リネンの帽子リメイク、三回目!!

↓毎回使いまわしですが、今回の材料はこちら。帽子の本体とも言えるこの部分です。
Come On!!貧乏ミシン部

↓ボロボロになりながらもがんばってほどきました。
Come On!!貧乏ミシン部
縫い目が3本入ったこの状態が、帽子本来の表側です。でも色褪せしているので、裏側のバイヤステープが見える方を表にしてコスメポーチを作りたいと思います。

↓ポーチの底は、ボロボロをカバーするためバイヤステープで包みます。
Come On!!貧乏ミシン部
いつも通りに縫っているのに、なぜか、この目の粗いリネンってヤツは、ミシン目が不揃いでへたくそに見えてしまうんですよねー。なぜ?紺色の糸じゃなくって、生成りorベージュで縫えばよかったのかなぁ??

まぁ底の部分で表からは見えないので、このまま進みましょう。

↓今回もがんばって、ファスナーをミシンで縫いつけたけど、やっぱり最後のところは、ランナーが邪魔して、手縫いになってしまいました。
Come On!!貧乏ミシン部
ここで、ミシンの縫い目と、手縫いの縫い目が段差になっているのは、ミシンの縫い目を出したくなかったので、バイヤステープの落としミシンのように、バイヤステープのすぐ下の紺色の部分にミシンを走らせているからです。それに対し、手縫いはバイヤステープの裏側を表に出ないように返し縫いしているので、高さがズレているんですね。

どちらにしろ、あまり美しくないです。

そうやら、ミシンのみでファスナー付けを完了させるには、ファスナーの長さとポーチの大きさの関係が大きく関わってくるみたいです。

ランナーを端まで移動させた状態で、ポーチ本体にファスナーを付けるには、ポーチよりも数センチ長いファスナーが必要です。

私はいつもファスナーとほぼ同じ大きさのポーチを作ってしまいます。たぶんセコいから、こんなところで欲が出るのでしょう。少しでも大きいポーチにしたいと。

次回からは、長すぎるかな?ってぐらいのファスナーを使うようにすれば、手縫いのお世話にならずにすむはずです。

↓愚痴が長くなりましたが、完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
このコスメポーチは、唯一接着芯のお世話になっていないので、3つのポーチの中で一番やわらかい仕上がりになっています。ある意味、リネンの味を感じる事ができるポーチと言えるでしょう。

↓大きさ比較のために並べてみました。
Come On!!貧乏ミシン部
お揃いが、既製品っぽさ(←ここ大事)を倍増させています。

何度も言わせて下さい。

おぉ!この完成度。いったい誰が帽子であったと見破ることができましょう!!

自己満足にお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

↓ポーチ完結編にポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ポーチには、玉付きファスナーが最適!ポーチよりちょい長めを選んでね。

↓いつか使いたいと思っているレースファスナー。地味な人間なので手を出せずにいます。

↓私は、緑・黄色・赤を持っています。一番よく使うのは赤かな。とにかく便利!