Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2011年01月

昨年末、出産した友人のお見舞いに行った時、友人が「この枕じゃないと」と自宅から持参したMY枕を見せてくれました。旦那さんのお母さんが作ったというその枕は少し長細く、首の後ろにあてるとちょうど良いそうです。枕もリメイクできるんだと知り、毎晩、私の二の腕を枕 ...

続きを読む
昨年末、出産した友人のお見舞いに行った時、友人が「この枕じゃないと」と自宅から持参したMY枕を見せてくれました。旦那さんのお母さんが作ったというその枕は少し長細く、首の後ろにあてるとちょうど良いそうです。

枕もリメイクできるんだと知り、毎晩、私の二の腕を枕にして寝ている子供たちに枕を作ってみることにしました。ちなみに私と旦那さんが使っている枕はこちら、肩こりに効くという首枕です。これを見て育っているうちの子供たちは枕は細長いものだと思っていることでしょう。

↓今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと古いタイプの来客用枕です。中には細かく切ったストローのようなものが入っています。

↓中身をザザーっとプラスチックケースに出します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓カバーであるメッシュの生地を二つに裁断します。
Come On!!貧乏ミシン部
カバーをして使っていても、このメッシュの布地が少々汚れていることに気が付きました。裁断時に、縫製のゆがみを直そうと頑張りましたが、手におえずゆがんだまま、突き進みます。

↓ファスナーをつけました。
Come On!!貧乏ミシン部
この枕はもともと、白いファスナーが付いていました。布地がメッシュである意味(通気性?)も、縫い閉じずファスナーになっている意味も分かりませんが、とりあえず、制作された方をリスペクトして同じように縫い直しました。

ファスナーは、寄付でいただいた緑色と黄緑色のファスナーを使いました。こんなに幅の狭いファスナー、使うチャンスがあるのだろうかと思っていましたが、その日は意外と早くにやってきたようです。

ここで一度洗濯。汚れもスッキリ取れました。

↓今回のクライマックス、中身を入れます。
Come On!!貧乏ミシン部
ストローは余るほどあるので、とりあえずパンパンに詰めてみました。私の二の腕と同じくらい太くなったでしょうか?

↓次はカバー作りです。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらの生地を選んだ理由は綿100パーセントで、起毛!というのが決め手でした。このちょっとあたたかいが極寒の我が家には重要なのです。(この冬、寝室1.5度を記録)

実はこちら貧乏ミシン部始まって以来の高級品、遠く遥々アメリカからやってきた輸入品なのです。もったいなくて使えず、5年寝かせてようやく陽の目を見ました。

↓縫製完了しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓旦那さんが「貧乏ミシン部に寄付だ」と言ってくれたパーツ。
Come On!!貧乏ミシン部
コンバースのアウターについていたパーツです。ちょっとうれしかったけれど、「集金袋古くなったから」と悪びれもせず、100円ショップでペラペラの巾着袋を買ってきたことを許したわけではありません。100円、いえ、10円ケチってがんばっている私の姿が旦那さんの目には入らないのでしょうか?

↓パーツをつけてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
悔しいけどいい感じです。中途半端な長さの紐の中から(紙袋の持ち手からチョイス)程よい太さのものを選びました。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
紐の色だけ、紺色とオレンジ色で区別したお揃いの「腕枕」が完成しました。枕の高さが合わなければ、中のストローを少し抜いてあげようと思います。ファスナーなので簡単に高さを調節できますね。どうか、子供たちに気に入ってもらえますように。子供たちに「新しい枕を買って来たよ」と言ってしまったのは、ほんのささやかな私の見栄かもしれません。

↓見栄っぱりの私にポチっとどうぞ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓腕枕をしてほしいけどしてもらえない人は、こちら!

↓恥ずかしい人はこちら。自分で腕枕。

今シーズン購入したグレーのブラウス、割引率にウキウキして買ったら袖にカフスが付いていませんでした。ちょっとした水仕事の時に、カフスがあれば少々の間、袖が手首まで下りてこないのに、こんな袖では捲り上げても捲り上げても袖が下りてきてしまいます。↓こちらが今話 ...

続きを読む
今シーズン購入したグレーのブラウス、割引率にウキウキして買ったら袖にカフスが付いていませんでした。ちょっとした水仕事の時に、カフスがあれば少々の間、袖が手首まで下りてこないのに、こんな袖では捲り上げても捲り上げても袖が下りてきてしまいます。

↓こちらが今話題の「こんな袖」。
Come On!!貧乏ミシン部

どうせ日常着だしということで、羞恥心を握りつぶして、袖にゴムを入れることにしました。

↓ゴムを入れます。
Come On!!貧乏ミシン部
一度袖口を解いて、ゴム口を1センチ程度開けて縫い直しました。そのゴム口から、細めのゴムを入れます。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
ゴムを入れたおかげで、アームバンド無しで水仕事ができるようになりました。このブラウス、私にはちょっと眺めの袖だったので、ゴムを入れることで袖が短くなりジャストサイズになり、一石二鳥となりました。

手足の長い現代人の皆さま、袖の長さが若干短くなりますのでくれぐれもご注意下さい。

↓こんなネタを記事にできちゃう私にポチっとどうぞ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

年末に、手芸屋さんでスナップボタンのセットを購入しました。普通のボタンやファスナーは古着から外して再利用できますが、さすがにスナップボタンは使い捨てなので買うしかありません。↓こちらが実物。実は生まれてこの方、スナップボタンをつけたことがない私。仕組みは ...

続きを読む
年末に、手芸屋さんでスナップボタンのセットを購入しました。普通のボタンやファスナーは古着から外して再利用できますが、さすがにスナップボタンは使い捨てなので買うしかありません。

↓こちらが実物。
Come On!!貧乏ミシン部
実は生まれてこの方、スナップボタンをつけたことがない私。仕組みは理解していて、そんなにも難しいものではないと分かっているのですが、今まで何となくマジックテープに逃げていました。一発勝負、やり直し無し!!というのがちょっと不安で。

↓失敗覚悟で準備したのはマトリョーシカのポーチ。
Come On!!貧乏ミシン部
ミシン刺繍までしておいて、あとスナップだけという状態で一年以上待たせてしまいました。

↓まずポーチのフタに、金のスナップボタンを押し付けます。
Come On!!貧乏ミシン部
ポーチのフタの部分も厚手の接着芯を貼ってしまったので、刃の頭を出すように目打ちで周りを押します。

↓うまく出てこないので、目打ちで穴を開けます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓フタの表側からはボタンのパーツが見えます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓フタの内側からは凹んだパーツを乗せます。
Come On!!貧乏ミシン部
凹んだパーツの上から「打具」をはめて、金槌でガンガン叩きます。後に旦那さんから、「ガンガンってしていたけど、何か嫌なことあった?」と聞かれました。いえ、別に・・・。

↓今度は、ポーチ本体の内側に刃の尖ったパーツを押し付けます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓見えづらいけれど、表に尖った刃が出ています。
Come On!!貧乏ミシン部
凸のパーツを上に乗せ、先ほどと同様「打具」をはめて金槌でガンガン叩きます。

↓おぉぉ完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓早速、スナップボタンを留めてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
いくつになっても何かをやってみるっていいですね。初めての私でも、上手く付けることができました。ミシン刺繍に絶対欠かせない接着芯を、フタの部分にも貼っていたことが、スナップをつける上でもよい効果を生みました。ガーゼなどの目の粗い素材や、破れやすい繊細な素材には、接着芯をお勧めします。

↓今回初めて使った目打ち。
Come On!!貧乏ミシン部
うちの叔母はロックミシンの時に布地を押さえたり、印代わりに穴を開けたりと、いろいろ使っていましたが、私は小学校の時に揃えた家庭科のセットに目打ちが無かったので、全く使ったことがありませんでした。せっかく、プレゼントでいただいたので、今後いろいろ使ってみようと思います。

スナップをつけたことで、マトリョーシカのポーチがググっと既製品に近づいたように思います。これからもスナップを使っていきます。

↓めずらしくお金をかけた私にポチっとどうぞ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ
↓あると便利!!

↓こっちは打ち具付き!

↓私とお揃い!!(爆)

数年前に買ったユニクロのフリース、どこも痛んでいないのですが何となく、ホコリか付きやすくなり外には着ていけなくなりました。かといって、室内で着るには少し厚手すぎて・・・・ということで、リメイク候補にあがりました。↓こちらが今回の材料。↓まずは袖をカットし ...

続きを読む
数年前に買ったユニクロのフリース、どこも痛んでいないのですが何となく、ホコリか付きやすくなり外には着ていけなくなりました。かといって、室内で着るには少し厚手すぎて・・・・ということで、リメイク候補にあがりました。

↓こちらが今回の材料。
Come On!!貧乏ミシン部

↓まずは袖をカットして広げます。
Come On!!貧乏ミシン部
18センチの長女の長靴には十分すぎるほどの大きさです。

↓長靴の底を軽く拭き、フリースに乗せジャキジャキ切ります。
Come On!!貧乏ミシン部

↓そんなことをしなくても中敷が入っていました。
Come On!!貧乏ミシン部
フリースは、中敷よりも少し大きめにカットしました。

↓役者が揃いました。
Come On!!貧乏ミシン部
このフリースは、裏起毛になっていたので、そのモコモコな面を中敷の表にしてみようと思います。カットしても、そんなにボロボロがでないので、フリースっていいですね。

↓まわりをザクザク縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
ミシン部屋が寒いので、カットしたフリースを二枚重ねにして手縫いします。リビングで・・・。

↓長靴に付いていた中敷を中に入れます。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと入れにくいですが、二つ折りにして無理やり入れます。

↓見事、入りました。
Come On!!貧乏ミシン部
フリースの伸縮性のおかげで、上手く中に入ってくれました。かかとの部分を縫い閉じないのがポイントです。なぜなら、長女のこの長靴は年中無休だからです。そう、梅雨時も活躍しなければならないのです。梅雨にはこのフリースのモコモコを外してあげるとより、やさしい母親になる事ができるでしょう。

↓完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
中に押し込んだ中敷のおかげで、長靴の中でフリースがくちゃくちゃっとなることもなく、シャキーンとしております。長女もあったかい、あったかいと大変喜んでいます。

↓もちろん調子をこいて次女の分も作りました。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらの長靴は、元々中敷のないタイプだったので、フリースの2枚重ねだけを敷いてみたのですが、やはり長靴の中でくしゃっとなってしまいました。急遽、長女がサイズアウトしたシューズの中敷を次女のサイズにカットし、中に入れることで、問題を解決しました。ふぅ、危ないところでした。

↓これぞ母の愛。ポチっと一票お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


↓左右の区別ができるマークがあってもよかったなぁ。

にほんブログ村(携帯用リンク) 人気ブログランキングへ昨年末にお歳暮の箱で「ロックミシンの糸を整理整頓」ということで少しずつミシン部屋も工夫を重ねています。今回も引き続き、ミシン糸の整理をしたいと思います。実は3年前にもミシン糸と下糸の絡まりに頭を悩ませ ...

続きを読む
にほんブログ村(携帯用リンク) 人気ブログランキングへ

昨年末にお歳暮の箱で「ロックミシンの糸を整理整頓」ということで少しずつミシン部屋も工夫を重ねています。

今回も引き続き、ミシン糸の整理をしたいと思います。実は3年前にもミシン糸と下糸の絡まりに頭を悩ませており、このようなものを作っていました。

↓3年前に作成したミシン糸の箱はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
約4センチの正方形の箱を並べ、ミシン糸と下糸をセットにすることで糸の絡まりを防いでおりました。しかし、この箱、使っているうちに改善点が見えてきてしまったのです。そう、真上から見ると糸の色がよく分からないのです。ちょこっと糸を持ち上げては色を確認しなければなりません。

というわけで、この不具合を失くすため私は立ち上がりました。あまりに夢中で作ったので制作過程の画像を取り忘れました。

↓こちらが完成品。
Come On!!貧乏ミシン部
ぱっと見では違いがあまり分かりませんが、ミシン糸を寝かせて収納できる長方形になっています。素材はただのボール紙で、のりしろや両面テープへのこだわりを捨て、あっさりとセロテープで組み立ててあります。長期間の使用によるセロテープの変色については目を瞑ります。

↓では早速ミシン糸を入れてみましょう。
Come On!!貧乏ミシン部
寝かせることで以前よりもスペースを使うようになり、お隣さんであった刺繍糸の引越しを余儀なくされてしまいましたが、使い勝手の良さはグンとアップしました。

↓今回工夫したところはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
糸が取り出しやすいように、箱の高さを糸の高さよりも若干低めに作ったことです。

私が数年かけて集めた糸はこの程度です。他に大巻きで黒・白・生成・紺・グレーを持っています。いつかお金持ちになったら全色揃えたいわぁと夜空に光る星を白い息をはきながら見上げております。

↓ミシン部屋が寒すぎて行くに行けない私に一票お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


↓一応、このシリーズで揃えれば間違いないわ!

↓ネット注文なら見本帳があると便利です。私は持っていませんが。

↓こちらはPOPバージョン!!