Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年03月

旦那さんが私を見てあきれています。あきれている理由は、財布の紐が固すぎるからです。よし、あれを買うぞと思ってお店まで行っても、悩みに悩んだ挙句、手ぶらで帰ってくるからです。私としては買い物は一生勉強と思っているので、毎回、真剣勝負だし、できることなら買わ ...

続きを読む
旦那さんが私を見てあきれています。あきれている理由は、財布の紐が固すぎるからです。よし、あれを買うぞと思ってお店まで行っても、悩みに悩んだ挙句、手ぶらで帰ってくるからです。

私としては買い物は一生勉強と思っているので、毎回、真剣勝負だし、できることなら買わずに済ませたい、でも便利なものを取り入れて快適な生活をしたい、代用できるものはないか、もっと安く手に入る方法はないか、といろいろ考えていたら答えを出せなくなって、心の底から疲れ果て、勝負せずして、帰宅してしまうんです。

それを見た旦那さんが、「また手ぶらで帰ってきた」という顔をする。浪費家の嫁さんよりも、ずっといいじゃないかと言いたいところですが。日に日に財布の紐が固くなる嫁が、腹が立たしいのでしょうね。

そんな私がめずらしく衝動買いしてしまった手芸用品をご紹介したいと思います。
↓クロバーの熱転写ペンシルです!
Come On!!貧乏ミシン部
私が知るところでは、赤と青の2色しかありません。

見た目はチャコペンみたいなんですが、このペンシルでトレースし、裏側からアイロンを当てると、下に敷いた布地に下絵が写るというすごいペンシルなのです。
(私が知らなかっただけでずいぶん前から売られていると思いますけど)

親なら、子どもが描いた絵を額に入れて残したいって思いますよね。でも、綺麗な画用紙を出してあげた時に限ってロクな絵を描かない。(涙)チラシの裏に描いた絵の方がすごい出来だったりして。

↓こちらもそう。
Come On!!貧乏ミシン部
左右はお化けみたい・・・なのに、真ん中だけすごく繊細に描きこまれている!!!(次女3歳の作品)

この真ん中の絵だけ残したい!!そこで、熱転写ペンシルの登場です。

ここで問題なのが、そのままトレースして裏返し、アイロンを当てると、左右が逆転した下絵になってしまうってことなんです。手描きの絵が反転してしまっては、思い出も半減ですよね。

そこで、裏ワザです!!

↓モノクロコピーの「ミラー機能」を使って左右を反転させるのです!!
Come On!!貧乏ミシン部
コンビニや書店に置かれている10円コピー、いつも、拡大縮小、濃い薄いの設定ぐらいしか使っていない方がほとんどではないでしょうか?フチ消しやミラーなど割増料金無しで、いろんな小細工(←言葉は悪いですが)ができるんです。

とりあえず、タッチパネルを押しまくって、行きつけのコンビニのコピー機を使いこなして下さい!!機種によって、少し機能の差はありますがミラー(反転機能)ぐらいなら、できると思いますよ!私も、最初ミラー機能が見つけられなかったので、コンビニを何件かハシゴしました。

↓反転するついでに、少し拡大した原画(←ちゃっかりモノ!)をトレペにトレースしてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
少し拡大するだけで、トレースも刺しゅうも、ググッとやりやすくなりますね。

↓布地にトレペを待ち針で留めてアイロンすると。
Come On!!貧乏ミシン部
写りました!!写りました!!

ちゃんと顔の向きが原画と同じ右側になっていますね。このペンシルはアイロンするとどうしても、線が太くなってしまうので、トレースする時に、濃く細くなぞるのがコツですね。そして、しっかりトレーシングペーパーを固定してずれないようにアイロン!!ちょっとずれると、写った下絵がぼんやりしてしまいます。

さぁて、これから、この下絵を刺しゅうしますか!!
春休みは、なかなか部室にこもれないので、やりかけの刺しゅうがズンズン進むはずです!

↓宿題しなさいって言えないのがツライ春休みにポチっとお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓私とお揃いどうですか?

↓うまく使いこなせないのがチャコペーパー。線が薄すぎると思いませんか?何かコツでも?

ブログのために、作業工程を細かく撮影し、ひと言添えて記事にしています。「いらなくなった〇〇をほどきました」それを見た読者の方から「ほどきましたって言うけれど結構大変な作業ですよね?」と突っ込まれることもしばしば。おっしゃる通り!!物によって、ほどく作業が ...

続きを読む
ブログのために、作業工程を細かく撮影し、ひと言添えて記事にしています。

「いらなくなった〇〇をほどきました」

それを見た読者の方から「ほどきましたって言うけれど結構大変な作業ですよね?」と突っ込まれることもしばしば。

おっしゃる通り!!

物によって、ほどく作業が苦にならないものもありますが、生地の色や素材、縫い方によってはすごく大変なものもあるんですよね。

特にジャージ素材なんかは、濃い色が多いし、油断すると、大きな穴を開けてしまうことも多々あります。

先日、「おしゃれ工房」をパラパラめくっていた時に(もちろん図書館で借りた)、『数センチ置きに、リッパーで上糸を切り、布地を引っ張るとパラパラっとほどけます』って書いてありました。私も無意識にそうやっていたけれど、みんな自然とやってるんじゃないかなって思うんですが、みなさんはいかがですか?ロックミシンのほどき方こそは知ると知らないとでは、ミシンライフに大きい差が生まれるので、記事にすべきだと思いますが。

ほどく時に気を付けていることと言えば、まず、道具はリッパー、場所は老眼ではなくても明るい窓際、そしてながら時間か、隙間時間に作業することです。

ミシンに向かう元気がなくて、テレビをダラダラ見ている時や、身支度が完了してお迎えを自宅で待つその数分間とか、または家族の身支度待ちの数分間。糸をほどく作業はどこで中断してもかまわない作業ですから。ぜひ隙間時間にどうぞ。

前にも言いましたが、大事なひとり時間は、もっと神経を集中する作業にあてています。

では今回のお題です。7年前長女を出産した時に、持っていた服が全部着られなくなってしまい、あわてて買ったスカートがありました。

↓こちらです。ウエストはゴムだし、これなら大丈夫だろうと買ったのです。(7年経過ですでにゴムは伸びています)
Come On!!貧乏ミシン部
一応、試着して買ったと記憶しているのですが、太いゴムベルトが苦しくて長時間着ていることができないことが後に発覚。

当時まだ貧乏ミシン部を立ち上げていませんでしたが、どうにかこのウエストのゴムを抜いて、おなかに食い込まないようにできないかとチャレンジしたんです。

↓この茶色の布が薄い上に、ガッツリ縫われていて手も足も出ませんでした。
Come On!!貧乏ミシン部
リッパーでスカートに穴を開けた状態で7年間放置し、とうとうゴムは伸び伸びになってしまい体重が戻っても、そのスカートをはくことはありませんでした。

貧乏ミシン部も4年目、今ならあのスカートのウエストを直せるんじゃないだろうか?

↓急に思い立ってやってみたら、見事ほどくことができました!
Come On!!貧乏ミシン部
あぁこの3年で「ほどく力」もUPしたんだなぁ。しみじみそう思いました。

7年前にできなかったことができるようになった。
なんだかそれだけで、すごくうれしくなりました。

↓ウエストのお直しついでに丈も10センチほど短くしてみようと思いました。
Come On!!貧乏ミシン部
表地がテロテロなので、頼りになるのは裏地の方です。先に裏地を短くしました。

↓そのあと、表地と裏地の裾を合わせてバランスと取ります。
Come On!!貧乏ミシン部
表地がテロテロな上に、適当な縫製のため引きつりまくっていて、なかなかうまくいきません。

顔も知らないインドだかインドネシアだかのお姉さんが大きな工場でミシンに向かう姿を勝手に想像して、腹を立ててしまいます。イヤイヤ、きっと突然の停電とかストとか起こって彼女たちも大変なんだよ。家族も養っていかなくちゃいけないし・・・・。

このスカートが完成するまでの妄想は、まだまだ膨らみます。

↓表地と裏地のバランスになんとか妥協点を見つけ、ウエストの位置で一緒にロックしました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓元々付いていたベルトを縫いつけます。
Come On!!貧乏ミシン部
シワの跡がまるでゴムが入っているように見えますが、中にゴムは入っていません。

↓縫えました!
Come On!!貧乏ミシン部
糸の色が馴染んで、本当に元通りになりました。さぁここで、細いゴムを通しましょう!もう、どれだけ太ってもゴムベルトがおなかに食い込まぬよう!!

↓はい、完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
7年前は気付かなかったけど、スカートのすそ、後ろ下がりのデザインだったみたいです。裾は濃い茶色の糸で巻きロックされていたのですが、左右の長さが4センチも違ったので、ハサミでカットして、また巻きロックしておきました。

既製品をほどくことは、一見すごく面倒な作業に思えるけど、思いがけない方法や順序で縫ってあることに気づけて、とても勉強になるんだよと伯母はいつもいいます。

それから、同じ既製品と思っても、よく見ると、完成度が異なるので、同じサイズで同じ色の在庫が何枚かある場合は、中でも一番きれいに縫えている洋服を選ぶのだそうです。なるほどねー。インドだかインドネシアだかのお姉さんも1人で縫っているわけじゃないしね。広い工場にはきっと何人もいるだろうし、今日入ったばかりの新人さんのスカートを買っちゃったのかな私(涙)。

まぁ、インドだかインドネシアだかのお姉さんも(←しつこい)、まさか日本でほどかれているとは思ってもいないでしょうけどね。

↓伯母の名言に多くを学ぶ私にポチっとお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓100円ショップにも売っているけどリッチにスヌーピーにしとく??
スヌーピー シームリッパー

スヌーピー シームリッパー
価格:473円(税込、送料別)


↓間違えやすいけどこっちは「ニッパー」ね。

今のうちに越してきて5年は、1階だけで生活していました。階段の電球なんて交換したことがありませんでした。そして2年前、2階の1室をミシン部屋にしてみたり、続いて2階の和室を寝室にしてみたりしました。電球は年に1回ぐらいのペースで切れるようになりました。昨 ...

続きを読む
今のうちに越してきて5年は、1階だけで生活していました。階段の電球なんて交換したことがありませんでした。

そして2年前、2階の1室をミシン部屋にしてみたり、続いて2階の和室を寝室にしてみたりしました。電球は年に1回ぐらいのペースで切れるようになりました。

昨年、1回目の電球交換の時はホコリだらけの照明のカサを、見て見ぬふりしました。そして今年、2回目の電球交換の時、また見て見ぬふりをしようと思いましたが、春めいてきたこともあって、私の心が前向きだったので、照明のカサを取り外して綺麗にしようと思えました。

この機会に、LEDではないものの、もう少し寿命の長い電球型蛍光灯にしようとも思えました。そのぐらい、春を感じ取った私の心は前向きだったのです。

↓洗ってはいけない素材を知りながら、照明のカサを洗ってしました。
Come On!!貧乏ミシン部
このブログの記事にするつもりなどサラサラなかったので、ホコリだらけだったBEFORE画像はありません。ささっと洗ってささっと設置するつもりだったのです。

しかし、洗ってはいけない素材を洗ったら、シャンとしていた照明のカサがしわだらけになりました。

このまま、こっそり取り付けて何もなかったことにしようと思いました。

また見て見ぬふりをするのですか?

丁寧な暮らしをするんじゃなかったんですか?

そもそも丁寧なくらしをする人は、洗ってはいけない照明のカサをたわしでこすったりしませんよね?


はいはい分かりました。ご先祖様が化けて出てこない程度に直しますよ。直しますって。

↓ちょーど10年前にAEONで買った布地を出してきました。
Come On!!貧乏ミシン部
誰にも気づかれぬように、同じような雰囲気の照明に復元しようと言うわけです。シワシワがバレないように、布地に厚めの接着芯を貼りました。

↓こっそりレースも付けました。
Come On!!貧乏ミシン部
本当はもっと幅のあるレースにしたかったけど、こんな細いのしかありませんでした。まぁ今回は復元が目的なので、幅のあるレースをつけてイメージチェンジする必要なんて、全然ないんですけどね。

他にも、ビーズを通して、ゆらゆらさせたらキレイかなとか、まわりに何か飾りをつけたらいいかもとか、いろいろ思いましたが、今回の目的は復元なのですから、そんなの全然必要ないんです。

大事なことなので2回言いました。

↓木工用ボンドで接着します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓やりたくてやっているわけじゃないので、いつもより仕事が雑です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓10年寝かした折りシワは、ティファールの蒸気をもってしても消えることはありませんでした。
Come On!!貧乏ミシン部
いつもなら食い下がる私ですが、妥協してこのまま貼りました。たぶん、洗ってはいけない照明のカサを洗ってしまったことで、心が元気を失っていたのでしょう。

春めいて、心が前向きだったのは、ほんの一瞬。電球を外している間だけでした。今は後ろ向きです。

↓命拾いした(さすがに洗われることがなかった)コードを通して取り付けてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
消灯バージョンはこんな感じです。

↓点灯バージョンはこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
なかなかいい感じです。ホコリだらけだった昨日までの照明がウソのようです。でも、何週間経っても、家族は気付いてくれません。まぁそれだけ馴染んでいるってことでしょう。

予定外の出費を免れて、正直ほっとしています。
みなさま、このようなことにならないよう、くれぐれもご注意ください。

↓自分のミスを自分でカバーした私にポチっとお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓照明を選ぶ上で大事なことはデザインではなくLED対応かどうかってことです。

↓今、私が狙っているのはこちら。うちは家中薄暗いから(涙)

ここ数日、掃除嫌いの私がなぜか窓ばっかり拭きたくなるなぁと思ったら、黄砂のせいでした。急に綺麗好きになったのかと思ったら、それはお門違いでした。そんなに急に掃除が好きになるはずがありません。黄砂のせいで、車もかなり汚くなっていますが、洗車無料券が1枚しか ...

続きを読む
ここ数日、掃除嫌いの私がなぜか窓ばっかり拭きたくなるなぁと思ったら、黄砂のせいでした。急に綺麗好きになったのかと思ったら、それはお門違いでした。そんなに急に掃除が好きになるはずがありません。

黄砂のせいで、車もかなり汚くなっていますが、洗車無料券が1枚しかないので黄砂が落ち着いてから、洗車しようと思います。そもそも私は18年ぐらい車に乗っていますが数回しか洗車をしたことがありません。

私の言い分としては、自転車を洗わないのだから、車だって洗わなくていいはずだと思うのです。車を愛していないからだと言われるかもしれませんが、私は車を愛しています。愛車20年計画を立てているぐらい大事に乗っています。今年で折り返し地点の10年です。あと10年乗れるかなー。(←注!軽自動車)

さて今回は、ミシン部屋をお見せしたいと思います。
4年目にして初公開です!!
でも、ドアだけね・・・。

↓ジャジャーン!!こちらです!!
Come On!!貧乏ミシン部
いわば、ここが貧乏ミシン部の部室です。

ミシン部屋がある2階は7年前のリフォームでさわっていないので、ご覧の通り、古いままです。私はこの木目が、どーも好きではありません。無地好みなので少しうるさい感じがするんですよね。ここがクロス張りなら自分で、上からクロスでも貼れるんだけど、木目のこれじゃ下地にもならないから、クロスを貼るのは素人の私には到底無理ですね。

唯一、雑巾でガシガシ掃除できるところだけが長所でしょうか。

過去にミシン部屋にクロスを貼った経験あり。過去記事はこちら。
「緊急企画 ミシン部屋を手に入れる 」

少しでも気に入った感じにしようと思い、先日作ったリースをドアに付けてみました。リースの過去記事はこちら。
「フラワーアレンジ hedgehog」

これは作ったリースの中で、唯一プリザーブドフラワーを使用していないので、ドアの開閉による振動にも耐えられるだろうと考えたのです。こんなワンポイントでずいぶん春らしくなりますね。うるさい木目でイライラする私を癒してくれます。(←木目を目の敵にしている)

↓今回の問題はこのドアノブなんです。
Come On!!貧乏ミシン部
少しグラついていて、ノブを回すのに少しコツが要ります。長女はうまく開けられるけど、次女は開けられずドアの前でモジモジしているということが、今年に入って発覚しました。

私も入室の際、両手に材料や作りかけの作品を持っていることが多く、使いにくさを感じていたので今回、ドアノブだけ(←ここがケチくさい)交換することにしました。

↓ホームセンターで見つけたドアノブの部品です。
Come On!!貧乏ミシン部
2000円台でした。室内用は1種類しか陳列されていなかったので、迷いもせず買ってしまったのですが、ドアノブを外した後、新しいドアノブを差し込んでみたところ衝撃の事実が発覚!

元々開けられていた穴の位置が、新しいドアノブに合わず、このままじゃ付けられないと旦那さんに言われてしまいました。ため息交じりで。(涙)

常々、衣料や日用品にはチェックが厳しい私ですが、ドアノブのチェックにはヌカリ大あり!!
何事も経験ですね。生きていくって本当に大変。人生で、ドアノブだけを交換することなんて、ありそうで、なかなかありません。38年の人生を振り返ってみても初めてかも・・・。

↓完成したのはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
結局、電気ドリルで穴を広げて無理やり取り付けてもらうことになりました。
みなさんはこのような事にならないように、くれぐれもご注意ください。

特に、ドアの厚み、穴までの距離が大事です。(ほかにもチェックするべき事は多々ありますが)
とりあえず、穴も隠れるぐらいのずらし方で(部品の買い足し無しで!←ここ重要!)無事に取り付けてもらえてよかったです。

さぁ!どうぞ!!貧乏ミシン部の部室はこちらです。

↓それなりに協力的な旦那さんにポチっとお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓一般的なドアなら合うと思うよねぇ・・・。普通。

↓車のドアにこんなの付けたい!!!

↓この手があったかぁ!これなら次女でも開けられたかも?!

40歳近くなると、ピンクや赤に手を出したくなる気持ちがなんとなくわかるようになってきました。普段持つバックや私服ではピンクを取り入れることはできないけど、小物を選ぶ時にちょいちょいピンクを選びたくなるんです。ジムに行くと、ウエアのピンク率が多いこと!ピン ...

続きを読む
40歳近くなると、ピンクや赤に手を出したくなる気持ちがなんとなくわかるようになってきました。普段持つバックや私服ではピンクを取り入れることはできないけど、小物を選ぶ時にちょいちょいピンクを選びたくなるんです。

ジムに行くと、ウエアのピンク率が多いこと!

ピンクに手を出したくてウズウズしているアラフォーは私だけではないようです。

↓このたびジムの先輩からラケットケースをもらいました。そんな何枚も何枚もいらないそうなので甘え上手のわたくしがもらうことになりました。
Come On!!貧乏ミシン部
ヨネックスのラケットを買うと、きっとみんなにこの真っ黒のラケットケースがついてくるのでしょう。

黒色で名前も油性マジックじゃ名前も書けないので、少しアレンジしてみることにしましょう。

↓さすが既製品。
Come On!!貧乏ミシン部
裏返すと大きな縫い目で縫われていました。ここをほんの少しほどきまして・・・。

↓ジャーン!!黒×ビビットピンクのドットリボンを縫いつけてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
まぶしいほどのこのピンクが、何とも言えず、ヨネックスっぽい!!

↓もう一列上の部分にもリボンを縫いつけようかと思いましたが、クドくなるので1本だけに。
Come On!!貧乏ミシン部
こりゃ、バトミントン部で流行ること間違いなし!と自己満足しつつ、このケースをくれた人にドットのリボンを見せびらかして、あと1列分、リボン残っていますよと言ってみようと思います。

↓自宅裏でバトミントンをするdetekoファミリーにポチっとお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)