Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2016年07月

iPhoneを機種変更するたびに白いイヤフォンが増えます。(笑)電車通勤ではないので、普段持ち歩くこともないのですが、トレッドミルで走る時、家族が寝静まった寝室でひとり眠れない時、怒り散らし家族内の空気が悪くなった時など、あっ、今イヤフォンがあったらいいのにな ...

続きを読む
iPhoneを機種変更するたびに白いイヤフォンが増えます。(笑)

電車通勤ではないので、普段持ち歩くこともないのですが、トレッドミルで走る時、家族が寝静まった寝室でひとり眠れない時、怒り散らし家族内の空気が悪くなった時など、あっ、今イヤフォンがあったらいいのになぁと思うことがあります。

↓みなさんご存知かと思いますが絡まない巻き方はこうです。

私はNHK教育テレビで知りました。「8」の字を描くように指の間を巻くやり方です。使うときに絡まずにスルッとまっすぐになってくれます。がきつく巻きすぎると抜けなくなる時もあります。

イヤフォンってどうやって持ち歩いていますか?小さい巾着袋とか?いただいたマカロンケースに入れていた時期もありましたがちょっと小さすぎるし、丸く曲げなければならないので、断線が心配でやめました・

そんなわけで、今回から何度かにわたりイヤフォンケースを作ってみたいと思います。納得のいくまで作りたいと思っているので何回になるかわかりません。(笑)「8」の字に巻いてそのまま入れられるケースを目指します!

↓まず思いついたのがシンプルに丸い円を型紙にしたイヤフォンケース。

直径12センチの円をコンパスで描き、1.5センチ分だけカットしました。裏地用のドット柄、うっかり裏面を上にして撮影しちゃいました。すみません。白いのは、少しふわふわさせたくて接着芯を挟んでみました。ダイソーの薄っぺらさがちょうど良いかと・・・。

↓キルティング。珍しく手縫いです。

キルティングすると生地が縮んで小さくなるので、裏地だけ後から丸くカットしました。

↓小学5年の長女に、そのバイヤステープの色、嫌って言われました。

本当は、くすんだグリーンのバイヤステープがあればよかったんだけど、あいにく無かったのでセリアの両折バイヤステープをさらに半分に折って使っていました。画像で見ても、細っ!!ミシンだったら針が落ちているところだけど、今回は手縫いだから大丈夫!(笑)

↓失敗したのが角の処理。

丸くバイヤステープを付けていたのに、ここでうっかり角を立ててしまいました。(涙)

↓半分に折り曲げたら・・・。

角がはみ出ました!!( ;∀;)
無理やり押し込んだおかげでほどよい空間も生まれましたけど。(笑)
円のカーブが前と後ろで揃うように、直径12センチの円のちょうど半分になる位置で折ってあります。

↓革製のボタンをつけて完成です。

自己採点は50点ぐらいでしょうか。最後によい色合いの革製のボタンが使えたので少し救われました。長期間、detekoストックになっているものが登場すると、完成度はそこそこでも満足度が極端にUPします。(笑)それが貧乏ミシン部。

でもまだ納得できません。
次回に続きます。

↓無駄に冷蔵庫を開閉する子供たちにイラっとしている私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓ぐる~っとファスナーをするのが面倒なんだもん。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

↓常に持ち歩く人なら便利そう。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

今朝、ラジオ体操に子供たちを送り出しホッとしていたら、ほどなくして二人が戻ってきました。浮かない顔をしていたので聞いてみたところ、「急いで行ったけどついた時にはもう深呼吸で、ハンコもらえなかった・・・」と長女。ハンコの人に断られたの?と聞くと、顔を横に振 ...

続きを読む
今朝、ラジオ体操に子供たちを送り出しホッとしていたら、ほどなくして二人が戻ってきました。浮かない顔をしていたので聞いてみたところ、「急いで行ったけどついた時にはもう深呼吸で、ハンコもらえなかった・・・」と長女。

ハンコの人に断られたの?と聞くと、顔を横に振り、自ら遠慮して戻ってきたのだと言うのです。なんだか腹が立って「音楽の途中なら、それは滑りこみセーフだろう!」と言いかけたのですが、「気まずさ」を感じたことこそが心の成長だし、アラフォーの私と同じようにこのぐらいなら大丈夫!なんて図々しさ丸出しの小学五年生もどうかなぁと思い、「明日からもっと早く行こうね」と返しました。

去年までは、6時25分に起きてもギリギリ(笑)間に合っていたのですが、長女か洋服やヘアスタイルを気にするようになって・・・。私がそれを見越して、起床時間を早める対策をすべきだったと反省しています。(涙)


↓さて今回も箪笥の肥やし、着ない洋服の見直しです。

こちらの2枚には共通点があります。そう、七分袖なんです。

しかも2枚とも生地が思いっきり夏素材なのに七分袖。

この逆で、「厚手の素材なのに半袖」も着る機会がなかなかない服のパターン。厚手素材で半袖なんて、空調が行き届いているホテルでしか着られません。外に出る瞬間、はい、コート着用!みたいな。

夏暖かくて、冬涼しい、庶民には、どちらも、なかなか着るチャンスがないのです。

と言うわけで、すっきり半袖にしてしまいたいと思います。

↓まずは袖を折ってシュミレーション。(大事!)


↓袖を切って半袖に・・・なんてありきたりなリメイク、過去にやっていそうだなぁと思ったのですが、ヒットしたのはこの記事だけ。他にもやっている気がするんだけどなぁ・・・。



↓1枚はボーダー。線を無視してハサミは入れられませんね・・・。これだけボーダーが太いと。

ならば、できるだけ、柄に沿ってカット。

↓袖の裏部分は、柄がそろっていない場合のことも考え、まずは袖の前部分から。後からカット。

この服はラッキーなことにボーダーのラインがそろっていたので、柄通りに切ることができました。

↓ドット柄もカットラインが気になります!この列あたりで切れたらいいのですが・・・。(笑)

シワ加工がされた生地なので若干のずれはありましたが、これもドットのラインに沿ってカットできました。

↓もう片方の袖を切る前に、袖丈を揃えるためのダブルチェックです!!

袖山からの長さよ~し!!

↓脇下からの長さもよ~し!!


↓さらにトリプルチェックです。

仕上がりの長さよ~し!!
三つ折りの折り加減よりも、袖丈重視で!(笑)

↓その辺にあったカラー糸でしつけをしました。(後で外しにくくて後悔するパターン・・・)

腕まわり4周ぐらいなら、ノーエアコンで作業しています。だってエアコンが効いてきたころに作業が終わるんだもん。少しでもミシン部屋での滞在時間を短くするため、リビングでしつけ!しつけ!

ボーダーの折り位置にちょっとコツを見つけました。それは、白とオリーブグリーンの境目のところで折ると、少しのズレが目立つので、面積の広い白のラインの真ん中で折ったことです。1mmや2mmずれてもオリーブグリーンがちらつかないので、安心して縫えます。(どや顔!)

↓はぁ~はぁ~。ダッシュでミシン、行ってきました。

電球色での撮影で分かりづらいですが、ドット柄は赤いシャツ。赤い糸だと目立ち過ぎてしまうのでくすんだピンクで縫ったらぴったりでした!縫い目が全然目立ちません!!

↓続きまして、ボーダー。

さっきどや顔していたくせに失敗してしまいました。(涙)
生成りの糸が、オリーブグリーンのラインの上を走っている!!!!
縫い位置も考えて、袖の三つ折りをしましょう。

じゃ、緑の糸で縫えばいいじゃん!!って思いますが、洋服全体が生成りの糸で縫われているのに、袖だけ緑ってわけにはねぇ。(笑)

前身頃の裾をチラッとみたら、ちゃーんと、白のボーダーの上に生成りの糸が走っていました。縫製会社さんの勝ちね・・・・。

というわけで、今後、ボーダーは普段着、ドットはパジャマを兼ねた部屋着になります。袖を切った後の感想は・・・・。

腕の上げ下ろし、肘の曲げ伸ばし、格段に楽になりました。カフス付きの七分袖って、肘を曲げるとちょっと窮屈に感じることがありませんか?(腕が太いから?)
袖を下しても窮屈、二の腕まで上げても窮屈・・みたいな?

それは、まさしく二重苦!(爆)


七分袖の落とし穴。それは、夏素材との組み合わせだけでなく、カフスの位置と横幅にあるのかもしれません。さらに試着室でのチェック強化に努めていきたいと思います。敬礼!ピシ!

↓ラジオ体操と同じ時間に起きるけど行かない私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓またこれの季節がやってきました!家族全員で使っています。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

おしゃれは我慢と言いますけれど、デニムに足を突っ込むのを戸惑うほど暑い時ってありますよね。30代まではハーフパンツも着ていたんですが40歳を過ぎて、遠慮するようになりました。(自宅のみ可)ちなみに似たような形のトップスなら迷わず綿か麻素材を選びます。ポリ ...

続きを読む
おしゃれは我慢と言いますけれど、デニムに足を突っ込むのを戸惑うほど暑い時ってありますよね。30代まではハーフパンツも着ていたんですが40歳を過ぎて、遠慮するようになりました。(自宅のみ可)ちなみに似たような形のトップスなら迷わず綿か麻素材を選びます。ポリエステルとは涼しさが違う!!

↓そんなアラフォー女子が新規投入したアイテムがこちら!

足の下から空気が動いて見た目よりも涼しい綿100%の薄手デニムです。

私が20代の頃、ウエストがゴムなんて「女子の恥」または「おばさんの始まり」とばかりに敬遠されていましたが、今ってウエストがゴムになっている率高くないですか?私の周りだけ?

実はこのフレアパンツもゴム!

ウエストが10センチほど大きいんです。(涙)大丈夫、大丈夫、気にしない、気にしないと思っていたんですが、このリボンベルト・・・。

ウエストに合わせてぎゅーっと絞ると、ゴムのウエストがむにゅーっと出てくる。(涙)微調整が効きそうなこのリボンベルトが裏目に出ましたな・・・。

↓仕方がない、直すとしますか。縫い目を探してリッパーで糸を切ります。

うらやましいほど細いママ友がゆるゆるのスカートを穿いていたので、この記事に載せた画像をすべてLINEで送って説明しましたが、若干迷惑そうでした。(爆)

↓中からゴムを引っ張り出します。

ここでゴムの繋ぎ目に出会えたらあなたは今日のラッキーガール!!時々、引っ張っても引っ張っても繋ぎ目が出てこないことってありますから。

↓むにゅーっと出てきちゃう分をカットします。


↓返し縫いでしっかり縫います。糸の最後が固結びになっているのは、二本取りにした糸を玉結びが不可能になるほど、ギリギリまで縫ってしまったから。(笑)

ここで適当に縫ってしまうと、途中でゴムが弾けて痛い目に合うのでご注意くださいね。太いゴムを通し直しするのは、結構厄介ですよ。小学校時代のソーイングセットに入っていたゴム通しじゃ通せませんから。(笑)私はいつも強度を重視して、ミシンで縫っちゃうけど、今日は手縫い。

↓洋服の生地の色にあった糸でまつります。

きれいに縫うこと以上に、生地に合った色の糸を使うことの方が重要だと思うのは私だけでしょうか?縫い目のばらつきも色で解決!!

↓はい、縫えました!完成・・・ではなくて。


↓ここで、超いいことを思いついたんです。

後ろ中心のベルト通しの針が見えますか?
ベルト通しで隠れる位置で、ちゃちゃっとリボンベルトを糸固定!
これで、常にリボンのベルトが左右対称に!!素晴らしい!

デニム素材だからフレアパンツもリボンベルトと一緒に洗った方が色褪せ具合いもそろっていい感じになると思います!!

↓年々洋服の単価が下がっている私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓数年前うちですごーく流行ったスプレー。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

↓ガスが苦手なうちの虫よけはこれ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

夏と言えばプール!!最近の小学校では「着衣水泳」という授業があるんだそうです。長女に「溺れる練習?」って聞いたら「溺れない練習!!」だって。(笑)失礼しました。↓過去に縫ったプールバックは2つ!3年前に縫ったのがシナモロールのプールバッグでした。↓わずか ...

続きを読む
夏と言えばプール!!最近の小学校では「着衣水泳」という授業があるんだそうです。長女に「溺れる練習?」って聞いたら「溺れない練習!!」だって。(笑)失礼しました。

↓過去に縫ったプールバックは2つ!3年前に縫ったのがシナモロールのプールバッグでした。


↓わずか10円という破格の材料費を誇るプールバッグ、この3年間に長女と次女が順番に使ってくれ、10円以上の働きをしてくれました。

撮影しようとあらためて見てみたら四つ角全部に穴が開いていました。いっぱい使ってもらえたねぇ。

↓実は次女、今年の春からスイミングに通い始めました。

初めて次女が自分からやりたいと言った習い事です。体育の授業でプールがスタートし、スイミング用と、学校用と2つのプールバッグが必要になりました。試しにスタイリング剤「リーゼ」のおまけについていたピニールバッグ(黒いリボンの方)を使ってもらったのですが、やっぱり小さすぎるようです。

↓仕方がない!と、シナモロールのあまりを出してきました。「シナモロールのプールバッグ、ママが縫ったって本当だったんだね。」と次女に言われました。(笑)

バッグを縫うにはちょっと足りない気もしますが、白い枠で囲んだ部分を、バッグの底にまわして、1作目と同サイズぐらいのプールバッグを作りたいと思います。(ここで使い切らなきゃ、もうシナモロールの出番無いしね・・・・)

↓3年前はどうやって縫ったのかすっかり忘れていた私。

確かトレーシングペーパーを挟んで縫うんだったかなぁとトレーシングペーパーを探しましたが、見当たらなかったので、書道の半紙を挟んで縫ってみました。縫いづらさは同じぐらい。どっちを使っても大差ありません。半紙をペリペリってはがした後、ミシン糸が浮くのは同じです。(涙)

↓縫い足した底の部分。

ミシン目を大きくしすぎたのか、ビニール素材が4枚重なると、裏で糸がぐちゃぐちゃに。(涙)

後から過去記事を読んだら「ウォーキングフット」というオプションの押えを使って縫っていたことが発覚!!そんなアイテムを買い足したことすら、すっかり忘れていました。今回はこのままテフロン押えで突っ走ります!!!

↓持ち手の幅だけ丁寧に印を。

チャコペンじゃ効かないので、マッキー極細です!(笑)

↓矢印で示したところは、手縫い。

持ち手の重なる部分もうまく縫えず、結局手縫い。バッグの口の折り返しが1センチもないのでここは手縫いでしっかり縫いとめておかないと!少なすぎる見返し部分は、カーテンの芯を追加投入!(笑)(速乾性重視で選びました!)

黄色いバイヤステープの端の処理も、手縫いです。

今回は、縫い代が全て1センチ未満ということで、縫い代がどこも立ち上がってしまい手に当たるので、バイヤステープで包むことにしました。包んだ時点で、材料費10円ではなくなってしまうのですが、仕方ありません。

初めは、手作りした水色のバイヤステープを使うことで材料費をおさえようと思ったのですが、やはり厚みは既製品のバイヤステープに敵わず、薄手で挟みやすい黄色のバイヤステープを使ってしまいました。

↓というわけで、プールバッグの完成です!

サイズはリーゼのおまけよりも少し大きく、1代目のシナモロールよりも微妙に小さいですが、私にしか分からないレベル!

来週から夏休み。勝手に遊ぶ年齢になったので楽と言えば楽ですが、母親としては、やっぱり新学期が待ち遠しいです。今年も宿題はすべて7月中に終わらせる作戦でいきたいと思います!!(日記・観察除く・・・)

↓夏休みの工作に手を出しちゃう私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓ウォーキングフットってこれです。


↓ライト好きな旦那さん今日はこれ買っていました。(絶句)


↓シナモロール、まだ現役キャラです。

みなさんはロータリーカッターを使いですか?私は、ブログの過去記事を検索してみたところ2013年3月1日に45ミリのロータリーカッターを購入していました。その後、キルトは中途半端になっていますが、ロータリーカッターだけは便利に使わせてもらっています。↓私が ...

続きを読む
みなさんはロータリーカッターを使いですか?

私は、ブログの過去記事を検索してみたところ2013年3月1日に45ミリのロータリーカッターを購入していました。その後、キルトは中途半端になっていますが、ロータリーカッターだけは便利に使わせてもらっています。

↓私が最初に買ったのは大きい方の45ミリのクロバーのもの。後から28ミリも買い足しました。

両方のサイズを使ってみての感想は、パッチワークなど数センチの作業をするなら28ミリ、洋裁など数十センチの作業をするなら45ミリが適しているなぁといった感じです。

切れ味が悪くなるのは最初に買った45ミリかと思いきや、回転数の問題なのか28ミリの方があっという間に切れなくなりました。

↓ちょっと切ってみますね。


↓全然、切れていません。

ロータリーカッター、替え刃の交換時期でしょうか?

と右目から一滴涙を落としていましたら仕事関係の方から、切れなくなった刃物にサンドペーパーを使ってやすりをかけているという情報を聞きました。

それなら、ロータリーカッターにもやすりをかければ切れ味が戻るのでは?と思い立ち、早速ホームセンターへGO!!ネットで検索してみたところ、普通のカッターで似たようなことをされている方がいて、800番のサンドペーパーをお使いでしたので、私も真似してみました。1枚68円、正式名称は【耐水ペーパー】です。

↓これを両面テープで定規に固定します。


↓ロータリーカッターの中心から外へ、外へと一方方向にやすりをかけます。

1か所につき5回ずつぐらいでしょうか。

↓切ってみましたら・・・ご覧ください!!切れている部分が明らかに多くなっています。

ロータリーカッターを持つ右手の感触もなんだか違う!!切れている手ごたえがあるんです!

↓私は考えました。

360度すべてを均等にやするために、このロゴマークを0時の位置、3時の位置、6時の位置、9時の位置にずらしながらやるとまんべんなくやすりをかけられるのではないかと。

↓さらに、裏面のねじで刃を固定しながら作業すると安全性も高まります。


とここまでやったところで、思いつきました。

↓もしかして、裏面にもやすりをかければもっと切れるようになるのでは???と。


↓しかし、それは素人の浅はかな考えでした。(涙)

さっきより切れなくなってる・・・。

↓諦めきれず、もう一度表に戻って3回目のやすりをかけましたが、あの切れ味は戻ってきませんでした。


【結論】
・安全面に気を付け刃を固定しながら、360度、表面だけにやすりをかける。一時的に切れ味が戻る程度なので、替え刃を買い替えなくてよいというわけではない。


手芸屋さんが閉まっている夜中に作業がヒートアップしちゃった人は、ぜひ。手芸屋さんが閉まっているってことはホームセンターも閉まっているので耐水ペーパーも買いにいけないか・・・。(涙)

ロータリーカッターは、クロバーのものを買うか、オルファのものを買うのか、よく討論されますが、(え?どこで?)たぶんどちらも使いやすいです。

最初にオルファを使うとクロバーが使いづらくなりますし、最初にクロバーを使うとオルファが使いづらいと感じてしまうので、一番最初に手にしたものをリピートするのがいいと思います。あと、お店で見て替え刃が安い方とかね。(笑)

私もまだ確認していませんが、クロバーの本体にオルファの替え刃をセットしても使えるという情報もあります。またその逆も。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントください。

↓替え刃のケチる私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓私とお揃い。45ミリのクロバーです。

クロバー/ロータリーカッター/45mm
価格:1255円(税込、送料別)


↓私がケチって買わない替え刃がこちら

クロバー/ロータリーカッター替え刃/45mm
価格:306円(税込、送料別)