Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2012年01月

多くの方にご投票いただきありがとうございました。こっそりと続けてきたこの貧乏ミシン部!!皆さまの応援が大きな力となっていることを確信しました。もうひとりぼっちじゃない!!そう心の中で呟いて、私は涙を拭きながらパソコンの前に座りました。待たせ続けているコメ ...

続きを読む
多くの方にご投票いただきありがとうございました。こっそりと続けてきたこの貧乏ミシン部!!皆さまの応援が大きな力となっていることを確信しました。

もうひとりぼっちじゃない!!そう心の中で呟いて、私は涙を拭きながらパソコンの前に座りました。待たせ続けているコメントにまずはお返事をしなければ!!!今日中に全部にお返事できるのか!?deteko!!行けぇぇ!!

投票コメントをご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧下さい。

(メッセージにていただきました投票にはリアルタイムでお返事できましたが、コメントにていただいたご投票へのお返事はこちらでドカーンと書かせていただきます。)(受付順)

■purpleさんへ
第一位に入れていただきました「クリスマス直前企画 上手にできるリボンの結び方」今回BEST10入りはできませんでしたが、過去最高の画像数を誇る記事なんです!!正直なところ、こんなことを記事にして実際にリボンを結んでみられる方がいるのだろうか?と思ったのですがいらっしゃいましたね(笑)うれしい。すごくうれしいです。リボンが上手に結べるってやっぱり得ですよね!!

■なみちゅきさんへ
デジカメケース!!現在も使っています。素材選びに間違いはなかったと思える一級品です。なかなか古い記事からチョイスしてくれてありがとうございます!!読者歴の長さを感じました!!

■ゆーさんへ
袖口にゴム!!マネしてくださいましたか!!!このネタをマネされたって方は初めてですよ!!便利ですよね!!手を洗う瞬間とか!袖にゴムってそんな記事にするほどのネタでもないか・・・と思っていた(というよりむしろ、記事にした後で後悔していた)のですごくうれしい(涙)

■ミジュさんへ
靴下がつま先から傷んでくるって分かります。私の足の爪が上を向いて生えている(?)ので、つま先傷んじゃうんですよね。だからこそ、ゴムが先に伸びたりすると許せないんですよねー。靴下の寿命はゴムが決めるんじゃない!!つま先が決めるんだ!!なんて織田裕二みたいに熱くなったりして。
デイジーとプーさんはそれぞれ別々の記事なんです。1票ずつ入れておきましたよ。

■chirolさんへ
この世でダウンジャケットをリメイクしたいと思っているのは私だけかと思っていました。二人目、発見(爆)chirolさんすごいわ!!!パジャマの幅を広げた、あのレースもねぇ、記事にするのに勇気が必要だったんですよ。バカバカしいかなぁと。かわいいって褒めてもらっちゃって、この喜び言葉にできません。

■なるなるさんへ
ブラジャーね・・・・・。これも勇気が必要でした。ちょっとブログ記事としてはNGかなぁって思いつつUPしちゃいました。現在も洗濯物を干す時に使っています。ブラのカップの部分が布地なので、ちょっと使いづらい時もありますが、艶無しの木製ハンガーよりは使いやすいですよ。

■AROUN☆30さんへ
キター!!「TOPPO君をプールバッグにリメイク」。忘れないでいてくれてありがとう!!こちらはタイミングを間違うと、使ってもらえない可能性のある危険な作品でした。もしも、このプールバックの製作が一年遅ければ、長女が嫌がったかもしれません。リメイクはタイミングも大事ですね。この冬、TOPPO君は待機中ですが、この春小学校に上がる長女、この夏も使ってもらえるのか!!!またご報告します。

■ナーコさんへ
ナーコさんも同じ手術をされたんですか??おぉぉぉぉお仲間!!私もすっかり元気になり、何でも食べられるようになりました。もう二度と同じ手術はしたくない、それが素直な気持ちです。デジカメケースを手づくりされたとのことで、親近感満載!!マネしてくれてありがとうございます。

■カステラさんへ
遠くアメリカからのアクセスありがとうござます。プーさんがペチャンコになったあの衝撃的なシーンをカステラさんの胸に焼き付けてしまったのは、私のミシン力ではなく、カメラの腕前だったのでは?なーんて思っています。平均すると、毎回10枚の画像を記事に入れているのですが、どの写真を残すか・・・毎回、編集者並みに悩んでいるのです。

■TAさんへ
「黒ファスナーを無料でGet」ですか!!古い!!古いところから来ましたねぇ。紳士用のスーツカバーから黒いファスナーを取る時の快感!!もう病みつきです。ビーっと取れます!!パスコの巾着、腹巻のパジャマ、どれも古い記事だけど、間違いなく貧乏ミシン部のベースとなった記事です。忘れずにいてくれてありがとう!!ちなみに腹巻付きパジャマは現在次女が愛用中です。(2012冬)

■リリーさんへ
今後もホストファミリーを続けていく予定なので、今年も、イベントのTシャツをリメイクすることになると思います。Tシャツをリメイクしたんだってこと、気づかれたいと思っているこの微妙な心理。リリーさんいつもしっかり読んでくれているんですねー。ポリンキーはTOPPO君のことだと思ったのでTOPPO君のブールバックに1票入れておきました。

■yukikiさんへ
パズルケース作ってくれたんですよね!!ありがとうございます。うちにはパズル10個以上もあって、まだケース足りていないんです。抱き枕のリメイクも見ましたよ。私も椅子用の座布団作りたいなって最近思っています。こたつにベビー椅子だと座高が合わないんですよね(涙)

■SALIEさんへ
いつも読み逃げなのに(笑)今回はコメントを下さってありがとうございます。この企画をやってよかったです。いつもはコメントされない方からコメントをもらえるので。読み逃げ大歓迎です。でもコメントはもっと大歓迎です。また気が向いたらコメント下さいね。ロンパースのリメイクは、子供の成長により、もうチャンスはないかもしれませんけど、どこかで応用してみてください。バイヤステープで!!

■くまーさんへ
くまーさんを悲しませてしまってごめんなさい。私はどちらかと言うと血も涙もないタイプの人間なので、気づかないところで人を悲しませてしまっているみたいです。そんなもんだから、花を植えてもかれるし、動物の世話もできず、サボテンまで枯らしてしまいました。POOHさんが復活できるように頑張っています。涙を拭いてお待ちください。

■イヌハッカさんへ
今年も入園入学準備のシーズンが近づいてきましたね。本当は、タグプレゼント今年もやりたいんです。でも、メッセージの画面を開くと、住所や名前を聞いてはいけませんというアメブロからのメッセージが出て、あぁこれは違反なんだわーと思ってしょんぼりしています。もう出来ないのかなぁ。

■くが丸さんへ
確かに!!マリモッコリもクリスマスツリーに生まれ変わり、存在感が増しました!!年に一度でもスポットライトが当たる日があったほうが、ボールのままで生きるよりよかったと私も思います。毎年アレンジを加えて、いろんなツリーを楽しめます!!金メダルありがとう!!

■きぃさんへ
カーテン生地で作ったお姫様ドレス、ウケました?10年以上保管し続けた布地、しかもお姫様ドレス。たぶん私、一生忘れないと思います。かかった時間も断トツ1位ですし。ギャザーの大切さも学びました。

■usakoさんへ
ユニクロのダウンジャケットをリメイクは、すごく人気のある記事で、キーワード検索でも常に上位です。ダウンジャケットをどうにかしたいって思っている人、意外に多いんですね。お風呂に入って思い出したというプーさんも票に追加しておきました。あのリメイクから数ヶ月、プーさんは一度も夢に出てこないので私のことを怒っていないのだと思います。たぶん。

■ぶっさんさんへ
打敷は完成度高かったですか?お若い方には何だ?この布?って感じだと思いますが、票が入ってうれしいです。自分でリメイクしておいて忘れてるって、自分でも呆れちゃいましたけど。大人服のリメイク、何がツボだったか、また教えてください。

■ハナさんへ
デイジーがちょっとずつ死んでいくやつって(笑)デイジーはまだ生きています!!デイジーのファーで何を作ろうか考えているところです(爆)

■きたまきさんへ
女の子はお姫様が大好きですよね。私がドレスを作っても、結局クリスマスにディズニーのドレスを買ってもらっていました。ペラペラなドレスが真冬には寒々しいです。まぁ私の作ったドレスのノースリーブなん一緒ですが。背の大きい子は、オモチャ屋さんで売られているドレスが小さくて着られないって聞いたので、既製品でもサイズが合えば手づくりじゃなくてもいいじゃないですか!!お友達と同じで嫌なら、既製品にリボンやレースを足してみてはいかがですか??

■まい&まさママさんへ
いつも読み逃げありがとうございます。忙しくてなかなかコメントなんて入れていられませんよね。でも、その忙しい合間にわざわざアクセスして下さっているなんて、嬉しい限りです。後回しになっている繕い物をひとつでも片付ける原動力になればいいなぁと思って更新しています。私もブログをやっていなかったら、ゴムの入れ替えすら面倒になっていると思います。またコメントを下さることを期待しています。うふふ。

■ちょんたんママさんへ
「乾杯」って書いてあるおじさんのTシャツですよね?あれ、私が沖縄で買ったものなんです。面白いと思っていたのですが、途中から長女が嫌がるようになり、現在次女のために保管中です。友達から「おじさん、おじさん」ってからかわれるようで(涙)もっと強い子に育ってほしい(爆)

■レモンさんへ
投票ありがとうございます。お返事が遅くなってすみません。私もチャンスがあったら、自分用のパンツ作りたいと思っています。でももし完成しても、ここでは発表しないかも。やっぱりちょっと恥ずかしいので。

■ルイママさんへ
「祝!貧乏ミシン部員20人目が入部!! 」は記事だけど??残念ながらBEST10入りしませんでした。小さい声で言いますけど、ルイママさんの1票だけでした(笑)でもこの記事のおかげで、入部届けを出しやすくなったと言うか、誰でも入れるんだってことが明らかになったみたいで、部員数がグングン伸びています。部員第一号のルイママさんのおかげです。

■こざるさんへ
ガーゼハンカチ作られましたか?いいですよね。使い心地!!去年よりもワンランクアップしていますかね(ニヤニヤ)そう言われたらそうかも(笑)2012年も頑張ります。

■さっちんさんへ
投票間に合いましたよ。年末の忙しい時に、こんな企画を出しちゃってごめんなさいね。自分の誕生日に何かしたくなっちゃって。次回は時期を選びます。

■みたこさんへ
有効票になっていますよ。ありましたねぇ。フリースで長靴の中敷!!これはマネしましたって声をちょこちょこ聞いていましたが、インパクトに欠けたのか、1票でした(涙)これはマネしやすいネタだと思うので、もうちょっと票が入ってもいいのになぁって思いました。

BEST10の発表もしようと思いましたが書いている途中で、全部消え、タイムアウトとなりましたので、次回発表することにします。もったいつけたような終わり方でどうもすみません。

↓半日かかってコメント返ししている私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

何度もゴムの伸びた靴下にゴムを入れ直すなどの、度を越したセコい暮らしぶりを見た友人が、私の誕生日プレゼントにハイソックスをくれました。確かその前の誕生日には、レッグウォーマーをくれたはず。分かっていらっしゃる。私に花束を贈っても喜ばないってことを(笑)友 ...

続きを読む
何度もゴムの伸びた靴下にゴムを入れ直すなどの、度を越したセコい暮らしぶりを見た友人が、私の誕生日プレゼントにハイソックスをくれました。確かその前の誕生日には、レッグウォーマーをくれたはず。分かっていらっしゃる。私に花束を贈っても喜ばないってことを(笑)

友人がプレゼントしてくれた私好みの地味かわいい靴下を生かすために、私はこの冬ショートパンツデビューすることにしました。と言っても膝上ぐらいですけど。ショートパンツじゃなくてハーフパンツかも。

レギンスをはいて、ショートパンツをはいて、ハイソックスをはいて、ブーツを履く・・・。いやいやなかなか温かいじゃないの。冷え冷えになったデニムのパンツに足を通すよりずっと温かい!!(まだ暖パンは持っていない)しかもハーフ丈は、足も曲げやすい!!そして何より、ちょっとかわいい。

そう思ったら、もうひとつコーデュロイのショートパンツが欲しくなりました。

そんな時!!

↓出産直後(2008年冬)、ウエストが戻らず、やむを得ず買ったコーデュロイのパンツを発見。
Come On!!貧乏ミシン部
でもウエストが10センチ以上大きく、ベルトすら出来ません。このウエストを縮めて、膝上の丈にカットする・・・ちょっと無理があるけど、やってみることにします。

↓両脇のベルト部分を解いて、ゴムを切り縮めます。
Come On!!貧乏ミシン部
ベルトを全部ほどかなくちゃと思っていたけれど、どうやら両脇の二ヶ所でイケそうです。既製品を開いて見るのが一番の勉強!!伯母の言葉が浮かんできます。

↓邪魔になる位置のベルト通しも外します。
Come On!!貧乏ミシン部
伸縮素材のコーデュロイはすぐ穴が開くので嫌いです。上手く外せても白くあとが残るし、もっと嫌い。

↓失敗して穴が!!
Come On!!貧乏ミシン部

↓ニッパーを差し込む位置こそが、失敗の別れ道であることが分かりました!
Come On!!貧乏ミシン部
ベルト通しの部分は、ガッチリ縫ってあるので、こっちもガシガシ行きたい所ですが、パンツ本体にニッパーを当てると白くあとが残るし、布地も傷むので、〇の所だけで糸を切るように頑張ると上手くいきます。

↓さてウエストですが、ゴムを伸ばした状態で5センチ削りました。
Come On!!貧乏ミシン部
ポケットの鋲のせいで、曲線が少々不自然になっていますが、お許しを。

↓カットしました。(ベルトになる部分、写真では斜めに曲がっていますが真っ直ぐカットしました)
Come On!!貧乏ミシン部
5センチって表と裏で10センチ!!
左右合わせて20センチも縮めたんですね。
ヒップをさわらずに、ウエストだけを直そうなんて、不自然なシルエットになるはずだわ。

↓ウエスト部分完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
ゴムの上から2本のステッチを入れ、元通りにしました。でも、ゴムを引っ張りながらステッチを入れなかったので、直した部分だけ、ちょっとギャザーが少ないような???

実はこちらのパンツ、なんとなく膝下から裾に向かって狭くなっているデザインになっていていました。でもスキニーパンツほど狭くなってない・・・そんな中途半端さがおばちゃんっぽかったんです。これをハーフ丈にしたらやっぱりヘンで、脇の部分にマチをつけることにしました。

↓こちらが、大胆な広がりを見せるマチ(?)。
Come On!!貧乏ミシン部
いつものことながら欲張って、大きな三角形を切り落とした膝下の布地から切り取ってしつけしてみたんですが、正面から見たシルエットが変すぎて却下。

しかも、膝下の布地を上下逆さまに使ったもんだから・・・。
分かりますか?この色の違い。

コーデュロイの縦横だけを気にしていたら、上下もあるんですね。コーデュロイって布地の目が一方方向を向いてることを今知りました。それを逆さまに使ったもんだから、マチの部分より本体の方が白っぽく見える(涙)

膝の部分だったことでコーデュロイの目がつぶれていたことも、違いが目立つ原因かもしれません!!子供のパンツを上げ下げするたびに、膝をついちゃうんですよね(涙)

↓というわけで大きさも、方向も修正したマチがこちら。
Come On!!貧乏ミシン部

今回のリメイクはさすがの私も2回ほど心が折れ、もう仕上がることはないかと思いましたが、2012年の初っ端から放り投げてはいけないと根性で完成させました。

↓こちらです!!
Come On!!貧乏ミシン部
完成の撮影後、向かって右側の裾が左よりも1センチ長いことに気づき、直しました。今あらためて真正面から画像を見ると、確かに右の方が長いですね。

今回はちょっと無理なリメイクでしたが、チュニック丈の下にこっそり穿こうと思います。チラっとしか見えないから、多分誰にも気が付かれないと思います。いえ、そう願います。

↓夏に余ったきざみ海苔をふりかけの「のりたま」に入れて混ぜちゃったけど家族にバレなかった知能犯の私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

お正月気分もすっ飛ぶほど、グングン増加した体重を元に戻すのに四苦八苦しています。連休の味を占めた長女はカレンダーをめくって数ヶ月先の連休を見つけウキウキしております。いつの間にか、お年玉の93パーセントを貯金されたことにも気づかずに。さて今回は、ワイヤー ...

続きを読む
お正月気分もすっ飛ぶほど、グングン増加した体重を元に戻すのに四苦八苦しています。連休の味を占めた長女はカレンダーをめくって数ヶ月先の連休を見つけウキウキしております。いつの間にか、お年玉の93パーセントを貯金されたことにも気づかずに。

さて今回は、ワイヤーカチューシャをリメイクしてみたいと思います。ワイヤーカチューシャと言われてもピンときませんよね。

↓実物はこちらです。
Come On!!貧乏ミシン部
中にソフトワイヤーが入っていて、ネジネジするとその状態でキープできるという画期的なヘアアクセサリーです。いろいろアレンジもできますが、頭の上で、バニーちゃんの耳のようにネジネジするのが定番でしょうか?

↓中をあけてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
このワイヤーカチューシャは、昨年のお正月、長女が買ってきた福袋に入っていたものなのですが、どう工夫してみても、どうもかわいく見えないのです。この柄のせいでしょうか。

何とかしたい・・・。何とかしたい。
そう思いつつ、1年が経過した2012年のお正月。子供達と3人で近所の雑貨屋さんに行ったときにリボンがついたシュシュを見つけました。シュシュのリボンの部分を触ってみると、なにやら懐かしい感触が!!これはワイヤーです!!

家に帰って早速実行。


(やはりこの日も雑貨屋で財布を開くことなく帰宅。アイディアのみ持ち帰る)

↓まずは材料の裁断から。
Come On!!貧乏ミシン部
このピンクのチェック柄は友人がわざわざ実家から持ち帰ったもの。私の手持ちの布地の中で最も華やかだったので、長女のストライクかなぁと思い選んでみました。

↓2つ目は、バザーで購入した水色の水玉。
Come On!!貧乏ミシン部
少し厚みのあるネル素材で、ワイヤーのごゴツゴツ感が緩和されたらとの思いで選びました。

↓丸裸になったワイヤー。
Come On!!貧乏ミシン部
この段階では、まだ欲を捨てきれておらず、3つ分のワイヤーが取れたら・・・なんて思っていましたが、結局半分にして使用しました。

↓リボンの布地は、中表に縫い、表に返しました。ワイヤーもこんな感じに形成。
Come On!!貧乏ミシン部
ラジオペンチなんかがスっと出てくるあたりが、私の器用貧乏の歴史を感じます。昔、アンティークのビーズ屋さんでネックレスやピアスを作るバイトをしていた時に買ったものです。

↓こちらも中表に縫ってから筒状になったものをひっくり返しゴムを輪にしました。
Come On!!貧乏ミシン部
端と端をまつり縫いで繋ぎます。今回は、シュシュの繋ぎ目もリボンで隠れるのでこんなやり方にしました。その他のシュシュの作り方についてはこちらの過去記事をご覧下さい。

↓いきなりですが完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
シュシュの縫い目を隠すように、ワイヤーの入ったリボンを結びました。シュシュ本体と、リボンを縫い付けなくちゃと思っていましたら、いざ作ってみると中に入れたワイヤーのおかげでリボンがずれないことが分かり、あっけなく完成となりました。

↓水色の水玉もこの通り。
Come On!!貧乏ミシン部
ピンクよりも厚地なのでリボンの結び目も大きくなっていますね。

↓登園する長女を無理やり捕まえて着画です。
Come On!!貧乏ミシン部
かわいい!!子供って何をつけてもかわいいですね。でもこのシュシュ、リボンの形が気になってつけるたびにいちいちリボンを毎回整えてしまう・・・、ちょっと手のかかるシュシュです。

↓アイシャドーのパレットを大事に大事に使っていたら先にチップがボロボロになってしまった可哀想な私にポチっとお願いします。。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

婦人画報のおかいもの

昨年からシリーズ化してきましたSOU・SOUさんですが、先日地元の手芸屋さんで衝撃の事実が発覚しました。京都のSOU・SOUさんまで行かなくても、手ぬぐいと同じ柄の布地が普通に手芸屋さんで売られていました!!ショーック!!!!ショックをより一層感じたい方 ...

続きを読む
昨年からシリーズ化してきましたSOU・SOUさんですが、先日地元の手芸屋さんで衝撃の事実が発覚しました。京都のSOU・SOUさんまで行かなくても、手ぬぐいと同じ柄の布地が普通に手芸屋さんで売られていました!!

ショーック!!!!

ショックをより一層感じたい方はこちらの関連記事をお読み下さい。
・「京都の旅 SOU・SOUのハギレでペタンコバックを作る」
・「京都の旅 SOU・SOUのハギレでハンカチを作る」

さて、今回は「SOU・SOU しつらい」(京都市中京区新京極通四条上ル中之町583-6 2F)でカット売りされている布地です。

↓最初から30センチでカットされていました。なんとこれだけで950円!!
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと高いなぁと思ったけれど、この30センチの可能性を身をもって体感したくて買ってしまいました。つまり、噛み砕いて言うと「たったの30センチで何ができるんだよ!」という気持ちと、「えっ?これで30センチ?」なーんて、ファブリーズのCMみたいなリアクションを読者のみなさんにしてもらいたかったというわけ。では30センチで作れる限界の大きさで行ってみましょう!!

↓カットしたバックの高さは布地のサイズそのままの30センチ。
Come On!!貧乏ミシン部
手芸屋のハギレコーナーで出会った190円の帆布で足りない部分を補いました。

ここで余談ですが「一澤信三郎帆布」の鞄をよく見かけるけれど、一度もお店へ行ったことがないので、ぜひとも次回京都入りする時は、行ってみよう・・・って今記事を書きながら思いました。

↓これを立体化すると、こんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
一番上のラインが揃っていないところが悔しいです。厚みの部分(サイド)の長さがちょっと足りなかったみたいです。やっぱりカーブを縫うのって難しいですね。

↓続きまして、裏地をカットしました。
Come On!!貧乏ミシン部
これも手芸屋さんのハギレコーナーで見つけて買っておいたシックなグレーの麻布(?)です。ちょっと光沢があります。本来ならば、厚みの部分と底の部分を繋げて裁てばいいのですが、布地の都合で真ん中で縫い繋ぐことになってしまいました。

↓これを立体化すると、こんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらは表地と全く同じサイズでカットしたのですが、厚みの部分の高さもぴったりと合いました。つまり、鞄の開口部のラインがちゃんと揃っているということです。

↓ここで持ち手部分を作ります。
Come On!!貧乏ミシン部
以前、寄付でいただいた生成りの紐があったので、それを二重にして、中央部分を二つ折りにしました。持ち手の部分は結局握ったあとが付いてしまうので、二つ折りにするようにしています。ヘンなシワがつくよりこの方がいいと思ってやっています。

↓バックの開口部にマグネットをつけたいので、裏地に補強をしておきます。
Come On!!貧乏ミシン部
グレーと生成りを一度に縫うようなこんな場合は、やはり透明糸がいいですね。どちら側にもひびきません。

マグネットをもっとしっかりと付けたいならば、表地と裏地を一緒にして、マグネットのまわりを縫うというのもひとつの手ですが、今回は、SOU・SOUの花柄を綺麗に見せたかったので、表地にミシン目は出しませんでした。

↓ハサミで切り込みを入れ、マグネットを差込み、ペンチで曲げます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓持ち手を挟みこみ、表地と裏地を中表にしつけします。
Come On!!貧乏ミシン部

↓表地と裏地の底の部分を手縫いで縫い付けておきます。
Come On!!貧乏ミシン部
実はココが重要なポイントなんだそうです。縫い方がこれでいいのか不安・・・伯母から電話で聞いただけなので。

以前、「パリジェンヌバックを作る」の記事で、読者の方より、裏地がダブつくんだけど、どうすればいいですか?という質問がありました。私は表地よりも若干小さめに作れば、ピタッとくるんじゃないかと思っていたのですが、電話で伯母に問い合わせたところ、なんと!!

「表も裏も同じサイズで作っているけど、ピタっとくる」

というのです!!!私と伯母の手順に違いがあるとすれば、表地と裏地を内側から、縫い合わせているか、いないかという点だけ。

という訳で、バックにおいてのコツは「表地と裏地を縫い合わせるということ」になったのです。

↓が・・・しかし、まだタブついている(涙)
Come On!!貧乏ミシン部
ダブついていると言っても、内側から縫い合わせたおかげでマシになっているような気もします。

年に数回しか会えない伯母に聞いてみなくては!(いつも子供達の写真を見せたりして、ついついミシンのことを聞き忘れる)

↓というわけで納得はいかないけど完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓サイドポケットの内側にもちゃんと裏地が!!
Come On!!貧乏ミシン部

今回はリメイクではなくて買ってきた布地だったので、私も全力投球で戦いましたが、納得のいく結果は得られませんでした。でも花柄がかわいいので、子供のかさばるお菓子や水筒を入れて出かけることにします。

↓帆布のバックは家庭用ミシンの限界!!ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

婦人画報のおかいものヴァレンタイン特集

↓お正月休みに保育園から持ち帰ってきたカラー帽子が今回のお題です。入園当時、保育園の先生から、何でもいいので自分の帽子だと分かるようにマークをつけて下さいと言われ、たまたま買ってあった100円ショップのくまのアイロンワッペンをつけました。↓つけた時はバッ ...

続きを読む
↓お正月休みに保育園から持ち帰ってきたカラー帽子が今回のお題です。
Come On!!貧乏ミシン部
入園当時、保育園の先生から、何でもいいので自分の帽子だと分かるようにマークをつけて下さいと言われ、たまたま買ってあった100円ショップのくまのアイロンワッペンをつけました。

↓つけた時はバッチリついていたのですが・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
どんなにしっかりと接着できたと思っても、90パーセント以上の確率でアイロンワッペンは剥がれてきてしまいます。(detekoリサーチによる)これは手芸屋さんで買ったとしても同じ結果になると思われます。

実は以前から、アイロンワッペンに悩まされていました。

↓長女のために作ったお昼寝布団のカバーです。ミシン糸で補修してあります。
Come On!!貧乏ミシン部
おねしょシーツを使う上で、敷布団の表と裏を区別することはとても重要なので、その目印にさくらんぼのアイロンワッペンを3つつけました。(過去記事はこちら)ちなみにお昼寝布団カバーの2枚目うさぎちゃんも全部取れました。(過去記事はこちら)←また取れていない状態です。

白いミシン糸での補修・・・・やってはみたものの、あまり美しくない。

↓そこで、手縫いでやってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
半分ほどミシンでやってみて、手縫いに乗り換えたのでしょうか?どちらにしても美しくありません。しかも、アイロンワッペンは糊で固く、針が通りにくいため、かなりの苦労を強いられました。

アイロンの接着面はもう付かない、新しいアイロンワッペンを使ってもいずれ取れてしまう、しかし何のマークもつけないって訳にはいかない、いったいどうすればいいのでしょうか?

悩む事数日。

とうとう私は最善の方法を思いつきました!!!

↓こちらをご覧下さい!!
Come On!!貧乏ミシン部
貧乏ミシン部歴の長い方はもうお気づきですね。そう、「透明ミシン糸」を使ってアップリケのステッチで周りを囲んだのです!!

素敵ぃぃぃ!!!!

矢印の部分のカーブが甘いですが、まぁ1個目なのでお許し下さい。

↓続きまして2個目。
Come On!!貧乏ミシン部
かわいい!!かわいすぎる!!
くまさんが私に向かって微笑んでいるようです。きっとくまさんも大満足な仕上がりだと思っているのでしょう!!

↓裏面はこの通り。
Come On!!貧乏ミシン部
ミシンなので、裏側までバッチリひびいてしまっていますが、透明糸なのでさほど気にならないのではと自負しております。

↓もうひとつの裏面は・・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
更に厚みを増した部分でもこの仕上がり!!(実は半分剥がれていたのを全部剥がしちゃって、他の場所へ移動しようと思ったら、糊が残っておりズラすことができなかったのです)

次女の卒園まで残す事3年3ヶ月!!このくまさんが剥がれることは二度とないでしょう!!

そして透明糸の可能性をまた広げる事ができ私は大変満足です。もうアイロンワッペンなんて恐くない!!って言うか、アイロンの接着に頼らず、最初から透明糸でステッチしちゃおうじゃありませんか!!

↓新年早々熱いです!!元気のもと、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓私もここで買いました。透明ミシン糸は、ミシンが壊れるという報告もあります。使うか使わないかは、みなさんの判断にお任せします。
透明ミシン糸モノカラー60番手300m巻

透明ミシン糸モノカラー60番手300m巻
価格:273円(税込、送料別)