Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年10月

貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。締切明日です。プリキュアの靴下の記事にたくさんのコメントありがとうございました。穴が開いたのを繕っただけの話にコメント19件! ...

続きを読む
貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。締切明日です。

プリキュアの靴下の記事にたくさんのコメントありがとうございました。穴が開いたのを繕っただけの話にコメント19件!!(2013.10.30現在)

これも、ある意味、私の腕前?

ちょっとした話を大それた記事におこすスキル?

たった一度だけ小学校4年の時に北國新聞の読書感想文コンクールで入賞したことが、自信になっているのかも。(なってない、なってない)

ちなみに石川県の地元紙は、「きたぐにしんぶん」ではなく、「ほっこくしんぶん」です。(笑)とにもかくにも、靴下に穴が開いた、このくやしさをたくさんの読者さんと共有することができて大変満足です。

さて、「ラフすぎる襟を考える その1【続編】」で袖を短くしました。その時は、襟がメインの記事だったので、カフス付の袖をバッサリ切って三つ折りしてしまいました。そのことが心残りだったので、今回は、カフスと一度取って、袖を短くし、またカフスをつけるやり方でやってみたいと思います。


↓今回の素材となるのは、またまた安物のブラウス。
Come On!!貧乏ミシン部
自分が着やすいなーと思う黒のブラウスの長さにカットしたいと思います。

↓まずは丁寧にカフスを取りたいのですが・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
考えてみればあたりまえだけど、カフスをブラウスの袖につけた後で、ボタンホールを縫うので、ボタンホールの縫い目に、袖の布が噛んじゃって・・・。

取れません!!(涙)

↓ブラウスの布を切って無理やり外しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓自分が思う長さにカットして。
Come On!!貧乏ミシン部

↓同じぐらいに切込み入れて。
Come On!!貧乏ミシン部

↓外したバイヤステープも、もう一回縫って。
Come On!!貧乏ミシン部
ここまでは、良かったんです。

でもね、カフスが細くて、ボタンホールも縫われているから、袖の端を挟めなかった・・・。

↓苦肉の策で、ボタンホールの部分だけ飛び出させて縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
と、同時に、ロールアップ用に袖の中央についていたボタンと、共布の紐を取り除きました。私がロールアップすると全然オシャレじゃなくて、「腕まくりしている母ちゃん」になってしまうので、この紐、一回も使ったことありませんでした。

↓ボタンを留めるとこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
この方法、カフスの幅がもっと太くて、袖の端を挟めたら、成功しそうですが、カフスが細い場合は要注意であることを学びました。

頭の中でイメージして、できそう!って思っても、いざチャレンジしてみると、自分のイメージの浅さを思い知りますね。何でも勉強ですね。これでまた経験値が上がりました。また太いカフスでチャレンジしてみたいです。

ブラウスの着やすさという点において、袖の長さって重要だなぁと思いました。私は手足が短いくせに、ダボッと着たいとか言って、大きめのサイズを選ぶので、多くの場合袖が長いです。そのまま着て、着られないことも無いのですが、やっぱり自分の思う袖の長さにすることって、本当に大事です。

今回はブラウスだからまだお直しできたけど、ニットだとお直しできないので、ニットを試着する際は、袖丈にも注意して、二軍落ちしない洋服を購入してゆきたいと思います。何度も、何度もこのブログで言っていますが、「どんなに安い洋服でも、試着するべし。」母の言葉です。

見た目では分からないことが試着で分かります。

↓コメントのお返事に1時間半もかかった私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク) 

↓ハロウィンの準備できた?こんなパッケージも捨てられない私です。

↓こんな缶とか?(笑)ゴーフルの丸い缶の使い道、何かありますか??

貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。あと4日です。前回は「マラソンランナーお着替えポンチョ」にたくさんのコメント、花の子ルンルンへのツッコミ、誠にありがとうござい ...

続きを読む
貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。あと4日です。

前回は「マラソンランナーお着替えポンチョ」にたくさんのコメント、花の子ルンルンへのツッコミ、誠にありがとうございました。

打って変わって、今回は、ちっちぇ人間のお話を聞いてください。

長い間、ゴムカタンでゴムを補強されていた靴下ばかりを履かされていた次女から、「ハイソックスを買って欲しい」と言われていました。そこで食材調達のついでに靴下売り場に出向き、次女本人に靴下を選ばせてあげることに。

次女はプリキュアのハイソックスを選びました。私の予想通りです。プリキュアの靴下は一足480円です。ワゴンの中には二足380円、いいえ二足200円のノーキャラ靴下がゴロゴロしています。

長女に比べ、キャラクタものを買い与えてもらっていない次女を不憫に思い、そのプリキュアの靴下の購入を快く承諾しました。

帰宅後、お風呂が沸くまでのわずかな時間に、ヤマザキのポイントをハガキに貼ろうとセロテープとハサミをダイニングテーブルに置いた時のことです。

勘の良い方ならもうお分かりでしょう。次女がタグ取りに失敗。

それは一瞬の出来事でした。

↓そして、それは、ほんの小さな穴でした。
Come On!!貧乏ミシン部

↓クローズアップ。
Come On!!貧乏ミシン部
ほんの小さな、ほんの小さな穴です。でもそこはニットの恐ろしさ。この小さな穴は一度でも履けば一瞬で大きな穴に広がってしまいます。

あまりのショックに私は靴下を手にしたまま、背中から後ろに倒れ起き上がれなくなってしまいました。

一度も、一度も穿いていないプリキュアの靴下に穴が!!(涙)

「お風呂が沸きました」お風呂場の方から音声が聞こえます。

大人げない私は、次女の目の前で、「穴の開いた靴下なんてもう履けない!!」とプリキュアの靴下をゴミ箱に投げ捨てました。

次女は何も言わず、涙も流さず、無表情のまま。
旦那さんに引っ張られお風呂場へ行ってしまいました。
この後、殺気立った私と一緒にお風呂に入らねばならぬ、「運の悪い長女」も何も言いませんでした。

大人げない私は、
ちっちぇ私は、

ゴミ箱から靴下を拾いました。
わずか480円の靴下・・・・、それをこのまま捨ててしまえるような生き方してこなかった。いいえ、この先もきっとできないでしょう。

プリキュアの靴下を握りしめ、ミシン部屋のある二階へ駆け上がりました。

↓ピンクのミシン糸を二本取りにして、玉結びをしてみたものの、ニットの目を通り抜けてしまうので、糸の端を遊ばせた状態で、穴を行ったり来たりします。
Come On!!貧乏ミシン部
12時から6時、2時から8時、4時から10時。
これでもか、これでもか、ってくらいに、穴を行ったり来たり。

↓遊ばせておいた糸の端を持って固結びです。
Come On!!貧乏ミシン部
糸が表に出ないように気持ち長めに糸をカットしました。

↓表から見たらこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
使用したミシン糸の色が表から見えないぐらいキツく結ぶのがコツでしょうか。ピンクだからこんな感じだけど、濃い色の靴下なら、もっと目立たないかも。

↓遠目でみたら分からないかな。
Come On!!貧乏ミシン部
お風呂から上がった次女に靴下を渡します。「ハサミを使う時は気をつけようね」と言いながら。

私は100%、靴下を新たに買い直したりしないけど、私は100%、糸で直すけど、いったいこの日本のお母さんの何パーセントが、この小さい穴で靴下を一足諦められるのでしょうか?

私はそれを知りたいです。
穴が開いたまま履かせるってお母さんはないと思うんだけど・・・どうですか?

この世の中には、大人でも、タグを取る時に靴下に穴を開けてしまった人はたくさんいると思うんです。私も2年前、大人なのにやってしまったし。納豆に入っているダシがあんなに進化しているんだから、靴下のパッケージももっと進化するべきだと私は思います。

ちっちぇー人間の話でした。

↓今日喜んでこの靴下を履いていった次女にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク) 

↓気持ちよく、もう一足買ってあげれるお母さんになりたい!!
↓この手のパジャマを見るたびに買ってあげなかったなぁと心が痛むより買ってあげたなぁってなつかしむ老後にしたい。

貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていた ...

続きを読む
貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていただきますのでお楽しみに!!

この秋、部屋の片隅で思わずガッツポーズをしちゃうような、これまたすごい自信作を完成させてしまいました!!

こんな前フリして大丈夫?!って古株読者さんは思うかもしれないけど、「はい!大丈夫です!!」

↓まずは、完成品の全体像から!!(←自信たっぷり)
Come On!!貧乏ミシン部
こちらが防寒レインコートを兼ねた「マラソンランナーお着替えポンチョ」です。おぉぉぉ!!デカイ!!着るとマツコ・デラックスみたいな感じになります。

きっかけは、旦那さんのひと言。
「マラソン大会って、廊下とか体育館とかテントの中とかで人がいっぱいいるところで着替えなくちゃいけないんだよねー。楽天でもお着替えポンチョあるんだけど3500円(送料別)もするしー。」

とのこと。つまり、私にお着替えポンチョを作って欲しいと言うことなのでしょう。かわいいじゃないですか。かわいいじゃないですか。過去に、100円ショップで(単なる)巾着袋を買ってきた旦那さんと思えない!!(←まだ根に持っている)私に頼ってくるところがかわいいじゃないですか。

お着替えポンチョを少しでも安く抑え、新作のランニングウェアをもっと買いたいという旦那さんの気持ち、すばらしいじゃないですか!(地味なスポーツのため、新しいウェアなどでテンションをUPさせるのはとても重要なんだそう)

と、言うわけで、マラソン大会の前々日から夜なべして完成させましたよ!!急いで作ったので途中途中の画像は無いのですが、これでもかってぐらい工夫を凝らしましたのでご紹介致しましょう!

まずは素材選びから。

最初、昨年のバザーで買った紺の水玉のポリエステル混と思われる布地が6Mぐらいあったのでそれでもいいかと思ったんですが、せっかくなので、カッパっぽい素材で防水は無理でも撥水効果を加えてあげたいと思い、布地屋さんへ行きました。

「何よりもお値段重視!」と書いた顔で入店し、店員さんとの相談の末、140センチ幅の撥水加工されたスカイブルーの布を3.5M購入しました。主にレインコートや、エコバックに使われる布地らしいです。私の素晴らしい交渉で、1M380円、3.5Mで1330円という破格で最高の素材をGETできました。

↓帽子は、マラソン用のキャップの上からかぶることを想定して少し大きめ。旦那さんのコロンビアのジャンパーの帽子から直接形を取りました。
Come On!!貧乏ミシン部
濡れた場合に引っ掛けることも考え、私のカーディガンから取った水色のタグも縫いつけました。こんなタグ取っておいて使うことあるのかよ?って思っていたのに、ピッタリな色味で思わず感動!!(カーディガンの変身後を思い出せない方はこちら

↓頭をスポッと通すために、襟元はボタンやマジックテープ等は付けずこんな感じ。(スポーツウェアの素材にマジックテープを近づけてはいけません。)
Come On!!貧乏ミシン部
水色のバイヤステープは、帽子のフチからずーっと繋がっています。直線で入れた切込みの最後を丸く「Uの字」に切り抜いたことでバイヤステープがほんの少し縫いつけやすくなりました。

↓こちらは、旦那さんのリクエストで付けた内側のポケット。
Come On!!貧乏ミシン部
マラソン大会に行くときは、ランニングウエアの上にアウターを着こんで家を出ればいいわけですが、走った後は、たくさん人がいる中でびしょびしょになったウエアを着替えなくてはいけません。じゃないと風邪ひくからね。

恥ずかしくはないみたいだけど、お尻を見せて気分の良い人も、見せられて気分のよい人もいないと思うので、濡れたウエアの上からこのお着替えポンチョを羽織ってお尻を出さずに着替えたいと旦那さんが言うわけです。その時に活躍するのが、こちらのポケット!予め、着替え用のパンツやタオルを入れておき、ポンチョの内側から出し入れするというもの。脱いだ洋服も地面に置かずポケットに入れるというのもいいですね。

少し屈んだ時に、足でもひっかけて、ポンチョが裂けてしまっては困ると思い、気持ち上の方に縫いつけました。日頃の感謝を込めて、ファスナーも大サービス!!

少しでも補強になればと思い、ポケットのフチもバイヤステープで包みました。

↓ポンチョの裾は、弧を描くように角を丸く落としました。
Come On!!貧乏ミシン部
ポンチョを羽織って手を下げた時に、両角だけ地面についちゃうからね。こんな伸びない撥水素材をカーブを描きながら三つ折りで縫うなんて、絶対にしたくなかったので、ここもまたバイヤステープで処理しました。

言い忘れていましたが、このポンチョ幅140センチ×丈145センチという少し大きめの旦那さん仕様になっています。旦那さんは178センチぐらいなので、女性用ならもっと短くてもいいかもしれません。今回は前身頃と後見頃の丈を同じにしましたが、前身頃だけ少し短くしても素敵だと思います。布がギリギリな方は、前後で差をつけてあげると布の節約になりますよ。

↓ここまで来たら手を出すところもバイヤステープだ!と思ってこんな感じに。
Come On!!貧乏ミシン部
小学校のプールで使うお着替えバスタオルみたいな形でもいいのかもしれませんが、防寒用のレインコートも兼ねているので、待ち時間にコースの紙をみたり、飲み物を飲んだりできるようにと、何度も旦那さんと相談し、手を出せる形にしてみました。

畳みやすいように、コバステッチを入れました。コバステッチのすばらしさを知らない旦那さんは、そんなのはいいから早く仕上げろってな感じでしたが、後にコバステッチのすばらしさを目の当たりにすることになります。

↓首の後ろの部分にタグとゴムを縫いつけました。
Come On!!貧乏ミシン部
何度も試着を重ねた旦那さんが、「表か裏か、前か後か全然分からん」と言うのでせめてもの印に子供服から取ったタグを縫いつけようと思いました。ついでにゴムも。

言っておくけど、380円で買ったこの撥水素材に表裏を見分けにくいなんてクレーム、図々しいから。(怒)

↓タグに縫い込んだゴムをぐるっと巻いて、コンパクトに!
Come On!!貧乏ミシン部
今回の作品は、バイヤステープ無くして語れないものとなりました。寄付でいただいたバイヤステープに心から感謝し、良き妻として、旦那さんをゴールで待ちたいと思います。

余談ですが、結婚した当初、旦那さんに「夢は?」と聞かれ、欽ちゃんの仮装大賞に出ることと、すべての都道府県を旅行することだと答えたら、両方断れたという苦い経験が私にはあります。しかーし、旦那さんがマラソンにハマったことで普段行かない県にも行けそうな気配!!あなたの県のマラソン大会にも行ける日が来るかもしれません。ぜひとも、この水色のポンチョを見かけた方は「detekoさんの旦那さんですか?」って声をかけてあげてください。
いつかは遠い、遠い、那覇にも行けるよう陰ながら応援したいと思います。

いつかは、あなたの住む町へ、行くかもしれません~。
るるるん、るんるん、るるるん、るんるん、るるるん、るん、るん、るん、るーん。

(第二次ベビーブームの人だけ歌ってください)

【追記】
大変お待たせしました。旦那さんの着画をUPします。

↓ご紹介しましょう。こちらが、178センチのキム兄こと、detekoハズバンドです。
Come On!!貧乏ミシン部
手首のところがツッてしまったのが残念です。手首、ちょっとキツそうな感じも・・・。まぁ旦那さんは全然気にしていませんが。

旦那さんからこちらのポンチョに関して、どうしても伝えたいことがあるそうです。それは・・・、襟元の切込み(バイヤステープでUの字に包んだ部分)のおかげで、ポンチョの中を覗きこめるので、大変着替えやすい、のだそうです。お着替えポンチョを作る際にはぜひ、ぜひ、襟元に切込みを入れてあげてください。

↓後姿はこんな感じです。
Come On!!貧乏ミシン部
2015年11月15日に第1回目となる金沢マラソンが開催されます。もちろん、旦那さんも出る気満々です。見かけたらぜひとも、お声掛け下さいませ。

↓完成が待ち遠しくてミシンの横で覗き込んでいた旦那さんにポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク) 

↓お金を出せばかわいいポンチョいっぱいあります。

↓サーファーはタオル地をどうぞ。

↓これちょっと安い!!

貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていた ...

続きを読む
貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていただきますのでお楽しみに!!


10月は何かと行事やイベントが多いですね。保育園じゃ焼きイモパーティーだの、町内じゃ秋祭りだの、文化祭だの何だので、10月の私はヘトヘトです。

しかも、急に気温が下がったので、先週の土曜日、引っぱりだしてきましたよ。衣装ケースからニットのカーディガンを。やっぱり、ムシューダはいいですね。防虫剤のにおいを気にせず、すぐに着られます。(笑)

昨夜から、就寝時、一階のタンスから夏物を少しずつ出して、二階に持って上がり夏物を片付けて、同時に、冬物を取り出し、その晩はベッドの横に並べておいて、翌朝、その冬物を一階へ持って降りるという、自動衣替えシステムを実行中です。家族みんなでやっています。(旦那さんの除く)

さて、今回は、「ラフすぎる襟を考える その2」です。流行りに流されて買ったはいいけど、全然着こなせなかった洋服を直していきたいと思います。

↓お題はこちら!!こんなに前が開いているのにボタンが2個!!という斬新なデザインになっております。
Come On!!貧乏ミシン部
第一ボタンを開けて、タンクトップなんかを重ね着して、サラッと・・・・着こなせませんでした。単なるだらしない人になってしまいましたよ、私。(涙)第一ボタンまで留めると苦しいし・・・。

また質問しちゃうけど、この襟元、なんて名前なんでしょう?!昔はこんな形の洋服なんて無かったように思うんですが、いかがですか?最近はよく見ますけど。ボタン1個も無いバージョンでポリエステル素材のブラウスとかよく見かけます。

箪笥の肥やしにならぬよう、何とか工夫して普段着の一軍に上がってほしい!がんばれ、私!

そこで、小学校4年生から集め続けている「detekoストック」の中から、このブラウスに合うかなーっていうボタンを選んでみます。

↓1番、透かしみたいなラインが入ったベージュのボタン。
Come On!!貧乏ミシン部

↓2番、日暮里で買ったいろんな形のボタンが混ざっているボタン。
Come On!!貧乏ミシン部

↓3番、いかにも!って感じのナチュラル系の王道、ウッドボタン。
Come On!!貧乏ミシン部

迷って、迷って、お上品に1番の透かし入りボタンに決定!!

↓あまりお行儀の良くない前立てを折りたたんでボタンで留めます。
Come On!!貧乏ミシン部
もちろんボタンを付けただけでボタンホールはありません。既存のボタンの位置を意識しながら等間隔でボタンをつけます。鉛筆で印してあるの見えますか??

↓ジャーン!!こちらが完成した状態です。
Come On!!貧乏ミシン部
ちゃんとボタンホールがあるのは下から4番目のボタンだけ。その他は、なんちゃってボタンです。第一ボタンの下にも2つボタンを付けてあたかも、今だけボタンを外してますっぽくしてみました。ボタンホールが無いので、留められることのないボタンですけど。

↓ボタンの数に余裕があったので、カフスのボタンもちゃっかり交換。
Come On!!貧乏ミシン部
手前にあるのは、元々ついていたボタンなんですが、小さい割に、厚みがあって片手でカフスのボタンを留める時もちょっとやりにくかったんですよね。透かし入りのボタンにチェンジして、留めやすくなりました。

ボタンを足したことで、普通っぽいブラウスになり、登場回数も稼げそうです。この襟元なら、重ね着もしやすいかなーって思っています。

ボタンだけ見ていたら、使い道がなさそうって思える地味なボタンも、ストックしておくと役に立ちますね。ボタンの数が揃っていたら、幅も広がります。

↓detekoストック万歳!で、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク) 

↓アンティークのボタンなんかだったら、もっと素敵かもー。
【送料無料】私の手芸箱 [ SE編集部 ]

【送料無料】私の手芸箱 [ SE編集部 ]
価格:2,415円(税込、送料込)


↓気になっている本2冊。
【送料無料】どんな布も生かすリメイク

【送料無料】どんな布も生かすリメイク
価格:980円(税込、送料込)


貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていた ...

続きを読む
貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。(2013年10月末まで)少しずつご応募いただいております。ありがとうございます。11月に入りましたら、順番にご紹介させていただきますのでお楽しみに!!

さて、私は体を締め付けるものが嫌いです。だからガードルも穿かない・・・・でも、膝が痛いので運動する時には、サポート効果のあるスパッツを履いています。

ワコールから出ている一番高いスパッツ。今年のお正月に、ゼビオから割引になるハガキが届いたので、「自分にお年玉だ!!」って気持ちで買いました。旦那さんも買いました。なぜか我が家には、贅沢する時は夫婦一緒に・・・という暗黙のルールがあります。

すごーくサポート力があるので、少しでも汗をかいていると上手く履けません。
爪が長い人が急いで穿くとスパッツに穴が開きます。
私も、トイレで急いでスパッツを穿こうと思ったら中指の爪が布地の目に入って穴が開きました。(涙)

私は日ごろからメーカーの企業力に期待しているので、
ティファールの時
と同様、すぐさまワコールのサポートセンターへ電話しました。だって12000円もしたんだもの、簡単には諦めきれません。

フリーダイヤルはすぐにつながりました。やはり私と同じようにスパッツに穴を開けてしまう人、この世に5万といるらしく(←大げさ)あぁお客様もですか~って感じが電話の向こうから伝ってきました。さすがワコール!穴の開いたスパッツを無償で直してくれると言うので、オペレーターさんの説明をしっかり聞きました。

まず、電話で連絡した後、穴の開いた場所を記した紙をスパッツに同封して発送するように言われました。修理は無償だけど、往復分の送料は私持ちということでした。私はケチってメール便で送りました。

2~3週間経って戻ってきたスパッツは米粒ほどの穴が開いていた部分に、1センチ角の黒いあて布をされ、上からミシンでガンガン叩かれたように縫われていました。黒色なので、あまり気になりません。送料分を考えても、十分、価値のあるやりとりでした。

先輩も同じワコールのスパッツを愛用しており、3か所も穴が開いてしまったと聞いていたので一応、このお得情報をお伝えしましたが、先輩は、裕福でかつ、私のようなしぶとさを持ち合わせていないため、未だにフリーダイヤルに電話をした様子はありません。

さて、長い前置きでしたが、このスパッツ事件から数か月経ったある日、一緒にスロージョギングをしている友人からガードルに穴が開いたんだけど、どうにかならないかと相談を持ちかけられました。

やはり友人も急いでガードルを引っ張り上げた時に、ガードルの目に爪が入って穴が開いてしまたと言うのです。分かるよー、分かる。分かる。ガードル穿かない私だけどその気持ち分かるよー。

ガードルの穴をそのままにしていたら、日に日に大きくなってしまうことは間違いないでしょう。ここは、何が何でもその穴を補修して、ダメージを最小限に抑えなくてはなりません。

任せろ!任せろ!俺に任せろ!と、いきがってガードルを預かってきたのですが・・・。

↓こちらが穴の開く寸前の状態。
Come On!!貧乏ミシン部

↓こちらがジグザグミシンで補修した状態。
Come On!!貧乏ミシン部
なーんか、イマイチですよね。

それでも友人は喜んで受け取ってくれ、先日2枚目のガードルを預かってきたのですが・・・。(2枚同時に預かるとその間のガードルが足りなくなるため)

何度やり直しても引きつった感じになってしまうんです。そして強度においてもこれで良いのか悩んでいます。ガードルに穴が開く。これは、一般的によくあることで、ガードルのお値段から考慮しても、ガードルの修繕は、ぜひとも貧乏ミシン部の得意技にしておくべきだと思います。

家庭用のミシンでもっと強度のある、もっと美しい修繕をする方法、またはヒントを心からお待ちしております。

では、本日に2枚目のガードルをこの状態で納品してきます。より良い方法が見つかるまでこの状態で穿いていてください。うちで採れたさつまいもを一緒に持って行くので、どうかこれで勘弁してください。(涙)

↓友情とガードルに、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク) 

↓うわさのスパッツはこのシリーズ!!高い!!

↓新しいシリーズも続々登場!!