最初からそんなことを書いてもいいのか分かりませんが、今日の記事・・・歴史に残る仕上がりです。ちょっと自信あります。

↓今回の材料はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
折れた黒い傘です。私が数年前に雑貨屋さんで買ったものです。

↓分解して、洗濯機で洗いました。
Come On!!貧乏ミシン部
汚れていたのか、綺麗になったのか、黒色であるため、分かりませんが気持ちの問題です。

↓パーツごとにほどきました。
Come On!!貧乏ミシン部
8枚のパーツに別れていることが分かりました。形が形だけにどのように縫い合わせればよいかこの段階ではまだ迷っていました。

↓とりあえず交互に4枚縫い合わせてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
三角形が横になるようにして縫えば傘だとバレないかなぁとか、湯船につかりながら、子供を寝かしつけながら、便座に座りながら考えます。

↓結局、無駄が出ないこの形に決定。
Come On!!貧乏ミシン部
三角形がV字になるような形が、一番縫い目が少なく、無駄も出ない最適な形と判断して、元々傘に付いていたフリルを縫い付けました。

↓5枚目の三角形のパーツを取っ手にして完成。
Come On!!貧乏ミシン部
いかがでしょうか?この仕上がり。大人かわいいエコバックに仕上がりました。傘に付いていた再利用のフリルが効いています。三角形のパーツは、バイヤスのように斜めに伸びてしまい、正確な長方形にならず、ちょっと樽のような形になっていますが、その辺は大目に見てあげようじゃありませんか。

これは、防水加工が施されたエコバックと言っても過言ではないでしょう!!

↓ジャーン!!このパーツまで再利用。
Come On!!貧乏ミシン部
傘をほどいたこの記事の3枚目の画像で、このパーツをこうやって使うだろうと思った方!!あなたは貧乏ミシン部特待生です!!傘をまとめて留めるこのパーツ、もちろんエコバックも留めてくれますよ!

↓では行きます。左右を折りたたみます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓下からクルクル巻きます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ボタンでくるんと留めます。できあがりです。
Come On!!貧乏ミシン部

↓この作業が楽に出来るポイントはココです!
Come On!!貧乏ミシン部
折りたたむ時のストレスをなくすため、エコバック本体に押さえのミシンを1本走らせてあります。たしか、叔母は「コバステッチ」と読んでいたはず。

ネットで調べてみましょう。
【バステッチ】(こばすてっち)
縁や縫い目のキワに、補強と飾りの意味で入れる縫い目の事。
布地の折り端の飾り縫い。


補強のためだそうです。折りやすくするためではないようですね。勉強になりました。今日の記事はいかがでしたか?これを読んだあなたはもう折れた傘を捨てられなくなるに違いありません。

この大人かわいいエコバックは実家の母へあげましょう。還暦を過ぎてなお、かわいらしい母にピッタリです。って言うか、こんな傘で作ったエコバックを身内以外の誰にあげることができましょう・・・。

↓こちらのランキングこそが私のヤル気。ではどうぞ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキングへ

↓定番のカラーは大巻で購入しています。