Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2016年05月

足の形や歩き方で、靴下の傷み方が違ってきます。旦那さんは踵。私と長女は親指の爪の先です。親子って似てほしくないところが似るものですね。(涙)↓補修布、最初は自分の靴下だけに貼っていました。「新しい靴下を新調したら絶対にやること」こちらの記事で登場する5本 ...

続きを読む
足の形や歩き方で、靴下の傷み方が違ってきます。旦那さんは踵。私と長女は親指の爪の先です。親子って似てほしくないところが似るものですね。(涙)

↓補修布、最初は自分の靴下だけに貼っていました。
「新しい靴下を新調したら絶対にやること」
こちらの記事で登場する5本指靴下、おかげさまで現在も現役選手です。補修布を貼った親指はばっちりだったのですが、ノーマークだった小指に穴が開いてしまってびっくり。今朝ほど、黒の補修布で補修しました。これで、またしばらく履けます。

↓うちの小学校では靴下は白色と決まっていまして、穴の開きやすい長女の分だけに補修布を貼っていました。
「水着用伸び~るゼッケンに関する世界的大発見」
補修布の貼り方・・・その名も「パンダ作戦」。ネーミングの由来は、補修布をカットした形がパンダに似ているから。

今日から作戦変更!!パンダ作戦失敗で、今度は・・・。

↓ブルドッグ作戦です!!!(爆)

今から登校するという朝の一番忙しい時間に撮影!(いいかげんに冬物の座布団カバー替えなくちゃ・・・)ブルドック作戦と言われても、パンダ作戦との違いが分かりませんね。

それでは詳しく解説させていただきます。

↓パンダ作戦の失敗に気が付いたのは2016年5月のこと!!つまり今月!

「水着用伸び~るゼッケンに関する世界的大発見」から11ヶ月目のことでした。水着用の伸び~るゼッケンは、靴下用補修布に劣らないいい仕事をしてくれていました。

しかーし!!

私のケチが災いしました。親指の爪が当たる面積が、思っていたよりもずーっと広かったのです。パンダの目の横(?)に穴が。

↓こちらも。

よく見れば、補修布(正確には水着用の伸び~るゼッケンですが・・・)にも戦った跡が・・・。

まぁ11ヶ月履いてもらえただけでも十分なんです。だって、補修布が無かったら1ヶ月足らずで穴が開いてしまう長女ですから。

↓パンダ作戦で使用した補修布をもう一度アイロンで温めて剥がし、新しく補修布を貼りました。

ケチらずにつま先から足の裏に折り返すぐらいの気持ちで、大きめに。

↓最近新調した靴下にも。(新調したと言いつつ薄汚れている理由は後ほど)

足裏に三角形の耳が折り返すような感じで。

足裏から見たら、
ほら!

ほら!

ほら!

何かに見えませんか?そうですブルドッグの耳です!(笑)

今の時代、もうパンダ作戦じゃダメ。ブルドッグ作戦じゃないと!!(←ばか)

↓さらにリッチなブルドッグ作戦もご提案!

贅沢な補修布の使い方ですが、剥がれるリスクも抑えられます!

補修布をどういう形でどう使うか。そればっかりに気をとられていましたが、今回、学んだことがあります。

それは、新品の靴下に補修布を貼るな!
一度履いてから貼れ!

です。つまり伸縮率の高い靴下では、実際に履いてみないと擦りきれる場所(うちの場合は親指の爪の位置)が正確に特定できません!!!!そこで一度履いて、汚れの位置から補修布を貼るべき位置を見極めるのです!!!

しかし、一度、洗濯のサイクルに組み込まれてしまうと、新しい靴下を探して抜出し、補修布を貼るのはなかなか至難の業。貼ろうと思ったら使用済み。ということも。(笑)

靴下のゴムが「パリパリ」と悲しい音を立てて伸びきってしまうのが悲しくて昨年より1足600円の靴下を導入しました。我が家にとってはいいお値段ですが、1年経ってもゴムがギュインギュインいっています。劣化の心配も無く2年目に突入です。

靴下の穴やゴムの劣化に悩む方からのコメント、心よりお待ちしております。

↓1日のポチの数、ずーっと1桁なので2桁になるよう、どうか・・・どうか・・・。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓大事に履いて欲しい靴下には、こちら。



↓うちの小学校では使いませんが。

4月の授業参観は、イコール、5年生の裁縫セットの展示会(受注会?)も兼ねていました。小学校の廊下に並べられた裁縫セットをチラチラ見つつ、「30年前の裁縫セットを再現」のお下がり裁縫セットで我慢してくれないかなぁと思っていました。↓その晩、ランドセルから取 ...

続きを読む
4月の授業参観は、イコール、5年生の裁縫セットの展示会(受注会?)も兼ねていました。小学校の廊下に並べられた裁縫セットをチラチラ見つつ、「30年前の裁縫セットを再現」のお下がり裁縫セットで我慢してくれないかなぁと思っていました。

↓その晩、ランドセルから取り出し、テーブルに叩きつけたのがこちらの封筒。

平成の風を感じる裁縫セットが並んでいますよ。(涙)

私の話を聞こうともせず、「スヌーピー!!スヌーピー!!」と長女が連呼しています。

教育上、やっていいことなのか、悪いことなのか、分かりませんが、私は、お金をチラつかせる作戦で、長女に交渉することにしました。

「お下がりの裁縫セットを使ってくれたら1000円あげる」
即効で、断られました。

「じゃ1500円」
迷う様子もなく、長女は顔を横に振りました。

deteko 心得たり!
1500円程度のお金じゃ、長女の気持ちは揺れない・・・。
それほどまでに新しい裁縫セットが欲しいと言うのなら、しょうがない!!
買ってあげようじゃないですか!!

きっと一人暮らしをする時や、お嫁に行くときには、一緒に持って行ってくれるはず。
私と実家の母がそうだったように。(笑)

↓買うと決まれば次は内容チェックです。

小学校側が必要と指定したアイテムをセットで買うと3310円

内容は、
バッグ 1440円
糸きりばさみ 260円
チャコペン(二本)110円
裁ちばさみ 780円
針と糸のセット 720円(リッパー・針山・マチ針10本・糸通し・カラー糸・折れ針ケース・縫い針7本 指ぬき2個 含む)

です。

これらの単価をすべて合計するとセット価格と同額の3310円になります。(絵の具セットの時は、バラバラに買うとセット価格を上回るという「節約お母さん泣かせ」の現象が起こっていました。)

しぶとい私は、「バッグだけを新しくして、中のモノはうちにあるものでいいんじゃ・・・」と言ってみましたが、もちろん却下。(涙)

と言うことで、全て揃ったセットを購入することに決定!私からすれば、全くもって使いものにならない削るタイプのチャコペンも!です。

まぁ、裁縫セットが新しい事も製作意欲を倍増させる要素ではある!(笑)
形から入るのも大事。そう!そう!




授業参観の日からちょうど1ヶ月。

↓新しい裁縫セットが届きました!!!パチパチパチ!

長女の第一希望だったスヌーピーですよ!みなさま!
私はこっそり、ミッキーの方がいいんじゃないかと思っていたんだけども。

スヌーピーも、ミッキーも、30年経っても絶対現役だと思うので、どっちの裁縫セットでもいいっか。(笑)

↓はい、こちらが3310円です。(爆)

まぁまぁ揃っていますよね。以前、コメントで「部長が今どきの裁縫セット見たら驚きますよ!!簡素化されてて!」と言われていたので、ある程度覚悟していたんですが、まぁまぁ寂しくない程度にいろいろ入っていますよね?メジャーが足りないかなぁ。

↓実物が届いて驚いたことがひとつ。

リッパーとピンセットがドッキングしていました!!!!これが30年の進化でしょうか?(笑)

それにしても、私の交渉金が1500円だったのかは、自分でも謎。裁縫セットが3310円なんだから3000円まで交渉を続ければどうよ・・・私。(爆)

↓1500円じゃ揺るがない貧乏ミシン部の2代目にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓巷には4千円を超えるソーイングセットも続々!


↓想像以上にスヌーピーってソーイング業界で幅を利かせているのね。(笑)


初夏の季節を感じる今日この頃、次々にサイズアウトしてゆく長女が着るものに困っています。去年、着ていたパジャマがもう着られない。10年前の洋服ですら捨てられずにいる私には、少しうらやましい話です。おしゃれにも目覚め、鏡と洋服ダンスを行き来している長女に、あ ...

続きを読む
初夏の季節を感じる今日この頃、次々にサイズアウトしてゆく長女が着るものに困っています。去年、着ていたパジャマがもう着られない。10年前の洋服ですら捨てられずにいる私には、少しうらやましい話です。

おしゃれにも目覚め、鏡と洋服ダンスを行き来している長女に、ある程度の洋服は買い与えるとしても、部屋着ぐらいはなんとか貧乏ミシン部で・・・と思わずにはいられません。

私の一軍の中の一軍と言える、ナンバーワン部屋着は「風がスースー入るルームパンツ」です。とにかく涼しくて着やすいダブルガーゼのギンガムチェック。かっこいい・・・・。ダブルガーゼギンガムチェック!!!(かっこいいので2回言いました。)

それを見た長女が「小さくなったら私にちょうだい」と言うのです。いや、小さくなるってことは、ママが太るってことだから、あってはならない事なんだよ・・・と思いつつ、「ち・・・小さくなったらね」と答えていました。(涙)

↓昨年の夏の終わりに、気持ちよさそうな素材だなぁと思って1M980円で買っておいた麻混のボーダー。貧乏ミシン部としては少しお高めですね。

ポリエステル混の安い部屋着は巷にあふれているけど、麻混のこの素材で部屋着作ったら絶対に気持ちいいって!!!絶対!ぜぇぇたーい!!(子供かっ!)

あっという間に、ひと冬越して、さぁて150サイズのフレアパンツを作ろうかねぇと思っていたら・・・。子供服作りをサボっていたので、150サイズが載っている洋裁本、1冊も持っていませんでした!!(涙)

急いでいるので、(じゃないと、今夜も私服で寝るからね)「風がスースー入るルームパンツ」の型紙を並べてみました。

ちなみにこの型紙は、
「余ったデニムでキャザーを寄せたふんわりパンツ」
「サッカー生地祭りファイナル ペチパンツ」
でも使用しているので4枚目となります。

4回使えば、型紙の元も取ったと言えるでしょう。
今回1Mでという制限付きなので足りるかどうかドキドキです。並べてみたら微妙に足りない。ということでそれぞれ脇の部分を1センチほど折ってみました。

↓ご覧ください!ミミも落とせないほどのギリギリさ!

今日の重石係さんは、テープカッター台君と2穴パンチさんです。ちなみに今回の型紙は包装紙ではなくて、日本通運の紙袋を解体して広げたもの。(笑)でも一番型紙のトレースに向いているのは、白い百貨店の包装紙です。ほどよく透けてトレースしやすい!!

余談ですが、ちょっとした宅急便を発送する時など、紙袋を解体して包み直すとすごくいい感じになります。ギフト用の包装紙よりも強度があり、ダンボールよりもサイズの融通が効く!!先日も処分するデスクトップパソコンを送り返す時に大きめの紙袋が役立ちました。貼りつけてある部分をそーっと破りながら広げ、フラットな状態にしてから包むのがコツ!!処分するパソコンにプチプチなんてもったいないですからね!(再利用だとしても!!)

↓裁断できました!

布地をケチろうと、型紙を回転させていると、左右対称に2枚ずつ裁断すべきところを右側だけ2枚・・・・とか取ってしまうことがありますのでご注意下さい。また今回のような裏と表が区別しづらい生地はこの段階で印をつけおきましょう。

私は裏側に消えるチャコペンで、ひらがなの「う」と書くようにしています。

↓柄合わせも、出来る範囲内で。

お腹の部分は目立つので、頑張って柄合わせしてみました。とりあえず目立つところだけでも!!

作り方の詳細は同じ型紙を使った過去の3作品をご覧いただくことにしまして。

↓着画です!!

最初に、前ズボンと後ズボンを1センチずつ小さくしたので、ヒップもウエストもそれぞれ4センチ小さくなっています。大人Sサイズぐらいを予定していたので、小学5年生には、ちょうどいい感じなのではないでしょうか?

着画を断られる日も近いかな?と思いながら撮影している「お母さん10年生」です。(涙)

↓過去の3作品に比べ、少しだけステップアップしています!!ココ!

既製品っぽく補強のテープを足しました!(笑)
縫い代は、家庭用ミシンに負担をかけないよう、互い違いに倒しているので少しおかしい感じもしますが・・・。ボタンはこっそりピンクの糸で!

4枚も作ってしまった今回の型紙。過去記事から、「一日でできちゃう夏に着たい服」という本から写したものであることが分かりました。新しい本ではないので、図書館で探してみて下さいね。

↓着心地重視になってきたアラフォーにポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
↓今回の型紙は図書館で借りたこちらの本から!

一日でできちゃう夏に着たい服
価格:972円(税込、送料無料)



↓お揃いどうですか?

衣替えを少しずつ進めています。いざ着てみたら去年の服が似合わないという不可思議な現実に顔面からぶち当たっています。洗濯を繰り返してヘタってきたわけじゃない、私の好みが変わったわけじゃない、体重もそんなに変化していない・・・・それなのに去年とは何かが違う! ...

続きを読む
衣替えを少しずつ進めています。いざ着てみたら去年の服が似合わないという不可思議な現実に顔面からぶち当たっています。洗濯を繰り返してヘタってきたわけじゃない、私の好みが変わったわけじゃない、体重もそんなに変化していない・・・・それなのに去年とは何かが違う!

もしかして、それは「老い」?

安物でもいい、今年の自分、今の気持ちに合った洋服を選んで行こう!そう思いました。

さて、そんなわけで似合う洋服のはばもすっかり狭まったアラフォー。どんな洋服を買えばいいのか分からなくなってしまいました。若い頃ならその答えが、本屋に平積みされたファッション誌の中にあったのに。(涙)


↓プチプラファッションのブログを見ていて、私もシャツの襟を立ててカッコよく着てみよう!!と思いました。

襟のある服が似合うタイプじゃないってことは前から薄々感じていました。「あなたは首が短いから・・・」と何度も繰り返し攻めてくる母の言葉が遠くから聞こえてきます。(たぶん言っている本人に悪気はない)

人は欠点でもないことにウジウジ悩むのに、人から言われなかったら自分では気づかない欠点もある!!だから、自分の子供にわざわざそんなことは言わなくていい!!どうしても言いたいなら、「丸首の方がすっきり見えて似合うと思うよ」とか、他の言い方ってもんがある。そう思います。トラウマを増やすなと。

と反抗的なことを思いつつ、母の言いつけ通り、ちゃんと試着もして、この2枚を買いました。

昨シーズン、何度か着てみたけど(襟も立てたけど)やっぱりダメでした。襟付きが似合わない。(涙)
それじゃ、襟を取ってスタンドカラーにしますか!

↓手順1:襟を立てて外したらどんな感じになるかイメージしてみる。


手順2:手持ちの糸で合う色があるかチェックする。(視線が集まる襟元なので糸の色に妥協は禁物)

↓手順3:リッパーで丁寧にほどく。


↓二枚同時進行で時短!!


↓ほどく部分は最小限に。

手順5:途中で、下糸の交換とならないように下糸の量をチェック。
襟に関してはストップ!無駄な返し縫いをスローガンに!!

↓手順4:ボタンが邪魔にならない方向を見極めて、縫い始める。(私は表側重視で表を上に向けて縫います)

そのシャツのミシン目に、今から縫うミシン目の大きさをそろえると完成度UP!

↓完成です!

早速着てみました。襟がある時より似合っている気がします。気がするだけですが。
貧乏ミシン部によって2枚のシャツが1軍入りしました。今後は、試着室でも冷静な判断ができる大人になれますように。

↓初チャレンジではございません。こちらもどうぞ!
「襟を取ってスタンドカラーにリメイク」

【おまけ】
こんなナイロン製の黒い紐なんてとっておく必要ないかな?と思いつつ、貧乏性で残していた35センチほどの紐。

↓本日、アウトドアチェアの袋カバーの紐に採用されました。

横に並べたのは、もともとついていた紐。他にも色違いがあるのに、この紫色のカバーの紐だけ、もやもや、モケモケに。(涙)暮しの中の小さなストレスが、もったいない精神で残した黒い紐で解決できる、こんなうれしいことはありません。

↓小さなガッツポーズを増やしてゆきたい・・・・そんな私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓この作業の必需品はこれ!!糸きりばさみだと洋服を傷つけてしまいます。(経験済)

リッパー 【クロバー】
価格:371円(税込、送料別)



↓立ち上がるのが嫌になっちゃうくらいお尻が沈む椅子もあるのでアウトドアチェアにもご注意下さい!

↓父の日はこれに決まり!旦那さんのイチオシ!

貧乏ミシン部では衣服を買うときには必ず試着を!!と口が酸っぱくなるほど言っていますが世の中には試着できないものも多々あります。たとえば、フットカバー。パンプスの下に履く足の甲の部分が大きく開いた靴下です。フットカバーが登場して間もない頃は、歩いているうち ...

続きを読む
貧乏ミシン部では衣服を買うときには必ず試着を!!と口が酸っぱくなるほど言っていますが世の中には試着できないものも多々あります。

たとえば、フットカバー。パンプスの下に履く足の甲の部分が大きく開いた靴下です。フットカバーが登場して間もない頃は、歩いているうちに脱げてしまう事件が多発。

「ピッタリなフットカバー発見!」と大当たりを引いたつもりでも、洗濯を繰り返すうちに伸びてしまい結局脱げてしまうということも。履き心地のよいフットカバーをたった1足探すのにハズレを何足も買わされるという事態が日本各地でおきていました。

永遠に解決不可能かと思われた私のフットカバー問題。おかげさまで、貧乏ミシン部部員のデコポンさんによって見事解決。素敵情報を知りたい方はこちら!!デコポンさん本当にありがとうございました。

さてフットカバーと並び、試着したくてもなかなかできないものにキャミソールがあります。ブラやガードルなら、下着コーナーに担当の方がいるので「試着したいんですけど」って言えるのですが、なぜかキャミソールの試着だけは遠慮してしまいます。何故?キャミソールが洋服と下着のちょうど中間にあるからでしょうか??はたまた、靴下と同様に試着しない前提でパッケージングされているから?

試着を遠慮してしまうという微妙なポジションにありがなら、人生において、体に合ったキャミソールに出会える確率はかなり低く、デコルテが開きすぎていてチラ見せするつもりが、思いっきり下へ潜ってしまって表に出てこなかったり、カップ付きキャミソールのカップそのものがバストに合わず浮いてしまったりと、キャミソール1枚でも本当に難しい。(涙)

↓様々な理由から横流しされてきたのがこちらのキャミソール。(親戚より我が家に漂着)

肩紐の調整もできるし、カップもついていないので、誰にでも合いそう・・・・と思いましたがいざ着てみたらパワーネットのような伸縮素材が災いして、両手を上げるだけで、裾がせり上がってくるという着心地0点のキャミソールでした。

前置きが長くなりましたがこのキャミソールを使って、胸の谷間をカバーする「ブラカバー」なるものを作りたいと思います。重ね着嫌いなのに、胸の谷間をもったいぶる私にはピッタリのアイテムなはず!(通販で時々見かけるものの買ったことがないので、便利アイテムかどうかはこの時点では不明。)

↓最初に思いついたのがこのパーツ。ブラ紐に付いていました。

一番上の部分が引っかけるタイプになっていたので「使えるのでは?」と以前から目をつけていました。本当の使い道はブラの紐の上についていて、上から着用したキャミソールの紐をブラの紐と一体化するために引っかけるパーツなのだそう。

↓まずはキャミソールの紐を利用してこんな形に縫ってみました。

ブラ紐の外側から内側に回り込んでこの4段階で調整しようというわけです。
ところが見事に失敗。フックとフックの間隔が広すぎてうつむくと、ブラカバーがたるんでカバー力不足。

どうやら、ブラカバーで胸の谷間をカバーするには、「左右のブラ紐の間隔」と、「ブラカバーのフックの幅」をぴったり合わせることが大事なようです。

↓自分のブラ紐の間隔を測ってみたところ23センチでした。

フックの位置を23センチに狭めました。この段階では、まだフックをブラ紐のパーツに引っかけるという妥協案でした。

↓この春いただいたカタログより画像を拝借。私のブラも、ここ(画像の矢印参照)がたまたま丸い形状だったので引っかけることはできたのですが。

フックの幅に対して、キャミソールから再利用した紐(ループ)の幅が細すぎたため、フックが立ち上がってしまい(左右から引っぱられるため)、安定感に欠けます。

↓しかも表から見ると、ミシンの返し縫いが激しすぎる!!!!!


こんな完成度では使う気になれない!!ここは、初心に返ってやり直しです。

↓長年の間、目をつけていたフックをふって(笑)、スナップに乗り換えです。

ブラのフックより、スナップの方が手に入りやすくていいですね。凹と凸のスナップを並べて縫い付けます。スナップは左右で2セット使用します。

↓ご覧ください。このスマートな見た目!!

スナップをブラ紐の丸いパーツの中でパッチンしたらこんな感じになりました!!(嬉)左右にはみ出たピロピロは折り返してブラのカップにINしてください。安定します!ブラのパーツが〇じゃない方でも、ブラ紐の内側でパッチン可能です!!

↓完成図はこちら!左右は三つ折りにして縫ってあります。

そしてそして、一般的なブラカバーは、もっと短くて裾をアンダーバストで折り返しブラの中にINするのですが、私はウエストにIN!!裾をINするとかなり安定します。

↓GWなので(関係ない・・・・)めずらしくモデルdeteko登場!!

相変わらず賢そうに見えたい願望で、紺色ばかり着ています。(笑)でも先日たまたま見たテレビ番組で、着やせする色は黒より紺!!と知り、ますます紺好きになりました。みなさんも是非ブラカバーお試しください。箪笥の肥やしになっているキャミソール、たぶん色やデザインは好きなはずです。(笑)

↓鎖骨が目立つ中山美穂がうらやましかった私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓これがスタイみたいなタイプ!

↓これがアンダーバストに挟むタイプ!