前回完成した長女のTシャツワンピに引き続き、今回は次女のTシャツワンピをリメイクします。次女が着る95サイズなら、まだまだ余裕でTシャツワンピを縫えるのですが、常にお揃いにしておきたいのが母心。Tシャツワンピは、長女の成長にともない、今年が最後になりそうです。

↓なぁんて思いながら、リブを丁寧にほどきます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓裁断しました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓リブを数センチ切り、また輪にします。
Come On!!貧乏ミシン部
昨年のパターンを利用したのですが、昨年は丸首の部分が狭すぎたので、今年は広めにしました。

↓リブを縫います。
Come On!!貧乏ミシン部
前身ごろも後身ごろも1センチずつ、首まわりを広げましたが、今落ち着いて考えると、広げるのは前身ごろだけにすべきだったと後悔しました。後身ごろの首まわりを下げるのは間違っていますよね?(←誰に聞いているの?私・・・)

↓ワンピースの裾を縫っています。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっとだけ長女のTシャツワンピよりも縫う工程が多いです。普通の伸びない糸で縫ってしまいました。まぁ横幅に余裕もあるので大丈夫でしょう!!

↓完成しました。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと首まわり開きすぎでしょうか?1センチ広げるなんて、ガンコだったかな?やはりミリ単位の仕事をしなければ、いいものはできないのですね(涙)

↓あくまでもお揃いにこだわっているので、脇にシャーリングを。
Come On!!貧乏ミシン部
次女のTシャツワンピの裾はちゃんとラウンドしているので、シャーリングの必要はないのですが、一応、シャーリング入れておきました。

さぁて2枚のワンピースが仕上がって、準備万端と思いきや、ここで凄いオチが!!

予定日の2日前に、旦那さんのおばあちゃんが無くなり、ホームステイはもちろん、このイベント全部をドタキャン!!!!

もちろん、このワンピースの出番は無し!!

さらに、留学生を招いてのパーティにも出られなかったので、
せっかく作ったお姫様ドレスの出番も無し!!

生きているといろんなことが起こるのですね。

昨日初七日でした。10年以上も寝たままで、嫁いで8年の私は、お話したこともなかったおばあちゃん。お参りに来てくださったお隣さんが「おばあちゃんが窓際でミシンをかけてる姿をよく見かけてね」と話してくださいました。そんなこと、今まで全然知りませんでした。おばあちゃんが元祖ミシン部だったなんて。

おばあちゃん、今後は「貧乏ミシン部見守り隊」としてお願いします。

↓それでは最後にひ孫の元気な姿を。
Come On!!貧乏ミシン部
やっぱり次女の首まわりは大きすぎました。肩が出そうになっていました。

長女はピッタリでしたが、「この袖イヤ」のひと言。長女のスカートの裾が地面と平行に揃っていて、シャーリングの効果を実感し、自己満足。来年はノースリーブも検討してみますが私としては、一瞬でも「こんなサイズもあるんだ」と同じイベントに参加している方々に思ってもらいたいという気持ちもあるので、スタンダードな路線から外れたくないのですが・・・・。

↓そんなこんなで1票お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓私はこれを使っています。


↓既製品のリメイクには、これがなくちゃ始まらない!!