Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2014年09月

今日から『鉄板リメイク』というカテゴリーを追加しました。「掛けカバーで作ったバイヤステープで足マット」という記事を更新して、バスタオルからのバスマットという当たり前すぎるリメイクだからこそ、みなさんのお知恵、こだわりをもっと聞きたい!!という思いでいっぱ ...

続きを読む
今日から『鉄板リメイク』というカテゴリーを追加しました。

「掛けカバーで作ったバイヤステープで足マット」という記事を更新して、バスタオルからのバスマットという当たり前すぎるリメイクだからこそ、みなさんのお知恵、こだわりをもっと聞きたい!!という思いでいっぱいになりました。



雑巾っぽくならないためには、どんなことに気をつければいいんだろう?

バスタオルだけじゃない、こんなものからバスマットを作っています。

バスマットにこんな機能をつけています。

・・・・などなど。



普段リメイクはしないけど、バスマットぐらいは作るという方は多いのではないでしょうか?ぜひこの機会に、長年試行錯誤を繰り返したバスマットの集大成をご披露されてはいかがでしょうか?

ご応募は、いつものようにコメントの書き込みでOK。画像を載せたい方は、メールに添付、もしくはBBSに投稿してもOKです。

2014年10月末に、私がこの記事にまとめたいと思います!!期間を長めに取りましたので、ぜひぜひ、フルってご応募ください。バスマットを極めたい私のために素敵なアイディアお願いします。特にアイディアもないけど、うちもバスマット手作りしてますのコメントも大歓迎です!!


↓涼しくなってやる気UP!!さぁ押して!押して!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

「ダブルの掛けカバーをバイヤステープにリメイク」で長いバイヤステープを作ったら、どうしても使いたくなったので、バスタオルからバスマットを作りたいと思います。簡単でありがちなリメイクですが、お付き合い下さい。私は長い間、「超吸水」って感じの重ぉーいバスマッ ...

続きを読む
「ダブルの掛けカバーをバイヤステープにリメイク」で長いバイヤステープを作ったら、どうしても使いたくなったので、バスタオルからバスマットを作りたいと思います。簡単でありがちなリメイクですが、お付き合い下さい。

私は長い間、「超吸水」って感じの重ぉーいバスマットを愛用していました。ホテルで準備されているタオル地のバスマットなんて、ツルツル滑るし、すぐびしょびしょになるし、簡易的すぎるとさえ思っていました。

でもドラム式洗濯機が壊れ、縦型洗濯機に買い換えたのをきっかけに、その考えが180度変わりました。ドラム式の洗濯機の上に置いていたバスマットが置けなくなって、タオルみたいなバスマットか大活躍し始めたからです。

「使いやすい洗濯ネット」と同じようにバスマットにもループをつけて壁にぶらさげたくなってきました。

軽いってなんてすばらしいんだ!と思うようになったんです。話はそれますが、先日、時計屋さんでチタンを腕時計を腕につけさせてもらって感動しました。チタンの腕時計って驚くほど軽いんですね。ステンレスとはくらべものにならいないぐらい軽い!!そしてくらべものにならないほど高い!!(笑)

私もだんだん歳を重ねて何でも軽い方がいいなって思うようになってきたみたいです。そう言えば、石黒智子さんの本には様々な日用品が紹介されていますが、いつも重さも説明に加えられています。使いやすさには、重さも重要なポイントなんだってことですね。あそこまで日用品を厳選できるって本当に尊敬します。

そんなこんなで吸水力よりも軽さを重視した、壁にぶらさげられる軽いバスマット作ってみたいと思います。

↓長女が生まれた時に「花嫁」がお祝いにくれたバスタオル。穴が開くほど使いました。(花嫁が分からない方は「花嫁」でブログ内検索してみてください)

バスタオルを2つ折りにして、ガーっと縫いました。

↓何年も繰り返し洗ったバスタオルだから、きれいに二つ折りできるはずもありません。仕方ありません、布のすることですから!


↓バイヤステープで包むから、ちょっとの厚みもズレの原因。スパッと切り落とします。


↓角もフリーハンドで角丸に。


↓最初は挟んで1本縫って完成!!を狙っていたんですが、何か所もミシン目がバイヤステープの外に落ちてやり直しになったので、バイヤステープを開いて縫うことにしました。


↓開いて縫った後に、角の部分だけ、切りなおすとカーブがグッと縫いやすくなるんですよね。


↓ほらー。(笑)


↓ちょっと引きつっちゃった部分もあるけど、短時間で完成しました。

ほんのり黄色のバスタオルに水色のバイヤステープなんて、なんだか赤ちゃんのおくるみみたいですね。

ループ付きのバスマットにしてから、洗濯も気軽にできるようになったし、水が飛び散ったところも、キュキュっと拭けるし(足で!!!!!)何より、家族みんながお風呂から上がった後、バスマットをちゃんとフックに掛けてくれるようになったことが、何よりのメリットでした。

お風呂場から出てすぐのフローリングは傷みやすいので、バスマットが長時間放置されないのは、本当にうれしいことです。

うちは昔から古いバスタオルをバスマットにしているよ!って方、結構多いんじゃないでしょうか?うちも、これが定番化しそうなので、もっと凝ったバスマットに進化させたいと思います。

↓こっちの方がおもしろ味はあるけど、足触りは、今回のバスマットの方が上です。
「Yシャツで思い出バスマット」

↓祝日だから、押しておこうっか?
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓そうそうこんなの使っていました!

↓ちょっといいなぁと思ったら超高い!!ピンク色は石川県産珪藻土なんだって!!!

「ダブルのシーツをバイヤステープにリメイク」ではノーマルバージョンでバイヤステープを作ったので、今回は、大量バージョンで作ってみたいと思います。ずいぶん前にパッチワークの本でこのやり方を知ったのですが、実際にやるのは初めてです。↓まずは、ほぼ正確な長方形 ...

続きを読む
「ダブルのシーツをバイヤステープにリメイク」ではノーマルバージョンでバイヤステープを作ったので、今回は、大量バージョンで作ってみたいと思います。

ずいぶん前にパッチワークの本でこのやり方を知ったのですが、実際にやるのは初めてです。

↓まずは、ほぼ正確な長方形に布を整えてから45度にカット。


↓さらに反対側もカットして平行四辺形にカットします。

結構大きめのシーツだったのに45度ずつ左右をカットしたら、思いのほか小さくなってしまって、ちょっとガッカリ。(涙)

↓45度の角度で6センチ幅にラインを引きます。上の辺には右から1、2、3、4・・・。


↓下の辺には、右から×、1、2、3、4・・・・。


↓分かりやすく図を書いてみました。(ヒマ人)

1の列は下が×、2の列は下が1、3の列は下が2と1個ずつズレているんですね。

↓平行四辺形の上辺と下辺を縫って「わ」にするときに、1と1を、2と2を合わせます。ちょっとねじれた感じにはなりますが、大丈夫。


↓正確に45度、6センチピッチでラインを引いたつもりだったのに1センチぐらいずれています。(涙)

しょうがないですね。洗濯を繰り返した布のすることですから。(私のせいではない)それなりに沿わせて切っておきましょう。

↓×で端っこになったところから、ひたすら裁断していきます。螺旋階段みたいに・・・。


↓あっ、もっといい例えを思いつきました。お祭りのトルネードポテトみたいな感じです。

ほつれたらどうしようと心配してしまう小心者の私は、ミシンで縫うときに、6センチのラインの前後でちゃっかり返し縫い。(笑)前の段階でほつれを阻止しておきました。この後、長いアイロンかけが待ってるので、そこでほどけてやる気喪失では困るので・・・・。

↓ゴールが見えてきた瞬間です。残り1トルネードポテトでゴール!!


↓この作業でできたのは7.8メートル。横に置いたのは最初に裁断された三角形の布です。


↓貧乏ミシン部がこの三角形を見捨てられるわけがないよね・・・・。

結局最後の余りは、ノーマルバージョンでつなげるしかないのかぁとブツブツ言いながらカットし・・・・、あっと、今になってようやく気が付きました!!

この余った三角形を2枚先に縫い合わせて平行四辺形にすればよかったんだ!!
そして、同じ作業を2回繰り返せば!!!!

ツメの甘い部長ですみません。
こんなやり方常識って方にもすみません。

さんざんバイヤステープを作っておいてなんですが、やっぱり買ってきたバイヤステープの方が縫いやすいですね。糊が効いていて引っ張っても細く伸びないし、折り方にちゃんと表と裏があって、裏の方が数ミリ広く折られているのでミシンの目が落ちにくいし。

普段、手作りのバイヤステープを主に使っていて、時々、買ったバイヤステープを使うと、「やっぱり既製品は違うなぁ」と思い知らされます。バイヤステープを縫う技術も、バイヤステープを作る技術も、どちらも向上させたい、そんな私はもうすぐ40歳です。(もっと他の目標があってもいいんじゃないの?って言わないでください。)

↓ランキングにこだわりすぎるのもどうかと思うけど、やっぱりやる気のもとになっています。いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓かわいい。

↓かわいい。

↓かわいい。(青い花柄に弱いので)

おかげさまで『貧乏ミシン部BBS』もたくさんの投稿やコメントをいただき、大変良い雰囲気でコミュニケーションを重ねております。管理者のおんぼろさん、そしてコメントをくださる部員のみなさん、本当にありがとうございます。そして、沈黙を守りながらも気になってアク ...

続きを読む
おかげさまで『貧乏ミシン部BBS』もたくさんの投稿やコメントをいただき、大変良い雰囲気でコミュニケーションを重ねております。管理者のおんぼろさん、そしてコメントをくださる部員のみなさん、本当にありがとうございます。そして、沈黙を守りながらも気になってアクセスしてくださっているそんなあなたにありがとう!!(ございます)

自分の中で「これだ!!」ってひらめいて忙しい合間に、やっと完成させた作品。家族は「へぇ~」ぐらいのもんだし、やっと時間を合わせてランチにこぎつけた友人の前に、作品を持ち込んで「自慢?」みたいな話をするわけにもいかないし。作品を褒めてくれる人はどこにもいない!!そんな時には、思い切って貧乏ミシン部BBSに投稿してみてください。

同じ大変さを味わった、同じ喜びを感じた、同じ目線の部員さんが、これでもかってくらいほめてくれます。(笑)どんな小さなものでもいいんです。「こんなの作品のうちに入らないし」なんて思わないで下さい。

私が先頭になってこれでもか!これでもか!ってぐらい、貧乏くさくて、みんなが失笑するようなものをここに出し続けているじゃないですか!!!

貧乏ミシン部の大好物は、決して材料費にお金をかけた作品ばかりではありません。溜息が出るほど時間をかけて作った作品でもありません。貧乏ミシン部の大好物は、ひらめきを感じられる作品!!これなら、私も!!って思えるような、暮らしの中の不便さを解決してくれるような、ゴミ箱に捨てるうしろめたさをちょっとだけ軽くしてくれるようなそんな作品!!ねぇそうでしょう??(笑)

さて、今回はBBSからネタを頂戴しまして、掛けカバーを材料にバイヤステープを作り溜めしたいと思います。バイヤステープの作り溜めはおすすめですよ!!

過去にこんなこともやっています。テープメーカーを買って浮かれていた頃のことです。
・「クロバー バイヤスメーカーでバイヤステープを作り溜め


↓こちらは結婚して初めて買ったダブルの掛けカバー。

過去にお布団カバーを3枚もリメイクしたので、50センチ×1メートルほどしかありません。

(1)ダブルのシーツをお昼寝布団カバーに

(2)お昼寝布団カバーをもう一枚

(3)ダブルの掛けカバーを敷布団カバーにリメイク(3枚目)

このお昼寝布団カバーにはたくさん働いてもらいました。もともとの素材が良く、長女から次女と6年近く使用してもパリッとしています。本当に「当たり」でした。そのお布団カバーも来月予定している保育園の運動会を最後にお役目御免となる予定です。1年生になる準備として、年長クラスのお昼寝がなくなるから。

それに引き換え、9年前に購入したニ○リのお布団カバーは薄くて最悪。来客用として買ったのですが、毎回触るたびにガッカリします。あんな薄っぺらいポリエステル混の布団カバーと枕カバー、どうして買ってしまったんだろうと後悔しています。

加えて、取り外しが簡単だという謳い文句の敷布団カバーも同じくニ○リで購入したのですが、大きな声では言えませんが、これも最悪でした。パッケージされている商品は実際に触れないので、要注意です。いくらタグで素材を確認するように心がけていても、失敗します。あぁ、書いているだけで腹が立ってきました。近いうちに、処分するか、違うものに作り変えよう・・・・。

さて、お話をもとに戻しまして、今回は、お昼寝カバーの余りを、バイヤステープにしてみたいと思います。バイヤステープは、まともに買うとあまり長さがないわりにお高いですし、100円ショップだと幅の狭いタイプしか売られていないので、「やる気があるのに、作りたいものが思い浮かばない」というこんな季節の変わり目にもってこいです。

今回は普通の作り方でやってみます。バイヤステープは大きい布ならなんでもいいってわけではなくて、アイロンのかかりやすい薄手の綿素材がおすすめです。色柄重視で、ポリエステル混などにすると、アイロンをしっかりかけてもふわぁと元に戻るので、苦労します。

↓45度にカットします。

掛け布団カバー時代のつなぎ目がありますが、日用品にしかこのバイヤステープを使うことがないので、気にしない、気にしない。

↓せっかくなので買うと高い幅広の挟むタイプを作ります。ですので、6センチ幅にカット。

2枚~4枚重ねにして、ロールカッターでガンガンカットします。

↓短いものを含め13本がとれました。


↓生地の表裏に気をつけて無駄が出ないように相方を探します。

右下がりと、左上がりがベストコンビです。

↓こんな感じに中表にして重ねて。


↓ミシンで縫うと、三角形の無駄な部分ができるので、それはカットします。


↓半分に折ってアイロン、また半分に折ってアイロン・・・とアイロンの使用時間が長いのでこれは冬場作り置きした方がいいですね。膝の裏から汗が流れます。(笑)

これと言ったコツもありませんが、やっぱりアイロンのかかりやすい素材を選ぶことと、アイロンしたらすぎに巻いて形状を記憶させることでしょうか。アイロン台は広いものの方が作業効率が良いと思います。

そうそう、クロバーから発売されているテープメーカーを普段使っているのですが、この幅は持っていないので普通に折ってアイロンをしています。

↓アイロンをしっかりかけたくて温度設定を高くしたため、焦げて茶色くなった部分もありますが、10メートル30センチのバイヤステープが完成しました。

かかった時間は1時間半。これじゃ買った方が安いよーなんて思ってしまいそうですが、布地代がかかっていない分だけまだマシでしょうか?

自分の作業時間を、時給計算するクセをやめようと思うのですがついつい考えてしまいます。

今回のバイヤステープはノーマルな方法で作ったので、次回は大量生産バージョンで作りたいと思います。

↓実は最近下がっているので押してもらえるとありがたい。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓これ持ってる!

↓これも持ってる!

↓たぶん持っていない。

↓持ってない!!これを買えば幅広も怖くないですね!!

「手作り封筒屋さんとレトロペーパー屋さん」では貧乏ミシン部らしからぬ贅沢な素材で、封筒を作ってしまいました。前回の記事を更新した後、保管していた包装紙を再利用して、封筒を作ってみました。使用したのは、特にかわいいと思っていた包装紙です。↓ランダムに入った ...

続きを読む
「手作り封筒屋さんとレトロペーパー屋さん」では貧乏ミシン部らしからぬ贅沢な素材で、封筒を作ってしまいました。

前回の記事を更新した後、保管していた包装紙を再利用して、封筒を作ってみました。
使用したのは、特にかわいいと思っていた包装紙です。

↓ランダムに入った折り目が・・・。

一度使った包装紙だってバレバレの封筒になってしまいました。極限られた身内でのやり取りにしか使えそうにありません。

↓やっぱり再利用ってのが悪いのかなぁ・・・と思って折り紙でポチ袋を作ってみました。

長女が大事にしていたくまモンの折り紙を勝手に使ったわりに、イマイチな仕上がりです。

↓裏が白いからさびしい感じがするのかも。両面折り紙の方がいいのかも。

今度は次女が大事にしていたパンダの折り紙を買ってに使って作りました。パンダの柄の出し方に悩みながら、縦型を2枚。ポチ袋だけ、横型にもできると書いてあったので、横型を1枚作ってみました。

やっぱり、あのレトロペーパー屋さんの北欧風の紙が素敵過ぎました。マリメッコ風のあの柄がビビットでかわいすぎました。パリっぽい鮮やかな花柄が・・・・。

↓封筒には足りないけど、この紙切れを捨てられようか?いや、捨てられまい。


↓適当な白い厚紙をはがきサイズにカットして、破片を貼りつけました。

オリジナルの懸賞用はがきです。捨ててもいいぐらいの材料だからと、あまり深く考えずに思うままに、カットして貼りつけました。その気楽さがこれまた楽しい!!私はミシンが好き、工作が好きって言うより、こうやって何かを使い切るの瞬間が好きなんだなぁとしみじみ思います。

この次、私の心を鷲掴みにしてくれるプレゼントはいったい何でしょう??

いつか、「これだ!!」と思える懸賞を見つけたら、

このオリジナル懸賞はがきに、

毎週欠かさず練習しているペン習字の文字で、

このまわりくどいデテコ節を、


ギッシリ、ガッツリ書いてやろうと思います。
懸賞は、運じゃない、実力で勝ち取るもの!!

今回いろいろと登場したクラフト作品の中で、一番完成度が高かったのは、悲しいかな・・・最後のレトロな懸賞ハガキです。(涙)

↓本気の懸賞ハガキにポチっとお願いします!!!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓今回使用したレトロペーパー屋さんはこちら!