Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2012年03月

長女は卒園式を終えた後も、私の身勝手で無理やり保育園に通わされてしましたが、それも今日でおしまい。来週から入学式までは春休みという名の自宅保育になります。そんなわけで、今日のうちに入学準備を少しでも進めておきたいのであります。今日のお題は、学校からサイズ ...

続きを読む
長女は卒園式を終えた後も、私の身勝手で無理やり保育園に通わされてしましたが、それも今日でおしまい。来週から入学式までは春休みという名の自宅保育になります。そんなわけで、今日のうちに入学準備を少しでも進めておきたいのであります。

今日のお題は、学校からサイズ指定されている体操服袋です。

↓学校から指定された通り、35センチ×30センチになるように裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部
寄付でいただいたデニム調のキティちゃん柄を使用しました。布地の厚みもしっかりあるし、汚れ目も目立ちにくそうだし、6年間使えるかも??とひとりでニヤついています。やっぱり私がどれだけアップリケや刺繍をしてもキャラクターにはかなわないなぁとしみじみ思いました。

↓まずはロックミシン。
Come On!!貧乏ミシン部
偶然にもロックミシンには紺色の糸がかかっていました。はっはぁ~ん、あの時のままってことだな。

長いことロックミシンを使っていますが、いつもロックミシンの角が綺麗に仕上がらず、毎回無駄なロック糸が団子のようになっていましたが、先ほどロックミシンの基礎ブックを読み返し、1辺を縫って90度回転させる時に、きもぉ~ちロックミシンにかかっている糸を引っぱってやることで、綺麗に仕上がることを学びました。ロックミシン歴4年目。気づくのが少し遅すぎます。

今回使用したキティちゃんは十分過ぎるぐらい派手なので、お名前シールはイオンの手芸コーナー「パンドラ」で購入したこちらの真っ白なテープを使用することにしました。ここでイチゴなどのワンポイント付き名前テープはしつこいかなと思いましたので。

↓買った後で、よく見たら「糸・針・アイロン不要」の文字が!!
Come On!!貧乏ミシン部
剥離紙がついたシールタイプでした。

これで洗濯しても大丈夫だって??

なわけないでしょ??


アイロンしても取れるくらい名前シールの接着力には泣かされているのに、ミシンも、アイロンも不要だなんて・・・。

なんて強気な発言なんだ?!

あっ、でもアイロンをすると、さらに取れにくくなりますって書いてある。やっぱりアイロンした方がいいみたいです。

↓さらにテープの角を丸くすることで取れにくくなるというニクい裏技が!!
Come On!!貧乏ミシン部
これはすごい!!アイロンステッカーでも使える技です。確かに!こういったものは、角から剥がれてくるので、角は丸い方が絶対にいいですよね。この手の裏技、大好物です(笑)

いつもはアイロンで接着して、さらに、まわりをミシンで縫うようにしていますが、今回は名前テープの強気発言を受けて、あえてミシンで縫うことはしませんでした。(アイロンは一応した)

本当に取れないのか?やっぱり裏切られるのか??この結果は、また記事で取り上げたいと思います。

↓巾着ぐらい楽勝!楽勝!と思ったら・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
布地に上下があることをすっかり忘れ、巾着の底になる部分に紐を通すところを作ってしまいました。

調子の悪い時は何をやっても、上手くいかないもので、縫い直してみると、今度は、縫い代として残しておいた、布地の「ミミ」の部分が、表側に顔を出していました。(←ケチが災い)

いやぁもう何やってもダメだ!!となり、数日キティちゃんを休ませました。正直に言うと、休みたかったのはキティちゃんではなく、私の方なのですが。

↓そして長女の春休みも来週に迫った今日、無事巾着袋が完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
前回整理した紐の赤チームから、ちょっと太めの赤い紐を選んで通してみました。長さの調節をしなくても長さピッタリ!!やぁやっぱりレトロチックなキティちゃんは赤が似合うね!!本当に似合う!!羨ましっ!!

↓名前シールに残った針のあとが少し悲しげですが(涙)
Come On!!貧乏ミシン部
学校指定のサイズなので、私が思い描く巾着袋のゴールデンバランス(縦と横の比率)ではありませんが、横幅は広い方が入れやすいかもしれませんね。ちなみにうちの旦那さんのゴールデンバランスとは、おかずと白ご飯の比率だそうで。幕の内弁当なんかを配給すると、それはそれは素晴らしいバランスで食べ進めてくれます。

この「糸・針・アイロン不要」を謳い文句とするネームシールをお使いの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント下さい。

↓巾着袋ぐらいでなにドタバタやってんだよ?のポチっをお願いします。こちらをクリックすると私にポイントが入ります。お金を請求されたりしませんので安心して、押してください。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓私とお揃い!

↓こっちもお揃い!!(笑)

ヤマザキ春のパンまつりのシールを必死に集め、ようやくお皿を1枚交換することができました。私に会うチャンスがある方、不要なポイントシールがございましたら、ぜひお声を掛けてください。目標はお皿4枚です!!(←自力では絶対無理)私は日頃から、洋服を捨てるときに ...

続きを読む
ヤマザキ春のパンまつりのシールを必死に集め、ようやくお皿を1枚交換することができました。私に会うチャンスがある方、不要なポイントシールがございましたら、ぜひお声を掛けてください。目標はお皿4枚です!!(←自力では絶対無理)

私は日頃から、洋服を捨てるときに、ボタンだけ取っておいたり、紙袋を捨てるときに紐だけ取っておいたり、お菓子の箱を捨てるときに、一番広い面だけを厚紙としてとっておいたりしています。その他、包装紙や、リボンなんかも。

そのストックした材料を「今だ!!」と思った時に出してきて作品に利用し、材料費を浮かせ、ひとり喜びを噛み締めています。それこそが貧乏ミシン部の醍醐味だったりもします。

時々、コメントやメッセージで、ミシン部で使用する材料をどうやってストックしているのかと尋ねられますが、そんなスゴイ保管方法があるわけじゃないんです。

↓Before画像です。リボンと紐をゴチャ混ぜで、木箱にポイポイ入れています。
Come On!!貧乏ミシン部
なにげに、この木箱も私の手づくりです。木工教室に通っていた時に、A4サイズに合わせて作りました。ポイントは角の部分!!市松模様になるように組んであります。箱を4個ぐらい作ったので、ものすごい大変な作業になりました。

あるうららかな春の日、この絡み合った紐とリボンを整理しようと思い立ちました。そのきっかけはチャック付きビニール袋がいい具合に集まったからです。(←こういう物もお金を出さずにひたすら集める)

↓だから大きさも種類もバラバラ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓最近、急にチャック付きビニール袋が集まったその理由は・・・・インフルエンザ。
Come On!!貧乏ミシン部
薬の種類に分けてチャック付きビニール袋に入れてくれるので、あっと言う間に集まります。しかも、熱がなかなか下がらず2回も受診してしまったので、ビニール袋はさらに倍!!(←クイズダービーっぽい)

↓紐を9色に色分けしてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
赤と黒が特に多いですね。意外に多かったのはグレー。

透明だから見つけやすいし、濃い色の紐は糸くずが目立つのでチャック付きビニール袋は一石二鳥だと思います。なぜが、紐のストックをロックミシンの台の下に置いているので、糸くずの量はハンパないんです。おかげさまで、紐なんて何年も買ったことないです。


次はリボンです。

↓リボンのストックには試行錯誤を繰り返してきました。
Come On!!貧乏ミシン部
シワにならないようにクルクル巻いたこともありました。右から、輪ゴムでとめてみたり、セロハンテープを貼ってみたり、その辺にあったシールのかけらを貼ってみたり。

なんせ、ストック期間が長いので輪ゴムは劣化してリボンにくっつくし、セロハンテープは変色し、リボンを黄色に染めるしで、もう大変。意外にマシなのが、シールのかけらだったして。

↓でもね、いざ使おうとすると・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
リボンがカールして使いにくいんです。これじゃダメだ!!私は思いました。

↓出してきたのは厚紙の破片。
Come On!!貧乏ミシン部
2ミリ厚から3ミリ厚の高級厚紙です。箱を作る時に余ったものですが、何かに使えると思って残してありました。(←どこまでもセコくて、自分でも本当に恐い)

↓リボン巻きが完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
厚紙をアルファベットの「H」のようにカットし、巻きズレにも対応!!!巻いた後に緩ませないポイントはジャストサイズの、これまたチャック付きビニール袋!!

H型の厚紙を縦に(リボンを巻いた方向に)シャキーンと入れるのがスマート。袋とH型の厚紙のサイズが合っていれば、リボンも緩んでこないのです。(袋のサイズにH型の厚紙のサイズを合わせている)

今回はチャック付きビニール袋が足りず、相席ならぬ「相袋」状態で入れてみましたが、それでも足りず、リボンの3列目は、輪ゴムで仮止めしてあります。どうか、このゴムが劣化する前に、チャック付きビニール袋が集まりますように。

きっと一般の人なら、100円ショップに掛け込み、チャック付きビニール袋を買ってしまうことでしょう。

しかーし!!貧乏ミシン部ではそれを「弱さ」と言うのです。「揃えたい」「完成させたい」その気持ちでお金を使ってしまってはいけないのです。じっと待ちましょう。神は私たちにチャック付きビニール袋をお与えになるに違いありません。(←注:キリスト教徒じゃないんだけど)

↓After画像。再び木箱に入れてストックです。(ファスナーの口を閉め忘れ)
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと探しやすくなりました。問題は、材料であれこれ迷って、結局使わなかった材料をちゃんと元に戻せるかってことだよね(涙)

結局、リボンのストック方法は台紙に巻くという一番オーソドックスな形になってしまいましたが、たかが紐の整理で、9枚の画像を使って熱く語るのはきっと私だけでしょうね。

↓人から見ればただのゴミ。でも、これだけ集めりゃひと財産!!ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

何度も言いますが、私は手荒れがひどいので、そのせいでガタガタな爪が生えてきます。そのガタガタの爪はもろく、油断するとすぐに割れてしまいます。ボーリングをすれば、親指の爪に亀裂が入るし、結び目を解こうとすれば、人差し指の爪に亀裂が入ります。↓こちらの手づく ...

続きを読む
何度も言いますが、私は手荒れがひどいので、そのせいでガタガタな爪が生えてきます。そのガタガタの爪はもろく、油断するとすぐに割れてしまいます。

ボーリングをすれば、親指の爪に亀裂が入るし、結び目を解こうとすれば、人差し指の爪に亀裂が入ります。

↓こちらの手づくり食事エプロン。
Come On!!貧乏ミシン部
過去記事の「タオルハンカチで食事用エプロン」と同じ作りのものです。子供たちも成長して、食事エプロンも必要なくなったので、雑巾に縫い直そうと思ったのですが、洗濯を繰り返したゴムの結び目のかたいこと、かたいこと。

結び目をハサミで切り落とすのは簡単です。これを意地でも解いてやろうと思ってしまうのです。このゴムを解いて再利用してやろうと、1センチでも長く残す努力を私は惜しみません。

貧乏ミシン部の柱となる「リメイク」はほとんどが一発勝負。その1センチを諦めてしまっては完成しない作品もあるのです。どんな手がかかっても、貧乏ミシン部の名にかけて、ほどかねばならない結び目があるのです。

↓そんな時、頼りになるのがラジオペンチ!!
Come On!!貧乏ミシン部
ラジオペンチは片方だけでもいい仕事をするので、9割以上の結び目は解けるのですが・・・・。
(deteko調べによる)

↓究極にかたい結び目には、ダブル使いをお勧めします!!
Come On!!貧乏ミシン部

↓ラジオペンチのおかげでほらこの通り!!
Come On!!貧乏ミシン部
あなたの大切な爪に亀裂を入れることなく、かたい結び目を解くにはこの方法しかありません!!
(言い切っちゃった)

ラジオペンチを工具箱に入れておいてはもったいない!!さぁ!!今すぐあなたのミシンの隣にご準備下さい!!

他にも結び目のすばらしい解き方をご存知の方は、遠慮せずにコメント下さい。何年経っても待っています。

↓私も結び目と戦っているぜって人はポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

数年前から「羊毛フエルトの材料ならうちにあるから、やりたくなったら言って」と友人に言われていました。私なら必ず手を出すと思ったのでしょうか。でも、私が今日まで羊毛フエルトに手を出さなかったのは、羊毛フエルトが結構いい値段である上に、立体の動物などを作ると ...

続きを読む
数年前から「羊毛フエルトの材料ならうちにあるから、やりたくなったら言って」と友人に言われていました。

私なら必ず手を出すと思ったのでしょうか。でも、私が今日まで羊毛フエルトに手を出さなかったのは、羊毛フエルトが結構いい値段である上に、立体の動物などを作るとなると、意外に羊毛フエルトをたくさん使うので、こんなお金のかかる趣味だと思ったからです。

しかし、立ち読みした羊毛フエルトの本で、羊毛フエルトのアップリケを知り、「これなら平面だし、羊毛フエルトをたくさん使わないんじゃないか!!」と思ったのです。

↓すぐさま、友人メールをし材料を持ってきてもらいました。
Come On!!貧乏ミシン部
友人は犬を作ったと言っていたので茶色かベージュしかないと思っていましたが、想像以上に、いろんな色が入っていました。

↓まずは、寄付でいただいたフエルトにりんごを2個チクチクしてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
りんごに見えない・・・・。
このふたつがもっと近寄れば、きっとさくらんぼに間違えられることでしょう。

↓次はブームに乗ってマトリョーシカ。
Come On!!貧乏ミシン部
この手のアップリケは顔が命!!かわいくなければ、どんな衣装を着せても意味が無いと思って、全力で顔のパーツに挑みましたが、少し悲しげな表情になってしまいました。

顔の部分だけをやり直すこと4回。

↓目を少し大きくして、口を赤い刺繍糸に替えてみましたが、少しはかわいくなったでしょうか?
Come On!!貧乏ミシン部
言い忘れましたが、顔に使用する肌色の羊毛フエルトがなかったので、白とオレンジを混ぜて肌色っぽくしてみました。

↓羊毛フエルトのアップリケは、フエルトに限らず、リネンにも出来ると知り、くまにもチャレンジ!!
Come On!!貧乏ミシン部
耳が左右対称でない上に、こげ茶が濃すぎて、黒色で付けた目が見えません(涙)

今回のチャレンジで分かったことは、アップリケなら、あまり羊毛を使わないということと、結局は絵筆を針に持ち替えただけのことなので、絵心があるかどうかが、一番重要だということ。

↓そして針は垂直にチクチクしないと折れてしまうということ。
Come On!!貧乏ミシン部
借り物なのに針を折ってしまい、テンションガタ落ち。

アップリケも思ったほど、いい感じにならなかったし、何より、針を刺すたび、胸が痛む。

ごめんよ、マトリョーシカ。
ごめんよ、くまさん。

でも、りんごは全然胸は痛まない。

なんだかこのままじゃ悔しいので、またリベンジしたいと思います。動物や人の顔を美人にする裏技があったらどなたかご伝授下さい。

↓何でも上手くいくと思ったら大間違い!!でポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

双子の伯母に久しぶりに電話を掛け、インフルエンザにかかっていたことを話したら、「だってね」との返事。どうやら、スマホでこのブログを読んで知っていたみたいです。前回の電話で、私のブログは「貧乏ミシン部だよ」と言ったのに「貧乏ミシンの会」と記憶してしまったた ...

続きを読む
双子の伯母に久しぶりに電話を掛け、インフルエンザにかかっていたことを話したら、「だってね」との返事。どうやら、スマホでこのブログを読んで知っていたみたいです。前回の電話で、私のブログは「貧乏ミシン部だよ」と言ったのに「貧乏ミシンの会」と記憶してしまったために、検索してもなかなか見つからなかったとか。「貧乏」という言葉にパンチがありすぎて「部」が「会」になっちゃったのかな。何とか、貧乏ミシン部にたどり着いてよかったです。

さて、先日ユニクロで長女の「買って買って攻撃」を受けたのがこちらのスカート。

↓売り尽くしで380円でした。
Come On!!貧乏ミシン部
ワンサイズ大きかったのですが、ギャザースカートだし、ウエストのゴムを少し引っぱって糸で留めたらイケるだろうと、買ってしまいました。丈も長いけど、ウエストで1回折り曲げればいいと思ったのです。

ところが長女はこのスカートを穿いて、数分で悲劇は起こりました。ウエストのゴムが縦に2つ折りになり、ウエストまわりがモタついて、ウエストで折り曲げるにも上手くできません!!

ゴムが縦に2つ折りになってしまうのは、よくあることで、このまま穿いていても、いいと言えばいいのですが、かなり不快なものです。

↓ウエストに入っていたゴム。
Come On!!貧乏ミシン部
これを抜き取りました。

ゴムの替え口を確認したところ、縦に大きく開いていたので、私は確信しました。イケる!!!

↓太い幅を2等分するようにジグザグミシンを1本入れました。
Come On!!貧乏ミシン部
子供は容赦なく、ウエスト部分をギューと引っぱったり、時には足で踏みつけたりするので、直線縫いでは、糸が耐え切れず、ブチっと切れてしまうだろうと思い、ジグザグミシンにしました。この青いスカートがニット地だったので、糸が切れる危険性は、なお一層高まります。

青い糸が無かったので、今回はグレーで。今回使用したグレーの糸はうっかり買ってしまったトップバリューの糸なのですが、若干糸が細めで、頼りないので早く使い切ってしまいたいと思っているところでした。(トップバリューの糸は安いけど、たぶんもう買いません)

↓上下に1本ずつゴムを入れてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
うーん!!バッチリ!!!もうウエストのモタつきはありません。

スカートによっては、ゴムの替え口が、ゴム幅の中心になかったり、極端に狭かったりするものもありますので、この方法でゴム2本仕様にできるかどうかは、ゴムの替え口の広さにかかっていると思います。まぁ広げればいいんですけど。

↓完成です。ウエストもギュっと絞ることができました。
Come On!!貧乏ミシン部
ゴムを通す時の素朴な疑問をここでひとつ。

いつも、ゴムを通す時は、ウエスト1周分よりも少し短めにカットして、ゴム通しで通し、糸で留めるのですが、いつも必ず、ゴムを数センチ切る破目になります。この数センチがもったいなくて仕方がない!!ゴムをウエストに通す前に、必要なゴムの長さを割り出す方法はありませんか?

ゴムをカットせずに、ウエストに通して、「このくらいかな?」と思ったところでカットしても、ゴムがきつかったり弱かったりします。私が思うに、どうも、毎回使用するゴムの強さが違うので、ちょうど良い長さを見極めるのが難しいのだと思います。

この世に、ウエストから必要なゴムの長さを割り出す方法はあるのでしょうか?

↓ゴムの数センチなんて諦めろ!!でポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

NEC Direct(NECダイレクト)