Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2016年10月

2016年10月23日は第二回金沢マラソン(外部リンク)の日です。マラソンを趣味としているうちの旦那さん。数日前から炭水化物を減らして体重を落とし、逆に大会直前は炭水化物を増やすことでパワーをチャージ。さらに長距離練習を行うなど、この日のために調整を重ね ...

続きを読む

2016年10月23日は第二回金沢マラソン(外部リンク)の日です。マラソンを趣味としているうちの旦那さん。数日前から炭水化物を減らして体重を落とし、逆に大会直前は炭水化物を増やすことでパワーをチャージ。さらに長距離練習を行うなど、この日のために調整を重ねてきました。

 

私はというと、「まぁ日曜が1日つぶれるかな」ぐらいの感じで、応援する人は楽なものです。(笑)大会前日は、100%就寝時間が早い旦那さんをあてにして、呑みに行っちゃう私。普段は全く呑まないけど、実は弱くはないのです。(笑)

 

友人と、「お金を出してまでマラソン大会なんて出たくないよねぇ」なんて走らない言い訳をしつつ、カウンターに座り大好きな加賀梅酒をのんでいたら、急に思いつきました!!

 

寄付でいただいたフエルトで、応援グッズを作ったらどうかしら!

 

伝説の「マラソンランナーお着替えポンチョ」から3年。(笑)家族の応援の熱が少し冷め始めていることを旦那さんに悟られてはなりません。嘘でもいいから(?)、「家族みんなで応援しているよ」の姿勢を見せつけなければ・・・。

 

翌朝!7時に起きたら旦那さんはもういませんでした。早っ!私たち応援隊(私と他二名)も交通規制がかかるまでに実家に到着しなければなりません。

 

↓制限時間は40分!!はい、スタート!

一般的なサイズ20センチ角のフエルト2枚。ダイソーのキルト芯。そしてベロア素材の白い紐。

 

↓手のひらの形って結構センスを問われません?

「手にひら イラスト」で検索して元気のよさそうな手を見て描いてみました。「がんばれ」も同様に検索してPOPの文字を真似てみたり。今回のポイントは20センチのフエルトを最大限有効活用するため、20センチ角にチラシをカットしてから線を描いたことでしょうか。

 

↓ボンドで「がんばれ」が取れてしまうことが嫌だったので時間の迫る中白い糸で縫いました。

さっきまでこだわっていたPOP文字の面影はありません。(検索の意味無し)でも、20センチのフエルトをギリギリまで使うことはできました。(嬉)

準備したキルト芯もフエルトに余裕がなく挟めなかったことが、少しクッション性を持たせられず残念です。

時間が迫り、急ぎすぎてその辺にあった鉛筆を使ってしまいました。フエルトって中表に縫っても綺麗に裏返らないので表を外側にしたたまま縫わなければならないのに!あぁぁ鉛筆の印が・・・。後悔が残ります。

 

↓でも、やり直す時間はありません!!

指の形にミシンを走らせてから、フエルトをカット!ミシンの縫い目がガタガタでも、ほら!(笑)カットが綺麗なら全然目立ちません!目立つのは鉛筆の印のみ!(爆)(手のような難しい形は切ってから縫うとずれが目立つのでこの方法をお勧めしています)

 

↓作ってみて分かったことは20センチじゃ、次女サイズの手袋しか作れないと言う事。

私もつけられないことはないけれどちょっと小さかった・・・・。そして意外にも長女まで小さいと。

 

↓あまり大声を出せないシャイな私たちの無言の応援です。(めずらしく金沢ロケ)

私が付けるとほら、シワが目立ってちょっと小さそうでしょ?

 

がんばれ!がんばれ!みんながんばれぇぇ!(←みんなって・・・応援が雑!)

 

↓今年の完走メダルはこちら!

金沢を象徴する雪つりが素敵です。去年のメダルより好き。

 

↓第一回の金沢マラソンはいろいろあって応援できなかった私にポチっとね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

いろいろの理由が思い出せない方はこちら。はいはい、これねぇ!これかぁ。(爆)

 

 

↓40センチ角のフエルトがあるのか!!もっと大きな手袋を作りたい!

 

↓巻きのフエルトまで!!

前回の記事「432円で飾るハロウィン パーテーション」でのりのりさんから「ゴールデンボンバー(ダルビッシュ)みたいな子はどう変身しました?」というツッコミが入りましたので、続編を書かせていただきます。   ↓この子の事ですよね??輪ゴムが足りずディスプレイに参 ...

続きを読む

前回の記事「432円で飾るハロウィン パーテーション」でのりのりさんから「ゴールデンボンバー(ダルビッシュ)みたいな子はどう変身しました?」というツッコミが入りましたので、続編を書かせていただきます。

 

↓この子の事ですよね??輪ゴムが足りずディスプレイに参加できなかった2匹です。

 

↓その後、さらに他の部屋から発見されたリラックマが3匹。

ハロウィンパーティー前に見つけられてよかった。年末になってハロウィンコスチュームの子が発見されてもなんだか悔しいし。

 

↓輪ゴムを買わねば!!と思いつつ、家族で出かけたB級グルメで、輪ゴムを入手しました。

「富士宮焼きそば」の輪ゴムをそれぞれの後頭部にゴムをつけました。

 

↓下半身が足りないという理由で、参加できなかったパペット2匹。

ちょっと待ってな!

いいこと思いついたから!

俺に任せろって!

 

↓これでどうだ!?


友人花嫁がうちの子にくれたハロウィンのお菓子です。中のチョコレートは31日までとっておくことにして紙袋のみ没収。(笑)

 

そうそう、言いそびれていましたが、友人花嫁は旦那様の転勤により金沢よりさらに雪深い地域に引っ越しとなりました。引っ越し先の間取りが今までより部屋数が少ないからと、ゴミ袋いっぱいのリラックマをうちに置いていったのが、この企画の発端です。(正直迷惑)

もしかしたら、あなたのお近くに生息しているかもしれません。振り返るほどの美人が、恐竜のリュックを背負っていたら、それは間違いなく貧乏ミシン部の隠れマネージャー、友人花嫁ですぞ!(身長169センチ瘦せ型)

 

さて、小学5年生のパーティー。参加者17名を見込んでおりましたが15名+うちの次女ということで16名でスタート。最近は、5年生だけで!という厳しい条件付きで、次女のお友達は誘えませんでした。まぁこれ以上増えても困るけど。

5時間目カットの平日14時からスタートです!

 

何が大変って、みんなが持ってきたお菓子を瞬時に大皿に盛り付けるのが大変!!それから座布団が14枚しかなくて、「ベビーマットを二つ折りレジャーマットに」も出動!

 

↓いろいろあった中でも、私の小さな成功がこれ。
(「324円でもてなすハロウィンパーティー」で縫ったテーブルクロス今年も使いました。当日、忙しくて撮影できず、さきほど再現したのでお菓子の並べ方が若干異なります)


ハロウィン柄の紙ナフキンではなくて、ハロウィンの折り紙を4枚貼り付けた手作りナフキン。折り紙の絵柄が4種類入っていたので、テーブルに並ぶ大皿もいろんな柄の組み合わせになり、種類の異なる皿の柄をすべて隠してくれるので、テーブル全体に統一感も出てGOOD!

 

みんなの食べ具合いを見ながら、お菓子を補充したり、残ったお菓子を袋詰めして、お土産をラッピングしたり。中にはピノのアイスを持ってきてくれた子がいたのですが、溶けたり、冷凍庫に入れたりを繰り返し、斬新なおやつでしたが、ちょっと大変でした。

 

忙しすぎてこのパーテーションの反応すら見逃してしまったのですが・・・・。

追加したパーテーションがこちら。

↓ビフォー!

↓アフター!

子供たちが作った「くさり」も増えてにぎやかになりました。頑張って飾ったので、お友達の反応、見たかったなぁ。残念。

 

おもちゃも何にもないのに何が楽しいのか大人には分かりませんが、真っ暗になるまで遊んで帰ってゆきました。


二年連続で参加のサッカー少年に「お久しぶりです」と言われました。去年から楽しみにしてくれていた子もいて、おばちゃん、なんだかうれしかった。(笑)苗字で呼び捨てにされているわが子が少し新鮮だったり(笑)

 

何より、成長したなぁと思ったのが最後までテーブルクロスを敷いたままにできたことです。(爆)誰も飲み物をこぼす子がいなかったってこと!おぉぉぉ!さすが5年生!

 

2回連続で貧乏ミシン部らしくない記事でどうもすみません。次回より、また貧乏作品の生産に励みたいと思います!!

↓何ってこともしていないのに、夜から頭痛で何もできなかった私にぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓女子に大人気だったのがタトゥーシール!

↓男子に人気だったのは、髪の毛に色をつけられるカラーチョーク!

こんなアイテム私が買うはず・・・ない!そう、これも友人花嫁の持ち込みです!

毎年10月は5、6時間目がカットになる日が多いように思います。我が家には、この日を狙ってハロウィンパーティーをしようと企んでいる小学5年生がおります。 今年の参加予定者は18名。昨年同様、「男子含む」です。昨年まではクラスの友達に声を掛けるという純粋なも ...

続きを読む

毎年10月は5、6時間目がカットになる日が多いように思います。我が家には、この日を狙ってハロウィンパーティーをしようと企んでいる小学5年生がおります。

 

今年の参加予定者は18名。昨年同様、「男子含む」です。昨年まではクラスの友達に声を掛けるという純粋なものでしたが、今年は「好きな男の子に声を掛ける」という少々コンパめいた雰囲気であることを、実は母も気づいています。(苦笑)

 

さて、毎年低予算で行われる我が家のハロウィンパーティー。今年は昨年より予算を108円増やして432円の予定です。(笑)

324円でもてなすハロウィンパーティー

 

100円ショップに行けばなんでもあるけど4~5個程度のアイテムじゃ逆に貧祖になってしまうことを私は知っています。でも数時間のパーティーに何千円も使いたくない!ましてや子供!

 

包装紙で作る怖くないジャックランタンとハロウィン」がボロボロになり(紙だからね・・・)昨年処分したので、部屋の飾りつけに頭を悩ませています。

 

↓このパーテーションをハロウィンらしく飾りたいのですが・・・。

それにしてもブラインド型のパーテーションはホコリがよくたまる・・・。(涙)撮影後、クイックルワイパーのシートを指に巻き、次女とふたり、一段、一段、地道に拭きました。それはもう、大変でしたよ。(涙)

 

↓結局悩んで買ったのは、このスポンジ素材のシール。ちょっと肉厚です。


もう一種類、紙コップに貼ろうかと小さめの普通のシールも買いました。

パーテーションの飾りつけに私が悩んでいると、部屋の角から話し声が・・・。

↓見れば、ゴミ袋いっぱいに「友人花嫁」が置いていったリラックマたちじゃないですか!


「どうすればいい?」「ハロウィンっぽくするにはどうしたらいい?」

ゴミ袋に入れられていたからなのでしょうか?何か自分たちも役に立とうと必死です。(ゴミ袋に入れてきたのは友人花嫁です!私じゃありません。)

↓デジャブ?以前にも似たようなことがありませんでしたか?そう、恐怖の・・・・。

↓以前のように魂を抜かれては困るとリラックマ井戸端会議の人数がさらに増加。


↓かと思えば、その輪から外れている人が・・・。


最初からハロウィン仕様の二人。自分たちは別格だと思っているようです。
 

↓リラックマの一人が立ち上がりました!!

僕たちがハロウィンっぽくなれたら!


↓かっこいい!素敵ぃぃぃ!!

ハロウィンっぽい!!

(しかも自然!)

↓そうと決まれば貧乏ミシン部の腕の見せ所です!


うしろにゴムを縫い付けます。これを、ブラインドに・・・。


↓首の後ろじゃダメか――!?


お辞儀したように下を向いてしまいました。


↓ゴムの位置を頭の後ろまで引き上げ、ここで得意の小技!


ブラインドにひっかけたゴムをしっぽにひっかけます。

名付けて「二ヶ所固定」!安定感抜群!

 

↓役に立ちたいとハロウィンのアイテムを手に集まってくれた雄志たち。

ありがとう!

みんなありがとう!
 

↓画像にするとしょうもない感じですが本物は大きくてそこそこ見応えあり!!なんです。

セリアのガーランド2つとシール2種類で計432円也。

非日常にお金かけてちゃ、普段の慎ましい暮らしの意味がない。

貧乏ミシン部はまだまだ子供だましな方法でハロウィンを乗り越えますぞ!

 

↓過去のハロウィン作品はこちら!
 

Yシャツとハーフコートでドラキュラマント

ハロウィンは広げて楽しいバットマンTシャツ

 

ルームソックスでコリラックマのハロウィンポシェット

 

飾りつけの後、予約していた美容院へ飛び込んだら、さっき探していた「貼ったはずの黒猫シール」が私の胸に。(笑)美容師さんがブローチと間違えていました。

 

↓招待状の持ち物に「お菓子いっぱい」と書いて叱られた長女にポチっとね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
 

↓刺す暇もないのに買いそうになったりして。(笑)

過ごしやすいこの時期を利用して、どんどん増える子供たちの玩具やぬいぐるみを整理しました。町内会からバザーに出すものを準備するように連絡があったので、今こそ、年に一度のチャンスです! ↓処分箱で見つけたのが、長女が小学校4年生の理科で使用した磁石のセット。 ...

続きを読む

過ごしやすいこの時期を利用して、どんどん増える子供たちの玩具やぬいぐるみを整理しました。町内会からバザーに出すものを準備するように連絡があったので、今こそ、年に一度のチャンスです!

 

↓処分箱で見つけたのが、長女が小学校4年生の理科で使用した磁石のセット。

最初は何にも思いつかず、捨てればよいと思っていたのですが、何か気になってしまうんですよねぇ・・・。で、掃除から数週間後、結局この磁石を拾った私。(笑)

 

↓仕事場で使っている電子レンジに使えないかと思ったのです。

ヘルシオに買い替え、不要になった電子レンジを仕事場に持ってきました。使うのは年に数回。真冬に冷め切ったお茶を温める時ぐらいです。ちなみに下は、友人が独身時代に使っていた1ドアの冷蔵庫。古いので全然冷えず、中も空っぽ。

 

仕事場で比較的目立つ位置にこれらがあるので、ちょっと目隠しでもと思いました。家庭用の電子レンジなら使用頻度が高いのでカバーなんてかけている暇もないのですが、仕事場では年に数回ですからね。

 

長女が「砂鉄が!砂鉄が!」と言っていたので、「砂鉄の取り方」で検索したところ、2つの方法が知恵袋のベストアンサーに。私の心の中のベストアンサーは、「さらに強い磁石を持ってきてそちらに引き取ってもらう」だったのですが・・・。

 

↓答えは、「布ガムテープでぺたぺたする」でした。案外シンプル。(笑)

もうひとつは、「木工用ボンドを塗って乾かしてからめくる」。どちらも日常にあるアイテムを使った素敵な答えです。私は、ボンドが乾くのを待てないので、布ガムテープで。(笑)赤い塗装が少し剥げましたが、きれいに砂鉄が取れました。


仕事場は、インテリアに悩まなくてもよいぐらい無機質な空間なので、チャレンジで、いろいろ柄の布も候補に上げ合わせてみたのですが、「無難さ」で、こちらに決定。どこかの雑貨屋さんでありそうな組み合わせが、既製品っぽいですね。


↓今までに何度も登場したこの玉みたいなレース。

このレース巻いてある時は「パッと見、かわいいけど、使ってみるとそうでもない」というのが、私の評価。でもちょうど電子レンジの幅の分だけ残っていたのでこれで使い切ろうと思います。


↓今まで・・・とか言っておきながら記憶はあるはこれだけ。その他が思い出せません。(涙)

↓さて順調よく三つ折りした端を縫い、磁石を入れる部分。

端から深めに9センチ。こんなものでしょうかね。

 

↓三つ折りの途中で、チャコペンの印のところを寄り道。磁石が深くもぐらないよう縦に縫っておきます。


↓端っこも、心ばかりのストッパーですが。

私のマイブームは、ミシン目を異常に大きくすること。荒い縫い目が、既製品っぽさが出ませんか?かと言って、本当に雑貨屋さんで買ってくると、今度は返し縫いの雑さが気になるんですけど。


↓磁石を入れるとこんな感じ。


ストッパーをつけたものの、磁石が重いので穴を下にするとスコンと落ちちゃいます。


↓完成です。


電子レンジカバーをつけたまま冷蔵庫の開閉ができる丈に微調整できるのは磁石ならでは!冷蔵庫の後ろにあるのは、折り畳みのテーブルなのですが、電子レンジの前部分をしっかりカバーしつつ、後ろを短めにできるのも磁石のおかげです。

 

今回学んだ電子レンジカバーの注意点はこの2つ。
・電子レンジの裏面は意外ど凹凸があるので磁石が付きにくい。磁石が安定する位置を確認してから磁石ポケットの位置を決めた方が良い。

・磁石ポケットの深さ(位置)を後から変更できるように、三つ折りの途中で寄り道せず、三つ折りは三つ折りで縫ってしまって、そのあとに、縦にミシンを走らせた方がよい。

 

そうそう、電子レンジに磁石なんて貼り付けて大丈夫なの?と途中心配になって検索したら、問題ないそうです!知恵袋ってすごいなぁ。

 

↓こんな簡単な作品でも反省点が・・・。(涙)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓もうすぐハロウィン。

↓今年は衣装の予定はなしです。

前回の「セリアの手帳を6穴バインダー用リフィルに」に続き、今回も手帳ネタです。私が購入したファイルは、手帳用のバインダーではないため、ペンホルダーがありません。ペンの他に、付箋やハサミなども持ち歩きたい!!ということで、今回は手帳用のペンケースに挑戦です ...

続きを読む

前回の「セリアの手帳を6穴バインダー用リフィルに」に続き、今回も手帳ネタです。


私が購入したファイルは、手帳用のバインダーではないため、ペンホルダーがありません。ペンの他に、付箋やハサミなども持ち歩きたい!!ということで、今回は手帳用のペンケースに挑戦です!

 

↓一枚目から完成品をご覧いただきます!


おぉぉぉ!マステも入るけど見た目はコンパクト!というコンセプトで中央だけを膨らんだラウンド型に挑戦してみました。このラウンド型、後で泣きを見ることになるんですけどね・・・。(涙)

 

↓貧乏ミシン部で何度も当時しているお徳用の革のハギレ。(1袋600円ぐらい)

茶色が好きで、なかなか出番がなかったこちらの黒革。微妙に茶色に見えるものも含まれています。しわくちゃになってしまうほどやわらかさ!

手触り最高!

匂いも最高!

 

↓これをカッターでラウンド型にカットするのですが、ここで登場するのが鍋のフタ!

自分が写り込まないようにするのに必死で重曹で磨く余裕ありませんでした。すみません。(笑)

 

↓鍋ブタでカットしたのがこちら!(シワシワ)

 

↓これをミシンでゆっくりゆっくり縫うわけですが、革の滑りが大変悪く、ファスナーを下にしないと前に進めない!!

革が足りず、ペンケースの裏面は革を縫い足しています。縫い目が白くなっているのは縫い足す時に、滑りの悪さを解消するため、半紙を挟んで縫ったから。その名残です。(って言うか、ちゃんと半紙取ろうよ!)トレーシングペーパーだったら白いのが残らなかったかも。

 

↓ペンケースのサイドは黒いゴムを挟んで。


本当はもっと太いベルトをイメージしていたんですが、手持ちがなかったため、細いゴム2本で代用。これが凶と出るか吉と出るか?!

 

↓何とかファスナー縫えました。ここまでは予定通り。


↓愛用の3色フリクションペンが通せるペンホルダーを作ります。

ペンケースも、本体と同じ革素材で作りたいのですが、革の裏面の滑りが悪い。もちろんペンも、刺しにくいわけで。


そこで同じような黒い革だけど、裏面が毛羽立っていない比較的ツルっとした黒革をお買い得袋の中から探しました!いろんな種類が一緒に入っているお買い得袋、グッジョブ。(笑)

 

↓革製品に内布は絶対必要!!

↓っていうのはこの時、痛感したんです。こちらのガマ口、雑費の財布として今も使っていますが、内布をつけなかったために、お札がシャカっと入っていかないんです。

内布に選ばれた花柄のナイロン素材は「レジ袋タイプの持ち手一体型エコバック」で持ち手をくりぬいた時の余りです。


ラウンド型が災いして、ご覧ください、両端にこのギャザー!!(笑)むずかしいです。


↓なかなか納得できる仕上がりにならないファスナーつけ。(笑)

ファスナーの端が表に出そうで出てこない、それでいてファスナーが苦しそうじゃない、そんな仕上がりを目指していますが、そんなイメージとは程遠く、糸で閉じてなんとか端が出てくるのを防いでいる状態。(笑)

 

↓内布はもちろん(笑)まつり縫い。自分、滑り悪いですから…。ファスナーの生地をすくいながら手縫いました。


↓心配していたペンホルダー。

十分な幅にした所まではよかったのですが、ペンのグリップ部分がゴムなので、通す時にちょっとひっかかります。(涙)でも刺せないことはないので、このままで。



↓2本のゴム、表からの画像は割愛しますが、安定感抜群で、太いゴム1本よりずーっといい!!


しかも2本のうち1本だけファイルの裏面にかけて、ファイルのバンドにもなります!!

 

みなさんも、素敵な手帳ライフを!!

私もこの手帳で、ブログの時間を捻出できるように頑張ります!

 

↓画像13枚の大作!!押すなら今!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓ごめんね、これじゃ小さいの。

 

↓本屋さんで見かけたのはたぶんこれ!