昨年からずっと悩み続けているのは、コタツ布団を新規購入するか、打ち直しするか??ということです。器用貧乏の私もさすがにコタツ布団の打ち直しをする気力もノウハウもないので、プロにお願いするつもりです。

我が家で使っているコタツの本体は150センチ×90センチと大きめで、それに合わせるコタツ布団も当然のことながら280センチ×200センチとかなり大きめです。

今使っているコタツ布団は子どもも小さいし汚れるからとファッションセンターしま○らで取り寄せてもらって購入した4000円ぐらいのものなので、布団のわたが中で縮まってしまいカバーが数センチ余るという悲惨な状態になっています。

このたび生協さんでふとんの打ち直しのチラシを目にしました。200センチ×280センチで自宅にある古い布団を打ち直しに出した場合の見積もりをしてもらったところ、
21370円(4~5キロのわたを提出)でした。

「他の方のわたとは混ざりません」と書かれていますが、初めての業者さんなので仕上がりに不安が無いと言えば嘘になります。。


続いて、同じく生協さんでコタツ布団を新規購入すると200センチ×290センチで
15490円(中はポリエステル100パーセント)です。

ポリエステルのわただとまた縮まってしまうのでは??という心配があります。


さらに地元の布団屋さんにも問い合わせてみました。こちらのお店は創業○○年という老舗の布団屋さんなので、お値段は高めですが安心してお願いできます。

200センチ×280センチで打ち直しなら
30000円(自宅にある綿わたを使用)


新規でお仕立てなら
32000円(新しい綿わたを使用)ということでした。

お値段はとうとう3万円台に突入してしまいましたが、ポリエステルのわたよりも、綿わたの方が重いけど温かいから長く使えるかなぁという気持ちもあります。

コタツ布団のサイズは今のコタツ布団のカバーを今後も使い続けたいのでカバーのサイズで見積もりしてもらいました。コタツ布団カバーの過去記事はこちら

あぁどうすべきなのでしょう??いつもケチな割には、贅沢な悩みだなぁと思われるかもしれませんが、うちは石川県の山間部な上に、築50年近い、しかも吹き抜けのリビングで過ごしているので、コタツ布団に妥協は禁物です。昨日から急に気温が下がり、もうストーブを炊いています。

昨日、ささやかな抵抗でロフトにカーテンを取り付けました。詳しくはこちらの過去記事へ。

自宅があまりに寒くて、帰ることに恐怖さえおぼえ、車の中でエンジンをかけながらうたた寝してしまったという経験さえあります。

自宅には古い布団がたくさんあるので、それをスッキリさせたいとう気持ちもありますが、あまりお値段が変わらないので、そこまでして打ち直しをするべきかと思ったりもします。

まぁ相談相手はお財布か旦那さんなのですが、じっくり考えてみようと思います。ここに書き出したことでいくらか頭の中が整理できたような気がします。

↓今日は画像が一枚もない記事ですみませんでした。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ