Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年03月

↓小学生の長女が、「このイス座っているとお尻が痛いんだよねー」といいました。そんなこと知っていますよ。だから私はその椅子に座らないのですよと心の中で思いました。そんな時、目に止まったのがこちらシナモロールの「はんてん」です。夜に電球色の照明で撮影したので ...

続きを読む
↓小学生の長女が、「このイス座っているとお尻が痛いんだよねー」といいました。
Come On!!貧乏ミシン部
そんなこと知っていますよ。だから私はその椅子に座らないのですよと心の中で思いました。

そんな時、目に止まったのがこちらシナモロールの「はんてん」です。
Come On!!貧乏ミシン部
夜に電球色の照明で撮影したので、それなりに綺麗に見えますが、食べこぼしによる、ひどいシミが広い範囲に広がっています。あまりの汚さに、次女に着せることもできず、春になってしまいました。

今回はこれをふわふわの丸椅子用の座布団にリメイクしてみたいと思います。

↓何となく捨てられなかったのは背中のこの人がまだきれいだったから。
Come On!!貧乏ミシン部
シナモロールのかわいさを余すとこなく、丸にトリミングして裁断です。

↓座布団の裏側になる部分は、前身頃をつなぎました。
Come On!!貧乏ミシン部
違う布を使ってもよかったんですが、既製品っぽさにこだわって3か所も縫いつないでしまいました。3ヶ所も繋いだ時点ですでに既製品っぽさは失われていますが、お気になさいませんよう。

↓アンビリーバボー!!信じられないと思いますがこれは、はんてんの裏地です!!
Come On!!貧乏ミシン部
あのちいさい「はんてん」から直径30センチを超える円を三枚もとることに成功したのです。それもこれも、今までの下積み人生の賜物です!!

下積み人生その1
細長く残ったキルティングを使い切る方法

下積み人生その2
余ったキルト芯をつないで使う

上の3枚を重ねてもまだふんわり感が足りません。(涙)そこで、次に投入したのは、こちら、ホコリが付きやすくなって外に着て行けなくなったユニクロのフリースです。

こちらは過去に、このような形で一度登場しています。
ユニクロのフリースを長靴の中敷にリメイク

↓2枚分取れました。
Come On!!貧乏ミシン部
このかさばるフリースを何度捨てようと思ったことか・・・。中敷きの記事から考えても2年も保管していたんですね。

↓ミルフィーユ状に重ねてみましたよ。
Come On!!貧乏ミシン部
上下は白でないと、シナモロールの布に黒い色が透けてしまってかわいさが半減するかもしれないので、黒いフリースは中に挟みました。

↓ずれないように糸で数カ所縫い留めました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓袖の部分から紐を4本作りました。
Come On!!貧乏ミシン部
ロールカッター使いました。印をつけてハサミで裁断するより楽です!!

↓丸く縫った座布団のカバーの中にねじこみます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓かわいい!!これは椅子が壊れるまでシナモロールは安泰ですな。
Come On!!貧乏ミシン部
はんてんのままでいるよりも、座布団としての人生の方が何倍も素敵な人生が送れると思います。

↓椅子の裏で紐を結びました。
Come On!!貧乏ミシン部
最初は2本×4カ所で8本の紐を作り、4本の脚にそれぞれ結びつけようと思ったのですが、8本も紐を作るのが面倒になったことと、あんまり紐がごちゃごちゃしない方がいいと思ってこの結び方にしました。少しずれるけど、まぁ、いいでしょう!

↓というわけで完成です!!
Come On!!貧乏ミシン部
やっぱりサンリオのキャラクターには敵わないなぁ。すでにこの椅子、取り合いです。

↓最近、ランキング下がっているって?知っていますって。(涙)
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんな素敵な丸座布団もありますよ。

↓子供のはんてんってかわいいですよね。

シナモロール(→サンリオのサイトへ)・・・ずっとシナモンロールだと思っていました。

2年前、次女の誕生日に実家の母が「やわらかぽぽちゃん」を買ってくれました。その時は、大したぽぽちゃんブームはやってこなかったのですが、先月、友人に「やわらかぽぽちゃん」と「お風呂に入れるぽぽちゃん」をもらってから、我が家にぽぽちゃんブームが巻き起こってい ...

続きを読む
2年前、次女の誕生日に実家の母が「やわらかぽぽちゃん」を買ってくれました。その時は、大したぽぽちゃんブームはやってこなかったのですが、先月、友人に「やわらかぽぽちゃん」と「お風呂に入れるぽぽちゃん」をもらってから、我が家にぽぽちゃんブームが巻き起こっています。

ぽぽちゃんのお洋服を作ってくれと長女と次女が、毎晩、仕上がったか?仕上がったか?とうるさいのです。もう、あのトットちゃんなんて、おもちゃ箱の奥底に追いやられて忘れられているんです。

肌着をお世話人形にリメイク【クリスマス準備その1】
ハギレで着せ替えの洋服を作る【クリスマス準備その2】

こんなことになるのなら、トットちゃんをぽぽちゃんと同じ洋服のサイズで作ればよかったです。二度手間とは、まさにこのことです。

まぁおもちゃを買ってやっていないという後ろめたさもあり、冷たく突き放すこともできませんけど。

型紙ぐらいはどなたかのご厚意に甘えようと、ネットで検索してみたら、ぽぽちゃんのジャンパースカートを発見しました。

私を甘えさせてくれた方はこちら、どろんこくらぶさんです。

↓最初だけ手伝う気満々の長女。
Come On!!貧乏ミシン部
今回は、ミシンをリビングに移動させて作業開始です。

↓長女が丁寧に切ってくれたのはジャンパースカートの肩紐。
Come On!!貧乏ミシン部

↓三つ折りは無理なので、二つ折りのジグザグミシンで縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
綺麗に縫えたと満足していたら間違いでした。

↓正しくはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
本当はゴムを通すみたいなんですが、面倒なので2つ折り+平ゴム縫いつけにしてみました。5センチや10センチの使い道のない平ゴムが使えて、なんだかスッキリ。

↓見ごろは、後ろ+前+後ろを縫い繋いで完成。
Come On!!貧乏ミシン部
シルバニアファミリーの事を思えば楽勝です。その苦労をご存じない方はこちらをどうぞ。
・シルバニアファミリー 赤い花柄のワンピースを作る

↓さっきの肩紐はこんな感じにつきます。
Come On!!貧乏ミシン部
最後は襟ぐりを、肩紐も全部丸ごと1本のゴムで縮ませるだけです。

↓前に赤いリボンを付けたら完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
ありゃりゃ、ジャンパースカートだってこと忘れていました。下に着るブラウスか何かを作らなくちゃね・・・。

↓後ろはこんな感じです。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっとさびしかったので、赤いリボンを付けました。こんな時、りぼんを上手に結べるととても便利です。

リボンを上手に結びたい方はこちらをご覧ください。なかなか力の入った記事です。
上手にできるリボンの結び方

↓長女と次女の母性を育てるためにポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ぽぽちゃん、すごくたくさん種類あります。この子はロングヘアー。
ぽぽちゃん 着回しぽぽちゃんロングヘア

ぽぽちゃん 着回しぽぽちゃんロングヘア
価格:3,462円(税込、送料別)


↓この子はお風呂に入れるぽぽちゃん。(やわらかくないです)

↓ぽぽちゃんの美肌パックまであります。樹脂製で汚れやすいからです。ボールペンなんてついたらもうおしまいです。

ごきげんよう。記事のネタにもならない部屋着のウエストゴムを直して、穿くたびに心の中でガッツポーズをしている幸せものです。もうウエストのお直しなんて何度もやりすぎて、ネタにならないというのも、ウソではないのですが、きっと私、着古した部屋着を朝っぱらから撮影 ...

続きを読む
ごきげんよう。記事のネタにもならない部屋着のウエストゴムを直して、穿くたびに心の中でガッツポーズをしている幸せものです。

もうウエストのお直しなんて何度もやりすぎて、ネタにならないというのも、ウソではないのですが、きっと私、着古した部屋着を朝っぱらから撮影したくなかった・・・たぶんそっちが正直な気持ちです。(光の関係で、撮影はなるべく午前中を心がけています)

さて、「ティファールのアイロン入院」からちょうど8日目、ティファールのアイロンが宅急便で届きました。

宅急便で往復していることを考えると8日でのお帰りは、かなり早いと思います。「約1週間で」という言葉の通りでした。

↓私は慌てて箱の中を開けました。
Come On!!貧乏ミシン部
待ちに待ったラブレターのお返事が届いたような気持ちです。(ラブレターなんて、生まれてこの方、一度も書いたことなんてありませんが、たぶんそんな感じ)

↓私が気になるのはやはり、不良品であったかどうかということ。
Come On!!貧乏ミシン部
「修理内容 本体交換 点検テスト」とあります。

本体交換?

その他には何も書いてありません。「ごめんね」とか、「これは故障じゃないよ」とか、「ダイヤル重かったよね」とか、私が待っていた答えが、どこにもありません。

↓届いたアイロンを開封してみたら、やっぱり新品でした。
Come On!!貧乏ミシン部

このラブレターの返事に、私のモヤモヤはそのまま、いえ、むしろ増えてしまいました。クレーマーに片足突っ込んでいる立場のくせに、図々しくもまたフリーダイヤルに電話したのでした。

今日、修理品が届いたこと、すごく迷って迷って、(クレーマー覚悟で)アイロンを修理に出したこと、新品が届いたけれど、私が使っていたアイロンは不良品だったのかどうかを知りたいということを伝えました。

すると、私が送ったアイロンは、不良品ではないが、私たちスタッフも、この2WAYの機種だけダイヤルが重いと感じている言われました。そこで、私に少しでも軽いダイヤルのアイロンを使ってもらうために、新品のアイロンを3つほど開封し、中でもダイヤルが比較的軽いと思ったものを選んで送り返してくれたとのことでした。

その後、数分にわたり、ダイヤルの回し方をレクチャーしてくれ、ハンドルの下に手を入れて回した方がよいとか、両手ならなおのこと良いとか、この機種で一番多い修理は、コードの断線なのでケースにしまう際には気を付けてほしいとか、いろいろお話しました。

私は既製品にもイチイチうるさい女だけれど、オペレーターさんの対応にも、なかなかうるさい女であることを自覚しています。

が!!

ティファールのコールセンターは、文句の言いようがないほど、すばらしい電話対応でした。その対応に、嫌味のない!すがすがしい!オペレーターさんの賢さすら感じてしまいました。電話って対面以上にいろいろ伝わりますもんね。オペレーターってきちんとした日本語を話せる事もすごく大事、そしてその丁寧な対応に隙間に垣間見れる人間性がすごく大事です。会社側から準備されたQ&Aにない問い合わせが来た時に、差がでるんだな。(←エラそう)

そして電話を切る直前に、思い切って聞いてみました。(←クレーマーであることを自己申告したので少し晴れやかな気分)

「ダイヤルが重いということで修理センターに送ってきた方は私の他にいますか?」と。

「いえ、今回が初めてです。でも、少しでも気になることがあれば、どんどん送ってください。」との返事でした。

往復の送料を負担させ、壊れてもいないアイロンを送りつけたことを詫び、そっと受話器を置きました。(←固定電話からかけていた)

おぉティファールよ。
次回も必ず、ティファールのアイロンに買いかえると約束しよう。

おぉティファール。
フライパンも引き続きティファールを使うよ。
そして、もちろん電気ケトルも。

そしていつかティファールの国、フランスを旅しよう。
昨年から始めたつもり貯金で。


それで、開封したアイロンのダイヤル、軽かったかって?

申し訳ない・・・、修理に出す前のアイロンと大差ありませんでした。うーん、やさしさの分だけ軽く感じないこともないって感じ?

それじゃ自分で何とかすることにしましょう。と、いつもアイロンを乗せている台の下を見たらこんなものが落ちていました。

↓滑り止めです。何でこんなに小さいのだろう?
Come On!!貧乏ミシン部
何かの余りかな?

↓一列切り取りました。裏に両面テープを貼りました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ダイヤルの周りに貼りました。
Come On!!貧乏ミシン部
片手でダイヤルを回せるようになりました。

最初からこうすればよかったです。大騒ぎした上に、ミュージカルめいたことをしてすみません。

私は2WAYアイロンの新製品のダイヤルに滑り止めが付くことを心から願います。

↓面白くなかったら押さなくてもいいよ。うふ!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓みんなでティファールを使おう!私はここで買いました。

↓私はもっと古いフライパンだけどティファールです。

↓もっと古い形だけど、電気ケトルもティファール使っています!

「寄付でつくるウルトラマンのお稽古バック」の続きです。寄付でいただいたウルトラマンのキルティングがとても大きくて、お稽古バックが2つくらい作れそうだったので、長女のボーイフレンド君の他に、旦那さんの元同僚夫婦にも声をかけてみました。何回も言うけど私は自分 ...

続きを読む
寄付でつくるウルトラマンのお稽古バック」の続きです。

寄付でいただいたウルトラマンのキルティングがとても大きくて、お稽古バックが2つくらい作れそうだったので、長女のボーイフレンド君の他に、旦那さんの元同僚夫婦にも声をかけてみました。

何回も言うけど私は自分から人に、手作りのものをあげるのは慎んでいるのです・・・が!旦那さんの元同僚は、3人のママで、口癖がいつも「めんどくせー」なんです。三度目の入園準備もそれこそ、「めんどくせー」になっているだろうから、メールを送ってみることにしました。

「めんどくせー」とか言うくせに、いつもすげーがんばっているよね。と私が旦那さんに言うと、「そうや、あいつはやる時はやる女だ」「あいつはなんだかんだ言っても手を抜かない」と返ってきたので私も「そうだ、そうだ」と言うことになったのです。

で、ウルトラマンのキルティングを撮影して、その元同僚にメールしました。
「このウルトラマンで何か作るよ。入園準備でまだ準備できていないものはない?」

すると返信が、「ありがとう!じゃ30センチ×40センチのお着替え袋と10センチ×10センチの数珠袋もお願い!」でした。

早速、作ろうとした時、彼女がキャラクター嫌いで、どちらかと言うとシンプルなものを好むタイプであることを思い出したので、またメールを送信。

「ウルトラマンの柄がお好みでないなら、他にも無地のキルティングとかあるよ。地味だけど。」

すると、

「男の子の好みって分からないし(上は女の子2人)、あのウルトラマン嫌いじゃないから、ウルトラマンでお願い」

との返事がきて、そうだよね。あのウルトラマン、すごくいい柄だよね。グレーでいい感じのウルトラマンだよねってやり取りをして、ウルトラマンを使うことになりました。

作業に取り掛かろうと思ったら、ちょっと待てよ。お着替え袋って本当に手提げでいいのかなという疑問が今度は芽生えてきて、いやいや、でもでもキルティングでって言っているんだから、巾着袋ってことはないよね??キルティングだったら、巾着袋にすると口をギュってできなくて微妙なあきができるし。

私はその後も、自問自答を繰り返し、結局答えが出せず、メールも面倒になってダイレクトに電話したら、やっぱり、お着替え袋は巾着袋のつもりだったことが分かりました。あぁ確認してよかった。

長い前置きになってしまいましたが、結局のところ、私が使い切ろうとしていたウルトラマンは使えず薄地での巾着袋を2つ作ることになったわけです。私が使い切りたかったのは、ウルトラマンが邪魔なのではなく、私のうちにやってくる前に10年以上保管され、ウルトラマンも待ちくたびれていたと思ったからです。だって寄付してくれた方の息子さんは今年大学を卒業されたそうなんですよー。10年どころじゃない、もう15年か??

キルティングじゃない薄い生地ならうちにたくさんあるから、シンプルで絶対に気に入ってもらえそうなグレーと白のボーダーにしよっと。

↓そして、ちゃちゃっと裁断。角にはずーっと使いたかった宇宙のタグをつけてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
このタグも寄付でいただいたのですが、うちの子には、ちょっと男の子っぽくて使えず、このチャンスを待っていたのです。

はい!ここで今日の本題!!

入園準備の巾着袋は片引きにすべし!!

過去にも入園準備で巾着袋を作ったんですが、どちらも、イキがって(?)両引きの巾着袋にしていました。

長女の入園準備はこちら。
入園準備その3 巾着袋 3種類

次女の入園準備はこちら。
入園準備 巾着袋3点セットを作る

でもね、今更ながら思ったんです。小さい子には片引きの方が楽だなって。使っていると紐がだんだん回転してきて、結び目がいつの間にか無くなっちゃって、どこを引っ張ればいいか分からなくなっちゃうんですよ。子供って。あー、何にも考えずに作ってたなぁ私。

↓で、今回は、裁断の都合で2枚に分かれてしまったのですが、つなげて片引きにしようと思います。
Come On!!貧乏ミシン部
紐はタグの色に合わせて、紺色。うーん、響きあっていますな。麻が入っているので、裁断前にアイロンをかけたのに、もうシワが・・・・。この巾着袋、シワになりやすいかも。

↓はい、お着替え袋完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
アイロンをかけなおしたのに、もう折りジワが(涙)巾着袋は30センチ×40センチでとのオーダーでしたが、正方形に近い方が使いやすいと思って勝手にサイズ変えました。(笑)

↓お次は数珠袋。仏教系の幼稚園があるんです。
Come On!!貧乏ミシン部
またシワになってるけど。

↓はい、こちらも完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
ここまで小さいと逆に縫いにくかったです。私はもう気づいても遅いですけど、今から入園準備をする方はぜひ片引きにしてあげてください。

↓遅くても気づけた私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓子供用の数珠ってあるんですね。


↓こうやって結び目が固定されているなら両引きでもいいけど。

寄付していただいた物の中にウルトラマンのキルティングが入っていました。広げてみるとお稽古バックがちょうど2つ作れるほどの大きさでした。が!!うちには女の子しかいません(涙)そこで!この3月でお引越ししてしまう長女のボーイフレンドにプレゼントすることにしま ...

続きを読む
寄付していただいた物の中にウルトラマンのキルティングが入っていました。広げてみるとお稽古バックがちょうど2つ作れるほどの大きさでした。

が!!うちには女の子しかいません(涙)

そこで!この3月でお引越ししてしまう長女のボーイフレンドにプレゼントすることにしました。でも、この引っ越しで忙しい中、キルティングのままもらっても、逆に困るだろうということで、お稽古バックに仕立ててからプレゼントすることにしました。

実は日頃から、手作りのものをなるべく人にプレゼントしないように気を付けている私なのですが、今回のお相手は7歳の男の子と言うことで、マイルールを破らせてもらいました。

新学期から転入した学校に、または、水泳以外の習い事に使ってもらえればと思い、ミシンを走らせました。制限時間は2時間です!!(2時間後に、その男の子のママの送別会を兼ねたランチだったので)

旦那さんがそれを横で見ていて、「ウルトラマンなら早く作って渡した方がいい。急げ!急げ!」と言いました。何やら、自分が中学1年生の時に、実家のお母さんがお弁当袋をドラゴンボールの柄で作ってしまい、すごく恥ずかしかったことが今でも忘れられないようです。ドラゴンボールなら息の長いキャラだし、タイミングさえ間違わなければ喜んでもらえるはずなのにね。タイミングって大事です。

↓幅43センチ×高さ74センチのサイズにロックミシンをかけます。
Come On!!貧乏ミシン部
サイズはウルトラマンの布地サイズから割り出した適当なサイズです。底に厚みをつける予定でこのサイズにしました。ポケットもフラットで一番付けやすいこの時に縫いつけておくと楽ちんです。

↓月謝袋など貴重品も入れられるようにと、ポケットに寄付でいただいたファスナーを付けました。
Come On!!貧乏ミシン部
この矢印で示した部分だけ、すこーし、ファスナーが引っかかってしまいます。ファスナーの端を内側に入れたため、カーブになっているからです。ここで、これまた寄付でいただいたシリコンオイルでスリスリして、ファスナーの滑りを良くしておきました。

↓紐は2.5センチ幅に仕上がることを考えて7ミリの縫い代を足して幅6.5センチ×長さ80センチ。(縫い代、若干ケチってます)
Come On!!貧乏ミシン部
ひっくり返す作業が面倒なので、2本分の持ち手を繋げて作って、後から半分にカットしました。キルティングの場合、これ以上細い持ち手は裏返すのが大変なので、苦労したくない方は3センチ幅をお勧めします。ひっくり返す道具を持っていないので、いつも鉛筆や菜箸でひっくり返しています。

↓お稽古バックの横幅と同じ43センチで見返しを作りました。4.5センチ幅にしましたが、のちに後悔することになります。
Come On!!貧乏ミシン部
今回も、極厚テープ式の接着芯を貼っておきました。今回は接着芯を貼る前にロックミシンをかけてしまいましたが、次回からは、接着芯も一緒にロックをかけた方が剥がれなくていいかもしれないと気付きました。小さなことですけど。

↓バックの横を縫う時に底の部分を内側に2.5センチほど折り込んでミシンをかけました。
Come On!!貧乏ミシン部
これで、簡単に、底の厚み5センチになります。

↓下からバック本体、持ち手、見返しの順に重ね、一気に縫います。
Come On!!貧乏ミシン部

↓はい、持ち手が縫いつけられました。もちろん、もう一度別の部分に返し縫いをして補強します。
Come On!!貧乏ミシン部

ここまで、寄付でいただいたものばかり使用しているので、ちょっと奮発して、自腹で購入したマグネットを付けることにしました!!よっ太っ腹!!

↓中心を割り出して、リッパーで穴を開けます。
Come On!!貧乏ミシン部
裂き過ぎないように注意してください。

↓金具を付けてパタンと倒すだけ!
Come On!!貧乏ミシン部
この金具を付けたあと、本体に見返しを縫いつけようとミシンを走らせたら・・・・、マグネットが邪魔して少しだけ縫い目が歪んでしまいました。ミシンの押さえを交換するか、もしくは見返しの幅を5センチか6センチにすればよかったと後悔しました。

↓最後は、底の部分にコバステッチを入れて畳みやすいようにしました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓貧乏ミシン部の愛の結晶、お稽古バック完成です!!
Come On!!貧乏ミシン部
このバックをプレゼントした後で、ウルトラマンの柄がポケットで隠れてしまっていたんじゃないかと心配しましたが、今、見てみたら、ポケットの横にウルトラマンが顔を出してくれていて、ほっとしました。急いでいたので柄の出方まで見る余裕がなかったんです。ほっ。

生まれて初めて長女に年賀状をくれたのはこの3月で転校することになった彼でした。こんな石川県を「いいところだ、いいところだ」と言ってくれたのは都会育ちの彼のお母さんでした。また、石川県に戻ってきたいとまで言ってくれました。

自分の生まれ育った土地を褒めてもらうって、なんだかうれしいものですね。嫌々住んでいる奴が言うなって感じですが。うちは自営業で転勤は一生無いと思うので、将来、彼が大物になって帰ってくるのをのんびり待とうと思います。そして、あのウルトラマンのバックを作ったのはこのあたしだよ!って言うつもりです。

ランチの後、ウルトラマンのポーズをした彼から写メールが届きました。彼の腕にはこのウルトラマンのバックが掛かっていました。ちょうどウルトラマンのブームの時だったようで、とても喜んでくれました。旦那さんが狙う「良いタイミング」で渡すことができてよかったです。青春も短いけど、キャラクターの旬も短いのです。

今回の作品は驚きもひらめきもないけど、小さな工夫をたくさん詰め込みました。
たくさんの寄付、本当にありがとうございました。マグネットしか買っていない人より。

↓彼の新生活が楽しいものになるようポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓買うと高いよー。