私が机いっぱいにプリザーブドフラワーやリース、そして材料を広げて、前回の作品や前々回の作品を作っていたところ、1年生の長女がやってきて自分も作りたいと言いだしました。

正直なところ、それは私にとって大変迷惑な申し出でありましたが、寄付してくださった方からのメッセージに「お子さんと一緒に」と書かれていたので、2作目のリースが終わった後でということで、申し出を受け入れることにしました。

長女は、公民館の手作り教室で、グル-ガンを使用した経験があるらしく、やけどの心配をする大人たちをよそにやる気だけは満々です。

↓今回のベースは100円ショップ出身者だと思われる小さなフラワーベース。
Come On!!貧乏ミシン部
真上から見ると細い長方形をしているこの薄っぺらなフラワーベースは、深さも厚みもなく、役に立つこともないまま10年近くも捨てられず残っていました。10年前の私はまだまだ浪費家だったみたいです。

↓そしてまた私は100円ショップに行きます。オアシスを買うためです。
Come On!!貧乏ミシン部
生活に不要なものが100円ショップ出身者だと、だから言わんこっちゃない、こんな無駄な買い物しちゃって・・・と後悔しがちな私たちですが、いやいやそんなことはありません!暮らしにとけ込み100円とも思えぬ、いい仕事をしてくれているものがいくつもあるはずです。そのことを今一度、心に刻み、100円ショップを浪費の代名詞のように扱うのは間違いだと思い直しました。

もちろん、今回買った緑色のオアシスもいい仕事をしてくれるに違いありません。

そんなくだらないことを考えながら、私がオアシスをフラワーベースの形にカットし、ちょっと離席した瞬間!!

長女が粉々になったオアシスであたり一面を緑色にしてしまったのです。私は「アルパカの事件」の時ほどではないにしても、それに近いレベルで怒り、もう、「今日はもうおしまいだ!!」と片付けを始めました。

長女は泣き出し、お願いだから作らせてほしいと懇願し続けました。泣き方の度合いで長女が自分のやったことを深く後悔している事は火を見るより明らかでした。

私はその様子に心を打たれ、入浴、夕食、後片付けの後ならば、続きをさせてあげましょうという条件付きで作業再開を約束しましや。まぁそれもこれも、私の勝手な段取りで、単に夕食の時間が迫っていただけですが。

それにしても泣いちゃうほど作りたいなんて、貧乏ミシン部の未来は、なんと明るいのでしょう。遠くからひとすじの光が見えたような気持ちでした。

後継者不足に嘆く、中小企業の社長さんに自慢したいくらいです。

↓怒りながらも、片づけつつも、オアシスの緑色を隠すために薄い紙を敷いてみました。(もうおしまいだ!と言いつつやる気満々なのは私の方。)
Come On!!貧乏ミシン部
こちらは私が愛用するファンデーション「オンリーミネラル」をネット注文するたびに、箱の中に入ってくる紙です。半紙のように薄いこの紙はきっと切り紙に最適かと思い、デスクマットに挟んでシワを伸ばしがてら保管していました。

↓やっぱりグレーの方がいいかもと、紙の色を変えてみました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓グレーだと暗い感じになるし、ピンクだとうさぎさんの色とカブるしで、悩んだ結果、1枚ずつにしてみることにしました。(ここまでが前半です。)
Come On!!貧乏ミシン部
(ここから後半。作業再開です。)うさぎさん達を松ぼっくりに寄りかからせることで座った姿勢を安定させ、長女がグル-ガンで固定しました。

ここで新たな発見。
グル-ガンとオアシスは、この上なく相性が悪いです。

固定した次の瞬間から、オアシスが砕けしまいます。でも、どうしようもないので、このまま進みます。どちらのせいでもないのです。オアシスも悪くないし、グル-ガンも悪くない。本当に相性が悪いだけなんです。どちらを責めるわけにもいきません。世の中、そんなこともあります。

長女はこれまた公民館の手作り教室でお正月のお飾りを作った時、オアシスのベースに幾度となく、お正月飾りをさし直し、オアシスをザクザクの粉々にした前科があるので、さすのは1度!やり直しはできない!と、横から何度も口を酸っぱくして言い続けました。

この段階までの長女は、(私の大事な)残り少ないプリザーブドフラワーをこのフラワーアレンジに加える気、満々だったのですが・・・。

↓小さいリンゴに心を奪われてしまいました。(イチゴ柄のパジャマ着用)
Come On!!貧乏ミシン部
プリザーブドフラワーの出番はなさそうなご様子に、ほっと胸を撫で下ろす私がそこにいました。リンゴに続き、赤い玉もさしています。

↓途中参加をしてきたのは、4歳の次女。(キティちゃんのパジャマ着用)
Come On!!貧乏ミシン部
待ち針を針山に刺す係りを途中で投げ出したくせに、次女は、白い玉をさす係りという仕事を手に入れました。この就職難の時代には、考えられないような転身ぶりです。

↓完成です。おしりにグル-ガンをつけられたうさぎさんが仲良く並んでいます。
Come On!!貧乏ミシン部
ポイントはチェックのリボンを2重のフワフワリボン(針金で固定)にして、真ん中に木の実を3種類つけたところだそうです。

↓後ろはすこーし、オアシスが見えるかな・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
横から散々口出ししたおかげで、すばらしい作品が完成しました。長女も大満足です。誰にもあげたくないのだそうです。こんな小さなうさぎが主役になれるなんて、これから壊れたキーホルダーやマスッコット(←昭和)を捨てられなくなりそうです。

今回もたくさんの寄付本当にありがとうございます。プリザーブドフラワーまだまだ続きます。

↓フラワーアレンジの完成に大満足な長女へポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓このバラみたいな形の木の実は何ていうのでしょう?

↓こちらはポプラコーンっていうのかな?