Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2013年01月

地味に生きてきた私が、今年、ヒョウ柄デビューしたことは、こちら「カットソーの裾がキツかった時のリメイク 」でもお話しました。気持ちの上で、何か変化はあったのか?いえ、全然。全く。ヒョウ柄を着ていても、上からコートを着ちゃったらいつもの地味な自分になってし ...

続きを読む
地味に生きてきた私が、今年、ヒョウ柄デビューしたことは、こちら「カットソーの裾がキツかった時のリメイク 」でもお話しました。

気持ちの上で、何か変化はあったのか?

いえ、全然。全く。


ヒョウ柄を着ていても、上からコートを着ちゃったらいつもの地味な自分になってしまっているからだと思いました。そこで!

↓ゼブラ柄のレギンスを買ってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
これなら、コートを着てもゼブラをアピールできます。少し強気で生きてゆけるかもしれません。

購入する前に店内で試着もバッチリしたし、下2桁が連番になったお年玉年賀はがきも、ちゃっかり持参して割り引きしてもらいました。我ながら完璧!!2013年もぬかりなし!と思ったのも、つかの間。

このレギンス、1時間も穿いているとだんだんズリ下がってくるってことが判明しました。ウエストが少し緩いこと、股上が少し浅いこと、そして太ももが太いこと、たぶんこの3つが原因です。

↓太ももが太いことは仕方がないので、ウエストだけでも直しましょうかとレギンスを見てみれば・・・またですよ!また!!ゴムが一緒に縫い込まれてるパターンのやつですよ。
Come On!!貧乏ミシン部
「また」って感じがしない方はこちら「ジャージのゴムが伸びた~adidasとの戦い~ 」をご覧ください。

で、この縫い方、「カバーステッチ」って言うらしいですよ。これ。最近私も知ったんですけど。裏側はロックミシンみたいになっていて、表は直線縫いを2本並べたようになっているやつです。

一瞬、ためらいました。ほどくのを。裏は「毛布?」ってぐらい起毛していて、縫い目は埋まっているし、黒でますます糸は見えないし。

でも買ったばかりのゼブラ柄を箪笥の肥やしにはできないとがんばってほどきました。「カバーステッチ」で検索したら楽にほどくコツが出てくるんです。縫い終わりの方からほどくといいみたいで。

ここで黒色のリブ素材でもあれば、一気に股上の長さを伸ばせたのですが、そんなちょうどいいものがなかったので。

↓黒つながりで、不要になったユニクロのカットソーの裾を3センチぐらいにカットしました。
Come On!!貧乏ミシン部
ユニクロのカバーステッチまで、ほどく余裕、ありませんでした。このまま使います。

↓中表に合わせて、ゼブラのスパッツに縫い足します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓そのまま内側にたおしてコバステッチ。さらに2本のゴムが入るようにジグザグミシンを2列。
Come On!!貧乏ミシン部
ユニクロのカットソーと、ゼブラのレギンスは伸び伸びペアだったので、こんなにも伸び伸びになってしまいました。

ゴムを入れたら、バレない!バレない!って思っていたけど、ゴムを入れても、こんなに波打っています。(涙)

上の段のゴムが下の段より緩いのかなぁと、少し縮めてみたけど、変化はありませんでした。ちょっと見た目はヘンだけど、大丈夫!!これで大成功なんです!!

だって、何時間穿いていてもずり落ちてこないから!!

ウエストのゴムを縮めて、股上を1センチぐらい伸ばしただけで、ずいぶんは着心地もよくなりました。試着だけでは分からないことって、いろいろありますね。

↓ゼブラを穿いて強くなったつもりでいる私にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓起毛とかプラスαの機能に弱いんです。

おかげさまで石川県は銀世界です。私も朝から2時間除雪作業。知らん顔できないほど、積もっていました。さて、私は高校生の頃からずーっと無印良品の黒い肩掛けバックをメインとして使っていました。無印のバックはたくさんのポケットや仕切りがついていて、本当に使いやす ...

続きを読む
おかげさまで石川県は銀世界です。私も朝から2時間除雪作業。知らん顔できないほど、積もっていました。

さて、私は高校生の頃からずーっと無印良品の黒い肩掛けバックをメインとして使っていました。無印のバックはたくさんのポケットや仕切りがついていて、本当に使いやすかったのです。そのバックが壊れた後、大人になってからもう一度同じデザインのものを購入しました。

ところが、見た目は同じでも、明らかに品質が落ちているのが肌で感じ取れました。ナイロン素材が、薄いものになったのか、重いものを入れるとカバンが型崩れするのです。

なんだかガッカリしました。ガッカリしすぎて使う気にならなかったので、旦那さんに押し付け(捨てる勇気はない)銀行バックにして、通帳や印鑑を入れていました。

そしたら、今度は旦那さんが、「このバック、内側のコーティングが剥がれてパリパリした黒いものが通帳につくんだよ。もうこのバックはダメだ」と言いました。高校生の頃に使っていた無印良品のバックは、そんな終わり方しなかったのに、定番商品だからとリピート購入しても、ハズレることがあるんですね。

結局、そのバックも2013年の年明けを待たずに、お別れとなりました。

銀行バックぐらい、わざわざ買わなくても、うちにある適当なバックに入れ替えればいいやと思って、手提げを出してきましたがどうも深すぎて通帳と印鑑が出しづらいのです。

他は粗品でもらったバックばかりで、ファスナー付きで程良いサイズのものが全然見当たりません。

↓無いものは作ればいいってことで、まずはバックの前と後ろの上部に接着芯を貼りました。
Come On!!貧乏ミシン部
この接着芯、テープ状に巻かれているもので、極厚です。こちらも寄付でいただきました。

こちらを左右1センチずつ短くしてバックの口の部分に貼ります。バックの口の部分さえ、しっかりさせていれば、ファスナーの開閉がぐっと楽になることを、「プーさんとauのコラボでおけいこバック」で実感しました。

このテープ状の極厚接着芯は後に力を発揮します。

↓バックの仕立てよりも先に、持ち手を縫いつけました。これはバックの後ろ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ここで外ポケットの準備です。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと寂しかったので「ロンパースをルームシューズにリメイク」(今年の冬も愛用中)で残しておいたニットのポケットを付けてみました。

少しポケットが右寄りになったので、ポケットを縫いつける時に調整します。

最初は旦那さんが使うものだからシンプルにと思っていたのに、だんだん自分好みになってきていますが、このまま進みます。

↓バックの正面にポケットを挟みました。
Come On!!貧乏ミシン部
やっぱりまだ、ポケットの上のポケットが右に寄っている感じがしますが、ニットのポケットをほつれをカバーするためにジグザグミシンで縫いつけたので、やり直しはできません。ここは一発勝負です。

↓バックをコの字に縫い、5ミリずつ小さくしてキルティングの内側も作りました。
Come On!!貧乏ミシン部
前回、「細長く残ったキルティングを使い切る方法」でつないでおいたキルティングで内布を作りました。

最初に付けておいたテープ状極厚接着芯のおかげで、ねじれたり、歪んだりすることなく、バックの口を3つ折りすることができました。ストレス無く、内側のキルティングを挟むことができて大満足です。

今のうちにミシンでガーッと!!と思いましたが表に縫い目が出ない方がいいなぁと思ったので、途中でやめました。

↓ミシンの縫い目をほどいて、せっせと手縫いで仕上げました。
Come On!!貧乏ミシン部
既製品っぽさからは遠ざかりますが、ここの部分は手縫いをしたほうが、「遊び」があって外布と内布がしっくりきます。ハンドルにもバックの口にも、そして人生にも少々の「遊び」は必要です。

調子に乗って、ファスナーまで手縫いで付けてしまいました。ファスナーが波打ったみたいになったので、ここはやっぱりミシンの方がよかったかもしれません。失敗。失敗。

手縫いでファスナーを付けていたら長女(6歳)と次女(4歳)が代わる代わるやってきて、「誰の?」と声をかけてきます。こんなかわいいひよこの柄だから、子供用だと思ったみたいです。はい、ざんねーん!!

↓ジャジャーン!完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
小ぶりのトートバックが完成しました。マチを付けなかったところが、逆に新鮮です。言い忘れていましたが、このパリッとした黄色の布は、カーテンのサンプル生地です。ナヨナヨしていなくて使いやすいです。

↓中はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
ひよこのぴーちゃんがかわいすぎるので、バックの中は見られないように使ってもらいたいと思います。銀行めぐりは、混み合う時間を避けて、効率よくまわりましょう。自営業者の皆様、特にお給料日や連休前は避けた方が無難です。

↓家族の意見も聞かず、自分の好みを押し付けてしまう人はポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓こんな本をながめるとやる気が出ます。


「ふんわりクッション素材の集金袋」の記事で、「細長く残ったキルティングがもったいなくて捨てられない 」というコメントをいただきました。キルティングなんて高くて、もう20年以上買っていないしなぁと思ったら、双子の伯母が年明けにやってきて、キルティングのあまり ...

続きを読む
「ふんわりクッション素材の集金袋」の記事で、「細長く残ったキルティングがもったいなくて捨てられない 」というコメントをいただきました。

キルティングなんて高くて、もう20年以上買っていないしなぁと思ったら、双子の伯母が年明けにやってきて、キルティングのあまりを私にくれました。
(伯母はいつも双子のペアでやってくるので、うちの子たちは一緒に住んでいると思い込んでいますが、もちろん、別々に暮らしています。徒歩圏内ですけど。)

↓昔、近所の子にバックを作ってあげた余りなんだそうです。
Come On!!貧乏ミシン部
そうそう、キルティングってこんな余り方しますよね。

普通に縫い足して、縫いしろを倒したりなんかしたら、厚みがすごいことになってしまいますので、こんな風につないでみました。

↓切り揃えて隣り合わせに並べ、ジグザグミシンで。
Come On!!貧乏ミシン部
キルティングのふんわり感を損なわないようにするため、大きい目のジグザグミシンというのがポイントです。

パッチワークで、キルト芯を、手縫いでかがっているのを見て思いつきました。

↓案外、綺麗に仕上がりました。
Come On!!貧乏ミシン部
縫いしろに取られないので、最大の面積を実現できます。

↓柄を合わせる余裕は、余ったキルティングにはありませんでした。
Come On!!貧乏ミシン部

これでも十分使えると思うのですが・・・。

↓気になる方は両折りのバイヤステープを付けたらいかがでしょうか。
Come On!!貧乏ミシン部
寄付でいただいたバイヤステープが、ひよこのピーちゃんのキルティングの色にぴったり合いました。(バイヤステープの寄付、本当にありがとうございます)

もしも、このキルティングでバックを作るなら、バイヤステープを縫いつける時に、ポケットの端も縫い込んでしまえば、ロックミシンの手間も省けていいかもしれませんね。

キルティングは、まともに買うと、本当に高いので、最後まで使い切れた時の喜びは、何とも言い難いものがあります。

入園・入学準備シーズンで、かわいいキルティングがたくさんお店に並んでいますね。必要なアイテムの型紙を先に作ってから、並べ方をシュミレーションして、必要なメーター数を無駄なくカットしてもらってください。とりあえず多めに買っておこうは、おすすめしませーん。

こんな感じのキルティングなら買い!!

(1)息の長いキャラクター。
(2)派手な色使い。(パステル系は汚れが目立つ!!)
(3)横に生地を縫い足してもばれにくい!!(柄に方法がランダムなもの)

↓捨てられないキルティングの切れ端があるって方はポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓たとえばこんなのとか。



結婚して間もない頃、一緒にテレビを見ていた旦那さんがポツリと言いました。「えなりかずきは2週間に一度、床屋に行っているらしいよ。2週間に一度なんて絶対ぜいたくすぎる。俺もいつか金持ちになったら、絶対そうしよう」そんな角度から、えなりかずきをうらやましがる ...

続きを読む
結婚して間もない頃、一緒にテレビを見ていた旦那さんがポツリと言いました。

「えなりかずきは2週間に一度、床屋に行っているらしいよ。2週間に一度なんて絶対ぜいたくすぎる。俺もいつか金持ちになったら、絶対そうしよう」

そんな角度から、えなりかずきをうらやましがる人がこの世にいるなんて。
しかも私の隣に!!衝撃でした。

それから10年、旦那さんもいろいろ試して気が済んだのか、坊主頭+ひげに落ち着き、キム兄風になりました。7年前に電気量販店で購入した7000円の充電式のバリカンも十二分に元を取りました。

おかげさまで夢が半分だけ叶い、旦那さんもお金持ちにならずして2週間に一度の散髪ができるようになりました。

そんな坊主頭に落ち着いた旦那さんの愛用品が、ニット帽です。除雪作業の時、お出かけの時、のみならず就寝時にも被っています。スポーツメーカーのものから、100円ショップのものまでいろいろあり、自分なりに使い分けているようです。除雪作業の時などは数時間で汗をかくので、一日に複数枚使用する日もあります。

↓つい最近、一番チープな100円ショップのニット帽がほつれました。
Come On!!貧乏ミシン部
あまりに大胆なほつれっぷり!

処分しようと旦那さんに同意を求めましたが、その返事は、「可能であれば直して欲しい」とのことでした。

思えば旦那さんも丸くなりました。数年前に100円ショップで集金用の巾着袋を買ってきた頃を思えば(←引きずり過ぎ)、貧乏ミシン部に頼ってくれるようになりました。貧乏ミシン部の存在を、認めつつあるってところでしょうか。

でもニットのほつれってややこしいからなぁ。編み物はあんまり得意じゃないし。(涙)

↓と、裏を返してみました。
Come On!!貧乏ミシン部
ニットの目なんておかまいなしで、伏せ止めもされず、少し太めの別糸でガンガンにロックミシンされていました。なーんだ。目さえ落とさなければいいのか、と思いました。

太めの糸、太めの糸・・・。ありました!!
入園準備おしりマット」で、ほどいた白くて太い糸を残しておいたのでした。ちなみにこの糸は、「和菓子の箱でシルバニアファミリー専用整理箱」のボタン付けにも使用しました。なかなか使えるヤツです。いやぁ、何でも残しておくものですね。

↓ブランケットステッチを20年ぶりぐらいにやってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
一見、へたくそに見えますが、ほつれていた糸をブランケットステッチにくぐらせたりしたので、見た目が悪くなってしまっただけです。ちゃんとステッチできています。(いいわけ)

↓表側から見てみると・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
ブラボー!!
100円ショップのニット帽の完全復活です。

気に入ったもの、使い慣れたもの、というのは、色・形・サイズ・素材、いろいろな点で自分が合格を出しているものですから、また新たに同じようなものを探すとなると、そう簡単には見つかりません。探す労力と、新たな出費、そして何より外れてガッカリする確率も考慮すれば、今まで使っていたものを、多少時間がかかっても直した方が楽かもしれませんね。

さぁ旦那様、このニット帽をかぶって、就寝してくだされー。
ちなみに昨日、テレビで見かけたえなりくんは坊主頭を卒業し、小洒落たヘアスタイルでクイズ番組に出ていました。

↓えなり君をうらやましく思ったことがない大多数の方はポチっとお願いします。私もです!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓びっくり!就寝用の帽子ってあるんですね!

↓こちらはフリース素材。

みなさんはボビンを何個ぐらい買い揃えていますか?私は基本的にミシン糸の色数だけボビンを買い揃えたいと思っています。お財布が許すならば。手芸屋さんのバーゲンの時なんかに、ちょっとずつボビンを買い揃えて、揃ってきたかなと思ったら、ミシンが壊れて買い替え。と同 ...

続きを読む
みなさんはボビンを何個ぐらい買い揃えていますか?

私は基本的にミシン糸の色数だけボビンを買い揃えたいと思っています。お財布が許すならば。

手芸屋さんのバーゲンの時なんかに、ちょっとずつボビンを買い揃えて、揃ってきたかなと思ったら、ミシンが壊れて買い替え。と同時にやっと集めたボビンも使えなくなってしまいました。

同じブラザーのミシンに買い替えたのに!!

合わないボビンをうっかり今のミシンに使ってしまったりすると、下糸がぐちゃぐちゃにからまって大変なことになります。

↓合わないボビン・・・・紛らわしいから捨てちゃおう・・・と思ったら。
Come On!!貧乏ミシン部
過去に「お歳暮の箱でロックミシンの糸を整理整頓」という記事を書いた時にアイディアをいただきました。

私がロックミシンの糸を4個も買い揃えられないので3個だけ買って、あと1個は空いた糸巻に手動でぐるぐる巻いては使っていると書いたら、読者の方が「私は下糸のようにボビンにロックミシンの糸を移し替えて使っています」と。

なんですと!!

↓私も早速やってみます。
Come On!!貧乏ミシン部
と思ったら、旧規格のボビンは、中心の穴の直径までサイズ変更されていて、ボビンをサクッと付けられません。(涙)

どこまで規格を変更すれば気が済むの??
ボビンの高さだけじゃなかったの??


それでも無理やり、旧規格のボビンに糸を巻きつけようとがんばります。

↓寄付でいただいた業務用のロックミシン糸はミシンの糸立てにも立てられず。
Come On!!貧乏ミシン部
とりあえず近くにあった裁ちバサミに差して、糸巻の高さで手をプルプルさせながら程良い高さで糸出しをします。

あぁこんな時、セブンティーンアイスの棒があったらいいのに。よく自動販売機で売られているセブンティーンアイスを食べ終わると、騎士の剣にも似たプラスチックの棒と土台が残ります。棒の長さがこの業務用の糸の高さに合うかどうか!?近いうちに検証してみよう。もしもぴったり合ったら世紀の大発見になるやもしれませぬ。

↓こんな話をしている間に、見事2つのボビンを再利用することができました!
Come On!!貧乏ミシン部
ボビンの付け方が不安定なので、手で微調整しながら巻き終えました。

↓では、ロックミシンにセットしてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
ブラボー!!

こちらは、問題なく、糸立ての棒に、ボビンを通すことができました。4本糸のロックミシンでは、左側2つが比較的糸の減りが遅いので、そちらにボビンに巻いた糸を使用することにします。

捨てられかけた古いボビンを上手く使うことができました。今後、私もこの方法を取り入れていきたいと思います。すばらしいアイディアありがとうございました。

↓ちなみにこちらは、母がお嫁入りに持ってきたミシンのボビン。
Come On!!貧乏ミシン部
裁縫道具に紛れて、私の嫁ぎ先にまでついてきてしまったみたいです。あぁ懐かしいなぁ。

未来のミシンを想像してみました。下糸も、上糸並みに大きくなって、下糸の移し替え不要!との謳い文句で、ちょっと小ぶりの上糸2個セットが売られるようになるんじゃないでしょうか?直線縫いは、ロックと違って、上下の糸の減りが同じぐらいなので、上糸と下糸の大きさが同じでもいいと思うんですけど。

あっちょっと待てよ。(笑)1つのミシン糸が上糸と下糸の両方に使えるってミシンもいいですね。その場合、糸も端から巻くんじゃなくて、中心から巻かなくちゃいけませんね。両端をそれぞれ、上糸と下糸で同時に使用して、ちょうど中心まできたら終わり!っとか?私もそんなミシンの進化を見守るために長生きしなくちゃ!!

↓古いボビンも捨てなくてよかったねのポチっをお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓今必死に買い揃え直しているのがこちら。高さ11.5ミリのボビン。

↓私はケチなので絶対に買わないけどこんな便利な物もあります。

↓こんな画期的なものを発見しました。私はケチなんで買いませんが、気持ちは痛いくらいわかります。