Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2010年02月

接着芯無しにミシン刺繍は語れません。皆さんはどんな接着芯を使っていますか?私は、ミシン刺繍を始めて、しばらくして、刺繍は接着芯によって失敗したり成功したりすることを学びました。適していない接着芯を使ってもなかなかうまく仕上がらないのです。↓私が最初に使っ ...

続きを読む
接着芯無しにミシン刺繍は語れません。

皆さんはどんな接着芯を使っていますか?

私は、ミシン刺繍を始めて、しばらくして、刺繍は接着芯によって失敗したり成功したりすることを学びました。適していない接着芯を使ってもなかなかうまく仕上がらないのです。

↓私が最初に使っていたのはこれです。
(使いかけを撮影しています。実際はもっと大きいです)
Come On!!貧乏ミシン部

2Mぐらいはいって480円はお買い得です。芯が厚すぎても、刺繍した布地を作品に仕上げるときに支障がでてくると思い、「ふつうタイプ」という厚さをチョイスしました。
(バックやハンカチに接着芯を貼ると仕上がりがパリパリになってしまいます。刺繍をした後その周りの芯ははがすのでしょうか?ブラザーから水で溶ける透明の芯もでていますが・・・)

結果は、イマイチ。ワッペンを作る場合には厚みが足りないことが分かりました。

Come On!!貧乏ミシン部

一番左側が、このふつうタイプの接着芯を使って刺繍したもの。真ん中が、このふつうタイプの接着芯を2枚重ねて刺繍したもの。一番右側が次に紹介する分厚い接着芯を使って刺繍したもの。わかりますか?この波打ち加減。左側と真ん中は、ちょっとワッペンとしてはNGですよね。接着芯の厚みによって、仕上がりが全く違ってくることが一目瞭然だと思います。

右側のワッペンに使用したのは最近発見したこの分厚い接着芯です。
【クラフト用芯地50センチ幅 840円/m】とあります。

Come On!!貧乏ミシン部

接着芯の表面が布のような質感だったので、布にアイロンせずに接着芯に直接刺繍してみました。(右側のワッペン)

Come On!!貧乏ミシン部
全く問題ありません。

それどころか、ワッペンを巾着袋に縫い付けるとき、ふつうはマチ針やしつけが必要ですが、このやり方だとワッペンの裏側に本来は布にくっつけるための糊がついているので、アイロンすれば仮止めできるというオマケがついてきます。

一石三鳥なので大変お得です。

しかし、この接着芯はメーター売りで800円ぐらいするので、そこが欠点かもしれません。でも私的には満足できる仕上がりです。今後もこのやり方でやっていこうと思います。ワッペンに関しては。

ブラザーのミシンを購入した時に、お試しで接着芯がついてきましたが、それは厚紙のようにパリパリで、驚きました。でも今になれば、そのくらいの厚みは必要だなぁとしみじみ思います。

その他、こんな接着芯も買ってみたので今後使ってみたいと思います。

Come On!!貧乏ミシン部

接着芯は、名脇役。適材適所で使っていこうと思いました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)

ミシンで刺繍するって意外に、布を使うなぁと思いませんか?実際は小さい面積の刺繍なのに、枠にはめるために大きな布を必要とするのです。しかも、接着芯は刺繍部分のみではなく、枠よりも広い面積に貼らなくてはいけないのです。そして失敗を繰り返していると、広い布をち ...

続きを読む
Come On!!貧乏ミシン部

ミシンで刺繍するって意外に、布を使うなぁと思いませんか?実際は小さい面積の刺繍なのに、枠にはめるために大きな布を必要とするのです。

しかも、接着芯は刺繍部分のみではなく、枠よりも広い面積に貼らなくてはいけないのです。そして失敗を繰り返していると、広い布をちょこちょこと使って、画像のような状態になってしまいます。

しかも、刺繍が仕上がっても空いた部分にまた刺繍するかも・・・とセコい考えが浮かび、仕上がったワッペンを切り抜くことすらためらってしまうのです。
(切り抜いたことで、余った布が刺繍枠より小さくなってしまい、使えなくなってしまうので)

そこで!
私が開発した名付けて「わくわくさん」(←ダサッ)をお勧めします。もちろん手作り。
接着芯を貼った布を□の字型に縫い合わせたものです。接着芯を貼った布で作るというのがポイントです。刺繍がずれにくくなりますので。

中の□は10センチ×10センチにあいています。
Come On!!貧乏ミシン部

ここに12センチ×12センチの布を重ね、まわりをミシンの大きい縫い目で縫います。
手縫いだとずれてしまうので、面倒でもミシンで縫うことをお勧めします。
ほどくのは、さほど面倒ではありません。

ワクワクさんに、幅12センチの布を縦にずらしながら刺繍すると・・・
Come On!!貧乏ミシン部
はいできあがり。こんなに小さい布に3つも刺繍ができました!!

糸代や接着芯代を考えると、結構、材料費がかかるので、セコい主婦としては、少しでも無駄を省きたいですよね。

布地を小さくすることで、枠に布地を張りやすくなり、ねらった位置に刺繍することができるのでおすすめです。

100パーセントの準備をして刺繍に挑んだとしても、ずれる時はずれる!!
バックや洋服に直接刺繍するのは、リスクが高すぎるのでワッペンにして縫いつけるほうが無難。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)

↓刺繍ミシンでも高いのに、刺繍データまで購入だなんて!!(涙)
ブラザーミシン刺しゅうカード[リラックマ]

ブラザーミシン刺しゅうカード[リラックマ]
価格:5,981円(税込、送料別)


ミシン刺繍はまだまだ初心者で、いっぱいいっぱい失敗しています。せっかく縁があってうちにやってきたんだから、使わなくちゃもったいないとミシンに向かう日々。自分で買ったミシンではなく、親戚から回ってきたミシンなんです。でも、何度やり直してもリラックマのワッペ ...

続きを読む
Come On!!貧乏ミシン部

ミシン刺繍はまだまだ初心者で、いっぱいいっぱい失敗しています。せっかく縁があってうちにやってきたんだから、使わなくちゃもったいないとミシンに向かう日々。自分で買ったミシンではなく、親戚から回ってきたミシンなんです。

でも、何度やり直してもリラックマのワッペンがうまくできません。

コンピューターミシンでの刺繍でズレは最大の敵です。芯をしっかりはっても、布をパーンと枠にはめてもズレる時はズレます。でも、あまりにもズレすぎる。こんなミシンもう嫌!!

そう思った時、ミシンの台の上にビスが乗っかっていました。な、な、なんと、ここのビスが取れていたのです。

↓こちら
Come On!!貧乏ミシン部

ズレるはずです。
目からウロコです。
ミシンの振動でビズが緩んでくるのですね。
勉強になりました。

みなさんもお気をつけあそばせ。ミシンのメンテナンスもちゃんとしよう。それも実力のうち。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)

100円ショップで見つけたデニムを2枚利用してボストンバックを作ってみました。材料費210円!!デザインと寸法は恐れ多くもporterのボストンバッグを参考に。バケツ型よりもボストン型のほうが荷物がよく入りますね。楕円を縫うよりも、今回のような○を縫う方が楽 ...

続きを読む
Come On!!貧乏ミシン部

Come On!!貧乏ミシン部

100円ショップで見つけたデニムを2枚利用してボストンバックを作ってみました。材料費210円!!

デザインと寸法は恐れ多くもporterのボストンバッグを参考に。バケツ型よりもボストン型のほうが荷物がよく入りますね。楕円を縫うよりも、今回のような○を縫う方が楽だと思います。

デニムという素材のおかげでパリッとしているので接着芯無しでチャレンジ。さすがにデニムのようなパリっと布地でも、接着芯無しだとやっぱりずれてしまいました。サイズはW 50×H 25×D 25(cm)です。結構大きいです。

黒いファスナーは、長座布団カバーと同様、スーツのカバーについていたものをまたまた再利用しました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)

↓こんなの買えたらいいんだけど(笑)


長座布団のカバーをつくってみました。フローリングのリビングなのに、地べた族の我が家には必需品です。長座布団汚れるんですよね。子どもが毎回、何かをこぼすので・・・。お昼寝に使ったら使ったで、頭の部分がくっきり汗ジミに・・・。子どもってどうしてあんなに頭だけ ...

続きを読む
Come On!!貧乏ミシン部

長座布団のカバーをつくってみました。フローリングのリビングなのに、地べた族の我が家には必需品です。長座布団汚れるんですよね。子どもが毎回、何かをこぼすので・・・。お昼寝に使ったら使ったで、頭の部分がくっきり汗ジミに・・・。子どもってどうしてあんなに頭だけに汗をかくのでしょうか?

これは夏用のカバーで、しわ加工がしてあるので少しサラサラしていて本当に足ざわりが良いです。本当は長女にワンピースでも作ってあげたい布地だったけど座布団のカバーになってしまいました。

実は、この長座布団の中身(あんこ?)も昨年私が古いベビー布団をほどいて作ったものなんです。大型スーパーで売られている長座布団は3000円~と手ごろだけど、中身はポリエステルの綿でみごとにペッタンコになってしまうのが難点。

カバーも無いのでそのまま洗濯機で洗濯したら、座布団の中で、ポリエステルの綿が団子になってひどい結果に終わってしまいました。大型スーパーの長座布団は4枚購入したけど4枚とも見事にペッタンコになったので、もう今後は自分で作ることに決めました!!

サイズはW110×H76(cm)。市販のものを参考にしたサイズです。

工夫点は真横にファスナーをつけると、足で踏んだとき痛いので裏側の4センチ内側につけたことです。

この黒色のファスナーは、旦那さんのスーツを買うたびに無料でついてくるスーツカバーのファスナーを再利用したもの。スーツのカバーは専用のバックを持っているので、使ったためしがないものの、なんだか捨てられずにいました。

ファスナーだけを取り外すなんて面倒と思いがちですが、縫い目が大きいので簡単にほどけます。

カバーの部分は面積もそこそこあるので、ファスナーをはずした後そのナイロンでエコバックなど作ったら素材的にも軽さ的にも良いのではないかと思っています。そのうち形になったらまたブログで紹介しますね。

叔母からの情報で、座布団のあんこ部分は、真綿では、重く仕上がるし、ポリエステル綿ではペタンコになるので、この二種類をミルフィーユのように層として同居させると良いと聞きました。でもそんなことをしていたら、部屋が綿で大変なことになりそう・・・・。
 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ
↑ぽちっとお願いします
にほんブログ村(携帯用リンク)