Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年04月

2013年ゴールデンウィーク前半最終日、いかがお過ごしですか?私は法事で伯母に合えるのを心待ちにしながら、ニットの毛玉をハサミで切っています。ざっくりニットは引っかかるのが怖いので、愛用の「毛玉とるとる」は使わず手作業でやっています。ゴールデンウィークと ...

続きを読む
2013年ゴールデンウィーク前半最終日、いかがお過ごしですか?私は法事で伯母に合えるのを心待ちにしながら、ニットの毛玉をハサミで切っています。ざっくりニットは引っかかるのが怖いので、愛用の「毛玉とるとる」は使わず手作業でやっています。

ゴールデンウィークとは、家族でレジャーに出かけて渋滞に巻き込まれるとう過ごし方の他に、衣替えというパッとしない過ごし方もあります。そして、その衣替えこそが、断捨離のチャンスなのです。断捨離の中でもとりわけ洋服は、強敵。心して立ち向かわなければなりません。主婦として!!

連休前から日々の洗濯の合間を見つけて、冬物のホームクリーニングを進めていました。ぶり返す寒さに「洗ったものはもう着ない」という強いスローガンを掲げつつ。

↓で、洗おうかなぁと思って踏みとどまったのが、出番が少なかったグレーのカーディガン。
Come On!!貧乏ミシン部
私は油断すると、すぐにグレーを選んでしまうという弱点があることに最近気が付きました。たぶん黒だとホコリが目立って、色褪せするし、白だと汚れが目立って変色する、という思いから逃げた結果がグレーなのです。

もう、このカーディガンともお別れ・・・と思いましたが悔しいほど、袖の長さも、肩幅もバッチリ私の体形に合っている・・・。

ほつれもない・・・。

人はこの状態を「飽きた」と言うのでしょうか。あまり飽きないタイプだと思っていたけど、私も凡人ですね。

自分を凡人と言ってしまったら、なんだか自分にガッカリしちゃって、そんな凡人に選ばれた出番の少ないグレーカーディガンがかわいそうになってしまいました。

そしたら、なんだか悔しくなって来シーズンも活躍させてあげたいという思いがムクムクとわきあがってきました。

↓そこで!急遽、貝ボタンに取り換えてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
取り換えるボタンをカーディガンのボタンホールに通してみて、ゆるくもきつくもない事を確認してから縫いつけました。もともとついていたボタンより直径が少々大きかったのですがその分、厚みが薄かったので、ちょうどよい塩梅でした。

↓さらに!ボタンホール側の前立てに小さいサイズの貝ボタンをリズムよくつけてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓そして、ボタンを留めてみると!!
Come On!!貧乏ミシン部
ひゃっほー!!
地味で目立たなかったカーディガンが、少しにぎやかになりました。
ムシューダを入れて保管!保管!


↓地味な中にも戦い続ける私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓あると便利!うちなんてもう2台目!!

↓消えてなくなるものにお金かけたくないけど・・・。こればっかりは作れないし。

伯母からもらった布地は化繊が多いです。その理由は、伯母がその昔、ブラウスの縫製をしていたからです。どれもこれもツルツルしていて正直なところ、それはそれは、大変縫いにくいです。でもボタンの無い簡単な形なら、ツルツルさせながらでも縫えるかなぁと思って、あれこ ...

続きを読む
伯母からもらった布地は化繊が多いです。その理由は、伯母がその昔、ブラウスの縫製をしていたからです。どれもこれもツルツルしていて正直なところ、それはそれは、大変縫いにくいです。でもボタンの無い簡単な形なら、ツルツルさせながらでも縫えるかなぁと思って、あれこれ広げてみました。

思い返せば、そう!2012年10月のことです。

↓裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部
トリさんを、前身頃のどの部分に配置するかで、しばらく悩みました。ちょっと分かりにくいですが、胸より上が切り替えしになっています。フローリングに溶け込んでしまっています。

↓直線縫いで、切り替えし、両肩を繋ぎました。
Come On!!貧乏ミシン部
ここまでやったところで、気温がグンと下がり、放置すること6か月。

春になって暖かくなってきたので放置していたトリの服を再び縫い始めました。

↓ちょうどよい色のバイヤステープが無かったので茶色にしてみます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓100円ショップのバイヤステープは糊が効きすぎてカーブが縫いにくいです。
Come On!!貧乏ミシン部
バイヤステープの色は本当に茶色でよかったのかなぁと自問自答しながら進めます。まさか。アイロンの効かない化繊で同じ色のバイヤステープを作るわけにもいかず、手持ちの布に似た色も見当たらず、まさか、今のところ0円で進めてきたこのトリの服にわざわざバイヤステープを買うわけにもいかず。まぁ茶色しか他に道はなかったのだと、自分に言い聞かせたりして。

バイヤステープってはりきって買いに行ってもそんなにちょうどよい色合いのバイヤステープに巡り合うことなんて、なかなかないんだから、そうそう、結局茶色しか無かったりしてね。とミシンを走らせている間って、どうでもいいことを考えているものです。

↓気付けばあっと言う間。
Come On!!貧乏ミシン部
こんなにすぐできるのに何で6か月も放置していたのでしょう?自分でも不思議です。矢印で示したところ、実は何色の糸で縫えばいいのかさんざん迷って、矢印よりも上は茶色の糸で縫って、矢印より下は生成りの糸で縫ったんです。

みなさんは、こう言う場合、何色の糸で縫いますか?ぜひ教えてください。ちなみにロックミシンは生成りです。

↓完成です。
$Come On!!貧乏ミシン部
茶色の布地が思ったよりもハリがあり、肩の下にシャラーンと垂れなかったのが計算外でした。でもなかなかパンチのあるトリの服が仕上がりました。

問題は、これを着る勇気があるかと言うこと。色は地味だけど、柄は派手。そして、何より読者のみなさんに見つかったら一発で「貧乏ミシン部のdetekoさんですか?」って言われそう・・・。

私も勇気を持って着こなしてみますから、みなさんも勇気を持ってお声をお掛けくださいね。

フリーマーケットや、手芸屋さんなど、ミシンのお好きな方が集う場所には着て行かないようにします。とりあえずは、ゴールデンウィークで親戚が集まる30回忌の法事に!!伯母も喜んでくれるはずです。カメの色も忘れちゃうぐらい、前向きな伯母ですが、このトリ柄はインパクトがあるのでさすがに忘れていないでしょうから。

・伯母がカメの色を忘れてしまった記事はこちらをどうぞ。

・今回と同じパターンを使用した過去の作品についてはこちらをどうぞ。
(こちらは肩の下がシャラーンと垂れております)

↓めずらしくゼロから洋服を作った私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓石川県民はバーべQをよくやるのでコレ買っちゃいました。

↓子供用の椅子に大人が座ったら脚が折れたので、これも買い直しました。(60kgまで)

法事以外の予定はバーベQだけ。しかも、そのバーベQも自宅裏でこっそり開催予定。

前回すごい偶然を知らせてくれた友人からお直しを頼まれました。と言いますか、自分から買って出たと言った方が正しいかもしれません。↓こちらがそのチュニック。何か違和感を感じませんか??↓首の後ろのファスナーが外側からついているという大胆なデザインなのです。↓ ...

続きを読む
前回すごい偶然を知らせてくれた友人からお直しを頼まれました。と言いますか、自分から買って出たと言った方が正しいかもしれません。

↓こちらがそのチュニック。
Come On!!貧乏ミシン部
何か違和感を感じませんか??

↓首の後ろのファスナーが外側からついているという大胆なデザインなのです。
Come On!!貧乏ミシン部

↓このチュニックの裾がね、裂けてきちゃったんですって。
Come On!!貧乏ミシン部
裾についたバイヤステープのおかげで、どうにかつながっているといった感じです。座るたびに負担かかちゃったのかな?

↓恐る恐るほどいてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
すごくボロボロが出やすい弱いタイプみたいなんです。この人。

↓黒の接着芯が無かったのでグレーを貼ってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
余りものを接着したので少し変な形ですが、少しでも補強になることを願いつつ。

↓アイロンで折りぐせをつけて上から縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
あぁ黒の接着芯があったらもっとおさまりがよかったのに。ちょっと見た目「×」です。でも2重×2つ折りで4倍の強度になったと思います。

↓表側から見ればまぁまぁです。
Come On!!貧乏ミシン部

↓さらに、表側から黒いファスナーをつけちゃおうというわけです。
Come On!!貧乏ミシン部
ファスナーを付けようってエラそうに言っているけど、実はこのチュニックの持ち主である友人のアイディア。自分で直そうと、黒いファスナーを左右に1つずつ買ってあったのだそうです。矢印の部分は、ファスナーの端っこをどうにか内側に折り込みました。

↓でもこっち側はそのまま縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
そのままの方が大胆な感じでいいかなぁと思いまして。

↓さらに上からジグザグミシンで補強。
Come On!!貧乏ミシン部
布地がボロボロすぎてロックをかけられなかった上に、ほつれやすい人だったのでこれ以上ほつれさせてはいけないって思ったんです。

↓しっかり、バッチリ、縫いつけました!
Come On!!貧乏ミシン部
こんなデザインのチュニックだからこそって感じのお直し方法ですが、使えるチャンスがあれば、ぜひみなさんもチャンレジしてみてください。裾にファスナーを付けた場合、スライダーの上に座ってしまうと、ふとももやお尻が痛いのでくれぐれもご注意くださいね。

今回の反省点は、友人がせっかく自分で直そうと思っていたチュニックを「私、やろうか?」と言って持ち帰ってきてしまったことです。

私は別の意味でKY《空気読んじゃう≫なので、よかったら私が直そうかって言ったんです。と言うか言わずにはいられなかったんです。

この行動、貧乏ミシン部の部長としては、ちょいと問題です。

一人でも多くの方にミシンをしてほしいと思ってブログを立ち上げているくせに、ミシンをたくさんの方に楽しんで欲しいと思っているはずなのに、せっかく「やろう!」と思っているその若い芽を摘んでどーする?!

私はここに誓います。
アドバイスや相談相手にこそなれど、自分から「私、やろうか?」ってもう言わない!!
心を鬼にして!!これからは!!

↓部長らしくなってきた私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ファスナーをつけれるようになると自信つくよね。

↓あぁこれなら色を選ばないからいいかも。

今日は予定を大幅に変更してお届けしています。先ほど、せっせと部活動に励んでいたところ、友人から携帯に1枚の画像が送られてきました。添えられていたメッセージは・・・。「母上はスカートからチュニックにリフォームしていたわ!!」↓画像がこちら!こ・・・これは! ...

続きを読む
今日は予定を大幅に変更してお届けしています。

先ほど、せっせと部活動に励んでいたところ、友人から携帯に1枚の画像が送られてきました。添えられていたメッセージは・・・。

「母上はスカートからチュニックにリフォームしていたわ!!」

↓画像がこちら!
Come On!!貧乏ミシン部

こ・・・これは!!
「ほどく力向上で念願のお直し」 で丈つめをしたスカートではないですか!!
(撮影のために白い上着を脱いでもらったようです。)

びっくりしすぎて、更新しないつもりだったのに、更新しちゃいましたよ。

色合いも私の持っているスカートと全く一緒。友人のお母様は、お友達にお願いしてスカートをチュニックにリメイクしてもらったそうです。全く同じスカートを買った二人が二人ともリメイクしているなんて、色合いはいいけど、完成度の低いスカートだったんだなぁと思いました。

チュニックも素敵ですね。

友人のお母様はたぶん60代。私、あのスカート60歳でまだ着ていてもいいのかなぁ・・・、異常に物持ちがよい私なら、22年後も捨てずにこのスカートを持っていたりして・・・とひとりミシン部屋で想像を膨らませておりました。

いやぁ、こんな身近に同じスカートをリメイクしている人がいたなんて驚きです。同じお店で買ったと思われるので、友人のお母様も7年くらい箪笥の肥やしにしていたのかなぁなんて。

気付いてくれた友よ、これはあなたがブログをいつも読んでくれている賜物です。いつもブログを読んでくれてありがとう。そしてこの偶然を知らせてくれてありがとう。あなたから預かったお直しは、本日無事に仕上がりました。後日、記事にして詳細をお知らせするつもりです。

↓すごい偶然にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんなインドチックなスカートは仕立ての良さは求めず、色合い重視でね!!

↓夏が楽しみ!!

次女を保育園にお迎えに行った時の事です。保育園の階段を降りかけたところで、後ろから次女が来ていないことに気付きました。後ろを振り返ると、次女は廊下のフックに掛けられたパジャマ袋を手に取って眺めていました。私が覗き込んだ次女の両手に乗っていたパジャマ袋は、 ...

続きを読む
次女を保育園にお迎えに行った時の事です。

保育園の階段を降りかけたところで、後ろから次女が来ていないことに気付きました。後ろを振り返ると、次女は廊下のフックに掛けられたパジャマ袋を手に取って眺めていました。

私が覗き込んだ次女の両手に乗っていたパジャマ袋は、ドキドキプリキュアのパジャマ袋でした。同じクラスの誰かのパジャマ袋です。
(ちなみに次女の地味なパジャマ袋はこちら

私は元々キャラクタものは買い与えないタイプでしたが、長女の時は、大おばあちゃん(そう!みんなを震撼させたあのおばあちゃん)が買ってくれたりして、そこそこプリキュアグッズは揃っていました。やっぱり長子は恵まれていますね。

私は末っ子の味方です。なぜなら私は末っ子だから。長子は長子の苦労、末っ子は末っ子のうまみ、お互いにいろいろあると思いますが、今回は末っ子応援目線でお願いします。

私は保育園の帰り道、そのままの足で手芸屋さんに向かい、財布の紐が固い私が、プリキュアの布地を40センチだけ買いました。1M1470円ですから40cmで588円です。

もちろん、定価です。

ドキドキプリキュアにはプリキュアが4人いるのですが、その全てのメンバーが揃えるには40cm必要だったんです。

布地を買っただけで、次女は大喜びです。その夜、めずらしく外食した焼き鳥屋でもプリキュアの布地を広げて喜んでいます。「汚れるから!!」という私の言葉も次女の耳には届きません。

帰宅後、「すぐ作って!すぐ!すぐ!」と繰り返す次女。ほろ酔いでミシンに向かう気なんてさらさらない私は、「パジャマ袋を作るなら、一緒に寝れないよ」と言い返しました。

4年間、添い寝をし続けてきた次女が「分かった。こっちゃんと寝る。コップ袋もね!!」まさかの回答です。

↓私は、その日のうちにパジャマ袋とコップ袋を完成させました。ほろ酔いで。(爆)
Come On!!貧乏ミシン部
なぜなら、ここが母としての根性の見せ所だと思ったからです。布地を買ってもらった次の日にもうパジャマ袋が完成していた・・・その嬉しかった気持ちはきっと大人になっても残ると思ったからです。588円以上の価値があるパジャマ袋にしたかったからです。(←結局、欲深い)「ママすごーい」って言わせるチャンスは、今しかないって思ったからです。

翌朝、計算通り、いえ、それ以上に喜んだ次女をを見て私までうれしくなりました。
数日後、私は次の作業に取り掛かりました。

↓余り布でワッペンを作るのです!!
Come On!!貧乏ミシン部
裏側に丸く切った厚手の接着芯を貼ります。大きさは、風邪薬の赤いフタ。

↓裏側はこんな感じ。ちょっときつめにぎゅぎゅーっと。
Come On!!貧乏ミシン部

↓これを保育園の体操服の胸に縫いつけます。
Come On!!貧乏ミシン部

さぁ行きますよ!!心の準備はいいですか?4連発です。

英知の光!キュアダイヤモンド!
Come On!!貧乏ミシン部

ひだまりポカポカ!キュアロゼッタ!
Come On!!貧乏ミシン部

勇気の刃(やいば)!キュアソード!
Come On!!貧乏ミシン部

みなぎる愛!キュアハート!
Come On!!貧乏ミシン部

か・・・完璧すぎる!!

588円以上の価値です。大満足です。私の方が!!

初めてワッペン付きの体操服を着て登園した次女に、保育園での反応が気になって聞いてみました。

「全然かわいくない」←たぶん強がってる、
「私もプリキュアの体操服持ってる」←張り合ってる、
「かわいいー」←素直な反応、

といろいろでした。でもお友達が何と言おうと、次女が楽しく保育園に通ってくれれば、それ以上のことはないわけで。そして欲を言うなら、ずーっと後になってから成人した次女と思い出話に花が咲いたついでに「お母さんプリキュア体操服に付けてくれたよね」とか言ってもらえたら、もう最高!!

いつも、小さい我慢をさせているので、このぐらいはね。さぁ今日からまた小さな我慢の始まりですよ。

↓一緒にどうですか?値段だけの価値はありますよ。

↓1個に500円は出せないわ!

↓こちらはキュアロゼッタとキュアソードのペア。

↓このデザインなら4人全員!!