「トレーニングパンツを110サイズから90サイズに」の記事から6ヶ月!!おかげさまで2歳9ヶ月にして次女のオムツを完全にとることが出来ました。現在は私がリメイクした90サイズのトレーニングパンツがフル回転で活躍しています。

夏も終わり、分厚いトレーニングパンツの乾きの遅さが気になってきた今日この頃。夜でも、お漏らしの心配がなくなった次女に普通のパンツを作ってあげることに致しましょう。

↓今回の材料はこちらの70サイズのトップス。
Come On!!貧乏ミシン部
いつまで経っても70サイズを卒業できなかった次女に、探して探してやっと買ってきたという思い出の品。70サイズはロンパースという上下繋がった形が多い中、上下セパレートの洋服を探すのは本当に骨が折れました。うっすらと、シミもありますが、この肌触り抜群のオーガニックコットンをパンツにしましょう。

↓まずはこちらの長女がはいていたパンツを切り開いてパターン作りから。
Come On!!貧乏ミシン部
ゴムも伸び伸びで、サイズアウトした長女のパンツを参考にパターンを作ります。パンツは、履き心地が命。歩いているうちにお尻に食い込んでくるようなことがないように、足回りの曲線を写します。

↓今回は和菓子屋さんの渋い包装紙を使いました。
Come On!!貧乏ミシン部
上に乗っているのは、二重にするお股の部分のパターンです。

↓洋服の裾の部分をウエストにすることにしました。
Come On!!貧乏ミシン部
右側が前パンツで、左側が後パンツです。

↓二重の部分です。
Come On!!貧乏ミシン部
袖の部分から取りました。

↓足回りと縫い合わせる部分をロックしました。
Come On!!貧乏ミシン部
本来なら、前パンツと後パンツを繋げて裁ちたいところですが仕方ありません。二重になる部分で縫い合わせた部分が隠れるのでまぁいいでしょう!!

↓お股のパーツは5ミリほど内側に入っています。
Come On!!貧乏ミシン部
ロックミシンをかけた足回りの部分を二つ折りにして縫う時に挟み込むのでゴロつかないように5ミリほどひかえておきました。

↓一番スマートに仕上げたかった部分に、縫い合わせた縫い代が出てしまいました。
Come On!!貧乏ミシン部
でも二重になったコットンが水玉だなんてちょっとかわいい(笑)ベビー服の胸にあったりんごのワンポイントは、切り抜いて、ジグザグミシンで縫い付けました。これがなかったら、ただのラクダ色の肌着だもんね。

↓ゴムを通して完成でーす!!
Come On!!貧乏ミシン部
って簡単に言ってますけど、ゴムを通すのも、結構大変でした。足回りなんて、ゴムがやっと通るくらいの細ぉぉい二つ折りでしたからね。

↓それではお待ちかねの着画です。
Come On!!貧乏ミシン部
ほっ細い!!!
これでもずいぶん大きくなったんですけどねぇ。はぁ。

この子は二人目だったから、これも個性と思って育てられたけれど、もしも一人目だったら、たぶん私、ノイローゼになっていたと思います。マジで。

どうしても標準の数値と比べてしまうところがありまして。しかも、週三回更新!!みたいに完璧主義なところもありまして、子育てに関しては本当に育児書なんて読んじゃって、無駄に悩みました。大げさでも何でもない、新生児の子育てこそ、私の人生において最も高いの壁でした。

世の中のお母さんに言いたい!!
あなたは十分頑張っている。
比べなくていいんだよ!!
そのままでいいんだよ!!


↓バックスタイルは、市販のパンツよりも二重の面積になっている部分が広くてGOOD!!
Come On!!貧乏ミシン部
いいねぇ!!すばらしい!!またいい仕事しちゃいました!!

私・・・・試してみたいんです。次女がいったい何歳まで、文句を言わずに手作りパンツをはいてくれるのかって(笑)調査後、いつかこちらで発表します!!次女がとうとう嫌っていいましたよって。

ちなみに次女は、このパンツが気に入ったらしく、お風呂の時までこのままずっとはいていました。試着のはずだったのにね。

↓次女の体重増えろ、増えろ、で1票お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ 
にほんブログ村 人気ブログランキングへ