日暮里で購入した布地を使用し完成させた作品の第二弾、名づけて《日暮里2号》です。TOMATOさんで1M100円でした!!洋裁の練習に最適と2M購入しました。TOMATOさんのカットをしてくれるおじさんが布地をバーっと広げたとき、あれ?イメージと違うなぁと思ったのですが100円だったので作業を中断させることも忍びなくそのまま買ってきました。

↓裁断した状態がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
婦人ワンピースでちょっと大きかったので、中折りにしてあります。袖とバイヤスのみ表になっています。

↓完成品がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
いつもは日当たりの良い玄関で撮影していますが、ちょっと長くて上手く撮影できなかったので、リビングの照明に引っ掛けて撮影です。うちのリビング、壁紙が黄色なんです。ちなみに寝室は青に近いエメラルドグリーンの壁紙です。インテリアにもチャレンジャーですみません。

話がそれましたが、今回のワンピースは日暮里のついでに自由が丘のCHECK&STRIPEさんに立ち寄って購入した89番のパターンです。

↓襟ぐり。
Come On!!貧乏ミシン部
接着芯を貼って伸びないようにがんばったけれど、ちょっと立っていますね。

↓胸のギャザー。
Come On!!貧乏ミシン部
押さえミシンをあと数ミリ際に寄せられれば、完成度が上がるのに・・・といつも反省しています。これが秋ならほどいてやり直しているはずなんですが、暑さに負けてそのまま作業を続けてしまいました。

↓初タグ。
Come On!!貧乏ミシン部
貧乏ミシン部なので、タグなんぞにお金をかけられないぞと思っていたのですが、CHECK&STRIPEのオシャレな雰囲気に負けて購入してしまいました。かわいそうに、まさか材料費200円のワンピースに付けられちゃうなんてね。

↓脇のポケット。
Come On!!貧乏ミシン部
恥ずかしながら私、この形のポケットをつけたのは、、初めてなんです。CHECK&STRIPEさんの丁寧な説明のおかげで上手くポケットをつけることができました。

Lサイズで作ってみたのですが、肩幅も長さも身幅もちょうどでした。ただ、夏に1枚で着たかったので、襟ぐりを少し浅くすればよかったかなぁと今になって思っています。

死ぬほど暑くて、裸でいたいけどいられない時や、お風呂に入ってすっぴんだけど花火しようと子供にせがまれたとき、そして家族で沖縄に行くときに大活躍しそうです。ちなみに沖縄旅行の予定はありません。

【追記 2017.06.20】
実は、沖縄のホテルの無料宿泊券が親戚から回って来まして、このワンピース持参で沖縄に行ってきました。カヌチャベイホテル&ヴィラズ。敷地内をカートで移動できるリゾートホテルで、人生の後にも先にもこんなに素敵なホテルに泊まることはないだろうなぁと。無理だなぁっていうことでも言ってみるものですね。言霊?それなら次は、私のアトリエを増築してほしい!!!何年後かに叶うといいなぁ。

↓石川県でも34度が続き沖縄気分の私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ