Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2010年05月

クライ・ムキさんおすすめのアイロン定規を購入しました。値段は800円ぐらいでした。結構いいお値段なので、本当に便利なのか確かめたくなって衝動買いです。貧乏ミシン部なのにお金使いすぎ・・。↓袋から出した状態がこちら。↓裏側の説明文。この定規の売りは、「縫い ...

続きを読む
クライ・ムキさんおすすめのアイロン定規を購入しました。値段は800円ぐらいでした。
結構いいお値段なので、本当に便利なのか確かめたくなって衝動買いです。貧乏ミシン部なのにお金使いすぎ・・。

↓袋から出した状態がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部

↓裏側の説明文。
Come On!!貧乏ミシン部

この定規の売りは、
「縫いしろを手早く折り返す!」
「布がズレにくくスチームに強い!」とあります。

裾の始末の時に、印を付けずしていきなりアイロンで押さえてしまうという斬新な商品です。素敵!!

事務用品の定規は一般的に、角から余白があって0センチ、1センチ・・・・となっていますがこのアイロン定規は角がそのまま0センチの位置になるので、メモリをあわせなくていいのが楽です。

また、透明の定規で色の濃い布地の印つけをすると、メモリが見づらくなるのですがアイロン定規は、赤いメモリが見やすくてよいと思います。

アイロンにはいいかもしれませんが縫いしろの印付けには、アイロン定規がすべらなさすぎて、ちょっとやりにくいです。そのほか、子供用のポケットのカーブには、アイロン定規のカーブが合わないのが残念です。

でも800円の価値はありそうです。使いこなしてみようと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

衣替えをしたと思ったら、また寒い日が続いて、そしてようやくあたたかい日が戻ってきましたね。衣替え中にちょっと気になった裾上げ失敗例を紹介したいと思います。子供服の95サイズから100サイズを購入するようになった時期、オムツが取れれば、腰まわりもスッキリす ...

続きを読む
衣替えをしたと思ったら、また寒い日が続いて、そしてようやくあたたかい日が戻ってきましたね。衣替え中にちょっと気になった裾上げ失敗例を紹介したいと思います。

子供服の95サイズから100サイズを購入するようになった時期、オムツが取れれば、腰まわりもスッキリするし、違うのって股下だけかも・・・と思い、大きめサイズを購入して裾上げしてはかせていました。

↓成功例はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
裾上げしていたあともさほど気になりません。

↓まぁまぁ成功なのはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
コーデュロイにあとが残るものの、まぁ私の許容範囲内です。ハードなローテーションのために、コーデュロイもぺっちゃんこにヘタっております。

↓失敗例はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
うわぁぁぁ!!大失敗です。裾上げしていた悲しいあと。ロールアップで穿かせておけばよかったのですが、やっぱり着づらい気がして、裾上げ+まつり縫いをしてしまいました。

膝の薄くなった部分もかなり、上の方にありますね。これ、高かったのに。可哀想だけど、結局このまま穿かせています。

と言うわけで、賢い皆さんはこのようなことにならないよう、十分にお気をつけ下さいませ。私も深く反省し、今後に生かして参りたいと思います。セコすぎるのも考えものです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

着なくなったマタニティの服を利用して、子供服を作りました。正確には婦人服のLLサイズなのですが、かなり大きめです。これだけの布地があれば大丈夫と制作に入りましたが、実際はギリギリでした。↓今回の材料となったマタニティはこちら。↓裁断しました。基本的には、 ...

続きを読む
着なくなったマタニティの服を利用して、子供服を作りました。正確には婦人服のLLサイズなのですが、かなり大きめです。これだけの布地があれば大丈夫と制作に入りましたが、実際はギリギリでした。

↓今回の材料となったマタニティはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部

↓裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部
基本的には、袖は袖から、前身ごろは前身ごろから取ります。そして今回は律儀にポケットからポケットを裁断しました。ボタンは大きめなので、違うものを使います。

↓仕上がりはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
子供にはチェックの柄が大きすぎるかな?とも思いますが、まぁいいでしょう。

↓襟元はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
襟って本当に難しいですね。縫い目がガタガタです。左右対称に縫えた試しがありません。
ボタンは光沢のあるグレーのものをチョイス。ボタンを付ける糸を赤色にするのがマイブームなので、今回も赤色です。
(前回のボタンの糸を見たい方はこちら

↓袖はレシピに従って、ゴムで。
Come On!!貧乏ミシン部
ゴムの袖、本当は手作りっぽくて好きじゃないのですが、一応CUCITOに書いてある通りにしました。次回は袖だけ変えてみたいと思います。

ちょっとでも既製品に見えるようにがんばりたいです。
「これ作ったの?」よりも「これどこで買ったの?」の方が褒め言葉だと思いませんか??

↓今回の参考資料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
なんだか大きめのデザインに見えませんか?だから、ダボダボしているのかと思って、いつもは110サイズにするのですが、今回はジャストサイズの100サイズで作りました。

↓CUTITO 冬・早春号
Come On!!貧乏ミシン部
私にとってアタリの号でした。作りたいデザインが目白押しです。ありがとう!!CUTITOさん。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

GW中、1日だけガッツリミシンができたので、おねしょ三昧の長女のために、お昼寝布団のシーツを作りました。↓材料はこちらのダブルの掛け布団シーツです。シーツの表が大柄のチェックで、裏が細かいチェックです。今回は裏側の細かいチェックを使用しました。アパートに ...

続きを読む
GW中、1日だけガッツリミシンができたので、おねしょ三昧の長女のために、お昼寝布団のシーツを作りました。

↓材料はこちらのダブルの掛け布団シーツです。
Come On!!貧乏ミシン部
シーツの表が大柄のチェックで、裏が細かいチェックです。今回は裏側の細かいチェックを使用しました。

アパートに住んでいた頃は、シーツなどの大物を干せる場所がなく、天気を選んで洗濯していたのですが今の家に引っ越してからは、天気にかかわらずロフトの手すりに(実物はこちら)干すことができて、洗い替えのシーツも不要になりました。

そこで、ダブルのシーツをひとつ潰して、お昼寝布団のシーツを作りました。

↓仕上がりはこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
上下、そして表裏を見分けてもらうために100円ショップで購入したさくらんぼのアイロンステッカーをつけました。「貧乏ミシン部」としては、贅沢な3個使いです(笑)

伸縮のない綿100パーセントの布地は、アイロンステッカーもしっかりとくっついてくれて良いですね。

↓裏側はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
中央に、名前を縫い付けてあります。保育園ではお布団を半分に折って片付けるのでこの位置に名前があると便利なんだそうです。

ダブルのシーツだった時から、縫い合わせがあったので、その部分を裏側にしました。

長女(4歳)にさくらんぼを頭にするのよと教え込み、いざ保育園へ。
お迎えに行くと、敷布団本体が丸ごとゴミ袋に入ってお持ち帰り準備されています。でもなぜか、おねしょシーツは袋に入っていません。不思議に思って、先生にきいてみると、なんと裏側におねしょシーツがセットされていたので、おねしょシーツだけは無事だったと言うのです。

そりゃ、長女がちゃんとさくらんぼのステッカー側を頭にしても、意味がないはずです。
前回のゾウさん柄は裏が白い無地で表裏が分かりやすかったのに今回は表も裏も水色でこのようなミスが出たようです。くそぉ旦那めぇ・・・!(この日旦那さんが保育園へ送ってくれたので)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

うちの家は築40年以上です。4年前のリフォームの際、囲炉裏のあった部屋を高い天井のまま、ロフトにしてしまいました。ロフトは明り取りの大事な役割があるので、仕方がなかったのですが、とにかく冬が寒い!!!床暖房があるからと、簡単に思っていたのですが、いやいや ...

続きを読む
うちの家は築40年以上です。4年前のリフォームの際、囲炉裏のあった部屋を高い天井のまま、ロフトにしてしまいました。ロフトは明り取りの大事な役割があるので、仕方がなかったのですが、とにかく冬が寒い!!!

床暖房があるからと、簡単に思っていたのですが、いやいやこれが本当に寒いのです。石川県という北陸の地であることも理由のひとつかもしれませんが、ファンヒーターを5時間焚いても6時間焚いても、室温が20度を超えることはありませんでした。

ファンヒーターも一般用ではなく、広い部屋用に買い換えたのに!!です。

そこで、少しでもと思い、カーテンで間仕切りを作ってみました。
ジャスコでワゴンセールになっていた叩き売りのレースカーテンです。1組700円也。
既製品のリメイクということで、カーテンの両裾にウエイトが入っていて、ちょっといい感じです。
カーテンの上の部分だけ三つ折にして縫い、ツッパリ棒を通してあります。

↓ロフト中央部
Come On!!貧乏ミシン部

↓ロフト左側
Come On!!貧乏ミシン部

↓ロフト右側 はしご下
Come On!!貧乏ミシン部
ちなみにはしご下はレースカーテンを2重にしてあります。

効果があるのか、無いのか正直言ってわかりません。何か他にもっと良いアイディアがあったらコメント下さい。まぁこれだけ開いていれば温かい空気も逃げますよね。とほほ。

先週の土曜日にようやくこのカーテンを取りましたが、やっぱり無いほうがすっきりとしていいです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ