私の入院ネタを最初から読みたい方はこちらからどうぞ

6月も残すところあと2回の更新ですね。(detekoルールで月・水・金の更新なので)しつこいくらいに入院ネタを続けていますが、6月だけと割り切ってお付き合い下さい。

そうそう、こちらにアクセスされる方は貧乏作品を見たいのであって私の入院生活になどご興味ない事は、存じておりますけれども、書きたいだけ書けば私の気がすみますので・・・えぇ、そういうことで。

さて今回は2回目の貧乏ミシン部調査隊、お題は洗濯バサミです。手術後、麻酔からさめた時すでに、自分の胸には洗濯バサミが付けられておりました。

↓胸に付けられた洗濯バサミ。
Come On!!貧乏ミシン部
胃から鼻に通されたチューブを、洗濯バサミで胸に固定しています。チューブの重みが鼻の穴にかからないようにするためです。

後に、この洗濯バサミを髪の毛(耳のうしろあたり)に挟んだ方が、首を左右に動かしやすいことを学びました。この「輪ゴム付き洗濯バサミ」も看護師さんのアイディアなのでしょうか??

↓そしてベットの手すりに目をやるとこちらにも、輪ゴム付き洗濯バサミが!!
Come On!!貧乏ミシン部
この透明のチューブは歯医者さんで使うバキュームのような役割をしており、口の中の唾液やたんを吸い取るためのモノです。もちろん、自分でやります。これも、洗濯バサミで留められていて、洗濯バサミで留めるとバキュームの音が静かになります。

看護師さんに洗濯バサミネタ、しかも2連発で出遅れてしまいましたが、私もネットで入院に必要なものを検索していた時に、「何かと便利だったのが洗濯バサミでした」というブログの記事を読んで、マイ洗濯バサミを持参していました。

↓私は洗面台で使用。
Come On!!貧乏ミシン部
個室には洗面台があるものの、タオル掛けは設置されていなかったので、鏡のフチに挟んでみました。これは医療用テープには成せぬ技!!みなさんも、入院される際には、ぜひ、洗濯バサミをお持ち下さい。

↓続きまして点滴用のキャスターです。
Come On!!貧乏ミシン部
ケチってワンセグでテレビを見ていたので、携帯の充電はすぐ切れます。ところが、この携帯(auのbeskey)充電の差込口が下にあるものだから、充電しながらワンセグを台の上に置いて見られないんですよねぇ。そこで、点滴用のキャスターの持ち手に乗せて充電しながらワンセグを見ていました。

ベットに座った私にはちょうど持ち手が目の高さで使い勝手バツグンでした。私の携帯についていたはずの「親バカストラップ」がちぎれているところは見逃してください。紐として使ったリボンがボロボロになり、ちぎれてしまったんです。ちぎれたのは私だけではありません・・・遠慮ない母からもクレーム有り。

↓そして調子に乗った私はダブル使い!!
Come On!!貧乏ミシン部
目の高さでちょうど良い点滴用のキャスターの持ち手部分に、刺繍カードを乗せていました。これぞ、一石二鳥ですなっ!(デコポンさん、また二〇加煎餅出ちゃいましたよ!!この刺繍のデザインがにわかせんべいに見えるそうです。ぜひ、リンクでご確認くださいね)

↓そして、退院直前にはこんなことまで。
Come On!!貧乏ミシン部
カップにホコリが入ると言って手鏡でフタ!!こんなおばちゃんくさいことまで出来るようになっていました。

写真は撮れませんでしたが看護師さんがガラガラ押してやってくるワゴンにも洗濯バサミが多用されており、なんだか洗濯バサミがかっこよく見えてきて、もっと粋な使い方は無いものかと、目を皿のようにしてキョロキョロしていました。

入院中ずっと洗濯バサミを付けられていましたし、鼻の穴からチューブも出ていましたし、恥ずかしいことなど何にもなくなって、私は更に器の大きな人間になれたんじゃないかなんて思っているのです。

今までは貧乏ミシン部作品が既製品に見えるよう、こそこそと暮らしていましたが、今の私は、後ろ指、さされてナンボ!ぐらいの気持ちになっています。我が道を突っ走りたい。そう誰かに指を指されても・・・。街で洗濯バサミを平気でつけている人がいたら、それは私かもしれません。

↓洗濯バサミを熱く語る私にポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
人気ブログランキングへ