もう着ないかもしれないなぁと思いつつ衣替えの度に、出したり片付けたりしている洋服はありませんか?

そんな洋服の中で、何かのインナーになるかも?でも、襟ぐりの開きが大きすぎるしなぁと思っていたのがこちらの「GAP」のカットソーです。バーゲンでものすごくお安くて、飛びついたのですが失敗でした。

↓というわけで今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
地味な私のカットソーにしては明るい色合いで子供服に向いていそうです。撮影ミスで今回の主役となる袖口のパーツが写っていません(涙)

↓裁断した状態がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
襟ぐりは共布で縁取ってありましたが細くてほどけませんでした。代わりに両方の袖口をほどいてみました。分かりにくいけれど、一番上にちょこんと並んでいる無地のパーツが袖口です。

↓完成品がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
お気づきになりましたか?袖口の無地のニットを両肩で縫い合わせて襟ぐりに持ってきました。ちなみに裾のカーブ、身ごろの幅は、婦人カットソーの時のまま触っていません。裾がちょっとかわいいです。

↓ちょっと伸び伸びに仕上がった襟ぐり。
Come On!!貧乏ミシン部
がんばったわりに素材が悪かったのか、仕上がったそばから古着っぽい服になってしまいました。

前後が分かりにくかったので、以前貧乏ミシン部に寄付をいただいた赤いタグをちょっと付けてみました。

↓同じく伸び伸びになった袖口。
Come On!!貧乏ミシン部
伸びたところをカバーしようと、急遽ゴムを入れました。手を洗うときは、ゴムが入っていたほうがささっと袖を上げることができて便利だと思います。

↓今回の参考資料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
クライ・ムキさんの「ロックミシンの基礎」から120サイズのパターンを写しました。

長女の成長に伴い、初の120サイズです。長女も大きくなりましたね。

↓完成度の低さにがっかりな私にポチっとお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ