Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2012年01月

今回も書道10周年を記念して、書道道具の記事です。書道教室に通うきっかけとなったのが10年前の大雪でした。当時、まだ独身だった私は、実家から会社まで車通勤していました。しかし10年前の1月のある日、大雪の影響で、通常1時間で移動できるはずの距離も半日がか ...

続きを読む
今回も書道10周年を記念して、書道道具の記事です。

書道教室に通うきっかけとなったのが10年前の大雪でした。

当時、まだ独身だった私は、実家から会社まで車通勤していました。しかし10年前の1月のある日、大雪の影響で、通常1時間で移動できるはずの距離も半日がかりとなり、渋滞にはまっているドライバーに、ボランティアでおにぎりが配られるほどの大渋滞になりました。もちろん、電車も終日運休。

腹をくくった私は早朝から会社に向かって歩き出しました。普段通ったことのない裏道を通った時にみつけたのが今の書道教室だったわけです。それから10年、書道教室をお休みしたことは結婚式と出産を除いて一度も無し!!まぁこれも、いつものセコい考えで、月謝がもったいないからですけど(爆)こんなにがんばれるのは自腹を切って月謝を納めているからこそですよ(笑)親に払ってもらっている習い事だったら、絶対サボっているよね。

↓さてそんな私が10年使い続けてきた書道バックがこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
ご覧の通り、ミスタードーナツの景品です。墨が付いても目立たない、この色味と素材がいいと思って長年使い続けてきました。

しかし、問題がひとつ。

↓バックの幅が、半紙の大きさギリギリのため出し入れするたびに紙が傷みます。
Come On!!貧乏ミシン部
さらに昨年2月から条幅(掛け軸みたいに長いやつ)を習い始め、バックの容量ももはや限界。同じ教室に通うおばさま方のバックをリサーチしてみると、かなり高い確率で手づくりバックを愛用されています。そのほとんどが、キルティング素材。

それなら私も10年を記念して書道バックを作ってみよう!!!

手持ちの素材の中で、最適だと思ったのがラミネート加工がされていた茶色の水玉でした。墨がついても拭き取れるし(表だけですが)、強度もあります。正直なことをいいますと、キルティング生地は、使っているうちにキルティングの糸が切れて貧乏くさくなるので(←貧乏くささに敏感)あまり好きではないんです。

↓7センチ程度の厚みを持たせたバックを裁断しました。ポケットも1個。
Come On!!貧乏ミシン部
当初、私がイメージしていたのは、トートバック。茶色に白の水玉だから、生成りで強度がある紐がいいだろうと手芸屋さんへ行きました。

3センチ幅の紐が2.5メートルでなんと450円!!!

高い・・・高すぎる。

せっかく手芸屋さんまで行ったのに結局買わずに帰ってきてしまいました。何か代わりになるものはないか家中を探し回ります。

↓隊長!!発見しました!!
Come On!!貧乏ミシン部
出てくる!!出てくる!!既製品のバックに付属している紐です。3種類とも、一度も使われた形跡がありません。今回は一番上の太い黒色と、真ん中の細い黒色を使う事にします。生成りのイメージが出来上がっていたので、ちょっとイヤだけど、450円は出せません!!

↓まずポケットをつけました。
Come On!!貧乏ミシン部
透明ミシン糸を使いたいところだけど、あいつは強度に欠けるので、生成りの糸でステッチを効かせます。ちょっとシワが出てしまったのでやり直したい気持ちですが、ラミネート素材は一発勝負!!針穴が目立つからです。

↓バックの厚みになる部分に細長いポケットをつけました。
Come On!!貧乏ミシン部
運転中、急ブレーキを踏んでバックが助手席から落ち、中身が全部出てしまうことが多いので、細い方の黒い紐にマジックテープを縫いつけ、ベルトにしてみました。

↓バック本体に縫い付けました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓おっとここで裁断ミス!!
Come On!!貧乏ミシン部
厚みの分を考えていなかったので、1センチぐらい飛び出してしまいました。仕方ありません、1センチ分をカットして、ベルトの位置を1センチ下げます。

↓まずは、黒いファスナーをつけました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓次に、残っている細い方の紐でファスナーの上から補強します。
Come On!!貧乏ミシン部
私が書道を始めると言い出した時、普段誕生日プレゼントすらくれない父が、木製のフタがついた硯を買ってきてくれました。大きさは15センチ×21センチ!!デカ!!素材は「端渓坑仔岩」とあり、なんだか高そうなので大事に使っているのですが、とにかく重い!!この硯の重さに耐えられるバックにしなければなりません。

↓ファスナーの端をカバーしました。
Come On!!貧乏ミシン部
このパーツは何を隠そう先ほどの裁断ミスで1センチほど切り落とした部分です!!セコすぎて我ながらビックリ!!

↓完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
表に返したり、裏に返したりで、シワシワになっていますけど。アイロンもかけられませんしね。

↓中身を入れてみました!!
Come On!!貧乏ミシン部
素晴らしい!!これぞ、最強書道バック!!

手前の細長いポケットには、文鎮のまわりに下敷きをグルグル巻いて入れ、奥の細長いポケットには、筆を筆巻きにグルグル巻いたものを入れました。墨で汚れるのを恐れながら生成りの紐にするよりも、お金をかけずに、最強の黒い紐を使った方が結果的にはよかったのかもしれません。また10年、書道を頑張ることができますように。そして、先生、長生きしてください。

↓私の意外な趣味にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓大人の書道バック。

「本当に・・・この子はミシンばっかりしてぇ~」(怒)と周りの人に思われていそうな私ですが、実を申しますと、ミシンに並んでがんばっているものに書道があります。2度の出産で半年ずつお休みをもらいましたが、この1月で丸10年になりました。10年前はピンピンして ...

続きを読む
「本当に・・・この子はミシンばっかりしてぇ~」(怒)と周りの人に思われていそうな私ですが、実を申しますと、ミシンに並んでがんばっているものに書道があります。2度の出産で半年ずつお休みをもらいましたが、この1月で丸10年になりました。

10年前はピンピンしていた書道の先生も80歳を超え、いつしか、杖をつくようになり、最近では外出時には車椅子を使われるようにまでなってしまいました。そんな先生を見て私も「いつまでも先生に習えるわけじゃないんだなぁ」と思うように。

今のうちに習える事は習っておかねば!!と昨年2月より「条幅」を始めました。(今までは半紙とペン字だけでした)条幅とは「全紙」(約136cm×約70cm)半分にしたもの(約136cm×約35cm)です。つまり掛け軸みたいに長ーいやつです。

↓先生お勧めの条幅の紙を買いました。
Come On!!貧乏ミシン部
こんな風に折りたたんで包まれた状態になっています。100枚入りで7500円!1枚75円です。1回の練習で10枚なんてあっという間に使ってしまいます。

でも新聞紙とか他の紙で練習してもダメなんですねぇ(涙)筆に含んだ墨でにじんだり、かすれたりしなくちゃいけないので、他の紙だと、墨のモチが違ってくるからです。私がチビチビと貯めたお金はこんなところに使われているんですね。(ちなみに長い下敷きは2000円、大きい筆は6300円で痛いのなんのって。でも先生お勧めの道具で書きたい・・・じゃないと書けないことを筆のせいにしてしまいそうで・・・)

ここでケチってはいけません!!ケチるところじゃございませぬ!!←自分に言い聞かせている。

↓こちらは1年前に作った 「条幅ケース1号」君です。(男?)
Come On!!貧乏ミシン部

↓素材はこちら。100円ショップで購入したタンスシート。(←めずらしく購入)
Come On!!貧乏ミシン部
1年前、考えた末に思いついた素材がタンスシートでした。ミシン針で「プチプチ」言わせながら作ったのですが、気に入らずブログの記事になりませんでした。

そして、次に思いついたのがこちら。

↓お葬式でもらった不織布のバックです。
Come On!!貧乏ミシン部
底が広くて厚みもあり、クリーニング屋さんに洗濯物を持ち込む時に大変便利です。

種類こそ違えど、この不織布のバックをようやく2枚揃えることができました。これをほどいて、1個目は表面に、2個目は裏面にしたらいいに違いないと思いました。

この写真を撮影した後で、不織布のバックのロゴを読んでみると、そこには、昨年うちのおばあちゃんが亡くなった時のセレモニーホールの名前が!!だったら、お葬式に出席してくれた実家の両親も同じものを持っているはず!!

こんなくだらない事で母に電話をするのは気がひけたのですが、時は大晦日。お正月に親戚であつまる予定だったので、これ幸いと、同じロゴマークの不織布バックを持ってきてもらいました。(写真では上に写っている紺色一色のバックです)

↓同じ種類の不織布が2個揃い、ウキウキで作業開始です。
Come On!!貧乏ミシン部
とりあえず全部解きます。

余談ですがこのような「解く作業」は家族と一緒に過ごす時間にやっておくのがコツです。睡眠時間を削って行う「一人でオールナイト」(詳しくはこちらの記事の青い文字をご覧下さい)の時間は大変貴重な時間なので、「裁つ」「縫う」の作業に充てると良いでしょう。

↓細長く繋げてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

そうだ!!アイロンでピシッとさせよう!!

↓やった私がバカでした。
Come On!!貧乏ミシン部

貧乏ミシン部の新しい教訓です。
「不織布に高温のアイロンをかけてはならない」

2012年最初の大失敗でした。
アイロンで溶けた部分は切り取って余っている不織布をつなぎました。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
大きなものってガーっと縫えばいいやって、ついつい雑になってしまうんですよね。おかげで、条幅ケースがちょっと歪んでいる・・・・。斜めにシワが入っちゃっています。でも、墨も目立たないし、不織布の手触りが、タンスシートの手触りよりも好きなので、これを使う事にします。

ちなみに黒いファスナーは、「黒いファスナーを無料でGETする方法 」で入手しています。

今でこそ、「書道?いいねぇ」と言われるようになりましたが、20代の頃は「なんで?なんで書道なの?」と死ぬほどいわれました。アッシュグレーに染めスパイラルパーマをかけていた当時の私のイメージに合わなかったんでしょうね(涙)

自分でも分からないんです。なんで書道なのか?でも、食欲と同じような感じで、書道欲みたいなのがあって、お腹の底から字を書きたい気持ちが湧き上がってくるんですよねー。何歳まで続けられるか、私にも分かりませんけど。

↓昔はコンパに行きながら書道に通っていた ある意味頑張り屋な私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓本当はこうやって保管するみたい。

「ゴムの伸びた靴下を救い出す方法 新技公開!」を先にご覧ください。この世の不都合は全てゴムを入れることで解決できるのでは?と思ってしまうくらい、何でもかんでもゴムを入れている私ですが、今回も長女の襟ぐりをゴムで解決しようと思います。↓こちらが秋に撮影した ...

続きを読む
「ゴムの伸びた靴下を救い出す方法 新技公開!」を先にご覧ください。

この世の不都合は全てゴムを入れることで解決できるのでは?と思ってしまうくらい、何でもかんでもゴムを入れている私ですが、今回も長女の襟ぐりをゴムで解決しようと思います。

↓こちらが秋に撮影した長女の襟ぐり。
Come On!!貧乏ミシン部
サイズ選びにミスはないのに、このだらしなさ(涙)めずらしくお金を出して姉妹お揃いで2枚も服を買ったというのに、これはあんまりでしょう。

実家の母から「もっとマシな服ないの?」なんて言われちゃう始末。いや・・・、この服買ったばかりなんだけどね。

↓脱がせて平らなところに置いてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
置いてみれば、特別おかしな形の襟ぐりでもない・・・、着せて見なければ分からない事って多いですね。

↓厚みのある素材なので、ゴムカタンでは弱かろうと、丸ゴムを通しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓穴は開けずに綴じ針を使ってニットの目からゴムを通します。
Come On!!貧乏ミシン部
昔(と言ってもこのブログがスタートした2年前)なら、ゴムを通すために布地をハサミの先でチョンと切っていました。しかし、今は、結び目もそのニットの目に押し込んで手で揉んで(笑)その穴は無かったことにしています。すばらしい!!

↓はい完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
洋服を着ていない状態だと、「ゴム入れたな!!」って感じがしますが、騙されたと思って着てみてください!!

↓ほぉら、いい感じ!!
Come On!!貧乏ミシン部
貧乏ミシン部を知っている人しか、ゴムの存在に気が付かないでしょう!!(←自信満々)

後日、母にゴムを通した後のこちら洋服を見せたところ「あっちゃん(次女)のミニーちゃんにもゴム入れてあげたら?」と、上から目線のアドバイス。

手厳しい母よ。ほぉら、よく見て下さい。次女の95サイズのミニーちゃんは肩にスナップが2個付いているからゴムを通せないのでございますよ。おほほほほほ。

そう言えば、過去にも「広すぎる襟ぐりをほどよくリメイク 」で似たようなことをしていました。少しずつ進化している気がします。(こちらの記事は、私が登場していますので必見ですぞ。)

***************

なんて、今の今まで調子に乗っていましたが、ここでお詫びがございます。

↓こちらをご覧下さい。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらは、長女のスパッツです。(過去記事はこちら
余談ですが、数十回洗濯したにリボンの形、保っています!!リボンって、1回の洗濯で小さく丸まってしまうことも多いもの。洗濯するたびにこの形の良いリボンを見て、心の中でガッツポーズ(笑)(リボンの作り方の過去記事はこちら

向かって右側の足首にご注目!!中でゴムの結び目がほどけてしまいました。

↓じゃ、ゴムを結べばいいや・・・。なんて、思っていたら!!
Come On!!貧乏ミシン部
ゴム口がない!!!

中のゴムを抜く事すらできない!!

そう言えば、「子供用タイツをスパッツにリメイク 」で「ゴム通しではなくて綴じ針を使えばゴム口はいらないからです!!!」なんてほざいていました(涙)

私は何て愚かなんでしょう。子供のズボンを買うときにはゴムが交換できるものをと日頃から気を付けているのに・・・。(ゴムを一緒にロックミシンされているものはゴムの交換ができない)

自分で作ったスパッツにゴム口をつけていないなんて!!

↓慎重にミシン目をほどいて、ゴムを取り出しました。
Come On!!貧乏ミシン部
ニットは穴が開きやすいので、注意が必要です。おかげさまで、スパッツに穴を開けることなく、ゴムを通し直してから結ぶ事ができました。

今後は、綴じ針を使う場合でも、ゴムが切れたことを想定して、ゴム口を作っておこうと思います。もしも、この記事を見て、私もゴム口無しで洋服を完成させちゃったわよ!!という方がいらっしゃいましたら、心よりお詫び申し上げます。

↓小さいネタでもコツコツと。こちらにポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓とじ針、便利です。
ニューカラー とじ針セット

ニューカラー とじ針セット
価格:315円(税込、送料別)


↓普段はこちらを愛用中。

子供を寝かしつけ、そのまま一緒に眠ってしまおうと思ったとき、ふとトナカイ柄のフリース生地があることを思い出しました。そのフリースは2010年の誕生日に友人がプレゼントとしてくれたものでした。あれから1年と1ヶ月。今、あのトナカイ仕上げなければ、また来シー ...

続きを読む
子供を寝かしつけ、そのまま一緒に眠ってしまおうと思ったとき、ふとトナカイ柄のフリース生地があることを思い出しました。そのフリースは2010年の誕生日に友人がプレゼントとしてくれたものでした。あれから1年と1ヶ月。今、あのトナカイ仕上げなければ、また来シーズンになってしまう!!

私はゾンビのように起き上がり、ミシン部屋に向かいました。

トナカイ柄のフリースは、とってもかわいい柄だったので、特別素敵なものにしたいと思いました。思い浮かぶのは、ポンチョのような羽織りもの、ベストなどなど。しかし、巾150センチ、長さ100センチなので姉妹でお揃いの何かを作ることは難しく、悩んでいる間に1年が経ってしまいました。

キュロットスカートなら2着取れるかもしれないと思いつきました。なぜトップスにこだわっていたのだろう?と思いながら、パターンをCUTITOから写し、並べてみました。

↓長女用120サイズのパーツを裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓次女用95サイズのパーツを裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部
子供の洋服と言えど、ポケットがないと不便だと思い、ほとんど残っていない布地からポケットも取りましたが、もう本当にギリギリ!!

作りたいものが先にあって、布地を買いに行ったとしたら、少し余裕をもって布地を買ってきてしまうものですよね。こんなにギリギリで必要なパーツを全て裁断できるなんて!!余裕として買ってしまうはずの数十センチ分、得した気持ちです!!

↓右側のおしりにポケットを縫いつけ、寄付でいただいた赤いタグを付けました。うぅん、この赤いタグが効いています。
Come On!!貧乏ミシン部
タグって本来なら、右側つけるべきだと思うのですが(私の感覚的に)、右側の端からポケットを縫い始めて、縫い終わりの寸前で、タグを忘れていた事に気がついたので、左側についています。

言い訳になりますが、フリースって、ミシンの縫い目がふわふわした布地に埋まってしまって解きにくいんですよ。だから、極力やり直さずに、縫い進めました。タグが左側でもアリですかね??

↓前と後を縫い繋いで筒状にし、片方の足を外表の状態で、もう片方に入れ、おまたの部分を縫います。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ウエストのベルトと一緒に本体を縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
フリースはボロボロが出ないので、ロックミシン無しで進めていますが・・・。ロックミシンをしていないと、なんだかパンツをはき忘れて出掛けちゃったような気持ちになるのは私だけでしょうか?

↓ゴムを通す部分を2つに分けるためベルトの真ん中を縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
目分量で真ん中を縫ったら、太い方と細い方ができてしまいました。

↓120サイズ完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓後ろ側はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓95サイズも完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓お待たせしました着画です。
Come On!!貧乏ミシン部
子供達の反応は、まぁ普通でした。けれど、今回、旦那さんの反応が意外に良くて「暖かそうでいいじゃん」とのこと。私は、スパッツとこのキュロットの組み合わせで着たら静電気が起きないかちょっと心配です。

↓後姿はちょっとイマイチ。
Come On!!貧乏ミシン部
おしりのシワの入り方がちょっと気に入りません。フリースだしこんなもんですかね??

↓あと2ヶ月間は穿けるなと思っている私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

みんなのうた 1997~2011 DVD全5枚

「誕生日特別企画!過去記事人気ランキング投票!」の結果発表の日がやってまいりました。大変お待たせしてしまったこと心からお詫び申し上げます。読者歴の長い方は、懐かしみながら楽しんで、途中入部の方には、新しい発見がありますようにと願いつつ、第一位から発表して ...

続きを読む
「誕生日特別企画!過去記事人気ランキング投票!」の結果発表の日がやってまいりました。大変お待たせしてしまったこと心からお詫び申し上げます。

読者歴の長い方は、懐かしみながら楽しんで、途中入部の方には、新しい発見がありますようにと願いつつ、第一位から発表して参りたいと思います。

【第一位】
プーさんのぬいぐるみでこたつ布団をボリュームUP 12票

断トツの第一位となりました。「ペチャンコになっているプーさん」・・・衝撃的なあのシーン激写したことが第一位に輝いたひとつの要因であると思っています。

こたつ布団の現在の様子ですが、詰めた綿を糸で押さえることもせず、そのまま使用していたので、こたつ布団の端っこを掴むたびに、段々と綿が固まり、片寄って、ゴトゴトになってしまいました。来シーズンこそはセミオーダーで大きなこたつ布団を買おうと思っています。

結局買うんなら意味無いじゃん!!プーさんの気持ちも考えてみてよ!!と言われそうですが、そうではありません。めでたいことに、この冬、こたつ布団にまだ一度も飲み物をこぼしていないのです。そう私はこの時を待っていたのです。しま〇らで買った安物のこたつ布団で乗り切るべき最後の冬は、この冬だったのです!!プーさんの協力無くして、この冬は越せなかったと、心から感謝し、安物のこたつ布団の寿命を1年でも延ばせたことに、自己満足しています。

【第二位】
ぬいぐるみを座布団にリメイク《学校アイテムその1》 7票

タイトルだけ見ると「えっ??何?」って感じですが、この記事はみんなのアイドルデイジーが初めて登場した記事です。ぬいぐるみの綿を抜き取るという、血も涙もない行為はココから始まったんですね・・・。

この時、学校行事用の座布団を作ったわけですが、その座布団を使用してみて気が付いたことがあります。座布団の役割はお尻を守るだけではなくて、自分の場所を確保するという役割もあったってことです。こんな小さい座布団では周りの人につめ寄られ、座る場所が段々と狭くなってしまうことを学習しました。大きめの座布団をまた作りたいと思っています。

■関連記事 →肌着をお世話人形にリメイク【クリスマス準備その1】
(こちらにもデイジーの血と涙と綿が!!)

【第三位】
まりもっこりをクリスマスツリーにリメイク5票

第三位は、まりもっこりでした。やはりキャラクターものは強いですね。クリスマスツリーとして第二の人生を歩みだしたまりもっこり。年に一度だけでも、スポットライトがあたる人生も悪くないはずです。クリスマスツリーになって存在感を増したまりもっこり。素材・色・大きさ。どれを取っても運命としか言いようがないほどのめぐり合わせでした。

■関連記事 →まりもっこりツリーにオーナメントを飾る

【第四位】
70サイズのロンパースと子供服をパンツにリメイク 4票

貧乏くささが大爆発したパンツ。比較的新しい記事なので、みなさんの印象に残っていたのでしょうね。もちろん、昨日も今日もこのパンツをはいて登園していますよ。未だ、保育園の先生に突っ込まれたことは一度もありません。それは先生の私に対する優しさでしょうか?

【第四位】
祝1周年!ユニクロのダウンジャケットをスリーパーにリメイク 4票

1年を通して、キーワード検索の上位に位置しているのが「ユニクロ ダウンジャケット リメイク」です。ダウンジャケットをリメイクしようって人がこんなにもいるのかと、やってる私が言うのもなんですが、驚いてしまいます。白いダウンジャケットを余すことなく使い切ったという達成感と爽快感でお褒めいただくのですが、昨日、2階の押入れで、このダウンジャケットの帽子を発見してしまいました。うーん。どうすべきでしょうか。

■関連記事 →ユニクロのダウンジャケットをひざ掛けにリメイク
■関連記事 →ユニクロのダウンジャケットをエコバックにリメイク
■関連記事 →ユニクロのダウンジャケットの内ポケットを再利用する

【第四位】
カーテンのレース生地でお姫様ドレス 4票

ありがとうございます。これは、過去最高の作業時間を有した作品です。何十時間かかろうとも、1作品、1記事というマイルール。苦労した割にはみなさんサラリと読んでしまったなぁと思っていたのですが、第四位にランクインできてうれしいのひと言です!!ドレス丈だけ見れば、来年も着られそうなんですが、上半身がピッタリなので、たぶん来年は無理だと思います。次女にまわします。

【第七位】
TOPPO君をプールバックにリメイク3票

やっぱりキャラクターものは強いです!!!TOPPO君なんて、もう二度とめぐり会えない素材だと思います。みなさんの参考にはならない記事だと思いますが、面白さで3票いただき、七位にランクインです!

【第八位】
風呂敷を浴衣用髪飾りにリメイク2票

ここから後は、票が分かれました!!1票しか入らない記事がとっても多かったんです。それだけみなさんのストライクゾーンが広いってことですね。私が投げる魔球(?)が、みなさんの心のストライクゾーンギリギリに投げ込めている・・・そう思ってよろしいですか?

浴衣用に作ったこの髪飾りは夏の一時しか使いませんが、結構息の長いものになるんじゃないかと思っています。中学生になっても使ってもらえたら、もう言う事ないね。

【第八位】
子どものパジャマに腹巻を足してみる2票

かなり初期の記事ですね。今はお下がりとして次女が腹巻付きのパジャマを愛用しています。そもそも、ワゴンセールで見つけた、普通の洋服だったズボンをパジャマにしようというのが間違いでした。だって、股上がまさかのローライズ!!!お腹が冷えちゃパジャマとして失格ですよ。お母さん!!

【第八位】
ジャパンテントのTシャツを子供用ワンピースに2票
(2010年長女・次女分)

2年連続でリメイクしたイベントTシャツです。留学生の子たちは帰国してからも、それはそれは素晴らしい日本語でお手紙やハガキをくれるのでホストファミリーは一度やるとやめられません!!きっかけは旦那さんが「ホストファミリーをやるのが夢だった」なんて言い出したことでした。それなら!!それなら!!私にも夢があります!!「家族で欽ちゃんの仮装大賞に出ること!!」衣装なら任せて!!と言ったら、速攻断られました(涙)子供が小さいうちがチャンスなのにぃぃ。

■関連記事 → 大人用Tシャツを95サイズのTシャツワンピにリメイク
(2011年次女分)
■関連記事 → 大人用Tシャツを120サイズのTシャツワンピにリメイク
(2011年長女分)

【第八位】
仏具 打敷を張り替える 2票

宗教心もないくせに、こんなものを記事にしていいものかと思ったのですが、おバカな嫁としてのエピソードも加わって2票入りました。この打敷は、仏花でもたおさない限り、何十年でもこのまま使えそうです(笑)お葬式をするたびにお寺から、線香ばかっりいただくんですが、その線香が箱入りのバラバラの線香なんです。お墓に持ち出すようの束になっている線香だったらいいのになぁって思って、考えたのが、金や銀、和柄の折り紙の端に糊をつけて自分で束にすること!!住職さんの前で堂々と使っても誰も折り紙だとは気づきません。

【第八位】
デジカメケースを100円で作る(LUMIX GF1)2票

現在もデジカメケース使っています。PASCOのエコバック、デジカメケースの素材にピッタリです。ずーっと使っていても毛玉になったり、擦り切れたりしません。デジカメケースが完成した後で気が付いたんですが、レンズを付け替えると、もうこのケースには入らないってこと。一番小さいパンケーキレンズをつけている時しか使えません(涙)

この春、長女が小学生になるので、もっとズームのできるレンズを買い足さなくてはと思っているところです。

【第八位】
ゴムの伸びた靴下を再製させる 2票

このネタ無しでは、貧乏ミシン部は語れないと思っています。最初、帽子のあご紐用のゴムを入れていましたが、ゴムカタンを使うようになり、靴下のゴム入れも進化しつつあります。ゴムカタンは便利なのですが、ゴムカタンをカットした切り口からあっという間に糸がほつれてくるのが気になります。改良を期待します。タイトルですが、「再製」か「再生」か今も迷っています。

■関連記事 → パンツと靴下のゴムの交換 失敗と成功
■関連記事 → 新!ゴムの伸びた靴下を救い出す方法
■関連記事 → ゴムの伸びた靴下を救い出す方法 新技公開!

という訳でBEST10のつもりが、キリの悪いBEST13になってしまいました。まぁバカ正直な感じがしていいでしょう。

新しい読者の方に貧乏ミシン部をアピールするためこのBEST13のバナーをサイドバーに加えたいと思います。クソ忙しい年末に、ご投票下さいましたみなさま、どうもありがとうございました。またやろうね。

↓今日、すごく時間がかかったのでポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

すかいらーく通販ストア