話が盛り上がっちゃうんじゃないかなぁってひとり妄想しちゃったりなんかして。(笑)

 

さて、前回私の悲しい経験談をお話ししたところ、「補修針で直るかもしれません」とのコメントをいただきました。へぇ、そんな便利なものがあるのかぁと思ったら、すでに持っていました。(笑)手芸屋で見つけた補修針を買ったはいいけど、うまく使いこなせず、いつの間にやらお蔵入りに。

 

でも、せっかくなので、もう一度補修針にチャレンジしてみたいと思います。

 

↓右がクロバーの補修針。左がダイソーのレース用かぎ針です。

実は私、セーターのひっかけにはレース用かぎ針の方が使えるんじゃないかと思っているのです。二通りの方法で実際にセーターの引っかかった部分をお直ししてみたいと思います。

 

↓さてこちらが旦那さんの仕事用セーター。シワシワですが。

矢印のところにまぁまぁ大きい引っかけがあります。

 

↓まずは補修針でチャレンジ。糸が出ている根本から針を出します。


針のギザギザの部分に絡んで、引っかけた毛糸が針と一緒に裏側に移動するはずなのに、セーターの目が大きいのか、補修針になかなか毛糸がからみません。

がんばること数回。表から裏へ!表から裏へ!

 

何度やっても毛糸が裏側に移動しないので、使い方が間違っているのかと思い、ネット検索したところ、出てきたのは自分のブログ・・・。(笑)

YouTubeで外国の動画を見てみたら、補修針の使い方は、やっぱりこれで正しいようでした。

動画ではもっと目が詰まったポリエステルのブラウスなどを直していたので補修針の実力を発揮できるのは目の細かい素材かもしれません。動画の中では、1~2回針を通すだけでささっと直せていましたから。(涙)

 

↓何とか引っかけた部分を裏側に移動できました。表はこんな感じです。

まぁなんとなく解決しているように見えます。

↓裏側には、引っかけた分がそのまま残ります。

 補修針の仕事はこれにて終了。お直しはこれで完成となります。

いいえ、もっと頑張りたい!!もっと完成度の高いお直しを!!という方は私オススメのかぎ針で?!

↓お次のターゲットは、背中!

 こりゃー、引っかけた毛糸が長いわ!!

この先は、コツも何もありません。ただひたすら毛糸を送ってゆくだけ。

あえて言うなら、上司(上の段) や部下(下の段)になんとかしてもらおうなんて思わず、ひたすら隣の友人(同じ列の目)に借金(引っかけた毛糸)を肩代わりしてもらうのがコツ。(爆)

しかも右隣の友人と左隣の友人には、半々に借金の肩代わりをしてもらうのがベスト!

なんだか、私、上手いこと言っちゃったなぁ。


↓地道に頑張ってここまで毛糸が短くなりました。

(親指の逆剥けはスルーでお願いいたします) 

↓迷いどころは表のメリアス編みを見ながら直すか?それとも、裏側のガーター編みを見ながら直すか?です。

 結論:気分で。(笑)

くじけそうになったら気分転換にチェンジして下さい。

↓最後まど毛糸のたるみは直したけど、表はこの程度の仕上がり。

 ↓裏には、毛羽立った毛糸が盛り上がっています。(涙)

今回、不幸中の幸いだったのは毛糸が割れていなかった事です。1本の毛糸丸ごと 引っかけたのなら比較的直しやすいけど、毛糸の半分だけ、つまり繊維を引っかけていたら本当に厄介。


↓さぁ、セーターの背中の引っかけた所がどこか分かりますか?

 

↓答えは、ここ!

ブログ用に 画素数を400pixelに下げているので拡大しても分かりづらいかと思いますが、根性で直せば他人からは見破られない程度に戻ることがわかりました。


↓この作業は明るい窓際か、デスクライトの下がオススメです。老眼間近の私に、ポチ!ポチ!ポチ〜!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓今回使用したのはこちら!クロバーの補修針です。

↓他のメーカーからも出ています。

ずーっと赤い肩掛けバッグが欲しいと思っていました。何年も前から、なんとなく、なんとなくですが探していて、ある日不思議なご縁で、革小物の作家さんにオーダーすることになりました。小さいバッグなので、お値段もお手頃。お小遣いの範囲内で買えました。1ヶ月ほど待っ ...

続きを読む

ずーっと赤い肩掛けバッグが欲しいと思っていました。何年も前から、なんとなく、なんとなくですが探していて、ある日不思議なご縁で、革小物の作家さんにオーダーすることになりました。小さいバッグなので、お値段もお手頃。お小遣いの範囲内で買えました。

1ヶ月ほど待って知らせの電話を受け、取りに行きました。うれしくて、その日から使い始め、、、

 

↓半日ほど使ったところ・・・・。

着ていたニットのカーディガンが!!!

手で触った時は何ともなかったんです。でも、ほんとのころ、バッグが動くたび肩に違和感は感じていたのです。

 

↓肩掛けベルトをよーく見ると縫い糸(?)の切り替え位置がちょうど、肩に当たるところに来ているのです。

そこを触ってみると、ボンドで固めた部分が指に引っかかる。(涙)この切り替えがベルトの端のほうなら良かったのにね。真ん中、本当に測ったように真ん中なんだもん。

 

大企業には強気の私も、個人の作家さんには言いづらい。たまたま私のニットが引っかかっただけ。いつもは、いままでは、この処理の仕方で大丈夫だったのでしょう。

 

↓それなら、その引っかかりごと、ボンドで固めちゃえばいいんじゃない??(笑)

ダイソーの瞬間接着剤登場!!

 

↓浅はかな革素人の考えでした。結果は失敗。

赤い革が黒く濡れたようにしみ込んでしまいました。(涙)

あぁなんてこった。

半日しか使っていないのに。

 

同じ赤い革の「ハガワ?」があれば、ベルト通しのようなカバーが作れるのに。革だけ下さいって言おうか?いやいや、それが言えるなら最初から作家さんにお直しを頼んでいますよね

 

↓悩んだあげく、手持ちの赤い太めの糸でぐるぐる。綺麗にグルグル。ひとりでグルグル。

糸をぐるぐるしてもボンドの引っかかりの位置がまだ見えますね。かなり出ていたってことですかね?

 

↓ぐるぐるした糸は、厚みの部分を通って一方に2本並べて出し、固結びをして、下にくぐらせました。

いかがでしょうか?なかなか綺麗に仕上がりました。糸を巻いた事で見た目の素敵さは低下しましたが、洋服をひっかけることは無くなったと思います。

 

買う前に確認して、確認して、鏡の前で何度もチェックして買っても、実際に使ってみなければわからないことってあるんですね。勉強になりました。やっぱり買い物は勉強です。ちなみに私、洋服を傷ませる肩掛けベルトに出会ったのはこれで2回目。前回は百貨店で購入した洋服のブランドが出していたバッグでした。その時はまだ若かったので何も言えず、泣き寝入り。

 

みなさん!肩掛けのバッグを買うとき、この記事を思い出して下さい。ベルトに、あなたの洋服を傷めるでっぱりはありませんか?くれぐれもお気を付けくださいませ。

 

実はバッグよりカーディガンの方が高かった・・・。

↓慰めのポチっお願いします。(涙)(涙)(涙)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓そろそろお歳暮決めなくちゃ・・・。

新婚当初、旦那さんは179センチ123キロでした。(爆)5年前にマラソンに目覚め、今は80キロ台をキープしています。ここまで痩せるともう別人。痩せタイプには入らないけど、高校生の頃とほぼ同じ体重なので、今ぐらいがベスト体重なのかも。(自分のことは棚に上げ ...

続きを読む

新婚当初、旦那さんは179センチ123キロでした。(爆)5年前にマラソンに目覚め、今は80キロ台をキープしています。ここまで痩せるともう別人。痩せタイプには入らないけど、高校生の頃とほぼ同じ体重なので、今ぐらいがベスト体重なのかも。(自分のことは棚に上げて上から目線…)

 

そんなランナーズハイの旦那さんは10月23日の第二回金沢マラソンで自己ベストを更新。さらに、10月30日の第一回水戸マラソンでさらにタイムを短縮。今回は家族の応援無し!!JRを乗り継いでのひとり旅です。


↓こちらが第一回水戸マラソンの完走メダル。

夫婦で笑ったしまったのが、このネットの書き込み。(笑)

「印籠と梅なんて直球勝負の完走メダル、とっても素敵です。いきなりこんなデザインにしたら、来年はどうするんだろうとすでに心配しています。」確かに。(笑)

 

無事に帰宅した旦那さんの洗濯物を干していたら…。

↓漫画みたいな穴が!

まさか初!茨城県で恥をさらしてきたのでは?と聞いてみたら、パジャマ替わりにしていたから大丈夫、とのこと。

 

実はこのadidasのハーフパンツ、数年前にゴムが伸び、旦那さんに処分してと言われていました。もったいないので、勝手に太いゴムを外し、ゴムを入れ替えられるようにお直し。こっそりクローゼットに戻しておいたものです。

糸が矢印のところだけ切れて浮いた感じになっているけど、一軍入りしたとみなしてよいでしょう。茨城県に連れて行ってもらえたのだもの(笑)紺色の糸が2本もadidasのオレンジのラインを横断しているのは手仕事のご愛嬌。

 

↓何度もやっていますが、ウエストのお直しはこちら。ちなみにこのパンツは転んで破れました。ジョギングしながらお花見をしていて石につまずいたんです。(涙)7年は穿いたなぁ。

 

↓お尻の穴、糸が切れただけなら簡単、ミシンで縫うだけ。

途中で切れている白い紐のようなものは補強のための細い接着芯(?)だと思います。ジャージって買うと高いけど、メーカー側もいろいろ気を使ってくれているんですねぇ。

 

↓はい、完成です!まだまだ穿いてもらます!

 

↓続きまして、ふたつ目。こちらもハーフパンツです。

見たところ、股ズレによる摩擦で太ももの内側の糸が切れたようです。

 

↓でも、よーく見てみると?

あちゃ~直そうにも生地の方も摩擦で切れそうになっていますね。

このまま縫っても先は短い・・・。

 

↓そこで名案!!

縫い目のちょっと内側をINで攻めます。(爆)生地が傷んでいない内側の部分をミシンで縫えば?

 

↓はい!この通り!

絶対無理だと思ったのに、どうやって直したの?えぇぇ?どうやって?と喜ぶ旦那さんにひとこと。

 

「あとで貧乏ミシン部読みな!」

短時間の手仕事で家族に喜んでもらうことができました。

 

↓メダルをリビングに飾ってうまい酒を呑む旦那さんにぽちっとね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓これ使うおうかと思ったけど、ハーフパンツが薄すぎてアイロンできませんでした。

 

↓靴下の方は絶賛愛用中。

 

↓旦那さんの必須アイテム!ガーミン!パソコンに繋げて走った道のりを地図に残します!