結婚して間もない頃、一緒にテレビを見ていた旦那さんがポツリと言いました。

「えなりかずきは2週間に一度、床屋に行っているらしいよ。2週間に一度なんて絶対ぜいたくすぎる。俺もいつか金持ちになったら、絶対そうしよう」

そんな角度から、えなりかずきをうらやましがる人がこの世にいるなんて。
しかも私の隣に!!衝撃でした。

それから10年、旦那さんもいろいろ試して気が済んだのか、坊主頭+ひげに落ち着き、キム兄風になりました。7年前に電気量販店で購入した7000円の充電式のバリカンも十二分に元を取りました。

おかげさまで夢が半分だけ叶い、旦那さんもお金持ちにならずして2週間に一度の散髪ができるようになりました。

そんな坊主頭に落ち着いた旦那さんの愛用品が、ニット帽です。除雪作業の時、お出かけの時、のみならず就寝時にも被っています。スポーツメーカーのものから、100円ショップのものまでいろいろあり、自分なりに使い分けているようです。除雪作業の時などは数時間で汗をかくので、一日に複数枚使用する日もあります。

↓つい最近、一番チープな100円ショップのニット帽がほつれました。
Come On!!貧乏ミシン部
あまりに大胆なほつれっぷり!

処分しようと旦那さんに同意を求めましたが、その返事は、「可能であれば直して欲しい」とのことでした。

思えば旦那さんも丸くなりました。数年前に100円ショップで集金用の巾着袋を買ってきた頃を思えば(←引きずり過ぎ)、貧乏ミシン部に頼ってくれるようになりました。貧乏ミシン部の存在を、認めつつあるってところでしょうか。

でもニットのほつれってややこしいからなぁ。編み物はあんまり得意じゃないし。(涙)

↓と、裏を返してみました。
Come On!!貧乏ミシン部
ニットの目なんておかまいなしで、伏せ止めもされず、少し太めの別糸でガンガンにロックミシンされていました。なーんだ。目さえ落とさなければいいのか、と思いました。

太めの糸、太めの糸・・・。ありました!!
入園準備おしりマット」で、ほどいた白くて太い糸を残しておいたのでした。ちなみにこの糸は、「和菓子の箱でシルバニアファミリー専用整理箱」のボタン付けにも使用しました。なかなか使えるヤツです。いやぁ、何でも残しておくものですね。

↓ブランケットステッチを20年ぶりぐらいにやってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
一見、へたくそに見えますが、ほつれていた糸をブランケットステッチにくぐらせたりしたので、見た目が悪くなってしまっただけです。ちゃんとステッチできています。(いいわけ)

↓表側から見てみると・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
ブラボー!!
100円ショップのニット帽の完全復活です。

気に入ったもの、使い慣れたもの、というのは、色・形・サイズ・素材、いろいろな点で自分が合格を出しているものですから、また新たに同じようなものを探すとなると、そう簡単には見つかりません。探す労力と、新たな出費、そして何より外れてガッカリする確率も考慮すれば、今まで使っていたものを、多少時間がかかっても直した方が楽かもしれませんね。

さぁ旦那様、このニット帽をかぶって、就寝してくだされー。
ちなみに昨日、テレビで見かけたえなりくんは坊主頭を卒業し、小洒落たヘアスタイルでクイズ番組に出ていました。

↓えなり君をうらやましく思ったことがない大多数の方はポチっとお願いします。私もです!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓びっくり!就寝用の帽子ってあるんですね!

↓こちらはフリース素材。