Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2014年11月

さぁお誕生日のごちそう(ってほどでもない夕食)とバースデーケーキ(ケチって15センチ)を食べ、「フェルティミシン」にチャレンジです。この先延々、このシリーズの記事続きます。先に謝ります。すみません。↓まずは次女からチャレンジ。ソフトリームのキットからスタ ...

続きを読む
さぁお誕生日のごちそう(ってほどでもない夕食)とバースデーケーキ(ケチって15センチ)を食べ、「フェルティミシン」にチャレンジです。

この先延々、このシリーズの記事続きます。先に謝ります。すみません。

↓まずは次女からチャレンジ。ソフトリームのキットからスタートです。

表にもミシンのラインが印刷されていますが、裏を見ながらミシンを進めるようで、裏側にはスタートを意味する1の数字と、ストップを意味する2の数字が印字されています。

また、表側のソフトクリームのオレンジ色の部分に、予め、小さい穴が開いています。ここに黒いボタンを入れるらしいです。

↓針の周りには半透明のカバーがついているので、間違って指を縫ってしまうことはありません。

カバーと台の隙間はほんの数ミリで、ちょっとでも厚いフエルトだったら通らないかも??

キットを外表に2枚重ねてミシンについている「ボタン」を押します。「ボタン」に鍵かっこを付けたのは、スイッチのボタンが、四つ穴のボタンになっているからです。最後の画像にミシンが写るので「ボタン」見てみてくださいね。

↓1の位置から2の位置まで縫えました。

このミシンに送り刃はないので、両手でしっかり押さえて同じスピードで進めていかないと、縫えてない部分も出てきます。まぁ返し縫いをするわけじゃないので、縫えていなかったら、その部分だけまた縫えばいいんだけど・・・。(笑)

↓キットについていたわたを詰めます。

わたはケチらずたくさん入れた方がかわいいのに、次女は遠慮して少なめ。もしかして、これも血?わたはミシン部屋にもたくさんストックがあるので、勝手にわた足しておきました。

あとはわたの膨らみをおさえながら、口を縫うだけです。
って大人の私にすれば簡単そうですが、綿が入っただけで、次女はかなりやりづらそうでした。

↓最後はリボンをボタンで留めるだけ。


↓ボタンを拡大するとこんな形になっていて、ぎゅっと押し込むだけです。


↓はい、完成です。ほらね、後ろに映っているミシン、ボタンが「ボタン」になっているでしょ??

ループでもつけて縫えば、クリスマスのオーナメントにでもなるのに・・・とか、大人はいろいろ思いますが、6歳になったばかりの次女にしたら、大満足の仕上がりです!!(笑)

こんな作品のひとつひとつが、次女の自信になっていくのですね。私はできる、手作りが得意、細かい作業もへっちゃら。そう思ながら成長していくだけで、子供の未来は全く違うものになるのだと思います。

私が図々しく、こんなブログを何年も書いていられるのも、褒めて、褒めて、褒めて育ててもらったおかげかもしれません。勉強もスポーツも全然できないのに、いったいどこを褒めてもらっていたのか、今はもう思い出せませんが・・・。

あっ!ひとつ思い出しました。三日月を見る時、影になって見えない部分も意識しながら満月の月を思い浮かべると、すごく立体的に見えるよ!!って父に言ったらすごく褒められました。(爆)

このソフトクリーム、すごくかわいいよ!!大人でもこんなにかわいいソフトクリーム作れないと思うよ。選んでつけたリボンのマゼンダっぽいピンク色、ソフトクリームにぴったりだね!6歳でこんなに上手な子はいないよ~。いいもの選んだね!

↓大人だって褒められたらうれしいよ~のポチお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓欲しくなってきたんじゃな~い?

年末の空気が漂うこんな時期のわずか10日の間に、次女、旦那さん、私の誕生日がかっ詰っています。一ケ月後には、クリスマスもあるのにですよ!!年間のイベントをもっとまんべんなく楽しみたいです。プレゼント的にもケーキ的にも。(笑)学生の頃から、私の誕生日はいつ ...

続きを読む
年末の空気が漂うこんな時期のわずか10日の間に、次女、旦那さん、私の誕生日がかっ詰っています。一ケ月後には、クリスマスもあるのにですよ!!年間のイベントをもっとまんべんなく楽しみたいです。プレゼント的にもケーキ的にも。(笑)

学生の頃から、私の誕生日はいつも期末テスト。私は本当に間の悪い女です。(涙)

さて、そんなことにもまだ気が付いていないうちの次女。めでたく6歳になりました!!次女が生まれてこなければ、この貧乏ミシン部もなかったってもんです。

なぜって、次女を出産したご褒美に、ロックミシンを買ってもらって、この貧乏ミシン部がスタートしたから。前にもお話したことありましたっけ?

次女6歳のお誕生日プレゼントは、旦那さんの希望で、旦那さんと次女、二人だけでトイザらスに行って選びました。

11月の中旬に新聞折り込みに入っているトイザらスのチラシ(と言っても冊子)を子供たちに見せ、欲しいプレゼントを切り抜いてサンタさん宛てにお手紙を書いたばかり。

次女にすれば、クリスマスプレゼントにお願いしたプレゼント以上に欲しいものなんてありませんけど????って感じだったと思うのですが、そこは6歳のプリンセス。トイザらスに行っておきながら、欲しいものがない!って手ぶらで帰ってくることありません!!

↓二人が悩んで悩んで買ってきたのがこちら!!「フエルティミシン」でございます。

「カンタン!フエルトを重ねて通すだけ」
「糸を使わないのにできちゃった」

なんて、そんなうまい話があるはずないじゃないか!という謳い文句。(笑)

↓外箱には大概大人が手伝っても絶対に作れないような完成イメージが!!


↓商品の中に入っている手作りキットはこれ!


↓子供たちのアメリカンなプレゼント開封に負け、未開封での撮影はできず。

何やら、ミシン本体を買ったら、トイザらスのサービスカウンターで、オプションのキットがもらえたそうなので、こちらに並べたキットの中に、標準装備ではないパーツがあるかもしれません。

大物はだいたいミシン本体に入っていたキットだと思うのですが、小さいキャンディーやリボンがオプションみたいな感じがします。

↓続きましてこちらも、標準キットのシート。フエルトと言うには薄っぺらく、不織布の柄プリントといった感じです。

長女と次女で話し合ってケンカの無いように分けたんだとか。次女の誕生日プレゼントなのに、きっちり半分というのが、どうも、末っ子の私には納得がいきません。まぁ次女本人が納得をしているようだし、最近、姉に気に入られようとして必死な次女にこれ以上何も言えません。お誕生日なのに・・・。

このミシンは羊毛チクチク(過去記事はこちら)のように1本針で地道にチクチクするのではなく、上から3本、下から2本(だったと思う)で縫うと言うより叩いて二枚重ねたフエルトをくっつけるというものです。音はそれなりに激しいものの、なかなか楽しそうな商品。2014年9月に発売されたものらしいです。

少し試してみたけど、なかなか面白いミシンです。今までいろいろおもちゃを買い与えてきたけど、今回のミシンは満足度高いです。お年頃の女の子のクリスマスプレゼントにお悩みの方、いらっしゃいましたら、この「フエルティミシン」おすすめです。タカラトミーの商品でお値段は5000円ぐらいです。

クロスステッチブーム、一瞬でした。
次回はこのキットで作品を作ってみたいと思います。

【追記】
貧乏ミシン部BBSあと4日でCLOSEです。次女のお誕生日に合わせて、ガーランドを作ってみましたので、BBSに投稿しまーす!!見てくださいね!!

↓次女の6歳のバースデーにポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓クリスマスプレゼントにおすすめです!

むかーし、パンタロンが流行り、その後すたれた、「広がった裾を全部狭く縫い直したもんだ」と叔母から聞かされていました。当時独身だった私は、そんな面倒なことする人がいるのかなぁと思いつつも黙って聞いていましたが、貧乏ミシン部を立ち上げ、5年目になった今、私も ...

続きを読む
むかーし、パンタロンが流行り、その後すたれた、「広がった裾を全部狭く縫い直したもんだ」と叔母から聞かされていました。

当時独身だった私は、そんな面倒なことする人がいるのかなぁと思いつつも黙って聞いていましたが、貧乏ミシン部を立ち上げ、5年目になった今、私もやってみようという!やってみたい!と思うようになっていました。いつのまにか。

30周年でにぎわうユニクロで、暖パンを試着するも、私の体型には合わず(涙)。次に出向いたのがJACK。安くてもいいから、あったかいパンツはないものかとミセス向けのパンツを試着すること5着。(笑)

2着に絞ったところで思いました。いつも似たようなものを買っている・・・。家に眠っているあの濃い茶色のパンツがスキニーになればいいのにと。

家に帰って実験です。

↓リメイク候補のパンツの上に、ジャストサイズのパンツ(夏物)を重ねてみます。

ストレートとスキニーなんて、行って帰ってくるほど違うと思っていましたが、私のふくらはぎが太いからか、重ねてみたら、ほんの数センチの違いでした。

捨てろと言われたパンツのウエストつめ」を完成させたばかりなので、こんな裾をほどいて幅を狭くするのなんて朝飯前って感覚。(笑)実際の作業は夕方でしたけど。

↓パンツって裾も前と後じゃ幅が違うんだ~と、無知な素人。

太ももの横、膝、裾、の3か所でそれぞれ、何センチ縮めたいかを測り、÷2で左右均等に幅を減らします。前ズボンと後ズボンの幅が違うので、それぞれの比率を計算すべきなのかもしれませんが、むずかしいことは考えず、中表に裏返して、縮めたい部分の縫い目を手で持って、ブンブン振り、そこから裾は1.5センチ、ヒップは3.5センチ内側をロックミシンでダーッと縫いました。

ポケットは触りたくないので、ポケットの下でストップです。

今回は簡単すぎる作業なので作業中の画像はカットして、着画です。

↓BEFORE!


↓AFTER!

ヒールが穿けない幅広な足で失礼します。

スキニーぽく、ふくらはぎ、太ももまではぴったりサイズになったんですが・・・・。

↓ポケットの下までで妥協したお直しには。

こんなしわ寄せが!!しわ寄せって言葉通りのこのシワ!!

というわけで、今回のリメイク、トップスをインできるような完成度には仕上がりませんでした。旦那さんにも、「カボチャみたいになってるよ?」とストレートな感想をぶつけられ、微妙ですが、1軍ならぬ1.5軍で頑張ってもらおうと思います。

今回リメイクした濃い茶色のパンツ。スキニーという言葉すらなかった10年ぐらい持っているので、パンツが一番びっくりしていると思います。ヒップはダボついていますが、ウエストはちょうどいいです。10年前は暖パンもなかったですよね。

デザインだけじゃなく、素材の進化も感じつつ、裾の形が・・・って、思うパンツがありましたらぜひ試してみてください。裾の印象で、スカートもパンツもガラッとかわります!

↓押してくれたら、いいのになぁ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんな裏起毛、10年前にはなかったもん!!

↓学校用のタイツも昨年から裏起毛にしました!今年も買い足す予定です。

貧乏ミシン部BBSに書き込みできる期間が残すところあと10日となりました。2014年9月からの3か月間というお約束でしたので、11月末をもって一旦終了となります。2014年の貧乏ミシン部でやり残したことはありませんか?家族にも褒められずスルーされた力作は ...

続きを読む
貧乏ミシン部BBSに書き込みできる期間が残すところあと10日となりました。2014年9月からの3か月間というお約束でしたので、11月末をもって一旦終了となります。2014年の貧乏ミシン部でやり残したことはありませんか?家族にも褒められずスルーされた力作はございませんか?本当に忙しくなる年末直前の今、2014年の締め括りに投稿してみてはいかがですか?貧乏ミシン部独自の視点から褒めてもらえること間違いなし!ドンドン投稿して、ドンドン褒めてもらいましょう!!投稿お待ちしております!!

これといった用事もないし出掛けても近所ぐらいだから、たまにはこれを着ようかな・・・と、思って箪笥の肥やしに手を通してみたものの、鏡の前に立つと、やっぱりイヤで脱いじゃう洋服。きっとみなさんにもあると思います。着心地が悪い、顔うつりが悪い、サイズが合わない、飽きた、など理由は様々。

でもって、私には、捨てる、人にあげる、箪笥に戻す、の他に『リメイクする』という選択肢があったりするので、未練が多ければ気に入らない部分を直して着るわけです。

↓今回のターゲットがこちら。

着心地が悪くて、もう3年ぐらいリメイク候補に上がっている服です。素材も柄もあったかさも文句なしの上物なのに、肩回りがきつくて着ていられないロングのカーディガンです。

大好きなグレーだし、大好きなボーダーだし、裏起毛であったかいし、大好きなのに、身幅が狭すぎる、アームが狭すぎる、Vの空きが広すぎる、で箪笥の肥やし。

↓せめて、このわきの下の部分が広く楽になればいいのになぁ。

布を足したら肩回りに余裕ができていいんじゃない??

↓そういえば、着にくいのは、袖が長すぎるっているのもあるなぁ。これをほどいたら結構大きいリブニットが取れそうだと思いました。

思った通り、大きなリブニットが取れました。

↓これをほどいて半分の幅にカットし、縦に伸ばし。


↓フリーハンドでこんな形にカットし。


↓わきの下を広めにほどきました。


↓ここにロックミシンでさっきのリブニットを縫い足したら・・・。

内側から見たら超いい感じです。これは大成功の予感!

↓と、手ごたえを感じつつ表に返したら・・・・。

あれ?何かおかしい。(笑)

↓両手を上げても何かおかしい。(爆)

幅出しを欲張ってしまったみたいです。半分ぐらいの幅でやればよかった??私の頭の中の設計図ではドルマンスリーブ風に仕上げるつもりだったのに、そのイメージからはほど遠いものが出来上がってしまいました。袖を一度、全部外して、見頃に布を足し、袖にも布を足してから袖をつなげたらよかったのかも?

試着してみたら、二の腕のまわりに余裕ができて、楽に着られるようになりました。一応。

着ている本人はわきの下が見えないので足した部分が気にならないと言えば気にならないのですが、鏡で斜め後ろから見ると、やっぱりちょっとヘンです。(笑)

またやり直して、記事も続編書くことになるのかなぁと、鏡の前で脱いだり着たり、脱いだり着たりを繰り返すこと5分。(笑)

↓袖も家庭用ミシンのジグザグでいい感じになったんだけどなぁ。


何度も脱いだり着たりして、ようやく気づきました。



この買い物は最初から失敗だったのです。
直しようがないぐらい。



肩回りがきついことに気を取られて、ここさえ直せば・・・と未練がましく何年も残しておいたけど、肩回りに余裕ができて(ちょっとヘン)着用してみて、気づきました。

このカーディガン、Vの開き具合いがやっぱり好きじゃない!!って言うが開きすぎてデコルテが寒い!Vが広がりすぎていて、胸の前でボタンを留めても、なんだかなシワが入るし、やっぱり好きじゃない。

私はこの服をカーディガンとして着ることを諦めます。きっとほどいてもう一回やれば、肩の部分、少しはマシになると思います。でも、Vの開き具合いはこれ以上直せない。(涙)

貧乏ミシン部、もうすぐ丸5年。最初の頃なら、ムキになってほどいて、やり直してってやっていたかもしれないけど、私は少し大人になったので戦う相手も選ぶし、自分の負けも認めるし、我慢して着ることをもうやめます!!

こんな終わり方は、貧乏ミシン部でも珍しいこと。気になる部分を直してみたら、他の部分が気になり始めたなんて。

まずは失敗しない買い物をすること。箪笥の肥やしになりそうになったら、なんとなく脱ぐんじゃなくて、何が嫌なのか真剣に考えること。(嫌なところはひとつじゃない!)

がんばれ、わたし!
お気に入りだけのクローゼットになる日まで。

↓こんなこともあるよねのポチお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓二の腕対策にこれ買っちゃいました。誰にも内緒です。(笑)

↓こんな風に思えたのは、これを読んだからかな??

↓これも読みました。

先日お話したループゴムベルト、本日絶賛愛用中です。やっぱりトイレに行くときに楽!!!ダボっとしすぎた重ぉぉいデニムも、がんばってウエストあたりでキープしてくれています。キュキュっと。↓とは言っても所詮ゴム。いつかは劣化して弱くなってしまうに違いない。でも ...

続きを読む
先日お話したループゴムベルト、本日絶賛愛用中です。やっぱりトイレに行くときに楽!!!ダボっとしすぎた重ぉぉいデニムも、がんばってウエストあたりでキープしてくれています。キュキュっと。

↓とは言っても所詮ゴム。いつかは劣化して弱くなってしまうに違いない。

でも、その日が来たら、きっと私はリピート購入するでしょう。やっぱり見えないところはラクしなきゃ!(笑)ループゴムベルト、LOVE。

小学生の頃、担任の先生に、「トイレを出る時は、遅いなぁと思われてもいいから、一度振り返って、トイレを汚していないか確認するように!」と言われたその言葉、30年経った今も忘れることなく、実践していますが、やっぱりトイレは時間との戦い。いつだって私は時間に追われているし、混み合ったトイレに並んでいる人たちが、扉の外で次に空くのはこのドアに違いないと、私のタイムを計っているような気さえするのです。石川県でトイレに行列ができることはまずないんですけどね。

話を戻しまして。
実を言いますと、このループゴムベルトに出会う前に、あろうことか、要らぬ買い物をしてしまったんです。

↓それは何かと言いますと、キラキラのついたサスペンダー。(本革)

これをつけてサイズの大きいデニムを穿こうとしていたんですよ。でも、本革が災いして、Tシャツに毛玉ができるんです。肩から肩甲骨にかけて、左右対称に。(笑)

それもね、毛玉取り器で取り除けないぐらいの小さな毛玉なんです。夏用の半袖Tシャツ(ポリエステル混)にできる毛玉ですから。でもそのTシャツが毛羽立ってくると、すんごく古く見えるんです。買ったばかりのTシャツなのに!!(涙)

まぁ夏のバーゲンで買ったサスペンダーなので、諦めてもよかったんですが、何かいい案はないかと思って、裏側のカサカサした面に透明のマニキュアを塗ってみました。

少しでもツルっとなってほしいなぁと思って。でも、あまり変わりはありませんでした。
次に、爪用のやすりで、本革の裏面をやすってみたんですが、これも、あんまり。

私の人生初のサスペンダーブームは夏と共に過ぎ去ってゆきました。

秋になって、冬になっても、サスペンダーを見るたびにこの問題の解決策はないものかと考えてしまいます。みなさんは、いったいどうやってこういったトラブルを回避しているのだろうと。

いえ、いえ、これは、若者ぶってサスペンダーに手を出した私だけに降りかかる問題ではないのです。

↓こちらをご覧ください。こちらは友人花嫁の肩掛けバックです。

ほら、肩掛けベルトの内側が!!夏用のTシャツで毛玉ができるなら、冬用のニットに毛玉ができることは間違いないでしょう!!

「これ、毛玉にならない?」と花嫁に聞いてみたところ、このバックを買ってまだ間もないので分からないとのことでした。このバックを撮影してから、1か月ほどたった昨日、たまたま同じバックでやってきたので、こっそり『毛玉チェック』をしてみました。花嫁は「踊る大捜査線」の織田裕二みたいなカーキのコートを着ていたので毛玉にはなっていませんでした。

そんなことも知らずに、花嫁が私に掛けた言葉は、『そのパンツ、全然分からないよ』でした。ちょうど昨日は「捨てろと言われたパンツのウエストつめ」に登場した柄パンを穿いていたのです。私たち貧乏ミシン部にしか分からないけど、全然分からないよは、褒め言葉です。

というわけで、読者のみなさんのお知恵をお菓子・・・あっお貸しいただきたいのです。本革のバックやサスペンダーを使っても毛玉にならない方法はございませぬか?読者のみなさんには、なーんにもしてあげられないのに、求めるばかりですみませぬが、どうぞよろしくお願いします。

アイディアはなくとも、気温の低下と共に冷え切った私のおなかの真ん中がポッとあったまる優しいコメントも大歓迎です。

↓今日、インフルエンザの予防接種に行ってきます。がんばれよのポチお願いします。大人だって注射は怖いんです。子供たちはもっと怖いんです。(爆)
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓おとなしくこんなのを買っておけば毛玉にならなかったのに!

↓マスクが苦手な私はこれを愛用中。鼻の周りに空間ができて少し快適です。