入園式の後もまだ入園準備が続いています。何やら、「汚れもの袋」というものを2つ準備しなくてはいけないそうで、扉のないロッカーのフックにぶら下げておき、使い終わったお食事エプロンやお口拭きタオルを園児が自分でポイポイと入れるそうなのです。

そしてもうひとつは、お漏らしなどの更に汚れたものを帰宅時に先生がまとめて「汚れもの袋」に入れて持ち帰るということなのです。「ショップの袋とかでいいですよ」と言われましたが、巾着の形をしたちょうど良いショップの袋・・・・ないんですよね。ちょどいいのが。クラスのお友達のロッカーを見ると、みんな袋が大きすぎるため床についてしまって、フックに引っかかっていると言えない状態でした。

↓長女の折れた傘を準備。
Come On!!貧乏ミシン部

↓解体します。
Come On!!貧乏ミシン部
傘は先の方から左右に引っ張るとおもしろいように裂けて、糸がポロポロと解けてヤミツキになります。ぜひ、お試し下さい!8枚の三角形のうち、1枚だけが透明のビニールになっていました。

↓とりあえず互い違いに縫い合わせます。
Come On!!貧乏ミシン部
黄色が8枚揃っていれば、汚れもの袋1枚につき三角形を4枚使って、悩むことなどないのですが、一枚だけ透明というのが引っかかり、いろいろ悩んで、6枚を輪になるように縫い合わせました。

↓これを無理やり、2つに裁断します。
Come On!!貧乏ミシン部
えぇ中心がずれることは百も承知です。でも、この黄色い傘に足せるような布地も無いし、透明のビニールは使いたくなかったので、少々サイズは小さくなりますが6枚で2つの汚れもの袋を作ることにしました。

↓中心・・・ズレています(涙)
Come On!!貧乏ミシン部
それぞれの正面にキャラクターがくるよう努力した後が見られます。これぞ母の愛。

↓二種類を見分けられるように紐の色を変えてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
ざっくりざっくり作ったので、大きさが若干違います。

↓どのくらいざっくりかと言いますと・・・
Come On!!貧乏ミシン部
はい、このくらいざっくりです。ロックの処理もしていません。三つ折りする余裕もありません。それでは、この汚れもの袋に、マジックで大きく「うえ」(食事エプロンや口拭きタオル用)、「した」(おしりマットやお漏らししたパンツ用)と書いて保育園のロッカーへgo!!

オシャレブログにはとても出せない、でも生活に必要な作品を、胸を張って発表できる場!!それが貧乏ミシン部です。さぁ、今年度も恥を捨てて前向きに行きましょう!!

↓ざっくりざくざく、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ