数年前から「羊毛フエルトの材料ならうちにあるから、やりたくなったら言って」と友人に言われていました。

私なら必ず手を出すと思ったのでしょうか。でも、私が今日まで羊毛フエルトに手を出さなかったのは、羊毛フエルトが結構いい値段である上に、立体の動物などを作るとなると、意外に羊毛フエルトをたくさん使うので、こんなお金のかかる趣味だと思ったからです。

しかし、立ち読みした羊毛フエルトの本で、羊毛フエルトのアップリケを知り、「これなら平面だし、羊毛フエルトをたくさん使わないんじゃないか!!」と思ったのです。

↓すぐさま、友人メールをし材料を持ってきてもらいました。
Come On!!貧乏ミシン部
友人は犬を作ったと言っていたので茶色かベージュしかないと思っていましたが、想像以上に、いろんな色が入っていました。

↓まずは、寄付でいただいたフエルトにりんごを2個チクチクしてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
りんごに見えない・・・・。
このふたつがもっと近寄れば、きっとさくらんぼに間違えられることでしょう。

↓次はブームに乗ってマトリョーシカ。
Come On!!貧乏ミシン部
この手のアップリケは顔が命!!かわいくなければ、どんな衣装を着せても意味が無いと思って、全力で顔のパーツに挑みましたが、少し悲しげな表情になってしまいました。

顔の部分だけをやり直すこと4回。

↓目を少し大きくして、口を赤い刺繍糸に替えてみましたが、少しはかわいくなったでしょうか?
Come On!!貧乏ミシン部
言い忘れましたが、顔に使用する肌色の羊毛フエルトがなかったので、白とオレンジを混ぜて肌色っぽくしてみました。

↓羊毛フエルトのアップリケは、フエルトに限らず、リネンにも出来ると知り、くまにもチャレンジ!!
Come On!!貧乏ミシン部
耳が左右対称でない上に、こげ茶が濃すぎて、黒色で付けた目が見えません(涙)

今回のチャレンジで分かったことは、アップリケなら、あまり羊毛を使わないということと、結局は絵筆を針に持ち替えただけのことなので、絵心があるかどうかが、一番重要だということ。

↓そして針は垂直にチクチクしないと折れてしまうということ。
Come On!!貧乏ミシン部
借り物なのに針を折ってしまい、テンションガタ落ち。

アップリケも思ったほど、いい感じにならなかったし、何より、針を刺すたび、胸が痛む。

ごめんよ、マトリョーシカ。
ごめんよ、くまさん。

でも、りんごは全然胸は痛まない。

なんだかこのままじゃ悔しいので、またリベンジしたいと思います。動物や人の顔を美人にする裏技があったらどなたかご伝授下さい。

↓何でも上手くいくと思ったら大間違い!!でポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)