Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年02月

日ごろから、少しでも水をケチりたいという思いで、お風呂の残り湯を洗濯に使うようにしています。残り湯を選択するボタンには、「洗い」と「すすぎ」がありますが、私はずーっと、残り湯の使用は「洗い」だけにしていました。そのため、2回分洗濯してもいつも残り湯が半分 ...

続きを読む
日ごろから、少しでも水をケチりたいという思いで、お風呂の残り湯を洗濯に使うようにしています。残り湯を選択するボタンには、「洗い」と「すすぎ」がありますが、私はずーっと、残り湯の使用は「洗い」だけにしていました。そのため、2回分洗濯してもいつも残り湯が半分ぐらい残ってしまい使い切れません。

残り湯はもったいなけど、「すすぎ」にも残り湯を使うのは少し抵抗があると思っていました。と言うのも、2回のすすぎ、どちらも残り湯を使うことになると思い込んでいたからです。

先日、友人に、すすぎのボタンを押しても残り湯を使うのは1回目のすすぎの時のみで、2回目のすすぎの時にはちゃんと水道水に切り替わるよ?と言われ、あわてて自宅に帰って説明書を読み返したら、3回すすぎなら、3回目だけが水道水、2回すすぎなら、2回目だけが水道水になると書かれていました。

我が家の洗濯機は、10年生です。(涙)
遅すぎた「気づき」でした。

さて、前回に引き続き、寄付でいただいたプリザーブドフラワーでリースを作りたいと思います。テーマカラーは赤と黄緑です。私は暮らしの中で、赤いバラのような深くて鮮やかな色と接する機会がないので、この大人っぽい真っ赤なバラが使いこなせるかどうかたまらなく不安です。

↓前回と同じ20センチのリースを使用します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓前作は下の方に重心を置くようなレイアウトにしたので、今回は斜め上と斜め下に散らしてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
今回のイメージカラーは赤と黄緑なので、赤と黄緑のリンゴをレイアウトしてみました。

↓木苺のツルをリースに巻き付け、白いお花がいい位置にくるようにバランスととってみました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓そして主役のプリザーブドフラワーの赤と黄緑をグル-ガンで固定して。
Come On!!貧乏ミシン部
木苺と、りんごのおかげで、大人っぽい赤のバラもかわいらしく見えます。

↓ピンクの玉でかわいさ倍増!!
Come On!!貧乏ミシン部
お互いを引き立て合えばと思い、白い木苺の花の横に置きました。ゴールドに塗られた木の実を添えたら、リースの完成です!!

今回は、葉っぱを好きな方向に向かせてグル-ガンで固定するという技を身につけました。(笑)プリザーブドフラワーの数は多くないのに、すごくにぎやかなリースになったと自己満足しております。

プリザーブドフラワーの記事、まだまだ続きます。お楽しみに!!

↓リーズを飾るためのフックを買ってきたノリノリな私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓きれいに剥がせるって大事だよね。


前回寄付でいただいた材料を使ってプリザーブドフラワーのリースを作りたいと思います。かわいい材料ばかりで何から使っていいのか迷ってしまいます。美しいのトリさんが私を見つめていたので、そのトリさんを主役にしたリースを作ってみることにしましょう。↓いただいたリ ...

続きを読む
前回寄付でいただいた材料を使ってプリザーブドフラワーのリースを作りたいと思います。かわいい材料ばかりで何から使っていいのか迷ってしまいます。美しいのトリさんが私を見つめていたので、そのトリさんを主役にしたリースを作ってみることにしましょう。

↓いただいたリースの土台です。直径20センチ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓まずはグリーンの葉っぱをカットすることなく、大胆にも1本止め!!
Come On!!貧乏ミシン部
カットしてポイントポイントにつけてゆくよりも、右から左への勢いが素敵だと感じたからです。色も黄緑で、今回の主役のトリさんにピッタリ!!

↓白い玉をランダムにつけてみました。うーん、さわやか!
Come On!!貧乏ミシン部
等間隔にって言われるより、ランダムにって言われる方が逆に難しいです。左右対称が好きなので特に・・・。

↓初めて触るプリザーブドフラワーをグル-ガンで付けてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
バラの向きも、トリさんの向きも、なかなか難しいです。トリさんは、バラの方を向いている感じにしてみました。

ハートのリボンと、白いリボンを重ねて結ぶことで、ほのかな存在感を出したつもりです。白いリボンなんて、いったい何に使えるのかと思いつつ残しておいたものが今、役に立ちました。

寄付でいただいた黄色いお花は、触るとパリパリしていて花びらが少し取れてしまいました。この黄色いお花は、第一印象よりも、ずっと使い勝手が良くて感動しました。地味だけど、何色に合わせても合いますね。

↓最後にゴールドの木の実を散りばめて完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
さわやかな感じのリースに仕上がりました。

↓このリースで、自己満足している点は、この「立体感」!!
Come On!!貧乏ミシン部
バラが前に突き出していて、トリさんが奥の方から覗いているこの「奥行」が、なかなかいい感じになったと自負しております。

贅沢な材料を使うと、本当に素敵なものが仕上がるんですね。プリザーブドフラワーという「高嶺の花」ならぬ「高値の花」を触る日が来るなんて思ってもいませんでしたが、ありがたい寄付のおかげでチャンレンジすることができました。本当にありがとうございます。

今後も、プリザーブドフラワーの作品、まだまだ続きます。
(第二段の材料を発送するのは、まだまだお待ちください)

↓一足先に春を感じる我が家にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓リボン、もっと欲しくなっちゃいました。

↓表裏のないリボンが結びやすいですよ!

先日、初めて口頭で「石川県のdetekoです」と自分で名乗ってみました。そもそも、detekoを名乗り始めてからの歴史は意外と長く、かれこれ14年になります。もともとは、会社の先輩の「ポストペット」(←懐かしい)の名前でした。「でてこ」という音の響きに「これしかない ...

続きを読む
先日、初めて口頭で「石川県のdetekoです」と自分で名乗ってみました。

そもそも、detekoを名乗り始めてからの歴史は意外と長く、かれこれ14年になります。

もともとは、会社の先輩の「ポストペット」(←懐かしい)の名前でした。「でてこ」という音の響きに「これしかない!!」と思ったんです。理由は4つ。

・本名っぽくない。
・最後が「こ」であることで、何となく女だってこともわかる。
・濁点が入っているおかげで、顔の見えないネットでも美人を連想させない。
・実際に対面し、「さん」付けで呼ばれても恥ずかしくない。

プリザーブドフラワーの材料を寄付したいと言ってくださる方から、晴れて「detekoさん」と呼びかけられることになりました。今までいただいた寄付はすべてメールか郵便でしたが、今回はいろいろ行き違いがありましてお電話することになったわけなんです。

私からの電話を大変喜んでくださいました。こんなブログを面白いとまで言ってくださり、話の流れで、旦那さんのご機嫌を損ねず、自分の趣味を続けてゆく裏技なども伝授していただきました。

私の声が若い!若い!というのが最初の感想だったそうなので、調子に乗って言わせてもらいますと、顔は萩原流行に似ている私ですが、声は菅野美穂です。ですって言うか、似ていると言われます。複数の人に言われたことがあるので、もっぱらお世辞でもないんじゃないかと前向きにとらえています。

では寄付していただいたものをご紹介します。

↓まずは大量の布。
Come On!!貧乏ミシン部
以前、記事で「キルティングは高いので買わない」と言っていたからなのか、キルティングがたくさん入っていました。コーデュロイも密かに集めていたのでうれしいです。個人的には、白地にハートの柄が入った布地がツボでした。いただいた材料で、やってみたいと思っていたことを形にできそうです。

↓プリザーブドフラワーです。
Come On!!貧乏ミシン部
フエルトのリースの記事の時に、プリザーブドフラワーのリースのリンクを貼りつけたことがあり、それを見て「やってみたいのならば!!」と、送ってくださったようです。

↓その他、うさぎや造花などの飾りです。
Come On!!貧乏ミシン部
リボンやゴールドの松ぼっくりや木の実など、フラワーアレンジの名脇役たちもたっぷり入っていました。

↓新品のリース3個!
Come On!!貧乏ミシン部
もう「至れり尽くせり」とはこの事を言うのでしょう。

↓そしてグル-ガンまで!!(写真で見るより大きいです)
Come On!!貧乏ミシン部
お電話で「グル-ガン持っている?」との問いに、「持っていません」と正直に答えてしまい、慌てて「買います、買います」と言い直したのですが、

「買っちゃだめなんでしょう!?」

という激しい突っ込みを受けました。そうなんです、そうなんですけどね・・・・。
まぁこんなにも毎回、「出費を避けて生きてます」って内容のブログを読まされたら、グル-ガン送っちゃいますよね。本当にどうもありがとうございます。このすべてを作品にすることこそが一番の恩返しと思って、精一杯がんばります。

数えてみたんです。今までに何回寄付をいただいているか。。。
今回で6回目でした!!ありがとうのひと言で受け取ってしまうあたりが、我ながら甘え上手だなぁと思います。私、末っ子なんです。きっと、気を使って断ってしまう長子の方もたくさんいるでしょうに。甘え上手ですみません。

そんなわけで、次回から、「プリザーブドフラワー」というカテゴリーを作り、記事を書いていこうと思います。

↓申し訳ないやらうれしいやらの私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

4年目から曜日にとらわれない「ランダム更新」をスタートさせました。今回はめずらしく、2日連続の更新です。コメントを入れるタイミングが難しい??読者のみなさんはそんなこと全然気にしなくていいのです。月に一回溜め読みしにきてくれてもいいのです。新しい記事が更 ...

続きを読む
4年目から曜日にとらわれない「ランダム更新」をスタートさせました。今回はめずらしく、2日連続の更新です。コメントを入れるタイミングが難しい??読者のみなさんはそんなこと全然気にしなくていいのです。月に一回溜め読みしにきてくれてもいいのです。

新しい記事が更新されていても、どうぞ、どうぞ、大きな顔して過去記事にコメントをお入れください。

じゃ、今日もランダムで行くぜぇ!!

私の誕生日は12月なので、季節柄、靴下をプレゼントされることが大変多いです。とは言いますものの、誕生日も38回目ともなると、プレゼントをくれる人も年々減り、友人1名となってしまいました。

旦那さんはくれないの??と思われた方も多いと思います。

幸か不幸か、旦那さんと誕生日が1日違い。結婚した当初は、誕生日を忘れられるってこともないし、ウッシッシなんて白い歯むき出しにして笑っていました。ところが、誕生日があまりに近すぎて、相手の出方を探り合う日々が何年も続くようになってしまったのです。今年は高いものをあげたから、高いものが返ってくるだろうというように。

そんな日々に疲れ果てた私たち夫婦は、数年前から、生活費より同額の金一封を捻出し、自分で自分の欲しいものを買うというシステムをあみ出しました。

飲み食い、買い食い、ギャンブルなど、物として残らない使い道はNGで、以前から欲しいと思っていたものを予算内で買うという条件付きです。ちなみに昨年は旦那さんがコールマンのリュックで、私は洋服でした。このシステムまだまだ続きそうです。

さて、話を本題に戻しましょう。誕生日に友人がくれたレッグウォーマー、色もデザインも気に入っていたのに、ショートブーツのファスナーに引っかかり、穴が開いてしまいました。

↓ファスナーに引きちぎられた毛糸が無残に伸びています。
Come On!!貧乏ミシン部

↓画像では分かりませんが、親指も出ちゃうくらいの大きな穴です。
Come On!!貧乏ミシン部
手縫い糸で直しても、「直しました・・・」って感じになるんだろうなぁと思いつつ、数日間放置。

やっぱりがんばって直そう。

無残な毛糸を引っ張ってみました。

ほつれてきませんでした。

この毛糸で直したら目立たなくていいかもって思いました。

↓とじ針でかがり縫いして(網目は完全に無視)、余った毛糸を裏側に通してみました。
Come On!!貧乏ミシン部
全然分かりません!!どこを直したのか分かりません。クシャっとシワを寄せて使うレグウォーマーなら、見破られることはまずないでしょう。糸を通した部分がボコっとなっていますが、雪の結晶の模様編みに紛れて誰にも見破られることはまずないでしょう。

大事なことなので二回言いました。(笑)

↓レッグウォーマーの救出に成功した私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓最近やっと「とじ針」を本来の用途で使えるようになりました。ずっとゴムカタンを通していたけど。

↓曲がっているのもあるんですね。知らなかった・・・。

温泉から帰ってきました。昨日更新しなかったのは、温泉に行っていたからではなくて、4年目は月・水・金の更新リズムをやめて、ランダムにいきたいと思ったからです。ランダムな更新になると、一か月の更新回数が増えるかもしれないし、逆に減るかもしれません、微妙なとこ ...

続きを読む
温泉から帰ってきました。昨日更新しなかったのは、温泉に行っていたからではなくて、4年目は月・水・金の更新リズムをやめて、ランダムにいきたいと思ったからです。ランダムな更新になると、一か月の更新回数が増えるかもしれないし、逆に減るかもしれません、微妙なところです。

↓温泉の薄っぺらいタオルを家族の人数分もらってきました。
Come On!!貧乏ミシン部
今回の宿泊先は山代温泉の「瑠璃光」でした。かなりの近場です。大人用タオルが色違いになっており、連泊した時に相方と間違わないように・・・との気づかいがニクいです。

温泉から上がってロビーを歩いていたら、酔っぱらったおじさんたちがタイのニューハーフさんたちと記念撮影をしていました。

長女がニューハーフのお姉さんたちに手を振ったら、いきなり抱きしめられました。タイのニューハーフさんは近くで見ても、ものすごくきれいでした。長女は女性だと思っていたようなので、後からその真実を教えてあげました。さっきのふわふわのおっぱいがニセモノだと知って驚いていました。

その思い出深い瑠璃光のタオルを定番中の定番!!である雑巾にしようと思います。

↓頼んでもいないのに、立候補者が二名も現れました。
Come On!!貧乏ミシン部
一人はミシン係、一人は抜いた待ち針を針山に刺す係なのだそうです。(風呂あがりで湯ざめしないようフリースを着用)

針山に刺すだけでも満足な4歳児。なんとかわいいことよ。針をさわるなと言われるよりマシなようです。

↓「小学1年生のミシンデビュー」から半年ぶりのミシンです。
Come On!!貧乏ミシン部
左右の手の置き場所はいい感じです。

10月に「フットコントローラー」を導入したのを忘れていました。「やりにくい、やりにくい」と長女からクレームを受けたあたりで、待ち針を針山に刺す係がミシン部屋を去ってゆきました。待ち針を針山に刺す仕事は、退屈なのですね。

フットコントローラーを常にベタ踏みする長女。まだ、踏み込む強さを調整できません。そこで、ミシンの本体側で、最高速度を低めに設定しました。

↓そうそう、角まできたら、針を下げたまま雑巾をターンさせて。
Come On!!貧乏ミシン部

↓縫えたと思っていたら下糸が無くなっていたみたいです。
Come On!!貧乏ミシン部
気付けよ!

↓下糸のために作業が中断し、ご立腹の様子。
Come On!!貧乏ミシン部

↓古着からとっておいた紐をループに使います。
Come On!!貧乏ミシン部
ループのところだけ返し縫いしてくださいね。

ミシン係に、ループはもっと角に付けるように、そして、縫う場所をもっと際に寄せるように、注意しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓やっと4枚の雑巾を縫い上げました。大人のタオル2枚分です。
Come On!!貧乏ミシン部
しかし、ミシン係は、先ほどの注意でやる気を失ったのか、集中力が切れたのか、もうやめると言いだしました。まだ子供のタオルが2枚残っていると言っても、ききません。

↓やる気を失ったミシン係を引きとめ、最後の仕事。
Come On!!貧乏ミシン部
「子どもタオルは透けるぐらい薄いです」の1枚を長女の手を借りて撮り終えたら、ミシン係はミシン部屋を去ってゆきました。

↓いいもんねぇ。自分でやった方がはやいもんね。(←大人げない)
Come On!!貧乏ミシン部
子どもタオルは薄すぎたので、半分にカットしたものを4つ折りにして、学校指定の規格「机拭き雑巾」にしました。

↓柄がついていなかった方の半分は、捨てようか迷っていた動物のハギレをジグザグミシンで縫いつけました。
Come On!!貧乏ミシン部
結ばない子供用エプロン」のハギレです。ちょうど今から2年前の作品です。着画の長女がまだ幼いですね。

使い込んで変色した固いタオルを雑巾にするぐらいなら、1度しか使っていない温泉タオルを雑巾にしたほうがリッチな感じがする!という提案をしたところで今回はお開きにしたいと思います。

↓ミシンをして最後はお母さんに押し付けたことを日記の宿題に書いていた長女に、ポチをお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんなタオル、なかなか無いよね?

↓泡立てネット持参です。子供はボディタオルを使わず泡で洗います。