明日は町内の盆踊り大会です。子供達に浴衣を着せる時期になると、かわいい髪飾りがあればなぁと思うのですが、和柄の髪飾りを買うと、高いこと、高いこと。とても2人分も買えやしません。そうやって、購入を先送りしては、適当にキティちゃんなどの飾りでごまかしてきました。今までずっと。

しかーし、今年の盆踊りは、次女も赤ちゃん甚平を卒業し、浴衣デビュー。これは何としてでも髪飾りを準備せねば!!

最初は、ちりめんばかりを意識して、「結婚記念日特別企画 うさぎのリングピロー」「売れ残っていた和装バックをリメイク」で余った布地を見ていたのですが、布地が足りなかったり、色味が地味だったりして、いいものが見つかりません。

ちりめんは買うとハギレでも高いし、それなら、既製品の髪飾りを買った方が安いかも・・・と諦め半分でタンスの引き出しを開けたら、和菓子をいただいた時に包んであった風呂敷を発見!!!

↓大きさも、色合いも文句なしの素材!!
Come On!!貧乏ミシン部
もうこれしか無い!!ポリエステル製ですがまぁいいでしょう!!

↓10センチ程度の長方形を3枚裁断します。
Come On!!貧乏ミシン部

↓表側を外にして二つ折りにします。
Come On!!貧乏ミシン部
矢印のように、「わ」になっていない3辺を一度に続けて縫います。

↓縫った糸をそのまま切らずに引っ張ると、花びらの完成です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓同様の手順で3つ作ります。
Come On!!貧乏ミシン部

↓輪になるように3つの花びらを糸で繋げてキュっと引っ張ります。
Come On!!貧乏ミシン部
5枚の花びらにしようと思って、チャンレンジしましたが、何度も失敗。自己流で作る私には、3枚が精一杯でした(涙)3枚仕立てのお花ってことで先に進みます。

↓とりあえず4つ作ってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
一個、一個はあまり格好良くありませんが、4つ並べたらなかなかいい感じです。

この作ったお花を、パッチン留めにしようか、ゴムにしようか、それとも、ヘアピンにしようか???悩みながら中央に縫いつけるビーズを探していたら、またしても運命の素材に出会いました。

↓運命の素材はこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
15年以上保管されていた100円ショップのクシです。実は私15年前に雑貨屋でビーズショップのイベントを開催したほどのビーズ好きなのです。しかし、マイブームは過ぎ、いつの間にか15年もの歳月が流れていました。

↓針金をカットしビーズを外します。
Come On!!貧乏ミシン部
このクシなら、ヘアピンやゴムよりもお花をしっかりと固定でき、髪の毛に飾った時も、お花があっちへ向いたりこっちへ向いたりすることがないに違いありません!!

という訳で風呂敷で作る髪飾りはクシに決定!!!

↓外したビーズをお花の中央につけてクシに固定しました。
Come On!!貧乏ミシン部
作り方も調べぬまま作ったにしては、なかなかの仕上がりです!!元々クシについていたビーズをお花の真ん中に使ったのも悪くないですよね?

今回の勝因は、ビーズを付ける時と、クシに固定する時に、透明のミシン糸を使ったことです。もしも、これが白い手縫い糸だったら、もっと手作り感が満ち溢れ出ていたことでしょう。

中央に穴がある形のビーズはどうしても糸が目立ちがちなので、手グスや透明のミシン糸を使うと、見た目、強度、共に二重丸ですよ。

今回の出費チャンスも、器用貧乏で0円に抑えることができました。
盆踊りのヘアメイクはdetekoにお任せ下さい!!!
明日は絶対に晴れます様に。

【追記】

↓長女の髪の毛に髪飾りを付けてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
浴衣の色味とも合っていてバッチリですね。髪飾りもずれたり取れたりせず、使いやすかったです。もちろん長女のおだんごヘアの中には黒いマジックテープが入っていますよ!!黒いマジックテープの過去記事はこちらをどうぞ。

↓母の執念にどうか1票お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓本当は買ってあげられたらいいんだけど。