Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2010年07月

前回の記事で制作したパターンを使ってTシャツを自分サイズにリメイクしたいと思います。↓今回の材料はこちら。なんと、子供が新年会でもらってきた福袋に入っていたTシャツです。メーカーはデサントだし、布地も悪くありませんが、メンズのMサイズなので私が着るとだら ...

続きを読む
前回の記事で制作したパターンを使ってTシャツを自分サイズにリメイクしたいと思います。

↓今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
なんと、子供が新年会でもらってきた福袋に入っていたTシャツです。メーカーはデサントだし、布地も悪くありませんが、メンズのMサイズなので私が着るとだらしない感じになってしまいます。そんな理由で、未だに活躍できずにいました。

↓まずは裁断です。
Come On!!貧乏ミシン部
メンズのわりに首周りは狭かったので、首周りは触らずに、袖と身ごろだけをリメイクします。

↓変化のない襟ぐり。
Come On!!貧乏ミシン部
缶コーヒー「BOSS」の景品でしょうか??

↓裾はロックミシンをかけ、普通糸で直線縫いです。
Come On!!貧乏ミシン部
伸縮はありますが、そんなにテンション(伸縮率)も高くないので普通糸でも大丈夫でした。
今回は濃い、濃~い紺色だったので黒い糸で縫いました。意外と真っ黒の糸って登場回数が少なく減らないので、今回使用できてよかったです。

↓私のこだわり。脇の下の部分もバッチリ合っています。
Come On!!貧乏ミシン部

↓最後になりましたがこちらが完成品です。
Come On!!貧乏ミシン部
Tシャツに対して、ロゴが大きくなってしまい、たくさんスポンサーのついたスポーツ選手みたいだけれど、速乾素材だし、色褪せしないので、ジムで着る事にします。神様、どうかリメイクしたことに気づかれませんように・・・・。

自分専用のパターンに関しては、もうちょっと肩と身ごろを縮めてもいいかなぁと思いました。今後改良の余地ありです。

↓エアコン無しでがんばる私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓本当ならこんな素材でオリジナルTシャツを作ればいいんだけどね・・・。


私の友人なら、だれもが見たことがある!!と言いそうなこの「漢方Tシャツ」。↓実物はこちら。思い返せば友人とフリーマーケットを開いた時に、斜め前で出店していた女の子から300円で買ったものでした。このTシャツの魅力は見た目のインパクトだけではなく、広い袖、 ...

続きを読む
私の友人なら、だれもが見たことがある!!と言いそうなこの「漢方Tシャツ」。

↓実物はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部

思い返せば友人とフリーマーケットを開いた時に、斜め前で出店していた女の子から300円で買ったものでした。このTシャツの魅力は見た目のインパクトだけではなく、広い袖、短い丈、ゆとりの身幅にありました。

Tシャツはパターンが命!首周りの緩さ、脇のあき具合い、丈、幅、全てがパーフェクトなTシャツにはなかなか出会えません。しかし、この漢方Tシャツも、色も褪せ、とうとう寿命がきてしまったようです。

そこで最後にひと仕事してもらいましょう!と、パターンを取る事にしました。

↓しわしわですがパターンを写してみました。
Come On!!貧乏ミシン部
細長いバイヤスのようなパーツは、首周りのリブの部分です。
袖の肩の部分のカーブなどは怪しいです。
なんせ、死ぬほど洗ってクタクタになっているTシャツからパターンを取ったのですから、仕方ありませんが。

では次回は、このパターンを使って、自分にピッタリのTシャツを作ります。お楽しみに!

【追記】
この時のパターンは2年経過した今も取り出しては使っています。やっぱり自分にあったパターンっていいですね。

↓汗でミシンが錆びないかヒヤヒヤしています。せんべいを食べながらなんてもってのほかです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓こんなに素敵なものがあるんですね。私はいつも包装紙で型紙を写していますが・・・。


↓プロっぽくて憧れます。私はいつもテープカッター台やリモコンを重石にしていますが。

先日、仕上がったかぼちゃパンツ(過去記事はこちら)を長女に穿かせてみたところ、第一声が「わぁぁ小っちゃくない!!」だったので、そんなに無理して小さいズボンを穿かせているのかと悲しくなり、デニムでハーフパンツを作る事にしました。今回は珍しく新品のデニムで作 ...

続きを読む
先日、仕上がったかぼちゃパンツ(過去記事はこちら)を長女に穿かせてみたところ、第一声が
「わぁぁ小っちゃくない!!」
だったので、そんなに無理して小さいズボンを穿かせているのかと悲しくなり、デニムでハーフパンツを作る事にしました。

今回は珍しく新品のデニムで作ります。

↓裁断した状態がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
今回のデザインはポケットの柄合わせが楽しいところですが、散々迷ってグレーの花柄にしてみました。見覚えのある花柄だなぁと思った方、あなたはもうガッツリ「貧乏ミシン部」です!このハギレの出身地はこちらの過去記事へ。

↓完成品はこちら。
$Come On!!貧乏ミシン部

↓後ろはこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ポケットをズームアップ!
Come On!!貧乏ミシン部
ポケットの色や柄に気を取られすぎてしまいました。いざ、仕上がってみるとポケットの布地にするにはちょっと薄かったかなぁと思います。

↓今回の参考資料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
とっても丁寧な説明のおかげでスムーズに進める事ができました。

仕上がったものの、真夏にデニムは暑いので、まだ一度も着ていません。秋になったら活躍してくれると思います。

↓地味な仕上がりで長女の反応がイマイチだけど、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

材料費を抑えたい一心であれこれ試しています。もちろん、糸代さえもケチれないかと日々模索中です。洋服をどれだけ丁寧に仕上げても糸の色が布地とキッチリ合っていないと悲しいかな・・・手作り感がドッと出てしまいますね。有り合わせのものだけで仕上げたくて「まぁいっ ...

続きを読む
材料費を抑えたい一心であれこれ試しています。もちろん、糸代さえもケチれないかと日々模索中です。

洋服をどれだけ丁寧に仕上げても糸の色が布地とキッチリ合っていないと悲しいかな・・・手作り感がドッと出てしまいますね。有り合わせのものだけで仕上げたくて「まぁいっか!」で妥協した糸の色が貧乏くささを出してしまっているのかもしれません。

かと言って、毎回縫う布地に合わせて糸を買うわけにもいかず、財布と相談し、自分と戦い、泣く泣く妥協するといった毎日です。

いつか、ロトでも当ててシャッペスパンを全色!全種類!買い揃えてやろうと夢見ています。

はい、まずは、定番中の定番、フジックスのシャッペスパンです。

↓フジックスシャッペスパン普通地用60番700M巻き
 定価630円
Come On!!貧乏ミシン部
よく使う色は、700M巻きを購入しています。グレーやベージュなどは結構減りますし、200M巻きを買って、上糸の残りと下糸の残りのバランスを考えたり、適当に買い足して、微妙に前回の色と異なる糸を買ってしまうようなタイプの人間なので、ガッツリ700M巻きを買ったほうがいいのです。

ネットで定価を調べますと630円となっていますが、一般的に500円弱、400円代で売られているのではないでしょうか?品質は、糸の光沢も、強度も、申し分ないです。間違えてやり直す時に、そのほどきやすさで、違いを感じます。

定番中の定番でありながら、言い換えればなかなかの高級品。練習生の私にはもったいないかもと、ある日思ったのです。

で、もうちょっと安い糸はないものかと、ジャスコの手芸コーナーで見つけたのがこちら。

↓ポリスパン 500M巻き 500円/黒・紺・白の3色セット
Come On!!貧乏ミシン部
(1個ミシンにかかっていたので2個だけ撮影ですみません)

3色がパックになっていたのですが、組み合わせはかなり適当で、店員さんの気持ち次第のようです。白2個と黒1個という組み合わせもありました。その適当な組み合わせの中から私は使い勝手の良い、黒・白・紺の組み合わせを選びました。とにかく値段が安いです。3個でシャッペスパン1個分のお値段とは!

品質はと言うと、糸の太さや丈夫さは、シャッペスパンと変わらないのですが、光沢はあんまりありません。糸の表面に肉眼でも見えるような産毛(?)があって、シャッペスパンに比べると、糸にハリがなく、針穴に通しにくいのが弱点です。

でも値段を考慮すると、今のところ私の洋裁レベルでは十分かと。残念なことに、このポリスパン、最近はどこを探しても取り扱っている店がありません。ジャスコに掛け合ってみようかと本気で思っているところです。

そして最近手を出してしまったのがこちら。
↓トップバリュー 200M巻き 普通地用60番 148円/個
Come On!!貧乏ミシン部
本体のシールにも60番とバッチリ書いてありますが、私の目からするとシャッペスパンやポリスパンより絶対に細いです。なんだかロックミシン用の糸みたいです。シャッペスパンには敵わないものの、それなりのカラーバリエーションで148円というのは、見逃せません。

そんな訳で、この3種類の間をウロウロしている状態です。用途に合わせて糸も買い揃えていきたいと思います。みなさんは糸に関してこだわりはありますか??おすすめなどがありましたらコメント下さいね。

↓暑くて暑くて作業が進まない私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓ポリスパンのミシン糸ならこちら。

↓ポリスパンのロック糸ならこちら。

↓やっぱりシャッペスパンじゃないと!って方はこちら。

毎日暑いですね。子供って頭にとても汗をかきます。最近は、もっぱら長座布団にタオルケット代わりのバスタオルをプラスしてお昼寝させているのですが、お昼寝が終わると頭の形の汗じみが・・・。長座布団に、簡易カバーを付けたらどうだろうと思い立ったのが昨年の夏のこと ...

続きを読む
毎日暑いですね。子供って頭にとても汗をかきます。最近は、もっぱら長座布団にタオルケット代わりのバスタオルをプラスしてお昼寝させているのですが、お昼寝が終わると頭の形の汗じみが・・・。長座布団に、簡易カバーを付けたらどうだろうと思い立ったのが昨年の夏のことでした。

↓仕上がったカバーがこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
今回の材料は、シーズンオフで300円まで値下がりしていたマルチカバー(あれ?プレイマットだったかな?)です。表はサッカー生地で肌触りが良く、裏は滑り止めのドットが付いていました。

↓裏側はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
しまむらで購入したモンペから抜いた太めのゴムを渡してあります。
(ゴムの出身地を知りたい方はこちらの過去生地へ)

↓またリメイクするかもと、余分なところもそのまま内側に折込ました。
Come On!!貧乏ミシン部
まわりの黄色いパイピングは既製品の時のまま利用しています。

えー素直な感想を申し上げますと、イマイチ!!そのひと言でしょう。ズレはしないのですが、折りたたんだ時に完成度の低さを感じます。外して洗って干すときも、いまひとつだなぁと思います。

使いやすさを確認せず、全く同じものを2つも作ってしまいました。とりあえずしばらくこのまま使います。四方を縫ってファスナーを付けちゃんとしたカバーにしようかとも考えたのですが、裏側に滑り止めのドットが付いているので、ちゃんとしたカバーには向かないんです。難しいところです。

↓汗だくで空調の効いていない和室でのミシンが苦痛になってきた私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ