Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2015年01月

冬物のアウターを選ぶ時のポイントはズバリ!重さです。(笑)基本的に肩こりなので、ずっしりくるものは買わないようにしています。店員さんに勧められても、ハンガーごと持ち上げて、「重い」とひと言。にっこり笑って、はい終了。(爆)時々、木製のハンガーが重くて騙さ ...

続きを読む
冬物のアウターを選ぶ時のポイントはズバリ!重さです。(笑)基本的に肩こりなので、ずっしりくるものは買わないようにしています。店員さんに勧められても、ハンガーごと持ち上げて、「重い」とひと言。にっこり笑って、はい終了。(爆)時々、木製のハンガーが重くて騙されることもありますが・・・。

↓このたび、処分対象となったのがこちらのニット。

かなりもモコモコしているので、私の中では、アウターとして分類しています。色はくすんだ茶色なのですが、直射日光で、実際の色とは違った感じに写ってしまいました。すみません。ヤフオク出品用画像だったらクレームものです。(笑)完成画像は本物に近いので、この後ご覧くださいませ。

ショート丈のニット、車の運転には短い方がいいし、コートよりも気軽に羽織れていんじゃないの??と買ってしまったのが、2年前。

試着では気が付かなかったのですが、自宅でヒートテックのタートルの上に着てみたら、チクチクする・・・。袖がちょっと長めで、ラッパみたいに広がっている上に、だんだん、だんだん、ニットの重みで袖が長くなっているような気が・・・。

着づらい。

着づらい。

去年、ちくちくすることは隠して母に押し付けてみたら、数週間後、そのまま戻ってきてしまいました。1万超えだったけど、衣替えでかさばるから処分しよう・・・と思ってひっくり返したら!

↓なんだか袖だけ取れそうな感じ!!(嬉)

この手のニット、裏を返すとロックミシンでガーっと繋がれている場合が多いのですが、これは、ちゃんと毛糸に近い太めの糸で縫ってあります!!ちょっと手編みの構造に近い感じです。

↓袖を取ってみたら・・・。おぉぉそのままでイケる!!

かがったり、縁をつけたり、そんな手を加える必要、全然ありません。

↓袖を取っただけですが、こちらが完成画像。今回の画像の中で最も実物の色に近いです。

チクチクするのはそのままだけど、袖を取ったことでさらに軽くなり、アウターだと思っていたものが、重ね着もできるようになり、登場回数がグンと上がりました。

あぁうれしい。ちょっとの作業で、大きな効果!

5年前にも同じようなことをしていました。
「長袖の袖をとってベストにリメイク」
こちらは、今も愛用中です。ベストって肩が動かしやすいし、背中があったかいってすごくいいよねって幼馴染みに言ったら、「それって年寄りの発想だよ」と言われました。(爆)

捨てる覚悟ができるニット、袖を外してみてはいかがでしょうか?(笑)思わぬアイテムが増え、コーデも広がります。

↓毎日の運動で肩こり回避中の私に、ポチっと一票お願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓バレンタインまであと1か月。我が家の女子三人+友人花嫁との女子会に向け、こちらのチョコを検討中!割れチョコってところが私っぽい。(笑)花嫁には日頃から、いろいろもらいっぱなしなので、地方のデパ地下行くと、まずは花嫁の大好物、チョコレートをチェックするようにしています。デパ地下じゃ、こんな割れチョコに出会えないしねぇ。

自分で思い出せる一番幼いころの記憶って何歳頃ですか??私は2歳ぐらいです。第二次ベビーブームの影響で、入園希望者が殺到したあの頃。私はおむつが取れていないことを理由に2歳での入園を断られ、1年待って、年少クラスから通いだしました。登園すると、玄関横に先生 ...

続きを読む
自分で思い出せる一番幼いころの記憶って何歳頃ですか??私は2歳ぐらいです。第二次ベビーブームの影響で、入園希望者が殺到したあの頃。私はおむつが取れていないことを理由に2歳での入園を断られ、1年待って、年少クラスから通いだしました。

登園すると、玄関横に先生が座っていて、爪は伸びていないか、ハンカチとティッシュはちゃんと持ってきたかなどを確認してから教室に通されます。

「あら、紅葉みたいな手ね」と毎日、毎日保育士さんに褒められ(?)ながら、当時考えていたことは、「紅葉ってなんだ?」ということと、もうひとつ、「どうしてうちにはこんなにガーゼのハンカチがたくさんあるんだ?」ということでした。

ガーゼのハンカチさえなければ、新しいキャンディキャンディのハンカチを買ってもらえるのに、どうしてピンクや水色で縁取りされた白のガーゼハンカチがこんなにもたくさんあるのだろう?と思っていました。

その疑問の答えが出たのは、自分が出産した25年もあとのこと。ガーゼハンカチって新生児の口を拭くためには欠かせないものなんですね・・・・。

つまり、私は新生児で使っていたそのガーゼハンカチをそっくりそのまま持たされていたのです。(笑)

保育園を卒園して以来、私はガーゼハンカチはダサいものと頭から決めつけて、自らすすんで使うことはありませんでした。自分が母親になる平成18年までは・・・。

出産時に準備したガーゼハンカチはシミが目立ったので、数年前に処分したのですが、次女の入園を機に「入院準備 保育園用ガーゼハンカチ」を縫ってからというもの、ガーゼハンカチの虜になってしまった私。ガーゼハンカチしか使わない生活がスタートして4年目になります。

ガーゼハンカチは、タオルハンカチよりも断然かさばらないし、吸水性もいいし、何よりアイロンをかけていなくても後ろめたくないというところが、とても素晴らしいと思うのです。

店先でガーゼ素材を見かけるたびに、あぁ自分用のガーゼハンカチを縫いたい、いつか縫いたい、そう思っていました。(次女の名前の入ったやつを使っていたので)

と言うわけで、2015年、一発目の作品は自分用にかわいいガーゼハンカチを縫いたいと思います。

↓昨年末のバーゲンでちゃっかり購入しておいた3割引のガーゼ素材はこちらの2種類。

表になるのは白地にシロツメクサの柄の方です。このシロツメクサ、ひと目ぼれでした。地味な私のこと、裏は無地を合わせそうなものですが、思いがけず黄色の花柄に出会ってしまったので、両面柄入りで作りたいと思います。柄入りだと、シワもシミも、気にならないはず。あぁ私の顔面も、柄入りにしたい・・・。(涙)

白地の方はなんと1M1800円という、貧乏ミシン部にはあり得ないお値段!

といっても30センチしか買っていないので定価で540円、3割引で378円、ハンカチが3枚取れる計算なので1枚126円(税抜)!安い・・・。今、この記事を書きながら計算して、自分でもびっくり。

あっでも両面にするから!(笑)材料費は多く見積もっても200円ぐらいかな?

↓ほとんど切り落とさずに、ギリギリでいきますから!今年も!

ガーゼなんて水通しすべきなんでしょうけど、まぁ新品のハンカチっぽく完成画像撮りたいじゃないですか。水通しはぜずに縫っちゃいましょう。後で洗濯して縮んだり、歪んだりしてもかまわない!!

↓縫う順番はこんな感じ。

30センチでカットしてもらったガーゼは、実際32センチあったので、32センチ角のハンカチにします。長方形でもいいぐらいに思います。まぁ畳んで幅が合えばいいんです。

最初に表も裏も32センチ角でカットして縫っちゃいそうなものですが、ちょいとお待ちください。そこは縦にも横にも斜めにも伸びる布のすること。紙のようにきっちりいかないんです。はい。

ちょっとずるいけど、①と②のところだけ平行にカットして、③と④ははみ出た状態で縫います。

↓そして、縫ってからカットします。(笑)

これなら、表と裏、ずれないわ!ちなみに裏返すための口は自分の指が4本入るぐらいというのを目安に、辺の中央部分に開けています。その方が表に返した時に、返し口を閉じるのが楽だからです。角にもってくると苦労します。

↓角の縫い代は、角がキチンと出るよう丁寧に畳んで返し口からちょっとだけ出しておきます。それを4回繰り返して4つの角が作れてから、全体を表に返します。

角がきれいにでなくて、マチ針で引っ張り出す時に、だいたいマチ針が折れ曲がるんです。縫い針でやればいいのに、なぜかマチ針でやっちゃうんですよね。

↓表に返してコバステッチ(端っこギリギリに入れる直線縫い)を入れたら完成です。

返し口もそのまま、上からコバステッチを入れれば、閉じたことになります。わざわざ閉じません。

2015年は、フォトスタイリングにも力を入れようかと、少し紫の実のような造花を置いてみました。(爆)もう洋服も作らないかな~と思って、タグも使い切りで3枚とも縫い付けました。

ちょっとー、雑貨屋さんに並んでいてもおかしくないような仕上がり!!
表も裏もかわいい!!(笑)2015年も、小さなお気に入りを増やしていきたいと思います。

↓稲荷ずし3個で、胃腸薬飲んじゃう私に、ポチっと一票お願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ウーリー糸があれば巻きロックもいいですね。


↓バイヤステープもいいですね。既製品でこのぐらい歪んでOKなら私にも出来そう!(笑)

今年に入って思うように更新ができていません。その理由は、この記事の最後に。まずは、こちらの記事をご覧ください。・2012年年末特別企画 あみぐるみ第一弾・2012年年末特別企画 あみぐるみ第二弾ちょうど二年前の記事ですが、何度見返しても面白い。(笑)本当 ...

続きを読む
今年に入って思うように更新ができていません。その理由は、この記事の最後に。

まずは、こちらの記事をご覧ください。
2012年年末特別企画 あみぐるみ第一弾
2012年年末特別企画 あみぐるみ第二弾

ちょうど二年前の記事ですが、何度見返しても面白い。(笑)
本当の事を言うと、この撮影を終えたらまるごと全部捨てるつもりでした。でも、思いのほか反響が大きく、「ぜひとも残してほしい」との声が次々に寄せられたので、捨てるに捨てられなくなってしまいました。

このまま残しておいていいのか?もう捨てるチャンスはないのか?
記事の後、さらに2年間も保管したちょうど昨年の暮れこと。

大おばあちゃんのお見舞いに行きました。大おばあちゃんは、何度も体調を崩し、入退院を繰り返していましたが、ある日、うちの子達に言いました。

「またたくさん、毛糸、編んでやるさかいな」(大阪弁)

その時、私は思いつきました!おばあちゃんが編んだこの作品を、ほどいてぐるぐる巻いて、また大おばあちゃんのところに持っていけば、お母さんが毛糸を買わなくて済むし、何より、リハビリのためってことで、毛糸をほどく理由にもなる!!(笑)

↓で、早速二人の従業員を雇い、作業開始です。

長女が薄いパジャマを着ていますね。画像のプロパティを見てみたら11月1日となっていました。

↓編み物をほどく作業は、障子をやぶる作業と同じくらい楽しい。(笑)

おばあちゃんの作品の中でも、動物やアンパンマンは、ほどく勇気がなかったので、まずは「月ごとに分けて入れられる伝票入れ」をほどきました。

大おばあちゃんがジャンジャン編んで毛糸が足りなくなったら、それを理由に、動物やアンパンマンとゆかいな仲間たちも、ほどけばいいのです。まずは伝票入れから!

ほどいた毛糸がラーメンみたいになっています。ちょっとこのままでは編みにくい。

↓長さのある毛糸はぐるぐる巻きました。これでラーメンも伸びるでしょう。

隣には、生き残った動物とアンパンマンとゆかいな仲間たちが。きっと作業の間、ひやひやしていたんじゃないでしょうか。

この後、何度かお見舞いに行ったのですが、「またたくさん、毛糸、編んでやるさかいな」の日以来、だんだん元気がなくなっていきました。編み物なんてできる様子ではありません。

この年末に、ミシン部屋の掃除をしていたら、「肌着をお世話人形にリメイク【クリスマス準備その1】」で使った新品の肌着が出てきました。2枚組の1枚、サイズも3Lだし、お正月にでも着てもらうと、旦那さんの実家へ持参しました。

でも、大おばあちゃんがその肌着を着ることは一度もありませんでした。




↓おばあちゃんにメッセージを書いてねと渡された香り袋。棺の中にそっと入れました。

長女は小学校の制服、次女は保育園の制服に「卒園準備 アルバム撮影と卒園式用のスカート」を着て、お通夜と葬儀に出席。冠婚葬祭では、いつも貧乏ミシン部作品に助けられます。

動物とアンパンマンとゆかいな仲間たちが、手元に残りました。何回見てもププッって笑ってしまう、あみぐるみ。持ち歩くにはちょっと大きいけど、元気をくれるお守りです。彼らが断捨離の対象になることは、もうこの先ないと思います。

↓こんなの見せたら、編み物教えてってなったと思います。

今さらですが、あけましておめでとうございます。前回の更新から6日間も経ってしまいました。何していたのかって聞かれれば、それはズバリ除雪作業です。独身時代のスノーボードのウエアを引っぱり出してきて頑張りましたよ。それなのに昨日、今日と雨が降って、除雪したと ...

続きを読む
今さらですが、あけましておめでとうございます。

前回の更新から6日間も経ってしまいました。

何していたのかって聞かれれば、それはズバリ除雪作業です。独身時代のスノーボードのウエアを引っぱり出してきて頑張りましたよ。それなのに昨日、今日と雨が降って、除雪したところはもちろん、除雪していないところまで、雪が溶けて、私のがんばりはいったい何だったの?って気持ちです。

初売りも諦めてがんばったのに。お金を使うなってことですかね・・・。(笑)

↓こちらは長女こっちゃんが飾ってくれた我が家のテレビ台です。

どれもこれも、過去記事に登場したものばかりですが、こっちゃんが飾ると、また違った感じになっていいですね。

こちらのかめに関するエピソードをご存知ない方は、こちらをどうぞ!
・見つめ合うカメカメペアで新年を祝う

こちらのうさぎに関するエピソードをご存知ない方は、こちらをどうぞ!
・結婚記念日特別企画 うさぎのリングピロー

生活必需品ばかりでなく、このような季節のお飾りも作っておくと思い出になるし、毎年年末に、ふらふらっと干支のお飾りを買って無駄使い!ってのも防げるので助かります。あぁあれ、飾らないといけないしなぁって。どうして、毎年クリスマスにはリースが欲しくなって、正月にはちりめんのお飾りが欲しくなるんでしょうねぇ。

さて、しつこいくらいに言いますが、ちょうど1か月前に40歳になった私。二度目の成人式とも言える2014年に、双子の叔母からこんなプレゼントをもらいました。(カメのエピソードと同一人物です)

↓私の振袖のハギレで作った「ミニ振袖」です。

そうそう当時独り暮らしをしていた私の意見も聞かず、勝手に母が、この紫色の振袖を注文したのでした。「少しでも細く見えるように、濃い色を・・・」と。

大きなお世話だと思いましたが、成人式を迎えた20年前の私は、人生MAXの体重で、紫色の振袖では誤魔化せないほどパンパンでした。

↓叔母から後日電話が入り、前を開けて飾るようにと言われました。

見えないようにマチ針で留めてみましたが、これでよろしいですか?裏に使ったこのピンクは、私の振袖の裏地ですか?(叔母への心の声)

↓もしかして、背中側が正解?

おばちゃん、これを読んだらどちらが正解か連絡ください!

遅くなってごめんねと叔母は言うけれど、そんなハギレを叔母に渡していたなんて知らなかったし、渡した母もすっかり忘れていたぐらいなので、こちらこそ20年間も宿題を出していたみたいでごめんね。毎年、お正月に飾らせてもらいます。

あと10年もすれば、長女のこっちゃんが着てくれるかもしれません。その時まで、この「ミニ振袖」を眺めて楽しみたいと思います。おばちゃん、ありがとう。大事にするね。

私は、着物には全く興味がないし、知識もないのですが、生まれも育ちも金沢なので、加賀友禅かどうかだけ見分けることができるような気がします。何となく、淡い色合いで。

こっちゃんが、この振袖を着てくれる頃には、母から黒留袖がお下がりで私のもとに届くはず!(笑)新年早々、腹黒い私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

【追記】
この記事を更新した1時間後に、叔母から電話がありました。飾り方は一番最後の後姿が正解!また、裏地に使われたピンク色の布は、風呂敷をほどいて使ったのだそうです。私の振袖の裏地ではありませんでした。なるほど、風呂敷なら素材感もぴったりですね。カットクロスの和柄なんかを使うより薄くていいと思います。

カメの件も、ミニ振袖の件も、このブログおかげで見事に解決しました。そんなこと、親戚で集まった時に聞けばいいじゃんって思われる方がいるかもしれませんが、会ったら会ったで、トークに花が咲き、それどころじゃないんですよね。

だって、久しぶりに友達に会って、わざわざ伸びた靴下をどうしてる?って会話にはならないでしょう?貧乏ミシン部は、そんな話題にすらならない内容でお送りしています。(笑)


↓「ミニ振袖」に一票お願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ひと目ぼれしたけど、ここまで予算が回らないんだな・・・。

↓今さら遅いけど、かわいい・・・・。