Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2011年01月

大雪の石川県からお届けしています。先週末から降り積もる大雪に太陽が反射して、薄暗い我も、今日は明るく感じます。というわけで、本日の画像は明度調整がいらないほどクッキリ明るく撮影できました。さて、今回の題材はこちら。↓綿混のレースのマフラーです。ウールと違 ...

続きを読む
大雪の石川県からお届けしています。先週末から降り積もる大雪に太陽が反射して、薄暗い我も、今日は明るく感じます。というわけで、本日の画像は明度調整がいらないほどクッキリ明るく撮影できました。

さて、今回の題材はこちら。
↓綿混のレースのマフラーです。
Come On!!貧乏ミシン部
ウールと違いチクチクしないのは大変良いのですが、巻いたときのボリュームに欠けます。長さも短めなので、どんな風に巻いてみてもやっぱり物足りないのです。そんな理由でこのマフラーは購入してから6年、あまり活躍できていません。

↓そこで思いついたのがこのウディなボタン。
Come On!!貧乏ミシン部
このボタンをレースに縫い付けてより使いやすくカスタマイズしてみようと思います。レースなのでボタンホールのような穴はいくらでもあります。ボタンホールを作る必要はないと言うわけです。

↓任意の位置(自分で巻いてみてちょうど良い位置)にボタンを縫い付けました。
Come On!!貧乏ミシン部

では、行きますよ~!
↓ビフォー!!
Come On!!貧乏ミシン部

↓アフター!!
Come On!!貧乏ミシン部
いかがでしょうか?レースを最大限にアピールできていると思いませんか?久々のdeteko登場です。ちなみに本日着用のコートは、叔母にお願いして、綿素材の裏地を袖の通りが良いポリエステルの裏地に替えてもらったものです。(過去記事はこちら)おかげさまで、この冬も大活躍しております。

上手に巻けない巻物がありましたら、ぜひ、ワンポイント固定してみてください。登場回数が増えるかもしれませんよ!

↓更新はやっとだけれど、やりたい事は尽きない私に一票お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


最近、裁ちハサミを持ち歩く機会が多く、むき出しの刃に危険を感じていました。そこで、ハサミケースを作ろうと思ったのですが、昔ながらのこの重たい裁ちハサミの刃に適した素材がなかなか思いつきません。そこで、使って使って使い倒したこちらのバックをリメイクすること ...

続きを読む
最近、裁ちハサミを持ち歩く機会が多く、むき出しの刃に危険を感じていました。そこで、ハサミケースを作ろうと思ったのですが、昔ながらのこの重たい裁ちハサミの刃に適した素材がなかなか思いつきません。そこで、使って使って使い倒したこちらのバックをリメイクすることにしました。

↓今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
色も形も使い勝手も文句なしのバックでしたが、さすがの私も持ち歩く事をためらうほど、バックの角が擦り切れてしまいました。捨てる勇気もないので、思い切って解体し、ハサミケースとしての第二の人生を歩んでいただきましょう。

↓裁断後、まわりをグルっと縫いました。
Come On!!貧乏ミシン部
合皮なのでボロボロは出ず、ロックミシンの必要もありません。

↓当初、裏地と、キルト芯を付けようといきがっていました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓シュミレーションしてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
その結果、ハサミを出し入れすると、裏地にハサミの先が引っかかりストレスの原因になることが分かりました。キルト芯を入れたふわふわのハサミケースの手触りはかなり心地のよいものでしたが、出し入れのスムーズさを優先して、ケースは一枚仕立てにすることにしました。

↓一枚仕立ての内側はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
裏地がないのでこのような処理になりました。

↓あっけなく完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
元々バックの内側に縫い付けられていたタグを付け直してみました。縫っているそばから、合皮の角が擦り切れてきてビンテージ化しています。もう合皮自体が劣化しているのでしょう。先日習得したスナップボタンを今回も付けました。

↓ハサミを入れてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
ケース本体がペラペラなので安心感はイマイチですが、ハサミの出し入れは大変スムーズです。もちろん中のハサミは小学校の家庭科で揃えた裁縫セットのハサミです。しかも、旦那さんの裁縫セットのハサミ!!ほとんど使われずに保管されていたのでしょう。私の裁縫セットの裁ちバサミよりも切れ味が良いです。これからは、裁ちバサミも持ち出しOKとなりました。

↓物への執着がひと一倍強い私にどうか一票お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ


↓裁ちばさみと言えばコレ!!

↓こっちは左利き用。

前回の「折り紙ケース」に続いて、またもやファスナー付きクリアケースをリメイクしたいと思います。↓こちらが材料のクリアケース。↓安さの秘密を発見。クリアケースを解いてみると、ファスナーの最初と最後についているストッパーの金具がどちらも付いていませんでした。 ...

続きを読む
前回の「折り紙ケース」に続いて、またもやファスナー付きクリアケースをリメイクしたいと思います。

↓こちらが材料のクリアケース。
Come On!!貧乏ミシン部

↓安さの秘密を発見。
Come On!!貧乏ミシン部
クリアケースを解いてみると、ファスナーの最初と最後についているストッパーの金具がどちらも付いていませんでした。うっかりランナーを端っこまでやらないように気をつけなければなりません。100円ショップの安さの秘密はこんなところにあったようです。

↓こちらが完成したマスクケース。
Come On!!貧乏ミシン部
一時的に使用中のマスクを保管するためのケースです。

↓マスクを入れてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと大きすぎたかもしれません。数分しか使っていない長女のマスクが保育園バックの中でぐちゃぐちゃになっているのを見て思いつきました。ビニール製なら除菌シートで拭く事もできるし、布製よりも衛生的かもしれません。保育園のバックに入れて、登園時に使ったマスクをこのケースに片付けるようにと言っておきました。

↓おまけのハブラシケースです。
Come On!!貧乏ミシン部
年中さんの長女が毎週末に保育園で使っているハブラシを持ち帰ってくるのですが、ずっとハブラシが裸でバックに突っ込まれているのを見て気になっていました。

↓ハブラシを入れてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
サイズもピッタリです。長女にみんなもこんな風にハブラシを持ち帰っているのかと聞いたところ、みんなはケースに入れていると言うのです。もう・・・早く言ってよ!!うちは3本セットのプリキュアのハブラシを使っていたので最初からケースなんて無いのですが、言ってくれればもっと早くに準備したのにと思いました。

↓保育園での生活がイマイチ読めてない私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓かわいいマスクケースあります。

↓マスクが白ならケースはキャラもので!

以前から使いにくいなぁと思っていたファスナー付きクリアケース。実は数年前に冷凍庫の食材をこのケースを使って整理できればと思い100円ショップで大人買いしたものです。確か5個くらい買った記憶があります。↓実物はこちら。とりあえず2個発見。でもファスナーが思 ...

続きを読む
以前から使いにくいなぁと思っていたファスナー付きクリアケース。実は数年前に冷凍庫の食材をこのケースを使って整理できればと思い100円ショップで大人買いしたものです。確か5個くらい買った記憶があります。

↓実物はこちら。とりあえず2個発見。
Come On!!貧乏ミシン部

でもファスナーが思うように開閉できず、とっても使いにくいのです。やっぱり100円ショップだからでしょうか・・・・。なぜ、ファスナーが引っかかるのか原因を追究してみたところ、縫い代がファスナーに当たって邪魔していることが分かりました。

↓詳細はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
Aのように縫い代が下に倒れていれば問題ないのですが、素材がビニールなので立ち上がってきてしまいファスナーの邪魔をしてしまいます。

↓一旦解体します。
Come On!!貧乏ミシン部
以前から折り紙ケースが欲しかったので、正方形にカットして、縫い直すことにしました。

↓今回の要。
Come On!!貧乏ミシン部
ファスナーの縫い代と、本体の縫い代が重なった部分をミシンで押さえます。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
元々付いていた青色のファスナーを再利用し、先日寄付でいただいたキリンさんのタグを中央に縫い付けました。

↓中に折り紙を入れてみます。
Come On!!貧乏ミシン部
ファスナーの開閉もグッと軽くなり、折り紙のサイズにピッタリです。普段自分でポーチを作るときは、ファスナーをこんなL字型になんてつけないけれど、意外と物が出し入れしやすくていいですね。今後はL字型のスタイルもどんどん取り入れていこうと思いました。

折り紙なんて正方形の缶にでも入れておけばいいじゃない?と言われてしまいそうですね。私もずっと折り紙を正方形の箱に入れていたんです。でも数十枚の折り紙が、箱でかさばってしまうこと、そしてちょっと折しわのある折り紙に「重し」をしたくてクリアケースにしてみました。

↓だってほら!!
Come On!!貧乏ミシン部
使ったか使っていないのか分からない折り紙が、こんな風にふわふわになっています。貧乏性の私がこんな折り紙を捨てられるわけがありません。折り目のついた折り紙をこのケースにしまって、「重し」を乗せ、次はちぎり絵に使おうなんてセコいことを考えずにはいられないからです。

↓折り紙の袋ってすぐ破れるよねって方はポチっとね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓やっぱりこんな商品あるんですね。

↓死ぬほど折り紙好きな人にどうぞ。

またまたこのブログを通じて知り合った方から、寄付をいただいてしまいました。寄付を下さる方は本当にたくさん送って下さるので、最初は何にも無かったミシン部屋がいっぱいになってきました。私の一生の間に使いきれるのだろうかと心配になってきます。↓まずはこちら。布 ...

続きを読む
またまたこのブログを通じて知り合った方から、寄付をいただいてしまいました。寄付を下さる方は本当にたくさん送って下さるので、最初は何にも無かったミシン部屋がいっぱいになってきました。私の一生の間に使いきれるのだろうかと心配になってきます。

↓まずはこちら。布地やタグなどです。
Come On!!貧乏ミシン部
パッと見た感じでは分かりませんが、タグはひと束300枚と書かれたすごい量なのです。白い丸は布製のテープ、青い丸はバイヤステープです。私が持っていない雰囲気のお上品な花柄の布地、素敵です。ありがとうございます。

↓続きましてファスナー、全4種。
Come On!!貧乏ミシン部
山になっているファスナーを上から撮影したので、これまた分かりにくいかと思いますがとにかくすごい量なのです。横に置いた袋は、1回目の撮影で取り損ねた三角形のタグ、キリンさん柄です。

↓今回の主役!!ジャジャーン、ロックミシン糸です。
Come On!!貧乏ミシン部
びっくりしたでしょう?
私もダンボールを開けてびっくりしました。

昨年末に「お歳暮の箱でロックミシン糸を整理整頓」という記事で私が持っているロックミシン糸を掲載したのですが、それをご覧になって今回の寄付を決意されたそうです。あぁ確かに・・・こんなにもたくさんロックミシン糸を持っていたら、あの可哀想な貧乏くさい子にあげようって思いますよね。しかも、ファスナーを幾度も解いては再利用しているのを知ってしまったら、ファスナーを宅急便で送らずにはいられなくなりますよね。

私は、いったいどれだけの人を心配させたら気が済むのでしょう。本当に申し訳ありません。見ず知らずの私への寄付、心から感謝致します。

と、ちょっと反省と感謝をしたところでウキウキになってロックミシン糸を並べてみます。いったい何色あるのでしょう??

↓あっという間にロックミシン糸でいっぱいになったミシン部屋。
Come On!!貧乏ミシン部
緑色とベージュが多いようです。どう片付ければいいのか分からなくなってきました。でも大丈夫、私は「やれば出来る子」なんです。うーん・・・悩んだ結果、助けを呼ぶ事にしました。

「助けて!!ジップロック!!」

新品のジップロックなんて、もったなくて使えないと思っていたら何のことはありません。

↓手書きの数字に注目。
Come On!!貧乏ミシン部
昨年秋のバザーで50円で買ったジップロックでした。いつでも、どんな時でも、バザーでジップロックを買った瞬間も、あぁ私は私なんだなぁと実感しました。いつもセコい!!

↓思う存分ジップロックを使わせてもらいました。
Come On!!貧乏ミシン部
私の色彩能力だけを頼りに、色分けしました。ロット番号のようなものは書かれているのですが正確ではないようです。中には3本揃わないひとりぼっちの糸をありましたが、とりあえずこんな感じで整理することができました。数の多い色は、直接手渡せる範囲で叔母や友人にも使ってもらおうと思います。

専用の糸立てを持ってないので、家庭用のロックミシンに、ロック糸がちゃんとセットできるか心配していましたが、全く問題なく使えることを確認し、ホッとしております。寄付を下さった方へのお礼は、いただいた素材を上手く使いこなすことだと信じて、今日からまたミシン部に励もうと思います。本当にありがとうございました。

↓いいものもらったねのポチをこちらへどうぞ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓いろんな色を揃えたいけど、まともに買うと高いよ!


↓見本帳にお金を出す余裕なんてないけど、必要な方はどうぞ。